ICOに変わるSTOとは?セキュリティートークンのプロジェクト5選の紹介

0
307 views

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

 

過熱気味であったICO市場は整理が必要

2017年には、ICOを通じて膨大な資本(56億ドル)が調達されました。

この資本の大部分は、トランザクション暗号化トークンとユーティリティトークンによるものです。

規制が不確実なICO市場の最近の傾向は以下のような状況を作り出していました。

  • 参加者は減少
  • 調達額も以前ほど大きくない
  • プロジェクト数は増えている
  • 取引所上場の不確実性
  • 高値での譲渡が未だ横行している

一般投資家はICOで利益を出すのは難しく、極めてリスクが高いと判断できます。

裏を返せば、これまでのような大規模な調達額を達成するプロジェクトは少なくなってきており、有望なプロジェクトにプライベートの初期価格で入ることができれば、利益を得られる可能性はあります。

STOの存在の認知

STO、つまりセキュリティトークンオファリングが今年は注目されると言われてきました。

ICO とは異なり、規制の複雑さのために、セキュリティトークンはこれまで投資資金を調達する新しい方法にはほとんど欠けていました。

しかし、世界には256兆ドル相当の実質資産があり、暗号化された有価証券の到着が待望されているのも事実です。

セキュリティトークンの潜在的な時価総額は、暗号業界がセキュリティトークンを容易にする方法を革新できれば、その市場は1兆ドルを超える価値があると言われています。

セキュリティトークンの考え方

セキュリティトークンの考え方は2017年初頭に現実的に導入され、このコンセプトはすぐに根付きました。

現在、起業家や投資家は、空で有望なトークン化されたセキュリティスペースに熱心に取り組んでおり、既にセキュリティトークン市場には十数人の重大なプレーヤーがいるとされています。

有価証券との違い

ここで、有価証券は、ある種の金銭的価値を保持し、所有権(株式)、債権関係(債券)、または所有権に対する権利の表現(オプション)を表す金融商品ですが、株式の所有者に対して、株式、配当金、または利息など、さまざまな財務上の権利を提供することができます。

さらに、有価証券の投資家は、セキュリティ自体の価値が時間をかけて評価されることを期待しており、通常、別の資産からその価値を引き出します。

これらすべてに関して、セキュリティトークンは従来の証券とほぼ同じと捉えられます。

2つの主な違いは、スマートコントラクトとブロックチェーンインフラストラクチャに基づいて、後者のタイプがトークン化され、自動的に編成され、管理されることです。

今のところ、トークン化された有価証券は、基本的には非常に効率的な技術基盤に基づく従来の有価証券です。

セキュリティトークンの特徴

セキュリティトークンの対象は不動産、分数化された株式および企業、公的部門債(自治体、国家、国家債務)の発行、ETF、REITs(不動産投資信託)、インデックスファンドなどですが、以下のようなメリットが考えられます。

  • プログラム可能な証券-配当、有権者の権利、および利子など、証券に含まれる特定の権利は、証券自体にプログラムされ、完全に自動化される(例えば、毎月の配当)。
  • 所有権と譲渡性:トークン化された証券の所有権は、根底にあるブロックチェーンテクノロジのため、分権化された元帳に不可避かつ不可逆的に格納されるため、比類のない低額手数料で異なる所有者間で瞬時に証券を転送することが可能になる
  • 相互運用性:証券は、他の暗号化された資産、他のトークン化された証券と交換できる
  • 流動性の向上:流通市場での取引が非常に早く、早期投資家の流動性プレミアムが低くなる(特に証券所有権の譲渡が容易であるなど)。
  • 24/7/365取引:ブロックチェーンは一般的にダウンタイムの影響を受けず、デジタル資産の取引は常に可能
  • コストの削減:これらのプロセスの自動化により、発行、登録、交換、引受、決済、決済、報告、コンプライアンスのコストを大幅に削減できる
  • 分数化:不動産や高価な株式などの大規模な投資は分数化することができ、大規模な資産に共同投資することができる
  • 投資家プールの大幅な増加:転送可能性とブロックチェーン技術の境界がないため、トークン化された証券は世界中の人にアクセスできる
  • 透明性:分散された元帳のため、第三者を使用する代わりに、セキュリティのすべてのトランザクションが表示され、操作や破損の余地が大幅に減る

このように、トークン化された有価証券の効率は、主に、官僚的で厳格なセキュリティ手続きから仲介者を取り除いたことに起因し、

スマートコントラクトは、第三者を信頼することなくプロセスを自動化することができるため、コストと時間を大幅に削減できるメリットがあります。

セキュリティトークンは、資本や情報、投資家を組織するまったく新しい方法と同様に、資本調達と富の分配のための全く新しい手段を提示するとができます。

ICOとの違いから見る懸念点

ICO

STO

法的規制が低い

高い

幅広い

限定的

投機的

投資

 

類似点としては、スマートコントラクトやブロックチェーンにいづれも基づく事ですが、

相違点として、ICOに比べ法的規制が高く、限られた投資家しか参加できなくなる点が存在します。

ICOはグレーゾーンな部分が多く、資金調達を容易に行えるメリットがありましたが、最近は規制も入り始めています。

STOでは、株式のような取引可能な金融商品に投資するためICOでありがちなトークンへの投機的な概念は少ないとされます。

規制に沿った有望なプロジェクトのみが行えるため、詐欺的なプロジェクトは淘汰される一方で、

デメリットとしては、プロジェクトが限られるように一部の投資家のみしか参加できない点です。

さらに、セキュリティトークンを起動して完全に規制準拠しているプラ​​ットフォームのための直接的なプロセスでなければなりません。

セキュリティトークンの発行を可能にするプラットフォームは、プラットフォームおよびスマートな契約フレームワークを通じてこれらのプロセスを促進し、確実にする必要があり、大きな責任を負う仲介者を完全に置き換える必要があります。

しかしながら、ブロックチェーン業界全体、つまりセキュリティトークン市場も、まだまだ初期段階にあり、多くのプラットフォームやプロジェクトが進化しているかなり厳しい進化段階です。

現段階で確認されているSTOプロジェクト

セキュリティトークンとそのSecurity Token Offerings(STO)は真に1兆ドルの機会です。以下は、この価値を開拓しようとする最も有望なプロジェクトです。

Polymath (POLY)

執筆時点で最初に報告されているのは、Polymathというプロジェクトです。

Polymathは、セキュリティトークンのイーサリアムとして登場し、KYC Identity Awareトークンやプライベートエンティティ用の流動性などのプラットフォームに関するコンセプトを導入し、数分でセキュリティトークンを作成することができます。

Polymathでトークンを発行するために、チームは独自のST20トークン標準を作成しました。

Polymath自身のトークンPOLYは既に取引されており、プラットフォームにはtZeroやBlocktrade.comとの提携関係を含むいくつかの提携関係があります。

さらに、Polymathはプロフェッショナルで大規模なチームによって設立され管理されており、最初のプロジェクトは210百万ドルの累積投資目標で開始する予定です。

POLYの価格

 

 

Swarm Fund-スワームファンド

セキュリティトークンのスペースに参入するもう一つの有名なプロジェクトです。

Swarmでは、プラットフォーム上で発行された有価証券のトークンとスマートな契約標準であるSRC20プロトコルに基づいて、実際の資産をトークン化することができます。

このプロトコルは、トークン化されたセキュリティを起動する前に、発行者が遵守しなければならない一連のルールを設定しています。

Swarmを通じてトークン化できる資産の例には、不動産、再生可能エネルギー、農業、ハイテク企業などがあります。

ERC-20プロトコルには、所有権表示、投票手続き、自動配当、収益の流れ、規制準拠取引などの機能が既に組み込まれています。これは、プロトコルに組み込まれる多くの機能、したがってSwarmを介して起動されるセキュリティトークンを可能にすることが期待されています。

SWTの価格

 

Tokeny -トークニー

安全なエンドツーエンドのセキュリティトークン化プラットフォームをです。

Tokenyは、セキュリティトークンの形で最高の投資機会に流動性をもたらすことを目指しています。

このプラットフォームは、セキュリティトークンを起動するあらゆる面でクライアントをサポートするように設計されています。

これには、トークンの販売、ライブ中のトークンの完全管理、スマートな契約、トークン、規制遵守に関するすべての技術が含まれており、プロジェクトがコアビジネスに集中することができます。

Luxembourgベースのセキュリティトークンプラットフォームは、競合他社に関するプロジェクトのUSPであるユーティリティトークンの公開もサポートします。

Tokenyの中心的な焦点は、機関レベルのソリューションをトークンセキュリティスペースにもたらすことです。

例えば、経験豊富なチームがあなたに持ってきた、これを保証するために、銀行グレードのKYC手順を組み込んでいます。

OpenFinanceNetwork (OPN)- オープンファイナンスネットワーク

 

財務の世界をトークン化するプロジェクトです。

このプロジェクトは、米国市場が投資家の巨大なプールを代表するものの、証券の立場から参入するのは複雑であるため、米国の規制を受けた最初のセキュリティトークン取引プラットフォームを構築し、競合他社に比べて強い優位性を提供しています。

OpenFinance Networkは、ブローカレッジハウス、カストディアン、移転代理店、銀行と協力して、すべてのプロセスが合理化され、米国の規制に合っていることを保証します。

このプラットフォームの潜在的可能性は、先進的な暗号化交換の1つであるHuobiから引き出した投資によって示されます。

これは、確立された取引所を米国とセキュリティトークンの両方の地位に与えるためのHuobi側の戦略的投資として、両当事者間の長期的な協力は、公式の戦略的パートナーシップによって盛り込まれた。

またSwarm fundとも提携しています。

 

TrustToken-トラストトークン

 

最近、米ドルに固定されたステーブルコインのうちの一つとして、TrueUSDが登場しました。

TrueUSD

この安定したコインは、セキュリティトークンの発行と管理を可能にするプラットフォームであるTrustTokenによって開始されており、このプロジェクトは、大規模なチーム、経験豊富なアドバイザー、そして戦略的で非常に貴重なステーブルコインを享受しています。

このステーブルコインを投入する戦略的な動きは、トークン化された有価証券を従来の金融システムを経由することなく安定した資産に転換することを可能にします。

TrustTokenは、賃貸物件から特許まですべてをトークン化する予定であり、この壮大な野心をサポートするために多くのスマートな契約フレームワークを実装しています。

すべての所有権は、法的金融機関によって保証された賢明な契約によって管理されています。

まとめ 

Bitcoinが通貨を変換したのと同じように、セキュリティトークンは株主に直接的、流動的な経済的利益と手取金の迅速な配達をもたらすので、株式を返還させる可能性もあります。

 これは、数兆ドルに及ぶ大規模な市場です。

その点で、HuobiやCoinbase poloniexなどのような大きな取引所はすでにセキュリティトークンに関して早期に可能性を信じ、投じています。

有価証券は長年にわたって存在していますが、セキュリティトークンは全く新しいパラダイムパラダイムを導入する初期の段階にあると言えます。

セキュリティトークン市場の今後に期待です。

参考記事

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here