Invest in blockchainが厳選する2018 Q4に注目すべきアルトコイン10選

0
174 views

この記事を読むのに必要な時間は約 28 分です。

 

ビットコインだけでなく、アルトコインやICOの分析を行う暗号通貨情報サイトであるinvest in blockchain によって、新たな通貨分析が出ています。

今回ご紹介するのは2018年第4四半期(10-12月)に注目すべきアルトコイン10選になります。

この記事では、アルファベット順にリストされた10種類のプロジェクトの基礎に基づいて

短期的に価格が急騰するかどうかではなく、2018年第4四半期に何が起こるかを見て、ビットコインに続く成長を起こす通貨を分析しています。

2018年第4四半期に注目するべき有望なアルトコイン

Cardano(ADA)-エイダコイン

ルネッサンスの有名なイタリアの数学者であるGerolamo Cardanoの作品を基にして作られた学術研究を使用して構築される最初の完全オープンソースのブロックチェーンです。

以前のEthereumのCEO、Cardanoの創立者であるCharles Hoskinson氏は、Dappsやスマートな契約のために科学的に健全で安全に設計された暗号プラットフォームを作り出した。

この野心的なプロジェクトを支持するのは3つの企業で、それぞれが全体的な使命に特化した役割を果たしています。

  • IOHK  – 技術とエンジニアリング会社のHoskinsonがリードし、カルダノは2020年まで設計、建設、維持する契約を結んでいる
  • カルダノ財団 – 政府機関との業務を担当するスイスに拠点を置く非営利団体。グローバルな採用を促すために、オープンソースプロジェクトや企業との戦略的パートナーシップも構築している
  • Emurgo  – カルダノのブロックチェーンにある企業の開発と統合を担当するインキュベートエージェント。

なぜADAが注目されるのか

✔Cardanoメインネットのアップデート

Cardano 1.3.1は、2018年9月にリリースされる予定に続く、Chrome拡張機能のYoroiはテストネットモードからメインネット起動

2018年10月には、データの保存方法、変更の記録、ウォレットのバックエンドなど、膨大なアップデートであるCardano 1.4を実行するテストネットのリリースが予定されている

これにより、ユーザーは、オープンソースのADAデスクトップウォレットであるDaedalusの初期バージョンをインストールして、バグを使用して確認できるようになる

✔レジャーの追加サポート

上記のアップデートに関連して、IOHKとEmurgoはLedgerと協力して、Nano SハードウェアウォレットにADAサポートを導入した

Hoskinsonは、YoroiがLedgerの最初のCardanoインターフェースであり、両者間の確立された接続が既に存在すると考えている。

Cardanoの公式ロードマップによれば、チームは現在、Ledger Nano Sハードウェアの財布サポートを50%完備しており、Daedalus財布とのさらなる統合が進行中であると述べており、カルダノはコミュニティの相互作用という点ではトップにあり、プロジェクトを完成させるための優先順位の指標となるかもしれません。

大きくある要素はメインネットのアップデートであり、コミュニティ支持が非常に大きい点も価格に影響します。

2019年からはICOプラットフォームとしても機能する予定なので、年末にかけて価格は上昇予測されています。

DigiByte(DGB)

昨年注目を浴びた通貨の一つですが、

このプロジェクトはBitcoinに欠けていたセキュリティとスピードを改善するべくして2013年に開始し、最も高速で分散化されたブロックチェーンを目指すブロックチェーンでして制作されました。

これにより、DigiByteは20,000年に完全に採掘されるように設定された10万以上のノードと21億のコイン(Bitcoinの1000倍)を持つブロックチェーンとなり、様々なメリットが生まれます。

15秒のUTXOトランザクション時間とBitcoinの10分および5つの異なるコンセンサスアルゴリズムを組み合わせることで、BTCよりも安全です。

DGBが注目される理由

✔自動の支払い予約と繰り越し機能

DigiByteはこの方向で次に目を向け、企業や個人が定期的に暗号を使用して毎月の支払いの繰返しをスケジュールできる

電話番号を保存するだけで、ウォレットのアドレスを保存するAndroidとiOS用のモバイルアドレス帳のリリース

このようなシンプルで実用的なアプリケーションは、暗号業界をうまく評価しますが、採用が増えるにつれて期待されるようになります。

✔複数の交換所でのFiat / USDTペアリングの追加

ベネズエラ拡大

ベネズエラのような不安定な経済諸国では、その使用量はすでに増加しており、その認識が高まるにつれてその採用も拡大する予定

開発者賞金プログラム

DigiByteは2018年8月、DGBの報酬と引き換えにプロジェクトを改善するためにコミュニティ内のプログラマーに奨励する大規模な開発者の賞金の始まりを発表しており、第3四半期に開始された

以上のように、DGBが2018 Q4に注目される理由としては、

  • 機能面の向上
  • 取引所での法定通貨ペア追加
  • 賞金プログラム

が主に、考えられます。

以前の開発者の恩恵を受けてチームが果たしてきた継続的な成功は、ビジネスとコミュニティの間の強固な関係の可能性を示しています。

未だコミュニティ支持も高い通貨となっています。

EOS(EOS)-イオス

EOSは、開発者がdappsを構築するための最上位のプラットフォームになるという野心的な目標を持つブロックチェーンプロジェクトです。

ブロックチェーンの起業家であるDan Larimerによって設立されたこのプロジェクトは、Larimer自身が作成した、委任された証拠証明(DPoS)コンセンサスプロトコルを使用してトランザクションを検証します。

このプロジェクトは、1年間のICO期間中に40億ドル以上を調達し、現在までに最も成功した暗号クラウドファンドとなっています。

プラットフォームの打ち上げは2018年第2四半期/第3四半期に始まったばかりで、成功していますが、まだ明確ではなく、時価総額では5位にとどまっています。

EOSが注目される理由

2018年7月のEOSIO 1.0の発売は、フェーズ3の終了をロードマップに示しました。フェーズ4は現在、2019年初めまで進行中であり、既存のものに触れながらいくつかの重要な機能が追加されます。

✔パラレル実行

次の段階ではマルチスレッドエンジンが導入される

並列コンピューティングでは、複数のトランザクションを同時に実行できるため、EOSブロックチェーンを構築しようとする開発者がいる限り、プラットフォームを迅速に拡張することができる

エアードロップ

EOSは新しいプロジェクトの成功のためにトークンを捧げることを目的としたエアドロップの面で先導しており、この点は、EOSブロックチェーンが開始された2018年6月の創世記スナップショット以来、EOSを開催してきた人にとって特に重要である

Q4 2018のエアドロップは次のとおりです。

•Takafully

•GiveyNation

•AngelWings

•Cadeos

  • 機能面の追加
  • エアードロップ目的の投資

が考えられます。

Komodo(KMD)-コモド

 

Komodoは、ユーザーに完全なプライベートと匿名の取引を提供するために、最先端のzk-snark技術を活用するZcashフォークです。

プライバシーの暗号を作ることは独特の概念ではありませんが、コモドは単なるプライバシーコイン以上の機能を持ちます。

2016年2月にKomodoの創始者であるJames “jl777″が言い放った、デジタル資産をさまざまなプラットフォーム間で自由に移動できる暗号ソリューションを作成するという、Bitcointalkで発表された短い独立宣言に始まりました。

2016年9月までに、チームは継続的なブログ投稿を通じてコミュニティを更新し続け、現在、2018年末と2019年末の更新されたロードマップを作成中です。

KMDの価値が注目される理由

コモドプロジェクトは基盤を構築し、規模を拡大することを目指して、チームは進化の次の段階に移るとされています。

コモド2.0のリリース

コモドは、2015年7月のブログ記事「Blockchain Techの5つの柱」において、次の段階であるコモド2.0についての詳細を発表しており、同記事で、チームはアップデートが公開された時点で概説した

クロスチェーンスマートコントラクト 

独自のバーンプロトコルを使用して、異なるブロックチェーンにわたってコインの供給の一貫性と代替性を維持する

遅延した実績のあるセキュリティサービス 

すべての実績ブロックチェーンを51%の攻撃から保護する

✔UTXOベースのスマートコントラクト –

スマートコントラクトをUTXOブロックチェーン上で実行できるBitcoinコード拡張。

Federated Multi-Chain Syncing  -Komodo v2.0は1秒間に20,000件以上のトランザクションを処理でき、2018年末までに1秒あたり100万件のトランザクションを実証する予定である

PayPie(PPP)-ペイパイ

 

PayPieは、分散型信用リスクアセスメントを提供する金融会社です。

このプロジェクトは、フォックスとマイクロソフトのような大手企業と協力して経験を積んだNick ChandiとJag Barpaggaによって設立されました。

Chandiは、中小企業向けのオンライン会計ソフトウェアを提供するSlickPieのMBA保有者、シリアル起業家、共同設立者です。 BarpaggaはSME仮想システムを広く使用しており、データセキュリティの専門家です。

彼らの競争優位性としては、何百ものライブ金融データポイントをもたらし、それらをEthereumブロックチェーン上でハッシュするユニークな組み込みアルゴリズムが含まれる点であり、

このスマートな契約の力によってPayPieは、銀行、貸し手、請求書作成会社がクレジット・アカウントを獲得するためのより迅速で安全な方法です。

PayPieの価値が注目される理由

PayPieはまだわずか13.3百万ドルの時価総額しか持っていませんが、金融技術である大規模な業界に入っています。財務とソフトウェアの組み合わせは、ブロックチェーンが再考するために生まれたものです。

✔早急に統合が進む

PayPieアプリは既にQuickBooks Onlineとシームレスに連携しており、チームは現在サードパーティ製のプラットフォームをさらに活用させる

ホワイトペーパーのタイムラインには、現在開発中のエンタープライズリソースプランニング(ERP)ソフトウェアおよびアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)が示されており、より多くのサードパーティに搭載することが簡単になる

タイムラインには、2014年第4四半期にERPとAPIが完成し、地方分権会計システムの作成が始まる予定である

✔分散型会計システム(DAS)立ち上げ

PayPieは2018年末の直後に分散型会計システム(DAS)の立ち上げを完了させる

✔ビジネスファイナンス

他の人がビジネスの信頼性をどのように認識しているかを判断する無料のPayPieリスクアセスメントツールを使用した後、中小企業は請求書のファクタリングを便利に申請することができる

この機能のリリース日はまだありませんが、開始時に、中小企業は未払いの請求書を割引で販売し、キャッシュフローを増やし、PayPieユーザーの投資収益を提供することができます。

  • 参入市場の割に、時価総額がまだ低い
  • サードパーティとの統合が進む
  • ビジネス拡大
  • 分散型の会計システムの稼働

などが主な理由と考えられます。

Ripple(XRP)-リップル

2012年にOpenCoinとして設立されたRippleは、2015年に現在の名前を取得し、サンフランシスコのコンピュータソフトウェア企業Ripple Labsは、Ryan Fugger、Chris Larsen、Jed McCalebによって共同設立され、分散型の通貨システムを作成しました。そして、McCalebは2014年に分岐してStellarを作りました。

RippleをXRPというティッカーシンボルと同じにするのは一般的ですが、両者の違いとして、それが投資家のために何を意味するのか理解しておくことが重要です。

リップルは3つの製品で構成されていますが、XRPコインを実際に使用するのは1つだけです。

xCurrent    Ripple Labsが提供するコア製品。銀行は、ワークフローに影響を与え、リスクを導入する大幅なアップグレードを行うことなく、資金を送受信する時間と資金を節約できます。 Rippleのブロックチェーンを使用しますが、XRPは使用しません。

xRapid  – 銀行が暗号のような新興市場への参入を決定すると、流動性が向上します。欠点は、市場の変動にさらされていることです。 xRapidはXRPを使用する唯一のRippleNet製品です。

xVia  – 企業や支払いプロバイダが銀行から送金することを許可しますが、XRPは使用しません。

これは重要な違いです。リップルには1000以上の銀行パートナーシップがあるかもしれませんが、xRapidを使用するパートナーだけがXRPの価格にプラスの影響を与える可能性があります。

ここ1週間以内に、XRPはおよそ90%の急増を達成し、下落相場では間違いなく、市場の注目を集めました。

実際に、XRPは一時はEthereumを上回る時価総額で2位に入りました。

ここ最近の急騰の起因となる素材をまとめます。

XRPに注目する理由

✔xRapid の商用化実現

Rippleの政府および規制関係者であるSagar Sarbhai氏は、CNBインタビューで、xRapidの発売は「10月に起こると述べ、xRapidの発売は銀行がXRPを直接使用できるようにすることを正式に発表した

✔サウジアラビアがRippleNetに参加する

Rippleチームは、2018年9月中旬のブログ記事で、サウジアラビアのナショナルコマーシャル銀行(National Commercial Bank:NCB)と提携したことを発表しました。

この記事では、世界銀行を引用し、2016年には370億ドルがサウジアラビアから送られ、世界最大の送金市場の1つになったと述べています。

NCBは1953年に設立された最初の銀行であり、現在は世界中の500万人以上の顧客にサービスを提供しています。 Ripple Labsは特に中小企業(SME)を支援することを目指しています。

リップルチームは次のように述べました。

NCBに依存している中小企業や法人にとって、より効率的で透明な送金は安定性を提供し、ビジネスをより早く成長させるのに役立ちます。

NCBは2014年第4四半期末までにRippleNetの生産を開始する予定です。

SelfKEY(KEY)-セルフキー

インターネットの影響がますます私たちの生活の中に浸透するにつれ、私たちの個人情報は同時により脆弱になり、脅威にさらされています。

日本でも、たびたび取引所のハッキング被害は重大な出来事になっており、ブロックチェイン技術の中心でもあり、かつ課題となっているのがセキュリティです。

SelfKeyは機密情報を保存する方法を再定義しています。

SelfKeyチームは、2018年1月にネイティブのトークンであるKEYを開始し、ICOが11​​分で完売した後、2200万ドル以上を調達しました。同年の第2四半期と第3四半期には、Binanceと他のいくつかの取引所に上場した後、プロジェクトのモメンタムが構築されました。

KEYに注目する理由

SelfKeyは、Q4 2018以降の生産性向上を目指しています。

2018年6月末のSelfKey Identity Wallet Betaのリリースによる、「Trezorハードウェア財布の統合される

✔SelfKey Marketplace-オールインワンプラットフォームで、10以上の市場分野で幅広い金融商品と暗号化サービスを提供しているため、ユーザーは既にウェブサイトに掲載されているような機能を探検してすぐに登録できる

  • Exchangeアカウント
  • 銀行口座
  • 投資と起業家レジデンス
  • 投資による市民権
  • 設立
  • 財団
  • 信託
  • E-財布
  • 貴金属
  • 国際健康保険

などなど。

✔ブラウザ拡張

「SelfKeyでログイン」ボタンとブラウザ拡張機能を使用すると、ユーザーは瞬時に安全に個人情報へのアクセスを委任することができ、KYCプロセス全体を数回のクリックで完了することができる

この機能はKEYトークンのステーキングをサポートしているため、ユーザーはSybil攻撃から安全が保証される

  • 機能面の向上
  • マーケットプレイスのローンチ

が主な要素です。

Swarm(SWM)- スワーム

Swarmは3つの異なるタイプの投資家のための機会を提供するプロジェクトです。

Swarmは2014年にTimo Lehesと2015年にブロックチェーン技術に関心を示したPhilippe Pieperによって設立され、Pieperは経営管理とエンジニアリングの経歴を持ち、Allianz GroupとDeutsche Bankの管理職を務めています。

暗号投資家 –  A.I.技術により、自動的に投資家に代わってリスクを軽減でき、現金化する必要がなくなる

富の投資家 –  Swarmのワークフローの自動化と独占的な機会へのアクセスは、プライベート・ウェルス・マネジャーにとってシンプルなソリューションを生み出す

日常の投資家 – これはSwarmが提供しなければならないものから最も利益を受ける人々であり、伝統的に豊富な投資家のためにのみ確保されているのと同じ機会にアクセスできます。

なぜSWMが注目に値するのか

簡単に言えば、このプロジェクトは大きな可能性を秘めています。

経験豊富な投資家のオペレーションを支援する能力を備えていると言えるSwarmは高い目標を掲げており、彼らは2018年8月に市場アクセスプロトコルを公開し、OpenFinance Networkとの提携を発表し、人気のある投資アプリ、Robinhoodをトークン化しました。

✔トレード可能なセキュリティトークン-

政府や規制機関を扱うための戦略についてLehes氏はインタビューで語り、2018年第4四半期に米国でいくつかのセキュリティ・トークン取引が起こることを期待していると述べた。

✔セキュリティトークン取引所との連携

SCR20トークンをより一層交換する可能性があることを確実にするために、米国とヨーロッパ、アジアのSecurity Token Exchangesと提携した。

セキュリティトークンとしての需要拡大、が大きな要素となっています。

Theta Token(THETA)

Theta ネットワークは、ビデオストリーミングのためのブロックチェーンプロジェクトです。

ビデオストリーミングとともに仮想現実業界が拡大していくと、業界のリーダーとしてThetaは注目されるべき存在となります。

現在のインフラストラクチャは、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)を利用してビデオをエンドユーザに配信します。 

CDNは、ビデオストリームが動作するためには、Point-of-Presenceと呼ばれる大規模なデータセンターを視聴者に十分地理的に近接して構築する必要があります。

これは開発途上国では主に問題であり、データのボトルネックにつながり、ビデオ品質が高まるにつれて、帯域幅のサイズも増加する必要があり、CDNコストが高くなります。

追加費用は、業界のゲートキーパーに課せられるため、コンテンツ制作者の利益を削減します。 

Thetaネットワークは、Theta Tokenの報酬を使って余分な計算リソースをビデオストリームキャッシュノードに変換するようにユーザーにインセンティブを与えることによって、これらの問題を解決する予定です。

ホワイトペーパーによれば、帯域幅コストが大幅に削減されるため、広告主は、「Proof-of-Engagement」プロトコルを使用することで、より効果的に報酬を支払うことができます。

なぜTHETAが注目されるのか

Thetaプロジェクトは2017年第2四半期に開始され、トークンの販売後にネイティブブロックチェーンの開発を開始しました。 

ERC-20トークンが2017年12月に発行され、ユーザーはeSportsを360°の映画用VRビデオに記録、表示、ストリーミングできるプラットフォームSILVER.tvを使用してテストネットを迅速に立ち上げテストしました。

✔パブリックメインネットリリース

彼らはThetaトークンを使用して、起動前にネットワークをテストする際に “機材の役割を果たす”ユーザに報酬を与え、メインネットが起動されると、企業はThetaブロックチェーン上にdappを構築できるようになる

✔トークンスワップ

メインネットが正式に立ち上げられたとき、群衆の間に販売されたERC-20トークンはネイティブのthetaトークンに対して1:1の比率で交換する必要がある

✔メディアアドバイザー

YouTube、Vimeo、Twitchとの直接の競争に立ち向かい、Thetaが実際に業界のリーダーと直接取り組んでおり、YouTubeの共同設立者であるスティーブ・チェン氏とツィッチの共同設立者であるジャスティン・カン氏の助言を受けている

Ziliqa(ZIL)-ジリカ

Zilliqaはこれまでにも市場で最も速く、最も分散化されたプラットフォームを開発し、ユーザーがスマートな契約やDApps を自分のプラットフォームで直接開発できるようにしました。 

Zilliqaは、シンガポール政府のための複数の国家安全保障プロジェクトへの関与と同様に、サイバーセキュリティ専門家として国際的に認められているXinshu Dongによって2016年に始まりました。

このプロジェクトは、コンピュータ科学の教授であるシンガポールのPrateek Saxena教授と、シンガポール国立大学、Jia Yaoqi、Amrit Kumarが共同で設立しました。 4人の共同設立者はすべて博士号取得者です。

Zilliqaの競合他社との利点としては、トランザクション処理能力が高く、業界のほとんどのプラットフォームよりも比較的低価格です。

これを達成するために、Zilliqaチームは、シャーディングと呼ばれる方法を使用します。

これは、データベースをより管理しやすいセグメントに分割し、データベースを複数のサーバーに格納するパーティション分割の一種です。

このプラットフォームは、Proof-of-WorkとPractical Byzantine Fault Toleranceを融合させ、分散化を犠牲にせずに高スループットを処理できるハイブリッドコンセンサスアルゴリズムモデルで動作します。

なぜZILが注目されるのか

ZILは、2018年1月に発売されて以来、時価総額で34位にランクインしました。学者のチームは、2017年3月にテストネットの最初のバージョンを構築していました。

✔スマートコントラクトのアルファ版打ち上げ

✔メインネットの再スケジューリングを開始

もともと2018年第3四半期に予定されていたため、チームはリリース日を延期し、コミュニティへの電報の発表では、コアチーム、コミュニティ、および監査会社がコードを適切にテストするためにより多くの時間が必要であると述べられていた

彼らは現在、Zilliqa mainnetの発売について、2018年末または2019年1月を目標にしている

  • 徹底したセキュリティ監査を実施する
  • トークンスワップの準備と実行
  • 財布との統合
  • ツールを開発する

などの開発が進む。

まとめ

個人的には、年末にかけて再び上昇相場になることを考えると他にも大きく価格を戻せる通貨はたくさんあると思いますが、

特に大きな材料のある通貨は注目しておきたい所です。

また、全てのアルトコインが一斉に価格を回復するわけではないので、分散させるのも資産を効率よく増やす手として有効です。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here