この記事を読むのに必要な時間は約 39 分です。

 

 
WorldWiFi(PreICO)

未来はワイヤレスである

World Wi-Fiは、グローバルな分散型の無料ネットワークです。プラットフォームの参加者には、一般ユーザー、ルータ所有者、および広告主が含まれます。ユーザーは無料のインターネットを楽しむことができ、ルーターの所有者は、ユーザーが閲覧した広告について広告主から支払われます。広告主は、広告キャンペーンの有効性の広告および分析のターゲティングのための効果的なツールを受け取ります。

Worldwifiプロジェクトは既存の2つのビジネスモデルに基づき、ブロックチェーン統合をはかっています。

トークン価格は短期的にも、長期的にも上昇が期待されます。

プロジェクトとICOの概要説明

World WI-FIは、個人が所有するルータ(主にホームネットワーク )をベースにしたグローバル分散型WI-FIネットワークです。

ルーターの所有者は、無料Wi-Fiを共有し、他のユーザのアクセ スを許可し、ネット広告で仮想通貨を取得できます。

結果的に、インターネットユーザーが無料でインターネットを利用でき、ル ーターの所有者が収入を取得し、広告主がターゲット視聴者に対して広告を配信できるため、全当事者が利益を得ることが可能になります。

World WIFIプロジェクトの簡単な説明です。

プロジェクトの背景

インターネットは、さまざまな理由から重要であり、現代生活のあらゆる側面に影響を及ぼし、それを促進します。

社会は、インターネットアクセスが人の市民権の1つであるという使命にまで発展しています。

国連人権理事会は、市民のためのインターネットへのアクセスを阻止または制限する州を非難する決議を採択すると同時に、76億人を超える世界人口の大部分は依然としてインターネットへのアクセス権を持っていません

さらに問題なのが、高い費用と非効率性です。

異なる国での接続速度が10 Mb / sの居住用インターネットの月額料金は、3.40ドルから197.70ドルです。世界の月間平均加入料は約30ドルです。

有料であれ無料であれ、誰もがインターネットにアクセスできる機会があるにも関わらず、2016年の国連によると、貧困線以下の人口は8億人を超えています(1人あたり1.90ドル以下)。

これは世界の人口の10%であり、富裕層と中産階級は24%を占めています。

以上のような問題を解決します。

我々は、既存のビジネスモデルを分析して、ブロックチェーンに 基づきグローバル分散型Wi-Fiネットワークを作り、そのネットワ ークをネット広告を使うことによってユーザにとって無料にする ことが可能であることに気づいた。テレビと同様である。ネット ワークに接続する時点で短い広告を配信することによって、プロ ジェクトは経済的価値の高いプロジェクトになる。World Wi-Fiのデ モバージョンは既に導入されている。

World Wi-Fiプロジェクトが目的とする主な市場は、ホームインターネットユーザー向けのオンライン広告市場です。

現在、この市場を独占している企業はいません。

問題点と解決策

インターネットにおける大きな問題点です。

①地域の問題

世界中のインターネットユーザーにとってますます共通する問題は、モバイルアクセスです。モバイルアクセスの技術は、長年にわたってより良くなってきていますが、実際の利用可能性は不足しています。

結果として、需要が増加したが競争はなかったため、料金の引き上げと制限の引き下げが始まってます。

②世界的なさまざまな制限

そして、さらに先進国の問題であれば、周辺部ではさらに問題になります。

携帯電話ネットワークは成長していますが、そのスピードは不十分であり、データキャップは多くの人がインターネットをその機能のすべての範囲で使用することを妨げています。

限られた接続と限界データキャップは、先進国で経験しているものよりもはるかに有害な方法で、世界の発展途上国や貧困層に悩まされているものです。

広告主の主な問題は以下です。

  • 不正確な情報
  • 高いコストと非効率性
  • データ分析の難しさ

分散化によるWorldWiFiのソリューション

ブロックチェーン技術による変化は、比較的限られた金融ツールの領域よりもはるかに広がっています。

たとえば、WorldWi-Fiは、参加しているルータの範囲内の誰にでも無制限の無料Wi-Fiアクセスを可能にするシステムを構築するためにブロックチェーン技術を使用しました。また、参加しているルーターの所有者は、地元の人や旅行者がインターネット接続を利用できるようにするために払い戻されます。

これは、開発途上国と発展途上国の両方で、ますます大きくなっている問題を解決するための道のりです。

1.高速 – 無線LANとルータが接続するグランド接続は、常に携帯電話のネットワークよりも安くて速くなる

2.制限なし-ほとんどの場合、セルラネットワークにデータの制限があります。誰かが映画を見たり音楽を聴きたい場合、限られたデータの浪費を避けるためにWi-Fiを検索します。

技術要素 

イーサリアムブロックチェーン

ブロックチェーシステムは、広告主、ルータ所有者、およびネットワーク利用者から成る分散型ネットワークのデータ改ざんの問題解決となります。

広告主によって指定されたターゲティング情報を使用して、Dealは広告キャンペーンを作成し、広告主によって選択されたルータごとのコストを決定します。新しい取引がブロックチェーンに登録されるたびに、広告キャンペーンの終了後にWTトークンが広告主のアカウントから転送されて取引に関連付けられたエスクローになり、ルーター所有者に転送されます。完了した広告キャンペーンの後、Dealは特定のルータに関する情報を自動的に更新して追加します。次いで、広告主は、それらの広告キャンペーンのコンバージョン率に関する情報をそのGUIを介して見ることができる。

取引はブロックチェーンと広告統計データベースに保存されます。このデータベースには、定期的にブロックチェーンに転送される最新の統計情報が格納されます。

したがって、ブロックチェーンには次のすべてが格納されます。

  • 支払情報
  • 参加者が保持するWeTokensの数
  • 既存の取引に関する情報:目標、統計、広告統計データベースの取引に関する詳細データ
  • ホットスポットに関する情報:統計情報とルータオーナーアカウントへのリンク。

開発中、World Wi-Fiチームは、システムの運用を明確かつ専門的に計画し、適切なブロックチェーンプラットフォームを選択したと考えています。しかし、システムの成長に伴い、チームはスケーラビリティのためのより適切なプラットフォームを検討します。我々はチームの意図を、Graphenや他のDROSのようなプラットフォームのような、より高度なプラットフォームに移行することをサポートします。

広告コンテンツの再生管理、ルーター所有者の報酬確保をするために、ブロックチェーンGraphene(または他のDPOSアナログ)が使われます。

すべてのネットワークメンバーが履行する義務をコントロールするには、特別な権限を持つメンバーが必要であり、そのため、デリゲート報酬プログラムが導入されています。

上述のデリゲートの機能には、ネットワーク参加者ステータスを表すデータベースのコピー(ルータの所在地・利用者数・年齢・趣味・過去の広告キャンペーン情報(ROI、コンバージョン)など、フィールド別の索 引付きデータ)の保管が含まれます。

事実上、そのデータベースは、ブロックチェーンから索引付きデータの畳み込みであり、これは、広告主からのリクエストに対してサプライヤを迅速に選択し、広告主にって価値を形成する消費統計を把握する必要があるためのものです。

この情報へのアクセスは、迅速に行う必要があり、原則として、これは デリゲート、つまりデリゲートのソフトウェア部分にのみ適用されます。

アーキテクチャは以下参照。

 

ビッグデータ

ネットワーク上のユーザー活動に関するデータを収集して分析するためのBig Dataテクノロジーがプラットフォーム上で使用されています。この技術により、広告主は興味のあるユーザーにのみ広告を表示できます。広告キャンペーンの終了後、広告主はすべての統計情報を含む詳細なレポートを受け取る。

チーム

WorldWi-Fiは、IT、ブロックチェーン、デジタル統合、Wi-Fi、大規模なデータ、マーケティングの専門知識と長年の経験を結集しています。

 

アドバイザー:

Thierry De Gorter:現在、Core.Tech.Chainの会社のブロックチェーンマネージャー、SwiftCoinのマーケティングディレクターです。ShiftCash、FUELDApp、TradePlayz、AlttexConsortium、Traxion.Techの各プロジェクトについてアドバイスしています。

Yagub Rahimov。7marketzincとNewsOgramのCEOと共同創業者。彼は、Nousplatform、Hicky、PATRON、RepuX、SerenityFinacial、NAGA Coin、ChainTrade、Genesis Visionといったプロジェクトをアドバイスしています。

 

  • 広告を販売する目的で公開Wi-Fiを作成する作業プロジェクト(AdrentaとRadiusWi-Fi)が既に存在すること
  • プロジェクトの実施に必要なレベルの、様々な分野の経験豊富な技術専門家が存在すること
  • サイバーセキュリティを担当する技術専門家とブロックチェーン開発者が含まれている

以上から、チームは、プロジェクトの成功した立ち上げと開発のために必要な知識を持っています。

ビジネスモデル

既存のプロジェクトAdrentaとRadius Wi-Fiは、公共エリアでのWi-Fi広告に重点を置いています。
 
 
現在、Adrentaネットワークは14,000以上のオープンネットワークと100以上のフランチャイズパートナーを占めており、同社は80都市に拠点を持ち、100人以上の従業員を擁しています。2017年のWi-Fiアクセスポイントの増加は784%でした。
 
2016年:Radius(ホットスポット会社)
2017年:Adrenta(WiFi広告代理店)
2018年:WorldWiFi(ブロックチェーンによる分散型WiFiネットワーク広告)
 
ユースケース例です。
 
インターネット利用者

→世界のWi-Fiプラットフォームはゲストユーザーに無料のインターネット接続を提供し、接続するときに短い広告ビデオを見るように促されます。(広告の一部)
 
ルーター所有者

→すべてのルーターの所有者は、私たちのファームウェアをインストールし、オープンなネットワークを作成し、プライベートWi-Fi接続から切り離し、暗号化を開始することができます。彼のホットスポットに接続するときには他のユーザーに広告が表示され、広告ビューごとに広告主から支払いを受けることになります。
 
広告主
→世界的なWi-Fiにより、広告主は広告でターゲットオーディエンスに到達することができます。プラットフォームは以下を提供します: – 正確なターゲティングデータ – すべてのホットスポットでの広告の変換に関する信頼できるブロックチェーンベースの統計データ – ボットのない人間の聴衆
 
サービスプロバイダ
→世界のWi-Fiネットワークにより、インターネットプロバイダーは無料のインターネット接続を広告に費やしながら提供することができます。統計的には、広告はインターネット接続の毎月の購読料を請求するよりも、しばしばより有益です。さらに、これは、多くのインターネットプロバイダーが直面している緊急の問題、つまり顧客からの延滞した支払いを解決します。
 

ロードマップ

  • 2012年12月〜2018年3月:ファンデーションコレクションの開始(プレセール)
  • 3月〜2018年4月:トークン売却と資金回収のためのキャンペーンの実施
  • 2018年4月:プログラムのストック・マーケットと参照プログラムを開始する。
  • 2018年6月〜:WORLDWI-FIの世界情報キャンペーンの広告主を始める
  • 2018年6月:個々のWi-Fiルーターの単一のモデルのための開発ソフトウェアの完成。
  • 2018年8月 – 2019年12月:欧州市場への参入。新しい提携者と広告者が関与する。
  • 2019年3月 – 2019年12月:ヨーロッパにおけるさらなるキャンペーン展開。アジアにおける表明の開始。パートナーコミュニケーションのアクティブ化。
  • 2020年12月 – :プロジェクトヨーロッパとアジアの推進。アメリカにおけるプロジェクトの開始と開発。新しい関係者、パートナー、広告者を呼び出す。

ビジネスモデルは確立されており、3月にブロックチェーン統合が予定されています。取引所登録は4月予定です。

トークンセール

トークンセール概要です。

トークンセール中にERC20トークンが販売される。
1 WeToken = World Wi-Fiにおける広告10回再生 = $0,1 (トークンセールの段階).
(現時点では、Wi-Fiネットワークにおけるターゲット広告平均料金は1回 再生あたりに0.3$である。従って、トークンセールのトークン価格は割引が既に含まれている。)

プレセールの条件:
ETH/USD とBTC/USDの為替レートは2018年3月17日時点で固定される。従っ て、プレセール段階の仮想通貨建ての全ての投資は、2018年3月17日の レートに基づき再計算され、当該のWetokenの数に対して特典がつく。

→50 000 USD以上の場合
* 25%の特典
→50 000 USD未満の場合
* 15% の特典
→1万5000ドル以上の金額を投資するプレセールとトークンセールの参加 者には、手数料ゼロのルート招待リンクが付与される。

トークン購入ページはこちら

市場分析

Worldwifiプロジェクトの焦点は、2つです。

インターネット市場 ・広告市場

これらを融合しており、いわゆる共有経済が大きなくくりであり、

Airbnb・Uber

などがよく巨人としてとりあげられます。

結論から申しますと、いづれの市場も今後拡大が予測されており、プロジェクトの助けとなる可能性が高いです。

以下、分析を白書を参考にします。

インターネット市場

世界中のインターネットユーザーは、国連Global Broadband Progressの報告にによると、35億8,000万人(世界人口は76億人)になりました。

利用者数の内訳を見ると、開発途上国では25億人、先進国では10億人です。インターネットの普及率でみると、先進国の81%に対して開発途上国では40%、後発開発途上国ではわず15%未満となります。ヨーロッパでは、人口の76%がインターネットに常にアクセスできる状態です。次は、CIS諸国(人口の67.7%)、北南米(65.9%)である。最も低い普及率はアフリカ(わずか21.8%)。

2000年から2015の間に、インターネット利用者の割合は、世界人口の6.5%から43%に増加し、ほぼ7倍の成長率を見せています。インターネットに接続できる世帯の割合は、2005年の18%から2015年に46%に増加しました。

過去4年間で、特にアフリカの世帯インターネット利用率は急増し、年間成長率27%になっています。

また、WIFIネットワークも急速に普及しており、2016年に比べてスポット数は48%以上増加しています。4年間で見ると9倍という驚きの数値が出ています。

2018年には20人あたりに1スポットの数になる見込みです。

広告市場

ネット広告市場も規模が拡大する傾向にあります。

Zenithmedia調査会社の予測によると、2017にはネット広告市場が13%増加し、2050億ドルを上回る。広告市場全体でのネット広告のシェアは、34%から36.9%になるとされています。

但し、広告費の大部分が無駄になっていることが大きな問題です。

一般的に、1ドルに対して44セントが仲介業者により取られるため、事実上では、ネット広告市場は主要な広告配信サービスにより独占されています。

さらに、透明性の問題もあります。

広告の発注が仲介業者に奪われ、ターゲティングが行われ、広告の視聴数がボットにより達成されるなど、市場の不透明感が強く、事実上では、広告主は広告費の使い道を追跡することが不可能です。ターゲット視聴者層が広告を見たかどうか、またそのコンバージョン変化の原因が何なのかは不透明です。

 

広告が正確で、実際の人間が広告を再生する可能性が高いため、Wi-Fiネットワークにおける広告への需要が増えています。

但し、Wi-Fiネットワークにおける広告市場は、各スポットの所有者により独占されており、レストランチェーンやショッピングセンターは、当該のレストランやショッピングセンターが共有するオープンWi-Fiネットワークにおいて自分の広告を配しています。

又、通信事業者によって、ターゲティング方法とコンバージョンが異なり、現在、Wi-Fiネットワークにおいて統一した広告市場ができていないのも問題です。料金設定のルールも定まっていません。

また、異なる国では、オンライン広告の支出額はもちろん異なり、他の国々で大きなリードを持つこの分野の指導者は、米国、中国、英国、日本です。

以上のように、Wi-Fiネットワークの市場は急速に拡大しており、デジタル広告の市場も拡大しています。何百万人もの人々が初めてインターネットにアクセスしており、デジタル広告の開発だけでなく、一般的な暗号世界にも貢献しています。

競合分析

インターネット、特にWifiスポットを中心としているプロジェクトは少ないように感じますが、広告市場のプロジェクトはかなり多くなってきています。

WiFi提供企業は以下のような例がありま巣が、一般的に分散化されていないため直接的な競合にはなりにくいです。

boingo

BoingoWireless、Inc. – ソフトウェアとWi-Fiサービスのサプライヤで、世界中の325,000を超えるホットスポットでノートブックやモバイルデバイス上のユーザに、簡単で便利で安価なWi-Fiアクセスを可能にします。Boingoおよびその子会社であるConcourse Communications Groupは、空港、主要スポーツ競技場、ショッピングモール、会議センター、ファーストフードレストランなどの主要な会場で有線および無線ネットワークを管理しています。

ホットスポットシステム

HotspotSystemは、顧客にインターネットアクセスを提供したい企業や個人に、ホットスポット管理サービスと請求を提供します。クラウドベースのアクセスポイント管理により、お客様はコントロールセンターから無制限のホットスポットを管理できます。

AIRFY

これはビジネス向けの公共WiFiサービスです。ゲストデータトラフィックは、エアVPNサーバ経由でインターネットに安全に送信されます。

Socifi

SOCIFIは、エンタープライズインフラストラクチャ向けのローカルホスティングソリューションに拡張可能な、ワイヤレスプロバイダ向けのクラウドベースのプラットフォームです。

 

しかし、ブロックチェーン技術を使用する直接的な競合会社が存在します。

iungo

IUNGOは、世界中の私的および企業インターネットユーザーを結ぶ分散型インターネットプロバイダーです。誰でもインターネットサービスプロバイダになり、他の人にグローバルインターネットへのアクセスを許可することができます。アクセスは無料または有料にすることができます。ユーザーとアクセスプロバイダの責任です。インターネットアクセスを提供するユーザーは報酬を受け取る。

 

そして、WorldWifiプロジェクトは、Wifiを通じたデジタル広告マーケティングも視野に入れているため、デジタル広告のプロジェクトを視野に入れる必要があります。

デジタル広告業界は活況を呈しており、今年は2,600億ドルに達すると予想されています。残念ながら、Pivo​​talのレポートによると、GoogleとFacebook は米国の全デジタル広告の73%を占めており、2015年には63%から増加しています。これは急速に成長している業界で、主な2社が支配しています。

Statista Digital Marketing Outlook

BATは、ユーザー、広告主、出版社を結ぶデジタル広告プラットフォームです。貴重なデータとバッテリー寿命を広告の視聴に費やすユーザーの費用を削減することを目指しています。

BATは、ユーザの注意を察し、ユーザが実際に見ているものに基づいてトークンをパブリッシャに割り当てることによって、これを行います。ユーザーは、広告を表示してトークンで補償を受けることを選択できます。

BAT

Basic Attention Tokenはサイト運営者、広告主、ユーザー間の新しい交換単位を作成することで、デジタル広告の効率を向上させます。 すべてがイーサリアムブロックチェーンに基づきます。 トークンの価値はユーザーの注目(人の集中する精神的関与)に基づいてます。

PM7

PM7 – オンラインとオフラインプロジェクトのために広告の世界を根本的に変えるように設計された分散型の革新的なアフィリエイトマーケティングプラットフォームです。 プラットフォームの主なアイデアは、先進的なプロジェクトのクリエイターとその顧客との距離を短縮し、広告、マーケティング、PR代理店の仲介を排除し、プロセスのすべての参加者が進歩的かつ世界的に変化するテクノロジーを創造できるようにすることです。

 

Attention Network

Attention Networkは広告をより良くするためのブロックチェーンとイーサリアムで強化されたオークションシステムです。 スマートコントラクトによる信頼、アクセシビリティ、ポリシー管理の問題を解決します。費用を抑え、サイト運営者のCPMを向上させ、広告主にとってはより高いROASを実現します。 ATTNトークンはAttention Networkのバックボーンになり、ステーキングやポリシー実施のために保有者に報酬を与えることができます。

Qchain

QchainはイーサリアムとNEMブロックチェーン上に構築されたマーケティングと広告プラットフォームです。 当社の主力製品はネイティブ広告と統合された個人データ管理機能に焦点を当て、アクセス可能な直接購入広告市場です。 ブロックチェーン技術を使用して、広告主やサイト運営者の管理を強化し、透明性とプライバシーを高め、仲人からのオーバーヘッドを削減したいと考えています。

AdEx

AdExは、既存のオンライン広告市場を破壊し、重大な問題(広告詐欺、プライバシー、およびスポンサードメッセージの受信承認など)に対処することを目的としたブロックチェーンベースの広告サービスです。

Adhive

AdHiveはイーサリアムのスマートコントラクトに基づいた支払いシステムを使用して、ビデオブログチャネル上にネイティブ広告を自動配置するプラットフォームです。 プラットフォームは適切な実行について心配することなく、無制限のチャンネルにネイティブビデオ広告を配置する機会を広告主にもたらします。 AdHiveは非常に多くの視聴者と連携し、企業広告キャンペーンのチャネルとしてテレビを崩壊させる可能性があります。

Friendz 

Friendzは売上高1.2百万ユーロと200万人のユーザーコミュニティを持つ実用的な製品です。Friendzのプラットフォームは、広告コンテンツの作成を支援し、個人のソーシャルメディアプロファイルに直接掲載される意思のある人々と企業をつなぎます。 このピアツーピア通信プロセスに関わるユーザーは、FDZトークンをFacebook / Instagram / Twitter / Mediumでのコラボレーションの報酬をとして得ることができます。 FDZは、オンライン活動のために人々を管理し、報酬を与える標準的なトークンになります。

 

SocialMedia.Market

ソーシャルメディアの影響力を持つ広告キャンペーンを発見、作成、実行、分析する最初の分散型エコシステム。 ブロックチェーン技術に基づいて、ブランドとソーシャルメディアのブロガー間のマーケティング活動を、全く新しいレベルの透明性、安全性、相互作用に導いています。

friendzも顧客基盤が確立されており、有力なプロジェクトの一つです。デジタル広告の分野は競争が非常に激しくなってきています。

これらのプロジェクトと比較した場合の競合上のメリットとしては、以下が考えられます。

複層構造

各広告からの手数料は、複数の当事者に支払われる仕組み:

  • 手数料はネットワークに対して支払われる.
    場合によって、特別手数料は、アクセススポットの所有者を募集し たパートナーに対して支払われる。
  • 前項のパートナーを募集したパートナーがいる場合、そのパートナ ーに対しても手数料が支払われる
  • ネットワークのアクセスポイントが多ければ多いほど、各パートナーの利益が増える

このような複数構造があり、ルーター所有者向けの紹介プログラムにより効果的なマーケティングも戦略のうちの一つとなっています。

広告統計とカスタム設定

広告ネットワークでは、接続されているすべてのアクセスポイントのターゲット広告統計が保管されており、これにより、ネットワークは、 広告主の要求を満たすアクセスポイント(またはアクセスポイントのグループ)を自動的に選択できます。

一方、ネットワークでは、広告の最小コストなど、アクセスポイントの「 パラメータ」を設定し、統計データに基づいて、視聴者に適していない 広告(たとえば、成年者向けの広告)を除外することができ、

こららの機能によって効率性が高まります。

CPA/CPM モード

広告ネットワークでは、広告表示回数(CPM)または顧客獲得単価(CPA)に基づき取引が行えるのもメリットです。

  • 「広告表示回数」の場合、広告主は広告が表示された時に支払う。
  • 「顧客獲得」の場合、広告主は、特定のアクション(クリック、広告主 のページへの移動など)が行われた時に支払う。

強いチームと既存のビジネスモデル

プロジェクトチームには、wifi広告とホットスポットを販売する2つの事業背景があります。

接続ポイントは、80都市、14000件であり、2年間ビジネスモデルがテストランニングされ、3月にブロックチェーンベースのモデルが発表される予定です。

チームの大元は、AdrentaとRadius Wi-Fiであり、これらは公共の場所(空港、カフェ、レストラン、シ ョッピングセンターなど)におけるWi-Fi広告に重点を置いています。

上記の既存プロジェクトをWorld Wi-Fiプラットフォーム に加え、それに基づいて、世界中のパブリック無料のインターネッ ト市場を拡大して行く予定です。

既存のビジネスモデルを分析し、ブロックチェーンによってルータ所有者に受動的な収入をもたらし、広告費用対効果を保証し、Wi-Fi広告のおかげで完全に無料であるグローバルなWi-Fiネットワークが可能になることを認識しました。これはwin-win-winです。

既存のプロジェクト公共Wi-Fiホットスポットの広告に重点を置くAdrentaとRadiusのWi-Fiは、World Wi-Fiプラットフォームに組み込まれます。今後3年間で、2億台のWi-Fiルータを当社のプラットフォームに接続する計画です。世界のWi-Fi Yan Sepiashviliの共同設立者でありマネージングパートナーであると言われています。

プラットフォームの参加者には、一般ユーザー、ルータ所有者、および広告主が含まれます。ユーザーは無料のインターネットを楽しむことができ、ルーターの所有者は、ユーザーが閲覧した広告について広告主から支払われます。広告主は、広告キャンペーンの有効性の広告および分析のターゲティングのための効果的なツールを受け取る。

プラットフォームWorld Wi-Fi内の決済については、WeToken(WT)が使用されます。それはWorld Wi-Fiの10の広告ビューで評価されます。排出量には制限があります。合計で600,000 000 WTが発行されます。トークンは金銭に変換され、暗号交換で販売されたり、World Wi-Fiネットワークで広告を購入するために使用されたりする可能性があります。

引用:公式Mediumブログより

異なる2つの市場

一般的にデジタル広告のプロジェクトはたくさんありますが、このプロジェクトでは、広告主がルータの所有者に広告を表示するという点が非常に重要な役割を果たします。

広告主をプラットフォームに誘致するという点において、World Wi-Fiは、プロジェクトの開発と世界規模での広告掲載のための堅実なマーケティング計画を策定しています。

WorldWi-Fiは、急速に発展している2つの分野、すなわち、世界的なWi-Fiネットワーク市場とデジタル広告市場を結びつけているという点に大きな競合上のメリットがあります。

経済モデルとシナリオ予測

経済モデルとシナリオに関しては、既存のビジネスモデルから推測できます。

プロジェクト立ち上げから3年間の間に、2千万台のWi-Fiルー タをプラットフォームに接続する予定であり、これは市場規模拡大を考慮すると、上記の2千万台という数字は達成できない数字ではないとされています。

広告再生から得るルータの利益は、トークンで支払われ、計算の容易化を目指し、Wi-Fiネットワークに おけるターゲット広告の平均料金を考慮した上で、広告料金をドル建てに換算します。

Wi-Fiネットワークにおけるターゲット広告の平均現在料金に基づき計算を行いますが、市場のグローバル化に伴う広告費用の増加を予測しており、現時点では、Wi-Fi広告は、統一した市場がなく、価格設定が定まっていないため、他の広告媒体に比べて料金が低いです。

WTトークンについて

WeToken (WT)は、World Wi-Fiプラットフォーム内で利用できる通貨である。プラットフォーム内での取引はWeTokenを使って行われる。トークンを発行するのは, World Wi-Fi PTE Ltd.社である。

WeToken (WT)は、その価格がプラットフォーのメンバーがとる行動によるため、証券ではない。プラットフォームのオペレータは、仲介という立場にいる。トークンの販売またはその課税上/法律上のステータスについて、トークン発行覚書で確認できる。

  • トークンシンボル:WETOKEN(WT)
  • 価格:1WT=0.1ドル
  • ハードキャップ:2.58億枚
  • プレICO:12/1-3/16
  • ICO:3/18-4/18
プロジェクトの事前販売は今年11月後半に開始され、2018年1月末にはICOが実施されます。
 
事前販売およびICOでは、258,000,000 WTを販売する予定です。プレセール中に20%までのボーナスを受け取ることがあります。
 
 

トークンの将来価格とホルダーのメリット

トークン数は固定で枚数が変わりませんので市場での普及に依存します。

トークンホルダーのメリットです。

1.パブリックネットワークの作成時に、WTトークンのウェルカムボーナスがルータ所有者に与えられます。

2.広告ビューごとに、ルータ所有者はトークンで報酬を受け取る。

3.紹介プログラムに参加する報酬は、WTトークンにも預託されます。招待者は、所有者1のトークンの25%の25%を受け取り、次に所有者2のトークンの25%の25%を受け取る

プロジェクトが拡大していくにつれ、トークンの需要は増加していきますので価格も高騰します。

短期的な価格上昇理由

  • ICOの終了後(2018年4月)、開発者はRadius Wi-FiとAdrentaネットワークをWorld Wi-Fiプラットフォームに統合する
  • 80都市の14,000以上のホットスポットで、紹介プログラムを開始する
  • 2018年5月から、広告主を誘致するためのマーケティングキャンペーンが始まる

したがって、トークン価格の潜在的な上昇は、WTトークンに対する需要の増加のために、2018年第2四半期に既に予想される。したがって、WeTokenは短期的には魅力的である可能性があります。

長期的な価格上昇理由

  • チームは、トークン販売で調達された資金調達に応じて、世界中のさまざまな地域にWorld Wi-Fiを導入する予定である
  • 2020年までには、少なくとも20Mbpsのルータを接続する予定

World Wi-Fiプロジェクトの開発により、ますます多くの広告主がこのプラットフォームに登場するため、トークンの需要と価格が増加します。

WTトークンに対する需要は、プラットフォームの開始とRadiusWI-FIおよびAdrenta(Q2 2018)との統合後に発生する可能性が高いです。ロードマップに従って異なる地域に統合する過程で、トークンは中長期的にも価格が上昇する期待値が高いです。

投資判断とリスク分析

世界のWi-Fiデモは、すでにソフト・ローンチされており、プラットフォームの本格的なバージョンは、2018年4月〜6月に予定されています。

プラットフォームローンチも比較的早めなので、トークン需要は2018年の早い段階から増加していくことも予想できますので、ICOの段階での購入はメリットが大きいと考えます。

特に市場価格の3分の1で購入できること・4月〜5月が上場目安であることを考えると投資判断はポジティブなものと考えることもできます。

トークンはこちらから購入できます。

トークン購入

まずは、登録します。

 

トークンを購入します。

イーサリアムの場合は、アドレスへ送金します。


プロジェクトの詳細goo.gl/Yz9uyr

🔸Facebookグループ:https://goo.gl/bZvUWk
🔸Facebookページ:https://goo.gl/Aj53Pf
🔸Twitter:https://goo.gl/sN4J5f
🔸YouTube:https://goo.gl/po89gT

🔸Instagram:https://goo.gl/zqXTti
🔸Steemit:https://goo.gl/Qd6hef
🔸BitcoinTalk:https://goo.gl/aWstFL
🔸LinkedIn:https://goo.gl/M4ENtS

 https://youtu.be/OA2-ma32sfg
 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here