【ICOレビュー】VRT-ブロックチェーンによる世界的なVRプラットフォームおよびマーケットプレイス

0
604 views

この記事を読むのに必要な時間は約 29 分です。

 
この記事の要点
 
VRT:グローバル統合のためのVRプラットフォーム

VRT(バーチャルリアリティテクノロジーズ)プラットフォームは、VRコンテンツと分散型マーケットプレイスを作成するためのツールです。

VRTは、プロジェクト参加者数の増加を通じて開発され、統合されます。

プロジェクトとICOの概要説明

VRTはVRの開発者、ユーザー、ビジネスのためのブロックチェーンエコシステムです。

無制限のVR機能を利用し、排他的な技術へのアクセス、画期的なゲームやエンターテインメントプロジェクトへの参加、独自のアイデアの収益化、VRキットプロジェクトによる世界中のオフラインVRパークの所有者の獲得を可能にします。

以下、簡単にプロジェクトの説明です。

VRプラットフォームの特徴

VRプラットフォームは、当社のSDKおよびAPIに基づいて独自のVR製品を開発するユニークな機会を提供します。

  • ターンキーソリューションはあなたの時間とお金を節約する
  • トレンドセッティング技術と機器にアクセスするだけで、異なる国のオフラインパークで自分のゲームをテストすることができる
  • 市場は、システムを離れずにさまざまなプロジェクトから収益を得る機会を提供する
  • 開発者、選手、企業はコミュニティを構築し、開発と成長に常に貢献する
  • VRは、VRT技術の適用に無制限の機会を提供します。

技術要素

ブロックチェーンによりさまざなメリットが期待できます。

  • 知的財産所有権の検証

ブロックチェーンを使用することで、著作者およびコンテンツに対する権利に関する情報を保存することができます。特別に作成されたソフトウェアは、ブロックチェーンを通じてコン​​テンツの信頼性をチェックすることができます。コンテンツを購入する際には、権利(ライセンス確認)やロイヤリティの配布を確認するためのスマートな契約が自動的に生成され、これにより前例のない著作権保護に貢献します。

  • 収益自動配分
    Blockchainは、プロジェクトに関与するすべての関係者間の利益配分の透明性と自動化を保証します。コンテンツの販売およびリースから得られたすべての収益は、VRパーク(フランチャイズ)の所有者、コンテンツ開発者およびVRT管理会社のスマート契約によって規制および分配されます。
  • コミュニティの関与(投票システム)
    コンテンツの品質を管理し、ユーザーの好みに関するマーケティングリサーチを実行するのに役立つブロックチェーンを投票に使用します。世論調査は、技術開発の最も重要な分野を特定するのに役立ちます。聴覚からのフィードバックの集約と分析が最優先課題です。
  • 開発者モチベーションシステム
    モチベーションための基金は、プラットフォームに基づいて確立されます。蓄積された現金資産は、才能のある開発者に与えられ、コミュニティを関心させる最も将来性のあるプロジェクトの開発のために転送される。
  • サイバースポーツトーナメント
    ブロックチェインの機会は、VRパークサイバーポートトーナメントの勝者に報酬を与えるために使用されます。スマート契約は、プレイヤー間の賞金プールの配分を管理します。
  • フランチャイズ経営慣行
    当社は、VRフランチャイズ管理のためにブロックチェーンを使用する最初のチームです。すべての活動(ゲームリリース)の登録の礼儀は、正当な利益分配に依存することができます。

その他の技術要素は以下です。

  • マーケットプレイス:定期支払い、オークション、資金調達、寄付などのオプション
  • ブロックチェーンとスマートコントラクト
  • SDK API
  • IPFプロトコルに基づく分散型リポジトリ
  • コンテンツテストのためのエミュレーター
  • VRTトークンエコノミー
  • イーサリアムサイドチェーンのVrchain
     

ビジネスモデル

 
  • VRパーク:生態系に基づく製品の収益化のためのオフラインプラットフォーム
  • パフォーマンス映画:映画製作のための魅力的なオプション
  • VR教育プログラム:自己開発のための無限の機会
  • アプリマーケットプレイス:製品コンテンツの収益化のためのプラットフォーム
  • ビジネスのためのVR:新しい広告の機会と企業のソリューション
  • VR サイバースポーツ:VRでのプロのトーナメントとアマチュアスポーツ
 

トークンについて

トークン名 – VRTトークン

シンボル – VRT

小数点以下 – 9

VRTトークンは、ERC20 Ethereumブロックチェーン標準に従って発行されたユーティリティートークンであり、以下の目的のためにプラットフォーム内での使用が意図されています。

 

プレトークンセールは
、2017年12月5日に始まり、2017年12月23日に終了します。

  • 40%ボーナスのプレトークンセールは、ホワイトリストのメンバーのみが可能です。ホワイトリストのメンバーは、2017年12月5日(モスクワ時)午後4時に終了し、2017年12月12日の11.59 pmで終了します。
  • すべてのメンバーに30%ボーナスのプレトークンセール。すべてのメンバーのために、それは2017年12月5日の午後5時(モスクワ時)に始まり、2017年12月23日の11.59 pmで終わる。
  • プレトークンセールの目標は1.000.000 $です

トークンセールは
2017年2月27日に始まり、2017年4月27日に終了する

  • ボーナス30%のホワイトリストメンバー
  • $ 5.000.000〜20%
  • $ 5.000.000から$ 10.000.000まで15%
  • $ 10.000.000〜$ 15.000.000 – 10%
  • トークンセールの目標は16.000.000 $です

市場分析

AR/VRは、もはや現実の業界であり、実装を容易にするアイデアとデバイスの両方を生成しています。技術の応用は、教育、娯楽、広告、コミュニケーションを中心としたさまざまな分野で可能です。世界は実現可能性を待っており、OculusバーチャルリアリティグラスとPokemonGoゲームの登場後に次のことが起こるかどうかを予測しようとしています。

Digi-Capitalは、AR / VR業界に従事する企業の膨大なリストを提供しています。内容と技術的要素の両方を扱う世界的に重要な企業、「氷山の先端」を考えてみましょう。

例えば、Digi-Capitalは、2018年の早い時期に新世代のスマートフォンが2017年を凌駕し2019年を下回ることを期待して、Appleに賭けています。

「Appleは、モバイルARを推進する可能性のある主要な技術企業の中で、ハードウェア、ソフトウェア、アプリストア、開発者、小売のエンドツーエンドのエコシステムです。…必要なのは、いくつかの追加のセンサー、統合されたMetaioソフトウェア、そしていくつかの深刻な意図です。

2012年以降、業界への投資は増加しており、投資対象のプロジェクト数は増加しています。

しかし、比較的高いコストという観点からはまだ範囲が限られています。インターネットの場合と同様に、すべてのユーザーが技術を利用できるわけではありません。

また、業界は財務的に要求が厳しいです。プロトタイプの開発、テストおよびそれに続く改良は、大きなリソースを必要とします。

分析機関は、業界の発展に関する楽観的な期待を表明しており、Digi-Capitalは2016年に27億ドルに対して2021年までに業界向けの予測額を1080億ドルと見積もっています。.5年間で40倍の成長が予測されており、革新的なブレークスルー(新世代のスマートフォンを含む)がこれを期待して作られていることは明らかです

Recode はLinkedInに掲載されている業界別に関する統計を提供します。企業は積極的に専門家を引きつけ、自力を有望な業界に導いています。

Goldman Sachsのアナリストは、業界別の技術配分を引用しています。

  • ビデオゲーム、ライブ放送などのビデオエンターテイメント(約189億ドル、3億8,800万ユーザー)
  • 小売、不動産(42億ドル、3200万ユーザー)
  • 教育、医学、軍事(72億ドル、730万人のユーザー)
  • デザイン(47億ドル、320万人)

このように、将来AR / VR技術は様々な産業に適用されると期待されています。

開発の複雑な段階を経て、技術はミス(教育、医学、軍事産業)を最小限に抑え、貿易関係をより簡単にし、エンターテイメントの世界を誰にでもアクセス可能な新しいレベルに移行させます。

VRのトレンドは明らかです。バーチャルリアリティ市場の大幅な成長が予想され、この動きの主な要因の1つはビデオゲームです。

まず、この製品に興味を持っている可能性のある顧客の数が原因です。Goldman Sachsは、既存のゲームオーディエンスが約3億8000万人を占めていると推測しています。  そのうち2億3000万はゲーム機を持ち、もう1億5000万は先進国のPCプレーヤーです。

 

 

ライブイベント視聴者とビデオエンターテイメントファンをこの数字に追加すると、ターゲットVR市場規模は10億人を超えることができます。アナリスト企業は、VR業界が5〜10年以内に何十億もの収入を得ると予測しています。技術普及の水準が高まることは明らかです。コンテンツは、機器の更新により、より複雑で、より興味深く、定性的になります。市場には、仮想現実と拡張現実の両方の分野で活躍する多くの新しいプレーヤーが存在します。

市場は十分に迅速に発展するでしょう。Googleはテレビ画面にゲームを放送する技術を導入したので、ヘルメットの人が何を体験しているかを他の人が見ることができました。

競合分析

競合の存在はVRヘッドセットでよく知られているGoogle、Samsung、Sony、facebookなどです。

最初の試みとして2017年10月にはFacebook社がVRヘルメットの最新バージョンを販売しました。先駆者であるRiftよりも価格は安かったです。

  • Steam
  • Oculus Store
  • Vive Store

これらの企業も近年、急成長して来ています。

今やVRは最大のメディアの注目を集めており、VRアトラクションはショッピングセンターでは一般的であり、VRヘッドセットブランドの数は数えきれないほどです。様々な有名人がVRのサポートを表明しています。

Facebookで言えば、マーク・ザッカーバーグです。


興味深いスタートアップを絶え間なく追跡しているFacebookの創造者、Mark Zuckerbergは、2014年3月にOculus VR Palmera Lucky(最も有名なVRヘルメットの開発者、Oculus Riftの開発者)を20億ドルで買収した。 Zuckerbergのための「将来の貴重な資産」だけではありませんでした。Facebookはすぐに新しい部門を開拓し始めました。
2016年にZuckerberg氏は、後にFacebook Spacesと呼ばれるVRソーシャルネットワークの機能を示しました(「ベータ」は2017年4月に発売されました)。そこのユーザーは3Dアバターによって表されます。 TouchコントローラでOculus Riftを使用する場合、複数のオプションを使用できます。友人とカードやチェスをプレイしたり、「VR-セルフ」をしたり、ドローしたり、歩いたりすることができます。

そして、GoogleやSumsongに魅了されているのが、ビルゲイツです。

Mark Zuckerbergと違って、Bill GatesはSamsung Gear VRやGoogle Daydreamなどの安価なモバイルVRメガネに魅了されています。一度彼はバーチャルリアリティの見通しに喜んでTwitterに書き込み、Gear VRの助けを借りて時折旅行体験を共有することを約束しました。このようなデバイスの主な利点は、移動性、シンプルさ、アクセシビリティです。彼らは近年、大衆が仮想現実にアクセスできるようにしました。

VRパークの急成長企業

同時に最近では仮想空間パークが需要が伸びてきており、

  • the void 
  • Zero Latency
  • IMAX VR

Void – すでに4パークが開かれており、近い将来に5つのパークが開かれます。同社はDisneyとLucasfilmと協力し、UNITY 3D、Evermore、Optimal Designと提携しています。平均して30分の演奏は$ 30です。フランチャイズを購入するオファー。同社は200以上の公園を開設する予定です。

IMAX VR – 7パークはオープンしており、15分間のゲームの平均価格は$ 9です。レポートによると、1つの公園の週間収量は15,000ドルを超えています[Business Insider]。 IMAXは、ビジネスの成功はビジターに提供されるコンテンツに依存すると考えています。これに関して、彼らはコンテンツ開発者との関係を強化するための措置を講じる。

Zero Latency – 世界9カ国に18のパークがオープンしています。彼らは積極的に米国の公園を開拓しています。同社は積極的にネットワークを構築する予定です。そのコンセプトはThe Voidのコンセプトと似ており、ゲームは自己開発しています。ゲームの価格は平均40ドルです。

https://icorating.com/analytics/indepth/vrt-world-rating-review/

などの小さなよく知られているプレイヤーもあり、日本では現在、世界第3位のゲームメーカーであるバンダイナムコが有名です。ビデオゲームとVRの両方がそのプラットフォーム上で利用可能です。

VRマーケットプレイスプラットフォーム

VRコンテンツを提供するマーケットプレイスには、以下のプロジェクトが含まれます。

Unity – VR開発の市場です。 VRの開発のための普及したプラットホーム、プラットホームに基づいて何百ものゲームが開発されました。

Oculus Rift、Steam VR / HTC Vive、PlayStation VR、Gear VR、Microsoft HoloLens、Google Daydream Viewをサポートしています。 Unityは、サードパーティのハードウェアメーカーが独自のプラグインとSDKを開発することを可能にします。

Unreal Engine – VRプロジェクトの開発で2番目に人気のあるプラットフォームです。ほとんどのオペレーティングシステムとプラットフォーム用のゲームを作成することができます

Yes 

Microsoft Windows、Linux、Mac OS; Xbox、PlayStation、Wii、Dreamcast、GameCubeなど、Appleデバイス(iPad、iPhone)などのさまざまなポータブルデバイスに対応しています。

VRTはこれらの企業とも競合します。

ブロックチェーンを採用している類似プラットフォーム

そして、ブロックチェーン統合を図っているプロジェクトも多数存在します。

Cappasity

AR / VR革命はコンテンツ制作者によって推進されると考えています。そのため、3Dコンテンツを制作、レンタル、販売するためにブロックチェーンインフラを活用する最初のプラットフォームを紹介します。このアプローチはAR / VRエコシステム内でコンテンツの権利を保証します。

GazeCoin

Gaze Coinはコンテンツ管理者、広告主、消費者の間の「視線制御」/視線追跡によって測定されるブロックチェーンのトークン/交換単位です。Gaze Coinは注視を測定することにより、複合現実世界がどのように創造され、消費されているかの中心にあるVR / AR世界で広告するためのモデルを作成することができます。

MarkSpace

MARK.SPACEは、社会的・経済的な方法で世界中のユーザーが相互にコミュニケーションできるエコシステムです。新しいコンテンツや消費グッズやサービスについて他のユーザーと交流することができます。このプロジェクトはVR / AR(仮想現実/拡張現実)、ブロックチェーンやスマートコントラクトなど最新の技術を兼ね備えています。

Viarium

ICOは4月に始まり、企業と消費者の相互作用のプラットフォームとブロックチェーン上のVR商品とサービスの販売を開始します。

Voxelus

プラットフォームは2015年に設立され、3Dアプリケーションを作成するためのプラットフォームであるVoxelus Creatorが含まれています。 Voxelus Viewerは、コンピュータ、Oculus Rift、Samsung VRでアプリケーションを起動するためのツールです。 Voxelus Marketplaceは、コンテンツやゲームのクリエイターが自分の仕事を売ることができる取引プラットフォームです。

 

immVRse

 

バーチャルリアリティコンテンツの開発者が広告主、顧客、および一般ユーザーと対話できるプラットフォーム。 ICOの日付はまだ発表されていない。

Terra Virtua

毎月の定期購読のマーケットプレイス。コンテンツのユーザーとクリエイターは、ゲーム、イベント、サービスを購入、販売したり、グループに参加したり、プラットフォームで遊ぶことができます。 ICOの主要ラウンドは4月に始まります。

 

競合状のメリットは以下です。

チームの経験とVRパーク

VR Technologiesのユニークな経験により、チームはこのタスクを実行できます。同社はこの技術を3年以上にわたって開発してきました。2年間の実りある仕事によって、大きな成功を収めています。VR Technologiesは、参加者のそれぞれがパートナーの動きを見て、彼らと対話することができるように、ユーザーのグループ全体を同時にバーチャルリアリティに移すことを学んだ。

VRTの技術的解決策は、まったく新しいレベルのユーザー対話を持つ作業プロジェクトです。VRTチームは、今後18ヶ月間、ヨーロッパのさまざまな都市にある当社の技術に関する30のVRパークの開設について、パートナーの1人と契約を結びました。

パートナー企業は以下です。

  • Bancor
  • Midex
  • CryptoFriendz
  • EuroVR
  • ILN softlab
  • Singapore bitcoin club
  • Optitrack
  • Z8
  • Linkercoin

現時点では、いわゆるバーチャルリアリティパークが人気を得ており、HMDユーザーには自宅では利用できない全く新しい認識が提供されています。これらの公園の訪問者は、VRヘルメットのコンピュータ接続長さに制限されず、部屋の周りを自由に移動することができます。さらに、まったく新しい色の特殊なデバイスを使って、飛行感や運転感をシミュレートすることができます。

このプロジェクトの主な利点は、VR TechnologiesのVRパークが市場へのオフラインゲートウェイになり、第三者の開発者が高価な機器にお金を費やすことなくコンテンツを販売できることです。また、エミュレータが作成され、開発者は製品をテストする機会を開発者に提供することができます。

顧客の確保のためのコンテンツ

チームが重視しているのはVrコンテンツだけでなく、ゲームにあります。

プレイヤーが国際的なゲームに参加して報酬を受け取れるようなコンテンツを作成します。

競合他者とは異なるアプローチで、市場確保を目論んでいます。

最低限の機能的プロダクト

使いやすいSDK(Software Development Kit)とAPI(Application Programming Interface)が開発者を単一の企業やデバイスの種類に制限することなくVRコンテンツの作成を容易にするVRT World Marketplaceのアルファ版はすでに実稼働しています。

外部評価の高さ

ICObenchでは、多数の専門家から高い評価を受けています。

4.7マークです。

まとめると、VRTチームは急速に成長しているVR技術の市場に参入しており、このプロジェクトの成功は、VR技術のためのデバイスの普及、技術の進展(例えば、プレーヤーは特別なコンピュータを肩に置く必要があるなど)、追跡システムと移動キャプチャシステムの改善に大きく依存しています。

フランチャイズ市場では、広範囲に多くのゲームを提供する大規模なプレーヤーと競争するために、チームは巨額の努力をしなければなりません。また、VRTは現在1つのゲームしか提供していないことは言及の必要があります、

しかし、チームが市場の宣言された機能をすべて構築することができれば、提案されたコンセプトは市場のかなりの部分を占める可能性があり、第三者開発者からの新しいゲームが、2019年末までに出現する可能性が高くなります。

チーム

チームは特にアドバイザーが強力であり、プロジェクト遂行力は高いと考えることができます。

アドバイザー

  • シンガポールビットコインクラブの共同設立者
  • BancorのCTO
  • ビットコイン交換CryptoPayの職務執行役員
  • WINWINSolutionのCMO

資金配分とシナリオ予測

白書には明確な資金用途がかかれてあります。

ソフトキャップが十分満たされると以下の開発が可能になります。

  • ブロックチェーンベースのマーケットプレイス
  • SDK作成
  • VRパークのコンテンツ作成
  • マーケティング
  • フランチャイズ

ハードキャップが満たされると以下が可能になります。

  • VRパーク開設
  • SDK作成と技術改善

トークンの将来価格とホルダーのメリット

トークンはさまざまな活動のためのプラットフォーム参加者に報酬を与えます。

  • コンテンツのテストと認証
  • 新しいユーザーの獲得。
  • ノードの作成のためのコンピュータ設備の提供。
  • プラットフォームのサービスの支払い、家庭用VRコンテンツの支払い(VRTで支払う場合は10%割引)。
  • VRT WORLDとサードパーティ開発者の両方が開発したゲームやモジュール用のVRパークのフランチャイズへの支払い(VRTでの支払い時に10%割引)。
  • パークフランチャイズを購入する際の一時的な寄付(VRTトークンで支払う場合、購入者は寄付額の10%の割引を受ける)。
  • 訪問型VRパークの支払い(VRTでの支払い時に20%割引)。
  • アプリ内購入。
  • トークン所有者は、独自のVRプロジェクトでの実装のために全身追跡技術とSDKを購入することができます。
  • ストリーミングサービスの支払い。

トークン価格に関しては、ハードキャップやや小さめなので、プラットフォームの稼動後に供給が足りなくなり、トークンの価値も伸びる可能性が高いです。

第一優先事項はプラットフォームの立ち上げであり、これは2018年第2四半期を予定しています。これと同時にVRパークの建設は2017年12月から同時並行され、毎月3〜5の開場を行なっていきます。

したがって、ハードキャップが十分満たされて、開発が順調に進むと、2018年に徐々に価格は上がっていくでしょう。

さらにゲームの世界も統合されていくため、トークンは段階的に需要が増して、価格も高騰することが予測されます。

投資判断とリスク分析

個人的なプロジェクトの感想としましては、白書はよく分析されていて、マーケティングや財務モデルも考えてありますので、期待できるものと思います。

VRコンテンツの需要のためのプラットフォームが立ち上がらないと意味がないので、その点ではCappasityと競合していくと思います。

トークン購入方法

こちらから購入できます。

トークン購入

ホームページ右上から購入ページに飛びます。

Buy Tokenから購入します。

ダッシュボードに登録します。

登録しましたら、ログインします。ダッシュボード左上からトークン購入が可能です。

支払い通貨を選択

利用規約に同意

通貨を選択すると、寄付用のアドレスが出ますので、こちらに通貨を送金します。(下段の契約アドレスとは別です。)

最後に、受け取り用アドレスの設定を忘れずしましょう。

関連リンク

http://vrt.world/en.html

https://www.facebook.com/vrtworld/

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here