【ICOレビュー】Vernam-ブロックチェーンによる世界初の手数料0%再保険プロジェクト

0
250 views

 

 Vernamは、ブロックチェーンの世界初の0%手数料保険プロジェクトです。

世界の最初の企業であり、エンド・クライアントから大手保険会社まで、すべての当事者にとってより効率的でフレンドリーな方法で、保険サービスのコストを劇的に下げるハイエンドの技術的ソリューションを実現します

 

プロジェクトの全体概要

保険プロセスの新世代として、Vernamはブロックチェーン技術を利用して次の機能を提供しています。

Vernamはブロックチェーン技術を利用して次のようなサービスを提供しています。

1.最大の保険会社による従来の保険商品のオンライン市場における競争力を持っている

2.寛大な補償 – Vernamトークン(VRN)の保険料プレミアムの最大30%をクライアントに返却します。

3.「CryptoSafe」プロダクト- 定義された一連のイベントが発生したときに、クライアントは特定の量のVernamトークン(VRN)で補償されることを保証します。 これは、Vernamが導入する最も新しく最も革新的なブロックチェーンベースの保険商品です。

Vernamのビジョンは、エンド・クライアントから大手保険会社まで、すべての当事者にとってビジネス・スタイルをより効率的かつフレンドリーにしつつ、保険サービスのコストを劇的に下げるハイエンドの技術的ソリューションを実現する準備ができています。

ブロックチェーンテクノロジをベースにした分散プラットフォームで、保険業界のさまざまなステークホルダー(顧客、ブローカー、保険会社)と接続し、ブロックチェーン技術を使用して保険プロセスのコストを抑え、完全に透明で便利です。

プラットフォームの特徴は以下です。

手数料0%

Vernamプラットフォームを通じて従来の保険を購入した顧客は、VRNトークンで典型的なブローカーの手数料(プレミアム価格の最大30%)に相当するキャッシュバック報酬を受け取ることになります。

CryptoSafeスマート契約

すべてのクライアントは、定義された一連のイベントが発生したときにクライアントが補償されることを保証して、手数料なしで「CryptoSafe」スマートコントラクトに署名することができます。

VRNトークン

プラットフォームを最大限に活用するために、私たちの群衆で入手可能なEthereumベースのERC20標準の不可能なユーティリティトークンであるVernamトークン(VRN)を紹介します。

需要と供給のバランスの定数

プラットフォーム上のすべての保険プロセスはVRNトークンで動作し、VRNトークンの継続的な需要と価格の上昇をもたらします。

安全かつ透明的

共有元帳の使用は、データ操作の可能性を防ぎ、透明性を高め、取引コストを最小限に抑えます。

保険業界の課題と解決策

保険業界は世界最大規模の産業(2016年に4兆7300億ドル)ですが、そのビジネスモデルは過去数世紀に亘って大きく変化しておらず、その技術は古くなっています。

次の進化のステップを作り、業界をデジタル化することが必要であり、パーソナルデバイスの接続性、АI、ブロックチェーン、そしてより多くの新技術はすべて保険のゲームに組み込まれ、年率3%の成長を高めることもできます。

ブローカーへの依存

今日の現状としては、大手保険会社は、最終顧客に製品を引き渡すブローカーに依存しています。

引き続き、ブローカーは、比較的低い付加価値サービスを実行するために、保険料プレミアムの最大30%の寛大な補償を受けます。エンドクライアントがブローカーの手数料をカバーする必要がなく、代わりに彼の報酬を受け取れるようなことをvernamは目指しています。

ブロックチェーンソリューション

同社のソリューションとしてのブロックチェーンの使用は、データ操作の可能性を防ぎ、透明性を高め、取引コストを最小限に抑えます。

エンジンのほかに、独自のオフチェーン市場では、EthereumベースのERC20標準暗号トークンであるVernamトークン(VRN)を使用して、プラットフォーム機能を最大限に活用します。

最終的なソリューションの結果は、

  • コスト削減
  • 自動化と効率化
  • パーソナライゼーション
  • 被保険者のためのより良い経験

などが期待されています。

Vernamの採用技術

ブロックチェーン

ブロックチェーン技術は、資金を移転して確保するための優れた仕組みです。また、スマート契約を使用して、保険業界のバリューチェーンにおける参加者間の複雑な複数当事者間契約をサポートすることもできます。

データは再配布された元帳に保存されているため、クライアントは常に検証され、中央権限がありません。クライアントは、データが改ざんされないことを確信できます。

それと同時に、ユーザーの身元と取引履歴を安全に管理し、保険業界が現在欠けている情報と透明性を提供することができます。再検証が常に行われるため、データを操作することはできず、外部の「マネージャー」や権限は必要ありません。

スマートコントラクトとERC20ユーティリティトークン

VernamプラットフォームはVRNトークンを動力源としており、プラットフォームをトークン化することで、顧客と資産の一意の識別が可能になり、この情報をブロックチェーンを通じて保険者に不変デジタル記録として転送することができます。

保険商品の購入に加えて、プラットフォームユーザーの報酬とインセンティブもVernamトークンで与えられます。これは、生態系の不可欠な部分となり、分散型元帳へのアクセスに使用されます。

信頼性の高いデータ活用アプローチ

個人のデバイスが私たちのデータと行動を毎日収集するため、保険会社はこのデータを活用してよりカスタマイズされたサービスを作成する機会がたくさんあります。

全体として、この傾向は人間の直感から遠ざかり、信頼性の高いデータバックアップアプローチに向かっています。
アプリケーションには以下が含まれます:

  • より良い/より健康的な行動を促進するプログラム
  • 個別にカスタマイズされた保険商品
  • より洗練されたリスクアセスメントに基づくカスタムプレミアム

人工知能フルオートメーション

人工知能は、人間の操作から完全自動化に移行するのに役立ちます。顧客がデジタル化された合理化されたエクスペリエンスを要求しているだけでなく、これは保険会社が遅いプレインターネットプロセスをより費用対効果の高い先見的なソリューションに置き換えるチャンスでもあります。

ロードマップ

開発計画は以下のようになっており、取引所上場とプラットフォームテストリリースが今年行われる予定です。

2017年
創業者は保険業界の変革に取り組み、ベルナムのコンセプトを構築し始めました。

2018年1月
コンセプトは経験豊富なInsurTechエグゼクティブによって検証され、後でチームに加わりました。

2018年2月
天使の投資を受け、プラットフォーム開発の開始

2018年3月
トークンセールの準備開始

2018年第3四半期
取引所に上場

Q4 2018
VernamプラットフォームMVPの立ち上げとテスト

Q1 2019
いくつかの市場でVernamブローカーが事業を開始

Q2 2019
最初のCryptoSafeスマート契約が署名されました。 Vernamモバイルアプリの発売

Q3 2019
追加のスマート契約保険商品の開発

2020年
8つ以上の主要欧州市場で事業展開

あくまで長期的なロードマップとなります。

ICOについて

トークンVRN
PreICO価格1 VRN = 0.051 USD
価格1 VRN = 0.085 USD
プラットフォームEthereum
ETH、BTCを受け入れる
最小投資額0.1 ETH
ソフトキャップ40,000,000 VRN
ハードキャップ500,000,000 VRN
国ブルガリア
ホワイトリスト/ KYC KYC&ホワイトリスト
制限区域中国、シンガポール、米国

トークン購入はこちらから

市場分析

この業界の市場は巨大です。

スイスの最近のレポートによると、2016年の世界の保険市場は4兆7332億ドルと推定されています。

ヨーロッパ、北米、アジアの市場規模はほぼ同じで、合計保険料はそれぞれ1.470兆ドル、1.467兆ドル、1.493兆ドルです。 世界の残りの地域は約3,010億ドル、すなわち世界市場の6%を占めています。

 

同社のビジネスモデルは、生命保険の流通網の混乱に基づいており欧州最大の市場は英国(2015年には1,810億ユーロ)、フランス(1,360億ユーロ) 、ドイツ(910億ユーロ)、スイス(300億ユーロ)、スウェーデン(270億ユーロ)、スペイン(260億ユーロ)となってます。

 不動産保険は、2015年には926億ユーロの規模を誇る主要カテゴリーです。

ドイツは179億ユーロの不動産政策を抱える最大の市場であり、英国市場は176億ユーロ、フランスは168億ユーロとほぼ同じ規模です。残りの西ヨーロッパ諸国では​​、典型的な業界の規模は2〜3億ユーロであり、東ヨーロッパ諸国は年間100〜200億ユーロ(ギリシャは4,470億ユーロ、ハンガリーは5,180億ユーロ、チェコ7,310億ユーロの共和国は、地域の基準に従って比較的大きい)。

競合分析

一般に、個人からフォーチュン100までの企業、保険会社は、各国で最も大きな組織に属しています(米国のMetlifeやAIG、欧州のAXA、Allianz、Generaliなど)

ビジネスモデルは、何千ものクライアントからの財務リソースをプールして潜在的なリスクを相殺することに依存します。

再保険会社(スイス再保険やミュンヘン再保険など)の保険加入者数は、保険会社自身がリスクを相殺する保証を提供します。

これらのグループに加えて、顧客と保険会社を結ぶ多数の仲介業者があります。これらは通常エージェントとブローカーです。生命保険において、特定の欧州諸国では、いわゆるバンカシュアランス(銀行と保険会社との関係、銀行職員と出納係が販売と顧客サポートを提供する)が一般的な流通モデルです。

これらの仲介業者の中には、米国のMarsh&McLennanや英国のAon plcなどの企業で、年間100億ドル以上の収益を上げている企業の巨人があります。

なお、ブロックチェーンを用いた再保険プロジェクトも多数存在し、中でも有名なのがiXLedgerでしょう。

MVPは存在し、新規上場予定も控えており、Gen ReやFidentiaXなどの強力なパートナーの存在もあります。

世界有数の再保険会社であるGen Re(バークシャー・ハサウェイ)との戦略的提携を行っており、このパートナーシップの目的は、我々のマーケットプレイスで Gen Reの生命保険および健康保険の顧客の間で革新的な保険ソリューションを提供することです。 このプロジェクトは当初英国に焦点を当て、その後ヨーロッパ、アジア、米国への拡大を目指します。

ブロックチェーン技術を利用した、世界で有数の保険証券取引市場であるfidentiaXは、保険契約者が既存の保険契約の 価値を高め、バイヤーがこれまで容易でなかった資産クラスに投資することを可能にします。

そのほかにも、InsurePalは社会的裏付保証に基づく次世代のピアツーピア保険であり、ブロックチェーンの革新力を十分に活用しています。

このプラットフォームはB2C顧客のためのdAPPとして、InsurePalソリューションを使用して社会保険証を再販するB2Bパートナーのためのサービスとして機能します。

InsurePalはICOでは1800万ドル調達完了しており、HitBTC livecoinで取引可能です。

PolicyPal Networkは、unbankedとcryptoassetsのための保険の未来です。PolicyPal Networkは、今日の世界の保険および暗号セットの分野に重複する重要な問題に対処する二重のビジョンを持って構築されたプラットフォームです。

2000万ドル調達完了しています。

fidentialXは、fidentiaXは世界で初めて取引可能な保険契約の市場です。 ビジョンは、ブロックチェーン技術を活用して、大衆のためのトレーディングマーケットプレイスと保険契約のリポジトリを作成することです。 このブロックチェーンを活用した市場は、信頼できない不変の監査可能で透過的な環境を提供し、現状を破壊します。

fidentiaX Open Source Foundation(FOSF)は、保険業界におけるブロックチェーン技術の普及を推進するという使命を持って設立される予定です。

ICOでは、150万ドルを調達完了してます。Qryptos Etherdelta にて取引可能です。

同社はiXledgerとも提携しています。

Aigangは、Aigangは自律的な保険ネットワークであり、IoTデバイスの完全自動化保険とデータを中心に構築された保険イノベーションのプラットフォームです。

400万ドルを調達しました。

競合上のメリットとしては、

GDPR準拠

高い第三者評価(iXledge、insurepalより高い)

高いチーム力

チームは、保険、金融、ブロックチェーン、暗号通貨、ICOの専門家チームから構成されており、コアチームは以下です。

  • 博士課程、MBA
    ローマアンジェロフ-CEO、共同設立者
    ブルガリアのコンサルティング、ITおよびデジタル化企業を率いるDIMIROMA GROUPのCEO。 GoogleによるDNIイノベーション資金の報い。
  • イワン-COO、共同設立者
    ブルガリア最大の株式保有者の取締役会メンバー。成功したモバイルアプリ開発会社の創設者とマネージャー。
  • ディプロマエンジニアディミタルミトレフ
    -CBDO、共同設立者
    異なるB2B ITプロジェクトの作成と管理に経験を積んでいます。 DEAFORのCEO。ブルガリア情報技術協会(BAIT)会員

トークンの将来価格とホルダーのメリット

トークン自体の価格は、ICOの段階でボーナスステージが設けられており、早い段階の投資にメリットがあります。

ソフトキャップ4000万トークンが満たされると、プラットフォームコアブロックチェーンの統合と最初のEU郡ブローカーライセンスが行われ、目標に達していない場合は、資金が返還されます。

2.5億トークン分が満たされると、
欧州連合(EU)加盟国8カ国に最大規模で運営され、各国のプラットフォームのアップグレードが統合されています。

そして、50億VRNトークンが満たされると、ヨーロッパを超えて拡張し、プラットフォームの追加機能や製品を開発します。 ネットで免許付ブローカーを買います。

当然のことながら、資金調達の具合で、開発ロードマップの進み具合も変わりますので、トークン価格にも影響します。

クライアントは、Vernamプラットフォームを通じて従来の保険を購入すると、典型的なブローカーの手数料(プレミアム価格の30%まで)に等しいVRNトークンで報酬を受け取ることになります。

トークンは、取引所で販売することも、従来型および暗号保険商品の購入に使用することもできます。

そしてさらに、暗号製品である「CryptoSafe」は、Vernamプラットフォームでのみ利用可能です。

各プラットフォームユーザは、このスマートコントラクトの一種である「CryptoSafe」を購入することができ、定義された一連のイベントが発生したときに、一定量のVRNで補償されることを保証します。

ホワイトリストとエアードロップ

五月からのトークンセールの前に、ホワイトリスト登録がオープンしました。

ダッシュボードでは、ポイントシステムによってポイントを獲得すればするほど高いボーナスステージに上がれるようになります。

手順は以下です。

以下から登録します。

ホワイトリスト登録

 

ホワイトリストを申請し、あなたが投資しようとしているおおよその金額を請求する(100ポイント)

テレグラムチャンネルに参加する(200ポイント)

Twitterで@vernamofficialをフォローする(100ポイント)

Facebookページをいいねする100ポイント

 

紹介リンクを介して、各ユーザーを招待する(50ポイント)

紹介リンクを作成しましょう。

さらに、0.01 ETHをデポジットすると500ポイント獲得できます。

 

この合計額は、販売開始時にVRNトークンで保持され、返されます。あなたの預金は安全であることに注意してください – 我々は預金を払い戻すことはできません。

投資判断とリスク分析

総括としての投資判断ですが、再保険プロジェクトはやはり長期的な計画が必要ではありますが、同分野でも期待の持てるプロジェクトと考えられます。

リスクとしては、取引所での連携次第では、トークン価格が割れこむ可能性があります。また、MVP開発も途中段階ですので、開発は長期的な道のりが必要です。

関連リンク

公式サイト

白書

twitter

facebook

telegram

medium

bitcointalk

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here