VERIMEの強力なパートナー企業をみてください

0
330 views

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

 

 

この記事の要点

VERIMEプロジェクトと他者を差別化できる点の一つはそのパートナー企業の豊富さです。

VERIMEについて

VeriMEはシンガポールに本拠を置くFinTechの企業で、身元確認と支払い認証ソリューションを提供しています。ブロックチェーン技術を活用して、瞬時に安全にシームレスな検証ソリューションを提供します。

FinTech企業に加えて、VeriMEは財務以外の分野でもその技術のさまざまなアプリケーションを見つけることを目指しています。

VeriMEはブロックチェーンベースのID認証保護のためのVaaSエコシステムを構築する

強力なパートナー

VERIMEのID認証を受け入れている企業は増えて来ており、現在公表されているものだけでも32の企業数を誇ります。

特にアジア圏をターゲットに今後も拡大していきます。

その中から一部紹介します。

eBay

巨大なインターネットオークションサイトで、スターバックス、富士通、ISBなどの大手企業と同様に同社もブロックチェーン導入に関心を持っており、今回の提携もその検証の一部と取れます。

eBay Inc.(イーベイ)は、インターネットオークションeBayを展開するアメリカ合衆国の会社である。世界中で1.6億人、Sellerは2,500万人(個人・法人含む)とインターネットオークションでは世界最多の利用者を持つ。

MOIN

MOINは最適な海外送金ソリューションを提供するピンテック会社です。2016年3月に法人設立を皮切りに、合理的な価格で迅速かつ便利な送金サービスを提供しています。
非効率を革新的に解決し、人のための価値を創出しようとし、何よりもお客様のお金を安全に送ることを最優先にします。

PAYSEC

 

PaySecは決済業界で定評のあるダイナミックな会社です。同社は2014年に設立され、中国、タイ、インドネシアなどの難しいアジアの機関との重要な関係を迅速に確立しました。PaySecは、加盟店にとって最高の技術を提供することに専念しており、加盟店の成功を最大限に引き出すために、特定の地域で最も関連性の高い決済方法を集約しています。

 

NganLuong

ベトナム最大手の決済ゲートウェイは、VeriMEとのパートナーシップを締結している- blockchainベースのデジタルアイデンティティの検証プラットフォームを、そのパートナー商人と顧客のそれぞれにシームレスかつ完全に安全な検証および認証メカニズムを提供します。NganLuongは、ユーザーのデータ漏洩を防ぐため、VeriMEによるD-SECUREソリューションを実装することを決定しました。

また、この契約の一環として、VeriMEのD-KYCを支払いゲートウェイのフレームワークに導入することで、NganLuongは新しいビジネスにシームレスに参加できるようになりました。

NganLuongは、Gioi Di Dong、Viettel、Vinaphone、Mobifoneなどのマーキークライアントと年間57,000人の売り手と3500万人以上の取引をサポートするベトナム最大のオンライン決済ゲートウェイです。ベトナムの22の地方銀行だけでなく、グローバルペイメントブランドもサポートしています。

 

 

Trackivest

シンガポールのバーチャルソーシャルエクイティ取引プラットフォームであるTrakInvestとブロックチェーンベースのデジタルID検証サービスであるVeriMEは、TrakInvestプラットフォームで取引する顧客の検証と認証プロセスを合理化するためのコラボレーションを発表しました。

世界中の不正防止法では、TrakInvestのようなオンライン取引プラットフォームでは、安全で完全な身元確認システムを実装する必要があります。しかし、登録回数が多いと検証サイクルが非常に遅くなり、数週間ではないにしても長続きする可能性があります。TrakInvestの取引プラットフォームのユーザー基盤を構成する株式トレーダーや投資家は、検証の遅延のために多くの投資機会を失う可能性があります。

VeriMEの高速および分散検証サービス(D-KYC)の統合により、TrakInvestはドキュメントを収集する必要なく、リモートでユーザーの身元を確認することができます。お客様はVeriMEのインスタント認証システムを利用して、通常は完了までに数日または数週間かかる伝統的なKYCプロセスを迂回することができます。

TrakInvestは、株式および暗号化された通貨のための初めてのバーチャルソーシャルエクイティ取引プラットフォームです。TrakInvestは100,000人以上のユーザーを持つアジア全域で営業しており、独自のAIエンジンを搭載しています。ユーザーが仮想通貨で取引する際に投資手法を理解するのに役立つように設計されているため、リスクのないモデルで収益を得ることができます。

Safe Haven

ブロックチェーンベースのトランザクションと所有権は非常に匿名化された装置であり、いくつかの不都合な事態が発生した場合に備えて、暗号資産が相続人に転送されることを確実にする簡単で安全な方法を確立するという問題が生じます。Safe Havenは、所有者がもはや存在しない日に、暗号化資産を親族に安全かつ安全に通すことを保証するソリューションを提供します。

Safe HavenはVeriMEのD-KYCをお客様に、安全で、透明で、手間のかからない方法で選択しました。VeriMEの契約を締結したのは、ユーザーフレンドリーなKYCの仕組みと、VeriMEプラットフォーム全体がPDPAの規制に準拠しているという事実でした。

Safe Havenは、暗号資産を相続人に確実に渡すための努力の一環として  、ブロックチェーンベースのデジタルID検証プラットフォームであるVeriMEを選択し、顧客にシームレスかつ完全に安全な検証を提供します。

Military Bank

世界中の主要銀行は、プロセス全体が金銭的または時間的な面で広範なリソース配分を必要とするため、顧客の正当性確認とクライアントのデューデリジェンスに関しては、課題に直面しています。Thomas Reuters Annual Surveyによると、銀行がKYCのガイドラインと地方自治体が設定したPDPA規制を遵守するために、4000万ポンド以上が費やされている。

「デジタル化のこの時代には、手間のかかるだけでなく高度に複雑な手作業によるKYC検証の手段を使い続けていることは残念です。VeriMEと提携することで、世界中の多くの銀行の中で、古い伝統的な検証手法を廃止し、より洗練された識別と検証方法を採用しようとしています」

とベトナムMilitary bankの最高経営責任者(CEO)のVu Thanh Trung氏は述べています。

2011年に上場したMilitary bankは、ベトナムの資本資産で6番目の銀行であり、全米で5番目の貸し手である。この銀行は、総資産で約297兆ドン、資本で18.85兆ドンを保有しており、ベトナム経済において最も影響力のある機関の1つになっています

MC Payments

 

VeriMEは、アジア太平洋地域の非現金支払いを専門とする金融技術およびビジネスプラットフォームサービスプロバイダーであるMC Payment と提携しました 。

2005年にシンガポールに設立されたMC Paymentは、サプライヤーや商人から消費者の支払いまで、エンドツーエンドのバリューチェーンの商取引取引をサポートする決済技術とマーチャントサービス会社です

Avvanz

組織のためのエンドツーエンドのタレントソリューションを持つ従業員ライフサイクル管理会社Avvanzとの取引を成功裏に終えました。

VeriMEのD-KYCを活用するAvvanzは、候補入札時間を短縮し、したがって、才能の識別および採用プロセス中に発生するあらゆるレベルの摩擦を低減したいと考えています。

効果的な人材を見つけることが難しいことを考えると、Avvanzは組織が適切な人材を雇用し、最高レベルの「安全性」と「誠実性」を確保するためのスクリーニングを実施し、最高の卓越性の基準を達成し、組織の収益を確保します。

PundiX

BlockchainベースのPOSソリューションプロバイダーであるPundi Xは、分散型デジタルID検証サービスを専門とするブロックチェーン企業VeriMEと提携する計画を発表しました。このパートナーシップにより、小売業者はPundi Xのサービスに即座かつ安全にKYCを完了することができます。また、ブロックチェーン上のトランザクションの透過性も向上します。

Pundi Xは、VeriMEのインスタントID照合サービスを使用して、小売パートナーの顧客入場プロセスを合理化する予定です。このパートナーシップを通じて、Pundi Xは物理的な店舗でのブロックチェーンの取引をできるだけ簡単に行うことに一歩近づくつもりです。

D-KYCと呼ばれるVeriMEの高速で分散化された身元確認技術により、小売業者はPundi Xのサービスにサインアップすることができます。

Pundi Xはすでにトークンの販売を成功させており、3月下旬に注文可能となる予定です。Pundi X POSデバイスは、BTC、ETH、XEM、QTUM、ACTの財布などの主要な暗号化財布や、Alipayのような従来のモバイルウォレットからの支払いをサポートします。

これとは別に、Pundi Xはまた、いくつかの交換プラットフォーム、暗号化財布、チェーンストアと提携して暗号化カードを発行します。

EBCoin

従来の認証と検証の手段により、企業は顧客の検証と認証に平均6,000万ドルを費やしていました。これとは別に、プロセスは時間がかかり、顧客のオンボードプロセスをさらに複雑にする傾向があります。分散型のKYCソリューションと支払い認証ソリューションを活用することで、従来の顧客検証と認証の手段による摩擦を軽減します。

EBCoinはシンガポールに本拠を構え、シンガポールに本拠を構え、シンガポールに本拠を置くシンガポールの新興企業です。これらのうちの主なものは様々な消費税です。理論的には、観光客は払い戻しを通じてこれらの税金の費用を回収することができますが、払い戻しシステムの複雑さとコストが高いということは、ほとんどの旅行者が回収可能な税金として支払った額のほんの一部を回収することを意味します。

なぜ多数の企業が提携したがるのか

この答えはVERIME独自のソリューションに隠されているように感じます。

D-KYCソリューションです。

D-KYCを使用する

 

VeriMEユーザーがVeriMEでプロファイルを作成し、既存のVeriMEパートナーとKYCまたは支払い認証を実行すると、トランザクションに支払われるVMEトークンの形式で「使用料」を受け取る権利が与えられます。

VeriMEユーザーは、D-KYC取引を行うたびにサービス料金の一部を利用料金として受け取る。

D-Secureを使用する

また、VeriMEユーザーは、VeriMEパートナーとのD-SECURE取引ごとに支払われる使用料の一部を受け取る権利があります。

これがVeriMEユーザーにとって魅力的なのは、これらのVMEトークンをEthereumの財布に入れるだけで、潜在的なマイニング業に座っているということです。VMEトークンの総数は限られているため、パートナーはVeriMEトランザクション(KYCと支払い認証)がブロックチェーン上で増加するため、引き続きトークンの需要に拍車をかけます。これにより、VMEトークンの値が増加します。VeriMEユーザーは、サポートされている取引所でこれらのトークンを販売して、代金やその他の暗号通貨を得ることができます。

トークンセールの時点でも、VMEトークンが非常に割引価格で利用可能になっています。これは、金銭の通貨への換算時に、トークンの効用の上昇を反映するために、より高い価値を表すことが期待される。

要するに、トークンセール段階でVMEトークンを購入することは、VeriMEユーザーにとって短期間で決済通貨交換をしても、VMEの保有期間を長期間維持することにしても、非常に有益です。

以上のような理由からアーリーアダプターが非常に多くなっているのでしょう。

関連リンク

公式サイト:https://www.verime.mobi/

白書:https://www.verime.mobi/static/dl/abstract.pdf

twitter:https://twitter.com/VeriME_mobi

facebook():https://www.facebook.com/VeriMEDigital/

telegram:https://t.me/joinchat/Gizz-A7awH81i3pEGgB1dw

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here