ATLANT(アトラント)のウォレット、レンタル、ユースケースのデモが公開される

0
501 views

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

 

こんにちは。今回は、Atlantについてです。現在、トークンセールが行われておりますが、ここ最近のアップデート情報をまとめたいと思います。

ATLANTとは?

ATLANTは、不動産所有権とP2Pレンタルのトークン化を可能にするグローバルな不動産プラットフォームです。

詳細はこちらの記事で。

Atlant(アトラント)とは?世界の不動産ブロックチェーンプラットフォーム

https://atlant.io/

現在、プロジェクトは急速に成長しており、チームは米国、英国、ロシア、香港に拠点を置き、世界展開が始まっています。

ATLANTプラットフォームは、2018年3月に発売予定であり、それに向けて様々な開発が行われています。

公式サイトがリニューアルされる

ウェブサイトが見やすくなりました。また、日本語にも完全対応しており、非常に便利です。

https://atlant.io/

調達具合は、375549679ドル、約4億程度です。

また、取引所、ウォレット、レンタルのデモ版が閲覧できるようになってます。

Android ウォレットα版リリース

ウォレットのα版です。

実際にダウンロードして、試してみることができます。

CREAT NEW WALLETをクリックします。

プライベートキーを入力します。

設定画面では、強固なパスワードを設定しておきましょう。

ETHとATLのバランスはこちらで確認できます。送金したい場合は、以下の画面からSENDをクリック。

このような形で、ウォレットにトークンを保持することができます。トークンは、来年3月に機能する予定のプラットフォームのアクセス権利、購入権利、譲渡権利などその他の様々な権利として使用することができます。

また、トークンは取引所にも上場します。Etherdeltaにはリフトアップ済みです。売買は、トークンセールが終了してから可能になります。

イーサリアムスマート契約に基づく分散型ADEX交換からPTO(Property Token Offering)経由で取引所にリストします。

 

レンタルのデモ公開

実際にレンタルのデモが公開されてます。

デモはこちらから

地域別の賃貸数に関しては、以下。

  • ニューヨーク:14
  • ロサンゼルス:24
  • サンフランシスコ: 12
  • マイアミ: 9

ユースケースが公開される

具体的なユースケースを見て見ましょう。

ケース1

BABさんは、日本に住む一投資家であり、主に仮想通貨に投資をしています。彼は不動産は通常長期的な投資には安定していることを知っており、分散投資をしたいと考えています。また、家族もそれには同意しています。

しかし、投資資金が限られているこの若い家庭では、不動産投資はただ高価なものとして選択肢に含まれていないと感じています。

彼は、単一の不動産に多大な初期投資を必要とせず、多様化する可能性のあるものを期待しており、また同時に暗号通貨ポートフォリオの構築にも興味があります。

彼は、現実的な様々な投資オプションを研究するためにオンラインで研究しました。いくつか有望なものを見つけましたが、これといって水準を満たすものはありませんでした。そのとき、彼はATLANTに出会います。

全く新しい世界でした。彼は、ATLANTではなく株式を売買するのと非常によく似た方法で不動産資産に投資できることを知り、それだけでなく、世界中の不動産投資を選択できることに感心しました。

そして、彼はいくつかの異なる国でATLANTプラットフォームに掲載されているさまざまなプロパティの調査を開始しました。

ロンドンの新しいオフィスビル、シンガポールの製造センター、そして非常に興味深い中小企業センターをフランスのメッツで開設する準備をしています。

ところが、彼の利用可能な投資ファンドはわずか5万ドルほどでした。これら3つの魅力的な資産に投資するには十分ではありませんでした。

それでも、彼はATLANTで可能なことを知りたかったので、ATLANTのアプローチ、特に不動産資産のトークン化の特質や分数化された所有権が本当に意味していたことを詳しく調べました。

彼が発見した情報には、ATLANTプラットフォームがそれぞれのプロパティに固有のトークンを提供するという事実が含まれており、そのようなすべてのトークンと同様に、彼は自分が好きなだけ投資することができました。

しかし、彼は通常の投資とは違いがあるかもしれないと心配した。たとえば、株式に投資する場合、会社は提出書類の一部として完全に審査されていることが分かります。これらのプロパティも同様に審査されているのか?彼が深く掘り下げたとき、満足するだけでなく、ATLANTの全体的なアプローチにも感銘を受けました。

というのも、ATLANTは、投資家に害を及ぼす可能性のある隠された問題がないことを保証しています。上場したすべての不動産は、現地法を完全に遵守しており、不動産に抵当権やその他の未解決の問題がないことが証明されています。そしてそれは各管轄の適切な当局によってすべて証明され、不変のブロックチェーンに記録されています。

彼は自分の投資が市場で、また各物件のさまざまな面で上がったり下がったりするポラリティリスクがある可能性があることを知っていましたが、

既存の暗号通貨ポートフォリオから$ 50,000を集め、ATLANTプラットフォームに登録し、最も良いものと考えていた3つのプロパティの間に資金を割り当てました。そして、それぞれを所有することができました。

今後2年間で、彼は、それぞれの所有するトークンの数に基づいて、3つのプロパティすべてのテナントから比例的な収入を得ることができ、3つのトークンの価値は平均で18%上昇しました。

彼の投資のパフォーマンスは、これらの建物の部品を所有し、レンタルペイメントから利益を得ることに似ていましたが、そのような面倒なことは一切ありませんでした。

このように、メリットとしてはやはり、世界中の透明性の高い不動産をトークンの形で購入できる点であり、様々な仲介を排除できる点です。

ATLANTプラットフォームは、所有権の譲渡を容易にし、制約を最小限に抑え、法に準拠した形で国境を越えた取引を目指しており、

このプラットフォームのユーザーはATLトークンによって機能し、トークン所有者は様々な権利を獲得します。

また、2018年3月の発売を予定しているATLANTプラットフォームでは、エントリー費用や仲介手数料を排除してトークン化された不動産を売買することが可能になります。

さらに、セキュリティも高め、ユーザエクスペリエンスも向上させることで、採用を早くすることも期待される。

様々なユースケースはブログで閲覧することができます。

ATLANT medium blog

最後に

トークンセール中にこうしたデモが公開されており、取引所に関してもいくつか発表済みですので、参加する上では非常に好感が持て、信頼できます。

ユースケースに関しても実際の現実世界での使われ方をイメージできるため、非常に効果的なマーケティングです。

ATLANTの目的は、217兆ドル以上の世界的不動産市場(2017年に推定される1.4兆ドルの規模)を、より安全かつ透明性が高く、流動的な投資または取引機会に変えることです。

今後の調達具合にも期待したいところです。

まもなく19%ボーナスが終了します。

関連リンク

公式サイト:  https://atlant.io/

白書

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here