Ad(広告) ICO

Ubexーブロックチェーンによる世界的な分散型広告取引所

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 21 分です。

 

Ubexプロジェクトの全体概要

Ubexプロジェクトは、ブロックチェーンとAI技術の使用と連携する分散型の広告プラットフォームを作成します。

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名称 Ubex
プロジェクト AI、広告、ブロックチェーン
  • Ubex Al AG:スイス
  • 企業の本社拠点:Crypto Valley Labs "The Block"、Dammstrasse 16, 6300 Zug, Switzerland
リンク

website

Twitter

telegram

LinkedIn

facebook

GitHub

    プロジェクトの要点です。
  • Ubexは、単一の分散型システムでプログラム技術、ニューラルネットワーク、ならびにスマートコントラクトのすべての長所を組み合わせてデジタル広告業界の問題の解決を提案する
  • Ubexは伝統的なペ イ・パー・クリック スキーム(クリックあたりの支払い構造)から、すべての市場参加者にとって最も公平で関心あるモデルであるターゲティングアクションペイメント(行動に基づく支払い)へと移行させる
  • Ubexシステムを利用して自動的に広告枠を購入することができ、支払いはユーザーによるタ ーゲティングアクション達成時に自動で行われる
  • 広告獲得はスマートコントラクト適用のニューラルネットワー クを基盤として、プログラム技術を用いてリアルタイムで行われる
  • AI技術とプロモーションに基づいて独自のソリューションの開発資金を調達するための資金を調達する

 

 

ビジョン(達成目標)

ビジョンは次のように述べられています。

高いレベルの相互信頼と最大効率のある、高性能なグローバル広告エコシステムを構築することであり、Ubexは、世界的な分散型広告取引所であり、企業は効果的に宣伝し、出版社は収益性が高いリソースの広告スロットをトークン化できます。

具体的に現在の広告プラットフォームに対して以下のような解決策を提供します。

広告主のオファーとサイト運営者のウェブサイトの相互作用を自動化する

ニューラルネットワークと蓄積されたデータを使用して、特定のユーザーに特定の瞬間に最も関連性の高い広告コンテンツを選択し、所望の結果を得る確率を最大化する。

仲介者を取り除くことによって手数料を大幅に削減

あらゆるタイプのトラッキングにスマートコントラクトを適用することで、広告主と出版社間のすべての間接的なリンクを排除することで、協力の経済効率を高めます。

サイト運営者が広告スロットをトークン化する機会を作成する

取引所内の広告ウェブサイトや参加者から得られるすべての統計情報を使用して、潜在的な収益予測と、評判が十分に高い場合は事前に収集する機会を事前に提供します。

プラットフォーム参加者の評判格付けの多層システムを開発する

詐欺を防止し、最も信頼できるパートナーと対処する仕組みを可能にするために、運営の全履歴とともにブロックチェーンに格納される広告主とサイト運営者を評価するシステムを実装します。

ブロックチェーンの適用により、Pay-Per-Resultオペレーティングモデルを使用した広告プラットフォームを目指しています。

 

プラットフォームと技術特徴

技術基盤は4つです。

ブロックチェーン

 

ブロックチェーンにより様々なメリットがもたらされます。

  • 詐欺防止を目的とした多層の広告主・発行者の評判追跡システム
  • 広告主と発行者間のあらゆる仲介業者を除くスマートコントラクトの利用
  • 発行者サイト、広告コンテンツ、オファー、および参加者履歴に関する情報に加え、人工知能学習に必要なデータの保存
  • UBEXトークンをあらかじめ受け取って、発行者のウェブサイトで広告スペースをトークン化
  • ウェブサイト訪問ユーザーに関するデータ共有に対して参加者に補償するためにUBEXトークンを利用

プログラミング

ユーザーの社会人口統計学的な行動プロフィールをベースに、人が関与せずに取引に関する決定において信頼できる自動化エンジンの助けを借りており、ネット上で広告を購入する方法の組み合わせです。

  • リアルタイム取引で、インスタントオークションを通じで各広告表示の売買を促進する
  • 高精度な標的化で、広告スペース購入から標的となるユーザー獲得に至るまでの取引を可能にする

 

PPA/ペイ・パー・アクション(行動に対する支払い)

これは発行者ウェブサイトから移動したユーザーが取る特定の行動に対してのみ広告主が支払いを可能にするプログラムです。

  • PPA-モデルは広告の支払いオプションで最もコスト効率が良く、長年の履歴と高い評価を備えた取引所会員の間で人気
  • ペイ・パー・リード、ペイ・パー・コール、ペイ・パー・インストール、およびペイ・パー・セール導入がすべてのPPAモデルの中で最も一般的
 

 

ニューラルネットワーク

Ubexの広告購買アルゴリズムの中心にはニューラルネットワークがあり、メンバーネットワークの ウェブサイトへ各訪問者に関する情報を処理します。

  • インターネットリソースおよびそのユーザーに関する必要情報の収集、ユーザーの現在の関心および必要性の分析
  • 適切な広告フォーマットと一致させた、最も関連性があり、財政的に収益が上がる広告選択
  • 最も関連性のある結果を決定する統計指標の回帰分析
  • 回帰分析結果履歴の蓄積・処理、強化学習でニューラルネットワークのトレーニング

このおかげで、メンバーネットワークウェブサイトの訪問者は、自分たちの関心に最大限の可能性でターゲットアクションを満たすことを納得させる広告だけを見ることができます。このようにして、Ubexは広告主に広告のターゲティングと経済効率を最大化します。

技術的な要素はビジョンに沿って最先端のものを取り入れています。日本語版もありますので、詳細は割愛します。詳しくは白書をご覧ください。

 

プロダクトの進捗具合(開発計画)

執筆時点の進捗はプロトタイプです。

こちらからアプリは試すことができます。

Ubex Decentralized  Advertising Exchange

MetaMaskやcivic、Ethereum Wallet、TrezorとLedgerなどでログインして使えます。

オープンリポジトリでは、次のアクティブモジュールを使用できます。

  • ubex-crowdsale-api

  • ubex-blockchain-api

  • ubex-smart-contracts

ロードマップは以下。

  • 2018Q1 広告主オークションの導入
  • 2018/4 基本情報保存のために、 エクスチェンジ・スマートコントラクト・ プロトタイプを開発
  • 2018/5 広告主アプリケーションのデスクトップおよびモバイル アルファ版の販売
  • 2018/8 発行者アプリケーションのデスクトップおよびモバイ ルアルファ版の販売
  • 2018/10 システムのニューラルコア・ プロトタイプの開発および ニューラルネットワークの初期トレーニング
  • 2018/11ブロックチェーンでニューラル ネットワーク隣接係数の 保存を可能にするスマートコントラクトの導入 
  • 2018/12 報酬交換におけるトレーニング データ共有(データマイニング)向けの APIプロトタイプの導入
  • 2019/1 広告主および発行者アプリケーションのベータ版の販売
  • 2019/3 運営アプリケーションおよび スマートコントラクトの初期版の販売 

2019年をめどに開発は進んでいき、3月には初期版がリリースされる予定です。

市場と競合性

デジタル広告市場は過去4年間で積極的に成長しています。その規模は2017年にはテレビ分野の規模を超えており、デジタル広告の最も将来有望な分野は、プログラム広告といわれています。

プログラム広告は、平均成長率は非プログラム広告の成長率が4%に対し、23%以上となっています。有望なのは目に見えていますね。

さらにMagna Globalの予想によると、広告ソフトウエアの市場規模は2020年には420億ドルに達するとされており、市場の成長率は上昇傾向ですのでプロジェクトの後押しになります。

しかしながら、このプロジェクトは競争の激しい分野に参入している点が注意です。特にブロックチェーン企業のなかでも2017,2018年と数多くの企業が参入しています。

チームは白書で競合分析をまとめていますが、

非分散型

  • Google 
  • Yahoo

分散型

  • BitClave 
  • Adshares
  • MAD Network
  • Exchain

ざっとこれだけのプロジェクトが考えられます。分散型のプロジェクトが市場シェアの大部分を占めることは困難とは思いますが、その小さな枠でもどのプロジェクトにも可能性はあるはずです。

やはり、既存の集中型サービスが競合となり、競合的な面でいうと、このプロジェクトの利点はAIがほとんどのプロセスを行うことです。AIは広告の購入から詐欺の検出、品質向上までを全てまかなうため、その性能が問われます。

あとは、いかに早くプラットフォームを立ち上げられるか、いかに有益なパートナーシップやビジネスモデルを確立できるかにかかっているでしょう。

その面では、どのプロジェクトにも優位的な立場に立てる可能性はあり、Ubexも十分可能性はあると思います。

チームとアドバイザーおよびパートナー

コアチームは以下です。

  • Artem Chestnov - Ubexの共同設立者兼CEO 彼はAvery Dennison、世界最大の醸造会社であるベルギーのAnheuser-Busch InBevなど、15年以上にわたりいくつかの企業のマーケティング部門で働いています。 アルテムは上記の両社の役職を歴任しました。 投資家でもあり、 2017年の中期から終わりまで、LATokenプロジェクトのマネージングディレクターを務めました。
  • Daniel Biesuz- スイスのM&A取引に特化しているため、Ubexで共同設立者および法務長を務めています。 さらに、Danielは、法律分野の他のいくつかのプロジェクトや、その中のいくつかの投資家とCEOとしてアドバイスしています。
  • Guy Weissman - UbexのCTOとデータ分析エキスパート、いくつかの大企業で経験があり、その中で最も有名なのはGoogleの親会社であるAlphabetです。 2017年に、Guyは、人工知能に基づくソリューションの開発を専門とするDataFusionという独自のプロジェクトを立ち上げました。

残りのチームには、ブロックチェーン、開発、販売の分野の専門家が含まれています。 それとは別に、チームの一部がUbex周辺のコミュニティの発展に焦点を当てていることを強調することは重要で、明らかに、プロジェクトのターゲット市場は主にアジア市場です。

アドバイザー

  • Cecilia Mueller Chen - コンプライアンスアドバイザー 以前はCrypto Valley Association(Crypto Valley Association)の規制と政策に関するワーキンググループのメンバー

  • Michael Gord - テクニカルアドバイザー CEO、MLG Blockchain Consultingの創設者、MLGブロックチェイン・キャピタル、宇宙飛行士キャピタルの投資アドバイザー。

  • Ismail Malik - マーケティングアドバイザー SmartLedgerのブロックチェーン専門家であるBlockchainLabの創設者であり、ICO Crowdの編集長。

  • Arie Orlovsky - 顧問(イスラエル)。 Amdocsの事業開発マネージャーであるBooz&Companyの戦略コンサルタントであったMedviser.ruのCEOと創業者。

パートナー

  • Civic
  • SingularityNET

その他にも多数。

  • Cryptovalley labs 

  • Smart Valor - 代替投資を扱う投資ファンド。

  • MLG blockchain consutling - ブロックチェーンプロジェクトに特化したコンサルティング会社。

  • Crypto Finance - 暗号化の投資と保管のためのプラットフォーム。

  • Superbloom - 暗号化に基づいたポートフォリオを作成するためのプラットフォーム。

  • Seoul Blockchain - ブロックチェーン技術を推進するプラットフォーム。

  • Taiko Tech - Fintechのコンサルティング会社でリスク管理。

  • Deep Green - 新興企業や新製品が英国市場に参入する企業。

  • Tokita Investment - スタートアップと新製品が日本市場に参入する企業。

 

チームとアドバイザーは比較的、強い印象です。

 

コミュニティ

執筆時点のコミュニティです。

Twitter 12026
Facebook 15538
Telegram 23227
Alexa 46745

 

ソーシャル活動に比べてウェブサイトのアクセスが盛んですね。

4月頃からウェブサイトへのアクセス数は急激にのびており海外での注目度合いは高めです。

トークン販売前で、バウンティもありますのでこれからコミュニティは増えて行くのではないでしょうか。

テレグラムメンバー数も順調に伸びています。

 

外部評価

きちんとした評価を行っているのはICOratingぐらいですが、チームの能力やプロダクトが高く評価されています。

トークン用途、ホルダーのメリット

UBEXトークンは、プラットフォーム、出版社、広告主の直接参加者間でトランザクションを実行するために使用されるERC20トークンです。したがって、プロジェクトをトークンで支払い手段にしています。

シンボル UBX
タイプ ERC20
価格 1 UBEX = 0.0058 USD (0.00001 ETH)
調達目標  13,800,000 USD (24,000 ETH)
受け入れ通貨

BTC ETH LTC

  • トークン販売はスイスのツークに登録されたUbex AI AGの代理として運営されている
  • UBEXトークンは、プラットフォーム参加者間の取引の通貨として機能し、したがって、ユーティリティ機能を実行する

 

四半期ごとに取引のコミッションから当社収益の20%を利用してUBEXトークンを買い戻し、全UBEXトークンの50%までが流通から回収されるまで破棄します。このアプローチではトークン供給の不足を作り出します。

 

トークンから期待される収益性(ROI)

トークン価格の成長動態に影響を与える主な要因は、プラットフォーム参加者数の増加と、マーケティングおよびトークン流通量です。

プロジェクトのニューラルネットワークで使用されるメカニズムの改善も影響するでしょう。

現在、このプロジェクトでは、暗号化領域の主要な会議やその他のイベントに積極的なマーケティング活動を行っており、テレグラムメンバー数も上昇中です。

短期的、中期的にはやはりマーケティングや注目度合い、コミュニティ支持、そしてマーケットメイキングが重要です。

長期的な目線で言うと、やはり2019/3のプラットフォームの完全なローンチであり、AIとニューラルネットワークの統合がうまくされてあれば、期待値は高まるとおもいます。

トークン購入方法

こちらから購入できます。

トークン購入

ユーザー登録します。

 

KYCを完了させます。

完了しましたら、送金するだけです。

Ubex総評

総評としては、以下です。

  • ビジョン−2

デジタル広告市場は規模拡大が予測されており、ブロックチェーン、人工知能の利用は的確と思います。

  • 技術ー1

採用技術は比較的理にかなっていると思いますが、長期的な開発も含まれるのでこの評価。

  • プロダクトー2

MVPは存在します。

  • チームー2

チームの経験やこれまでの実績は豊富であり、MVP段階ですがプラットフォームを構築できる能力はそろっていると思います。

  • マーケティングー2

アジア市場を中心にターゲットにしており、積極的にマーケティングしています。

  • 外部評価ー2

比較的高めです。

  • ROIー1

 

  • リスク−2

リスクに関してはチームは現時点の分析をしており、分野ごとに緩和策と優先順位をもうけています。特に開発、マーケティングと法規制に重点を置いており、リスク分析がないチームよりはましですが、具体的な内容が無い点がマイナス点です。

面白みがない評価になってしまいましたが総じて中等度の評価です。

短期的な投資

最低限のプロジダクトは存在するものの、完成版でトークン統合はされていないのでまだ投機的なものになります。注目度合い(HYPE)が中等度またはそれ以下で相場も厳しい現状は短期的な目線での、過度な期待はできないでしょう。

価格があがったとしても、相場次第ではICO価格を割り込むことも想定しておく必要があります。

長期的な投資

プロジェクトが順調に進むと、2019年には完全な分散型のプラットフォームがローンチされます。トークンの機能からして、この時点でトークンの需要は当然取引所だけではなくなるので今よりも増えるでしょうし、長期的な投資は推奨できます。(順調に開発が進めばですが)

しかし、やはり集中型のプラットフォームに現状頼りがちなので、パートナーシップや注目度合いも関係してくると思います。

注目されないと、価格はついてこないのも事実ですし。

関連リンク

ウェブサイト

Twitter

テレグラム

LinkedIn

フェイスブック

GitHub

 

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-Ad(広告), ICO

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.