【ICOレビュー】Ubcoin−ブロックチェーンとAIによる暗号通貨で現実商品を売買するためのモバイルマーケットプレイス

0
1,280 views

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

 

Ubcoin-暗号通貨で現実商品を売買するためのモバイルマーケットプレイス

Ubcoin マーケットプレイスは、暗号化のための現実世界の商品を売買する世界的なモバイルマーケットです。

暗号通貨所有者の数は、2020年までに現在の2200万人から2億人におよそ10倍に増加すると予測されています。暗号化の所有者になる最も簡単な方法は、暗号のための商品を販売することです。このアプローチは、今後数年間で大量採用を推進します。

暗号通貨市場の資本金は約4,000億ドルです。暗号のために現実世界の財を買うことによって富を費やすという大きな需要があります。

2020年までに世界のスマートフォンの普及率が世界の人口の37%に達すると、モバイルコマースはすぐにウェブ商取引を上回るだろうが、オンラインでの売買活動のほぼ半分はマーケットプレイスで行われている。

Ubcoin マーケットプレイスはグリーンフィールドプロジェクトではなく、Ubankモバイルアプリの拡張版です

  • 成熟した会社であり、2009年以来存在する
  • 当社の現在の製品であるUbankは、世界中で1,600万以上の設備を有している
  • 同社は、50人以上の開発者、トップマネジメントとアドバイザーの才能
    Ubcoinは既存の製品価値命題を強化し、再構築する
  • サムスンとフライなどの企業は、フラッグシップ・ギャラクシー9を含むCISで販売されているすべてのスマートフォンに当社の現在の製品をプリインストールしている
  • トークンの販売は、Ethereumブロックチェーンベースのスマート契約の開発、AIベースのスクリーニングおよびKYC技術の開発を促進し、グローバルな拡大に資金を提供するための資金調達を目指している
  • Ubankアプリのユニークな流通モデルは、製造業者によるプレインストールにより、新しい地理に拡大される

なぜUbcoinのソリューションが必要なのか

現在、何千万もの人々が正当に暗号通貨を所有しています。世界中の何百万もの人々が暗号通貨を知っており、それらを入手したいと考えています。

また、多くの企業では、暗号を驚異的な収益を生み出す投資手段と見なしており、他の企業は、シームレスなデジタル取引やブロックチェーン技術による新しいビジネス機会の恩恵を求めています。

このように暗号通貨の大量採用は避けられず、差し迫っており、大量採用の瞬間は間違いなく後になるよりも早くきます。そのためにも、消費者は、デジタル通貨を得るためのシンプルで迅速かつ安全な手段が必要です。

暗号通貨の資本金は約4,000億ドル変動します。しかし、世界各国の政府、銀行、国際決済システムは、法律を守って市民がデジタル資産を使用して物品を売買することを可能にするために、暗号取引を規制する明確なルールを確立する上で、 4000億ドルの大部分は、消費のために費やされています – 物理的資産への変換など。

同プロジェクトの目標は、世界中の消費者が暗号化に投資し、暗号化のための商品を自由に安全に購入し販売できるUbcoinデジタルマーケットプレイスを作成することにより、暗号投資の購買力を享受することです。

ビジョン

同社はビジョンについて以下のように考えを述べています。

1.多くの人は、暗号化のシークレットを得るためのシンプルで安全な方法を望んでいますが、方法はわかりません。 彼らは投機家ではなく鉱夫ではなく、暗号通貨に投資することで付加価値を見いだす人です。 暗号通貨所有者の数は、2020年までに現在の2200万から2億以上に増加すると予測されています。

2.しかし、これらの人々は、Ebay、Amazon、WeChat、Etsy、Taobaoなどで購入して販売することは非常に快適です。 2016年に、市場は、2016年にオンラインで費やされた世界の2兆4400億ドルの44%を占めた。

3. 暗号通貨ウォレットは主にモバイルデバイスに集中しており、ウォレットの65%以上がモバイルになっています。 世界のスマートフォン普及率は2020年までに37%に達すると予測されています。

4.デジタルバイヤーの世界人口は2020年までに20億人を超えるだろう。

これら4つの主要な要素は、世界中のモバイル市場で結びついています。

暗号通貨の大量採用。当社は決済手段でもある投資手段でもあるデジタル資産の大量導入を推進し、日々の売り買いの相互関係に対するすべての当事者の利益を拡大する。
                       
ピアツーピア相互作用。可能な限りバリューチェーンから多くの仲介者を取り除きます。プラットフォームは、独立した当事者間のスマートな契約の実行を容易にします。 Ubcoin Marketplaceは販売する商品を所有しておらず、検索結果に偏っておらず、スマートな契約の公平性を保護します。
                       
法的な市場。 Ubcoin市場で販売される商品やサービスの正当性を保証することに特に注意を払っています。当社は、理由、道徳、安全性、および適切な配慮を侵害する可能性がある場合に、売り手の事前通知を助ける高度なAI技術を開発しています。売り手プロファイルの透明性と検証が強く推奨され、促進されるでしょう。
                       
取引と決済の地方分権化。ブロックチェーンにより、分散型の開始、決済、取引の履行が可能になります。支払いは、慎重に作成されたスマート契約の下でパフォーマンスが行われると直ちに行われます。
                       
直感的なインターフェース。私たちのインターフェイスデザインは、世界的に商品を売買する調和のとれたシームレスな体験をもたらします。私たちは、地域社会の特定の地域のニーズに合わせてプラットフォームの最適な適応を開発するために、APIをコミュニティに公開するよう努めます。
                       
オープンコミュニティ。一部の取引では、将来、サードパーティのプロバイダ(配送会社、宅配会社、公証人)が関与する特定のタイプの取引に対して、スマートな契約を実行するために追加のKYC / AML手続が必要となる場合があります。 Ubcoinプラットフォームは、これらの関係者のシームレスな関与を想定しています。

イーサリアムブロックチェーンとAIによるP2Pマーケットプレイス

技術的な観点からはEthereumブロックチェーンと交換型UBC暗号化によるグローバルなUbcoin Marketplaceは、商品の売買のためのピアツーピアのスマートな契約でこれらの取り組みを可能にします。

売り手は自分の商品のために暗号通貨を受け取ることに興味があります。
(決済の有用性+投資媒体=デジタル通貨の大量採用)一方で買い手はは暗号投資の利益と購買力を実現していますが、暗号と金銭の通貨を切り替える苦労と苦痛を免れています。

スマートな契約は、トランザクションがシームレスで、安全で、実行可能で、透明かつ分散されていることを保証します。

スマート契約技術により、Ubcoin Marketplaceは、トランザクションの安全性、実行可能性、困難性および検証可能性を保証し、ピアツーピア取引を容易にすることができます。

B2Cアリーナにおけるデジタル通貨の受け入れに関する規制が進展するにつれ、市場は事業売り手と買い手をその名簿に追加することになり配達経済は、メーカーと消費者との間の直接取引の形で爆発的な成長を促進し、買い手と売り手の両方にとってより魅力的な価格設定を可能にします。受注生産は、より関連性の高いビジネスモデルになります。

一部の取引では、将来、サードパーティのプロバイダ(配送会社、宅配会社、公証人)を含む特定のタイプの取引に対してスマートな契約を実行するために、追加のKYC / AML手続きが必要になることがあります。 Ubcoinプラットフォームは、これらの関係者のシームレスな関与を想定しています。

Ubcoin市場で販売される商品やサービスの正当性を保証することに特に注意を払っています。当社は、理由、道徳、安全性、および適切な注意を侵害する可能性があるために、売り手の事前通知を助ける高度なAI技術を開発しています。

  • 市場はスマートコントラクトを使用してブロックチェーンに基づいて構築されています。
  • スマート契約は、売り手と買い手の間の相互作用を規制するように設計されています。
  • このプロジェクトはAIを使用してユーザーに製品を推薦します。
  • プロジェクトのAPIは他のユーザーに公開されます。

技術的な説明

メインシステムモジュール:

  1. Ubcoin-ID認証サービス(承認には電子メールアドレスとパスワードが必要です.2FA(二要素認証) – 追加保護システムで、追加料金で接続することもできます)。
  2. 請求システム(ウォレット管理、入出金、内部取引)。
  3. 不正防止システム(AI、内部ルール、ML)。
  4. 広告プラットフォーム(プレースメントと管理、プレミアム機能、カタログと検索)
  5. オークションプラットフォーム(オークションの配置と管理)。
  6. 取引管理システム(資金の保管、取引確認、取引履歴)。
  7. 管理者とシステム管理者。
  8. カスタマーサポートと仲裁サービス。

売り手は次のツールを利用できます:

  • 販売メッセージを作成および管理するためのツール。
  • 広告とターゲティングを促進するためのツール。
  • 広告の統計情報(ビュー、クリック、コンバージョン、レビューなど)
  • 販売と支払いの管理。
  • CRM。

買い手は次のようになります:

  • システムによって保存された選択された検索および以前の検索。
  • 購入履歴を表示する機能。
  • 以前の検索と購入履歴に基づくインテリジェントな推奨。
  • コントロールツールを購入する。

技術ロードマップ

将来の技術とデータ容量の開発では、以下を実装する予定です:

2018年6月 – 開発されるUbcoin市場のベータ版。

2018年8月 – プラットフォームのスマート契約。

2018年9月 – スマートフォン開発者と一緒にMVPをテストします。

2018年の4四半期 – 東ヨーロッパでのMVPの開始。

Q1 2019 – 製品のフルバージョンを起動し、APIのベータ版を利用可能にする。

Q2 2019 – APIスクリーニングのベータ版リリース。

Q3 2019 – 開発者用API。

Q4 2019 – 完全にアクセス可能なAPI。

 

オープンリポジトリでは、次のアクティブモジュールを使用できます。

 

Ubcoinプロジェクトの競合相手は?

ブロックチェーンによる電子商取引プラットフォームは複数存在し、Ubcoinとの競合相手は尾の身以下が考えられます。

  • Eligma – ブロックチェーンとAIをベースに構築されたプラットフォームで、既存の電子商取引市場と中古市場を結びつけます。
  • Open Bazaar – P2P取引のためのオンライン市場。
  • OrigamiNetwork オンラインマーケットプレイスと電子商取引のブロックチェーンを活用したグローバルなソリューションです。
  • Trade Finex – 取引および財務業務のブロックチェーン市場。
     

     

Eligmaは、人がオンラインで商品を発見、購入、追跡、再販する方法を変える、AI主導のブロックチェーンベースのコマーシャル・プラットフォームであり、プロジェクトには類似点がたくさんあります。同社はICObenchから高い評価を受けており、コミュニティ力も高いため明確な競合相手になります。

そして、特性はやや異なりますがBitRewardsも電子商取引プラットフォームと接続したロイヤリティプログラムであり、ブロックチェーンとAIを採用しています。

このように電子商取引は注目されている分野でもありますので競合の存在は大きくなってきます。

Ubcoinプロジェクトの主な特徴は、SamsungとFlyとの戦略的に重要なパートナーシップであり、短時間で幅広い視聴者を引き付けることが可能になります。

このプロジェクトは、Ubankアプリケーションの更新直後にUbcoinを利用できるUbankの1600万ユーザー(月間250万人のアクティブユーザー)に焦点を当てています。

 

また、マーケティング戦略も明確であり、白書によると

マーケティング戦略には、ユーザーをプラットフォームに 誘導しスケーリングすることが含まれます。東ヨーロッパ、東南アジア、南アジア、中南米、中東、アフリカに進出する予定です。

2019年から、このプロジェクトはベンダーを引きつけることに焦点を当てます。このプロジェクトのもう1つの戦略目標は、スマートフォンメーカーとのパートナーシップを携帯電話にプリインストールすることです。

マーケティングキャンペーンを実施するため、プロジェクトは新しい地理的市場ごとに以下のスタッフを募集します:

  • ブランド管理チーム
  • トラフィックマネージャとASO
  • SMM /コミュニティマネージャ
  • 企業イベントマネージャー
  • PRマネージャー
  • ユーザーサポートチーム。

ICOは4月2日から5月31日まで開催される

ICOの詳細は以下です。

公開ICO開始: 02.04.2018

公開ICOの終了: 31.05.2018

トークンの販売期間(週):金Jun 08 2018 00:00:00 GMT + 0300(EAT)

トークンのタイプ: ERC20

トークン排出量: 4,000,000,000

販売可能なトークン(販売前+公開ICO): 2,000,000,000

投資目標

1 UBCの価格:

  • ステージ1:0.0000892857 ETH
  • ステージ2:0.0001077586 ETH
  • ステージ3:0.0001250000 ETH

受け入れられる通貨: ETH

バウンティプログラム: ICOが終了するまで有効

トークンロール:機能

 

トークンはこちらから購入できます。

Invest Nowから購入します。

  • メールアドレス
  • ETHアドレス

を入力します。

 

最後に指定アドレスへETHを送金します。

まとめ

ICOの段階でのプロジェクトのメリットとリスクは以下です。

プロジェクトの強み:

  • 経験豊富なチームアドバイザーとプロフィールアドバイザー。
  • 戦略的に重要なパートナーシップはすでに構築済み(サムスン、フライ)
  • 動的に発展するターゲット市場の存在
  • プロジェクトチームは、Ubankの既存の1,600万人の聴衆と250万人のアクティブユーザー(MAU)に焦点を当てている
  • ルナキャピタル投資ファンドは、プロジェクトパートナーの1つである

プロジェクトの弱点:

  • 市場における強力な競争の存在
  • MVPは2018年秋まで利用できない

関連リンク

ウェブサイト

Twitter

テレグラム

Reddit

フェイスブック

GitHub

ビットコイントーク

YouTube


Author

BABbit43

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here