【ICOレビュー】Tradingene-Wavesプラットフォームに基づく取引アルゴリズムのマーケットプレイス

0
872 views

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

要約

Tradingeneはブロックチェーンベースのオークションプラットフォームであり、アルゴリズムの作成と使用を可能にし、暗号化と最も一般的な金融商品の取引を可能にします。Tradingeneは、アルゴリズムを作成してテストするためのアクセスしやすく、技術的に高度で使いやすいWebプラットフォームを含む、いくつかのすばらしい革新を市場にもたらします。アルゴリズム作成者のためのオンラインコース。アルゴリズムの競争入札 オークションの結果を記録し、アルゴリズムの作成者と投資家の間でスマートな契約を締結するブロックチェーンベースのシステムです。これらのイノベーションは、市場の大部分の問題を解決します。

プロジェクトの全体概要

Tradingeneは、アルゴリズムクリエイターと投資家をオークションベースの市場に集結させるために設計されたブロックチェーンベースのプラットフォームです。私たちは投資家とアルゴリズム作成者の主要な要件を満たすためにTradingeneを構築しました。

プロジェクトの目標は、

(i)取引アルゴリズムを使用して投資を希望する個人投資家に質の高い機会を提供すること。

(ii)アルゴリズム作成者に取引アルゴリズムを開発し、テストし、資本を引きつける機会を提供すること。

(iii)取引アルゴリズムにおける最大限に効率的で透明性が高く利益のある投資のための条件を作成すること。

「Tradingeneはアルゴリズム取引市場でUberになるだろう」とCEOのDaniel Wolfeは語っています。

「アルゴリズム取引市場には多くの非効率性があります。現在のプレイヤーは、制作者を動機付けない料金体系を持っています。多くのプラットホームには、多数の「ガベージ」とカーブフィッティングされた取引アルゴリズムがあります。さらに、透明な価格を提供したり、幅広い市場のアルゴリズムを作成する機会を提供したりもしていません。Tradingeneは、多くの革新とまったく新しいイデオロギーでこれらの問題すべてを解決します:投資商品としての取引アルゴリズム

今日でも、Tradingeneはアルゴリズム作成者のためのすぐに使える製品です。プラットフォームには、2000を超えるテストアルゴリズムを作成した300人以上のクリエイターがいます。Tradingeneは現在、いくつかの個人投資家と協力しています。2018年には、プラットフォームは個人投資家に提供される予定です。 

問題点と解決策

技術要素

Python

これはプラットフォームで作業するために用意した新しいプログラミング言語です。このプログラミング言語では、指標や第三者データに基づくアルゴリズムだけでなく、機械学習に基づくアルゴリズムも作成できます。

Pythonはすでに開始されており、同社内でテストされています。近い将来、すべてのユーザー向けに起動し、後で便利なAPIを作成する予定です。

 API

Lua言語用の新しいAPIを開発し始めました。新しいインターフェイスは、クリエイター向けのアルゴリズムの開発とテストのプロセスを大幅に促進します。現在Tradestationなどのトッププラットフォームでのみ利用可能な新しいユニークな機能は、すぐに利用可能になります。

 

新しいAPIを開発する過程では、Tradestation、Multicharts、Tradingview、Ninjatraderなどの最高の世界標準と主要なプラットフォームに導かれています。

Waves ブロックチェーン

Wavesプラットフォームは、ロシアと北米のプロジェクトで最も人気があります。ロシア、米国、カナダの新興企業のシェアは、すでにWavesでトークンを発行したまたは発行する企業の数の40%です。

Wavesのブロックチェーンプラットフォームは、2018年の夏にAtomic Swap技術を導入します。これにより、ユーザーはEthereumなどの他のブロックチェーンプラットフォーム上でトークンをWavesトークンと直接交換するのに役立ちます。アトミックスワップは、デュアルトークンプロジェクトでの操作を大幅に簡素化し、改善します。

機械学習とその利点

TradingeneのプラットフォームであるMachine Learningは、多くの利点をユーザーに提供します。

  • 基礎となる洗練された数学モデルを開発する能力:適応的取引アルゴリズムのために;
  • アルゴリズムの品質、収益性、および財務に基づくランキングの評価
    過去の期間および実際の取引期間にわたるモデリング。
  • 投資家プロファイルに基づくアルゴリズム推奨。 システムベース
    投資家の年齢、リスク選好、リターン期待値、頻度に関する推奨事項
    地理的な場所および関心のある金融商品を含む。
  • アルゴリズムの推奨は、投資家の現行のTradingeneアルゴリズムに基づいており、
    投資家の改善に役立つアルゴリズムのポートフォリオの推奨事項を含む
    リターンとリスクリターンを最適化します。

ロードマップ

2018年:ICO実施と投資家向けインターフェースの開発
 
Q1:ICOの準備
Q2:ICO。Pythonでのアルゴリズム開発の導入、ベータテスト環境の改善 暗号化交換との接続。マーケットプレイスとモバイルアプリケーション開発。
Q3:モバイルアプリ導入と投資家向けのテレグラム・ボックスを開始する。分析、予測、警告。
Q4:ブロッキングの結果とスマート・コントラクトの結論をブログチェインに登録したアルゴリズムの開始。

トークンについて 

期間:5月16日-6月22日
トークン:トレーディング/ TNG
価格:1米ドル
 
 
プラットフォーム:Waves
受け入れ:BTC、ETH、LTC、BCH、WAVES
ソフトキャップ:400,000,000 USD
硬質キャップ:24 000 000 USD
国:エストニア、ロシア
ホワイトリスト/ KYC:KYC
制限されたエリア:なし
 

市場分析

 

現在、大規模なファンド、機関投資家、経験豊富なトレーダーの多くはアルゴリズム取引を利用しています。

取引アルゴリズムから受け取ったシグナルを使って売買する自動取引戦略を使って投資します。この取引形態は、手動で取引することよりも多くの重要な利点を有し、暗号取引市場と従来の市場の両方で公開取引にアクセスできない高い収益を提供します。

今日、世界には1,200種類以上の暗号がありますが、2017年には、2017年10月までに2000億ドルを超えるデジタル暗号化が劇的に評価され、総額2,000億ドルを超えました。

最も流動的な暗号化であるBitcoin(BTC)の資本金は、1,000億ドルを超え、Goldmanサックス(929億ドル)とモルガン・スタンレー(891億ドル)などの大規模な金融資産を上回っています。

市場にはBitcoin(「BTC」)に代わる多くの選択肢があり、BTCよりも興味深い、有望な収益の多くを提供しています。

これらの新しい資産とその驚異的な成長の結果、激しい暗号化市場からのプロデュースを熱望している投資家がますます増えています。

これにより、暗号通貨市場へのアクセスや流動性が高まり、認知度もしかりです。

例えば、2017年11月1日、BTCの日々の取引量は26億ドルを超えました。新しい、野心的な暗号通貨は、トレーダーの楽観主義に陥って、引き続き出現しています。

このような市場の傾向から、トレーディングツールの需要も上がって来ています。

しかしながら、当然これらの状況から、2つの質問が生まれています。

(i)暗号通貨や他の一般的な金融商品の取引アルゴリズムによる投資は、幅広い人々に利用できるようにすることができますか?

(ii)なぜほとんどの投資家は、ツールを使用しようとしないのですか?

これらの質問に答えるべく、tradingeneは新たなツールを開発しています。

競合分析

チームは競合他社をいくつかの分野で見ています。

取引アルゴリズムの開発のためのプラットフォームとして、TradeStation、Ninjatrader、Tradingview、Bloombergなどのプロジェクトと競争しています。

トレードステーションは、米国Tradestation社が開発した高機能取引ツールであり、2011年からアクティブトレーダー部門で7年連続受賞している実績のある取引プラットフォームです。

トレーディングビューは、web上の優れたチャートツールであり、市場、株、先物、仮想通貨など幅広い分野のコミュニティを構築しています。

これらのプラットフォームでは、後で自分の取引のために取引アルゴリズムを構築することができます。

これらのプラットフォームは、アルゴリズムのための資本を引き付ける環境と可能性を提供します。Collective2、Quantopian、Quantconnect、Metatraderなどもあります。

競合他社と見なす別のタイプのプロジェクトは、PAMMアカウントに投資して、成功したトレーダーに従う可能性のあるプロジェクトのMetatrader、Zulutrade、Alpariなどです。

以上のように、トレーディングツールはたくさんあり、競合となるものは多数あります。

競合上のメリットは?

競合他社との間には数多くの重要な違いがあります。

まず、同社は透明なビジネスモデルを実装するためにブロックチェーン技術を使用します。また、独自の資本を投資しないので、アルゴリズムに非現実的なパラメータを持たせ、資本調達の機会を増やすことを要求しません。

同社の環境はハイエンドで無料で、学習リソースについても同様です。

オークションの前にすべてのアルゴリズムをテストします。したがって、トレーデンは他のプラットフォームを支配するスカム戦略の数を減らす。

クリエイター向けの製品の存在

 

300人のクリエイターはプラットフォームで作業しており、世界中の開発者が私たちのプラットフォームでアルゴリズムを作成します。 

2000以上のアルゴリズムが作成された

 
これらのアルゴリズムは、さまざまな指標や取引の考え方に基づいています。

 

50 000以上のテスト完了

バックテストセッションは終了しており、
バックテストセッションにより、クリエイターはアルゴリズムの堅牢性とパフォーマンスを向上させることができました。

 

100%透明的

透明性は保証されています。
ブロックチェーンとスマートコントラクトを使用して、クリエイターと投資家の関係を修正しています。
 

50以上の金融商品

金融商品は利用可能です。
クリエイターと投資家は、最も関心のある金融商品を選択することができます
 

強力なアドバイザーの存在

 

2016年にSashaはカスタムトークンのブロックチェーンプラットフォームWavesを設立し、16Mドル(29,445BTC)を集めました。当時、世界で2番目に大きなICOでした。

Sashaは当社の強力なアドバイザリーボードチームに加わり、ブロックチェインに対する彼の巨大なスキルと知識は、プラットフォームにとって最善のインパクトをもたらすと確信しています。

Tradingeneのアドバイザリーボードの一員として、SashaはWavesブロックチェーン上のTradingeneプラットフォームの実装を担当しています。

 
 

 

トークンの将来価格とホルダーのメリット

トークンの価格に関しては、トークンの用途によりますが、プラットフォームでの支払い手段やマージン利益、VIPステータスが主な用途になります。

トークン初期価格は、1USDですが、プラットフォームの流通と取引所の接続にまずは大きく依存します。

マイルストーンでは800万ドルまでに取引所8つの接続と市場展開、アルゴリズム市場の拡大が計画されていますので、まずはこのキャップが目安となります。2400万ドルまで調達できると具体的な世界展開も見えてきます。

ホルダーのメリットととしては、プラットフォームの開発の初めから一緒に作業している開発者と登録に時間がかかる人のために、年末まで高度なモデリングソフトウェアパッケージを無料で使用する機会を与えています。

高度なパッケージでは、開発者はアルゴリズムの拡張解析と無制限のシミュレーションを使用する機会があります。拡張された分析機能により、アルゴリズムの作業をより深く研究し、弱点をより迅速に修正することができます。

アルゴリズム作成者が利用できるサービス

基本モデリングパッケージ(無料): 

  • プログラミング言語LuaとPythonを使用したモデリングツールの基本セット(基本的な開発には十分)
  • 履歴データへのアクセス。
  • 同社独自の資料とコースに基づくオンライントレーニング。
  • 給料およびインセンティブプログラム。

高度なモデリングパッケージ:

  • アルゴリズムモデリングツールとCPU時間に無制限にアクセス。
  • 非市場データへのアクセス。
  • 非常に複雑な計算のための能力。
  • 高度な分析オプション。
  • ウェブセミナー。
  • オークションへの参加。

投資家が利用できるサービス:

  • プラットフォームでテストされたアルゴリズムのオークションへの参加
  • アルゴリズムを投資家の取引または証券会社の口座に購入する
  • ニュースレターの購読と市場分析。
  • サブスクリプションオプションには特定の金融商品に関する予測の要求。
  • Tradingeneの機械学習システムによって;市場のインフォグラフィックス。
  • 投資家はまた、アルゴリズムからいくつかの信号と警告を受け取ることができます(直接
    彼らの取引または仲介口座への接続)。

投資判断とリスク分析 

投資判断ですが、WAVESプラットフォームを利用したICO、強力なチーム、優れた製品などの観点から非常に興味深いプロジェクトであると感じました。分野も今後暗号通貨市場の拡大を考えると需要はあるものなので面白いと思いますし、ICO開催時期も相場が上に傾く時期でもあるのでタイミング的にも良いかと思います。

トークン購入方法

トークンは5月16日から購入できます。

トークン購入

 

関連リンク

公式サイト

白書

Twitter

Facebook

Telegram

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here