分散型貸出プラットフォームのETHLendはトレーダーにとってどのようなメリットがあるのか?

0
577 views

目次

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

こんにちは。今回はETHLEND に関してです。

今回は、ETHLEND の特徴でもある分散型貸出がトレーダーにとってどのようなメリットがあるのか、詳しく説明したいと思います。

ETHLEND に関してはこちらを参考にしてください。

トレードの問題点

現在の暗号通貨市場におけるトレーディングの世界では、トレーダーが資本を使い果たすという重要な問題に直面することがよくあります。

これは、トレーダーが長期的なポジションを取ったときに特に発生し、清算できる機会はその前に訪れている場合がしばしば多いにも関わらず、非流動性の問題により清算できない事があります。

また、特にICOのトークンの場合は、満足にトレードできない現状もあります。

ETHLEND 分散型貸出を利用するメリット

 ETHLendは、ユーザーがデジタルトークン(ERC-20標準)やEthereum Name Service(ENS)ドメインなどの暗号資産を担保として使用できる、Ethereumブロックチェーン上のPeer-2-Peer(P2P)貸出プラットフォームです。

例えば、暗号通貨市場では、トレーダーが長期的なポジションをとる場合、長期的に資産の価格が上昇すると予測されており、3〜6ヶ月以上と定義されています。

暗号通貨市場をリードしているのは、ビットコイン、イーサリアム、そしてリップルの3と言われていますが、中でもイーサリアムは顕著であり、

イーサリアムの「スマートコントラクト」は、
ICOされてから、驚異的な需要と信頼を確保し、企業は、このETHを利用して、引き換えに発行された企業独自のトークンと取引する権利を獲得しています。

最近でも、スタートアップのICOも珍しくなく、 VCに比べてはるかに多くのブロックチェーン関連企業がICOで成功しており、日本でも日本でもテックビューロ社によるCOMSAの存在が1つの例です。

その一方で、トレーダー側は本質的に特定の資産に投資しており、長期的には価値の上昇を推測しています。短期的なポジションの場合は、数時間、数日、または1週間かもしれません。

そこで、ETHLEND のブロックチェーン上のP2P融資に関する新しいプラットフォームでは、トレーダーがトークンの保有を維持しながら、ポジションを解除することなく、新しいトークンの流動性を得ることができるというメリットがあります。

つまり、ETHLendは、ユーザーがデジタルトークンを融資の担保として提供することを可能にし、新しい機会への投資を継続しながら所有権を保持することができます。

貸出ユースケース

たとえば、EOSトークンで長期的なポジションをとり、EOSクラウドセールが終了してから6ヶ月後に収益を売却しようとしているトレーダーがいるとします。

このポジションを見て数週間経過後、トレーダーは、別の暗号通貨またはトークンを取引する機会を迎えます。

通常、彼は、長期的なポジションを取っているので、この機会を逃すことになりますが、

彼は、ETHLEND では、EOSトークンを先に売買せずに、他の暗号通貨を収集して使用するための担保として使用する事ができることを知ります。

ETHLendのおかげで、トレーダーはEOSトークンを取ってETHLendプラットフォームで融資を受けることを約束することができます。

この新しい融資ファンドにより、トレーダーは新しいトークンへの短期的な投資にも利用することができます。

従って、彼は結果的に同時にEOSトークンと新しいトークンの2つのポジションを保持することで、効率的な利益を得ることができました。

そして、ローンが確保されると、トレーダーは担保に供された長期的なポジションから資金を受け取り、短期取引に投資することができます。

短期ポジションが終わると、取引からの利益を使ってローンを返済することができます。

ローンがETHLendマーケットプレイスで返済された後、担保として使用されるEOSトークンはトレーダーに返却されるため、トレーダーは自分のトークンのポジションを維持し続け、適切なタイミングで売却して、収益を上げることができます。

このようなメリットがETHLEND プラットフォームにはあります。

また、その第一歩として、デジタルトークンの基盤となるのがDigixトークンとの提携です。

現実資産をトークン化するDigixトークンを担保として利用する事で、投資家は価格の安定性や新しい機能にアクセスする事ができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

ETHLendがDigixとパートナーシップを発表

 

最後に

ETHLEND に関しては、現在のトレード市場にとっては非常に有利となるようなソリューションを提供しています。

また、信頼性のあるレンディングプラットフォームでもあり、この分野においては、面白くなるプロジェクトではないかと考えています。

トークンセールは、11月25日からです。

詳しい開発部分は、こちらを参考にしてください。

ETHLendが現在開発しているものについて(パート1 )

最新情報は、公式サイトツイッター、ブログで受け取る事ができます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here