ICO TomoCoin

【ICO】DAppsのためのブロックチェーンインフラストラクチャTomocoinのProof-of-Caring(POC)に参加します

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

 

Tomocoinとは

 TomoCoinは、価値あるインターネットのためのブロックチェーンインフラを構築するプロジェクトであり、Tomochainはインフラストラクチャを統治し規制するためのプロトコルです。

TOMOの使命は、インターネットの価値を構築し、その期間のインフラストラクチャを設計し、知識の共有を促進し、地方分権化、財政の透明性とアクセシビリティを促進することです。

TomoChainインフラストラクチャの目標は、数百、数千の分散アプリケーションの主要プラットフォームとなり、異なるサイズのビジネス向けの数学アルゴリズムのリリースをサポートすることで、TomoCoinをデジタル資産として、何百万人ものユーザーにとって重要かつ貴重なものにすることです。

問題点とソリューション

このプロジェクトの発端は特にEthereumブロックチェーン、および現在のブロックチェーンネットワーク全体のスケーラビリティ問題に起因します。

ご存知の通り、日に日にブロックチェーンのトランザクション数は増加傾向にあり、ネットワーク全体の詰まりが生じています。

ビットコインネットワークは1トランザクションごとに、10分かかり、30ドルもかかる。

イーサリアムネットワークでさえも、1トランザクションごとに、18秒かかり、3ドルかかる。

Tomochainはこれらの問題に対する革新的なソリューションです。

水平的なスケーリング拡大

TomoChainは、バックアップと原子クロスチェーン転送のためにEthereumネットワークと統合された優れたパフォーマンスを備えた第2層ブロックチェーンをさらに追加して水平スケーリングをサポートする予定です。

ゼロトランザクション

TomoChainは、小規模企業や大企業の分散アプリケーション、トークン発行、トークン統合のための理想的なソリューションとなる、瞬時の確認、ゼロトランザクション手数料に近いスマートな契約をサポートするチェーンのネットワークと想定されています。 TomoCoinは、このインフラストラクチャを管理し、規制するプロトコルトークンになります。トモチェーンは、伝統的な制度よりも安全で透明性が高く、効率的で包括的で公平なインターネットとブロックチェーン技術に基づく代替的な金融システムの重要な部分になります。

TomoChainの特徴

  • オープンソースである。
  •  拡張性の高いブロックチェーンインフラストラクチャである。
  • トークンは迅速かつ容易に統合できる。
  • 透明性と検証可能な信頼性がある。

信頼性で保護する優れた技術的特徴を持っています。 TomoChainはすぐにTomo Appに統合され、他のステークホルダーと共有されます。 発展方向は次のとおりです。

1.PoA(Proof of Authority Development)は、Ethereumコードベースに基づきます。

2. Masternodeとservicenodeシステムを構築する

3.ダウンタイムを最大2秒に最小限に抑え、すべてのトランザクションでコストをゼロにします。

4. Etherealプラットフォーム上でスマートな契約をサポートします。

5.トークン発行とアプリケーション統合のためのAPI取引費用ゼロでクロス取引(例えば、EthereumとTomoChain間)を可能にします。

7.コストと妥当性検証時間のないTomoChainのトランザクション

8スマート契約でトークンを利用、送信、撤回する機能

9.ICOイベントの取引プロトコルとスマート契約テンプレートを作成します。

そして、開発中または開発されているインフラストラクチャは以下です。

Tomowallet

サードパーティのAPI、承認システム、スマートシステムを使用します。 Tomoウォレットの特徴は次のように開発されます:

  • 取引手数料はほぼゼロ
  • 即時確認可能
  • TMC開拓はコミュニティにコンテンツを提供する。  

デモ版はこちら

TomoApp

Tomo Appは、TomoChainインフラに適用される最初の製品となります。

このアプリケーションは、認証に基づいて構築され、ユーザーによって管理されます。

Tomo Appは、貴重な情報をコミュニティと共有して共有するようにユーザーに促すことで、従来のソーシャルネットワーキングの問題を解決します。 

  • コンテンツを提供するネットワークである。
  • ユーザーのプライバシーが保護されます。
  • アプリケーションはゼロコストベースで構築されます。
  • データ検索機能

テストネットはこちら

ベータ版はtomoapp.com、Google Play、アップルストアで毎週何千人ものアクティブユーザーが利用できるようになりました。

アプリケーションには以下の3つのモジュールがあります。

1.ユーザサービス:モジュールは、ユーザ関連の機能を提供する。 このモジュールは、Tomo AppとTomoウォレットの共有モジュールです。

2.ソーシャルサービス:サブシステムは、コメント、インタラクティビティ、通知、プッシュフィードに関連する機能を提供する。

3.質問サービス:モジュールは、コンテンツの評価、回答、書き込み、および計算の機能を果たします。

これらは、Tomo Appの3つの主要モジュールです。 製品の需要と性能に応じて、製品品質を向上させるために新しいモジュールを分離または追加することを検討します。

 Tomoアプリケーションは、暗号化を組み込んだ新しい分散型ソーシャルネットワークを構築することを目指しています。

Tomoネットワークエコシステム

前述したアプリケーションに基づいた分散型のソーシャルネットワークであり、このソーシャルネットワークでは、各投稿者の役割が強調され、報酬を与えられます。

ユーザーのプライバシーは尊重され、小額の支払いは安価で簡単であり、Tomoアプリケーション内の基軸通貨として、TomoCoinが採用されます。

TomoCoinの大部分は、開発者や初期の貢献者の報酬として報酬エンジン/エコシステム構築プログラムで使用されます。

報酬エンジンシステム

報酬エンジンにより、Tomoアプリケーションユーザーは、ネットワーク効果が発揮されるまでソーシャルネットワークの知識ベースを「ブートストラップ」するのに役立つ貴重なコンテンツを作成する経済的インセンティブを組み込むことができます。

同時に、TomoCoinはソーシャルネットワークのネイティブ暗号化通貨として、各Tomoアプリケーションアカウントはコインウォレットを統合し、このクレジットをアプリケーション内の金融取引に使用します。

エコシステム構築プログラム

TomoChainのエコシステム構築プログラムは、この技術を活用し、インフラストラクチャの開発を長期的にサポートするために、さまざまなDAppsとトークンコミュニティを作成するのに役立ちます。

TomoCoinの利点

開発チーム力

チームは、アジア中心でありCEOのLong Vuong氏はNEMの共同設立者として開発にも携わってました。

 

その他、アドバイザーには豊富な面々がおり、

  • The bee Tokenプロジェクトの経営担当
  • Qlink財団のディレクターおよびBluzelle、SelfKey、The Key、Coinfi、Fortuna Capital、Jet8のアドバイザー。 
  • Filecoin、Raiden、Zeppelin、0x、Tariの投資家。 IoTexのアドバイザー

パートナーには分散化アプリケーションDAppsプラットフォームであるNeoの存在もあります。

開発が進んでいる

アプリとテストネットがICO開催前ですでに稼働しています。

テスト段階ではありますが、トークン購入する前に試すことができることは信頼の面で強いメリットになりそうです。

ちなみにコミュニティ支持も日に日に大きくなって来ています。

Telegram : 12000以上

話題性も高いです。

技術

データ検索機能

データの人気の2つの主な要因に主に基づきます。 Tomo Appは、検索目的のために、Elasticsearch、Apache Solrなどの検索目的でデータベースに保存する前にデータを処理するメカニズムを備えています。

Tomo Appのようなソーシャルネットワークでは、ヒント機能を使用して、ユーザーがより多くのアプリを通じて相互にやり取りできるようになります。 Tomo Appは、関心のある友人、専門家、またはトピックを追跡することによって、加入者接続のネットワークを構築することに重点を置いています。

Tomo Appは自然言語処理(NLP)とグラフデータベース(Neo4Jなど)の組み合わせを使用して、ユーザーが興味を持っているかもしれない友だちの提案やコンテンツを構築します。

人工知能(AI)によるユーザーエクスペリエンスの向上

人工知能(AI)は、次のような多くの機能に適用されます。

1.ユーザーの公開インタラクションから得られたデータに基づいて、ユーザーエクスペリエンス(UX)を最適化する。

2. 人間の提案を最適化し、コンテンツを表示する。

3. スパムとエラー検出システム。

4. 画像およびビデオ認識システム。

Tomoは、個人情報のセキュリティを維持しながら、システム内のユーザー間で情報を交換しながら、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、公開されているTomo ネットワークに関する情報を使用することにコミットしています。

Tomoは、Tensor Flow、Scikit-learn、Inception V3などの最新のAIテクノロジを適用することで大きな利点を得ています。

POA(Proof of Authority)契約とブロックチェーン

PoA契約は、追加の監査をサポートするために使用され、システムに参加できるユーザーは管理者に認められたノードの秘密鍵で署名します。

 

TomoChainはPoAsを選択し、さまざまな場所で交差点を構築して、データが安全で変わらないことを保証します。将来、この構造を使用したい他の組織は、パートナーとなり、TomoChainシステムで動作することができます。

TomoウォレットとTomo Appは、ERC-20とEthereumブロックチェーンをベースにしたTomoCoinを使用しています。

この2つの製品は、ユーザーエクスペリエンスを最適化することを目的としていますが、低コストで高速なトランザクションなどの要因も確実にします。

さらに、TomoCoinのセキュリティ、透明性、付加価値などの要素も非常に重要な役割を果たします。 TomoChainは、スマート契約に関連する機能を備えたオープンブロックチェーンを使用して、効果的なソリューションです。

TomoChainは、最高のトランザクション速度を維持しながら最小限のコストを可能にします。 TomoChainはまた、Tomo NetworkとEthereumブロックチェーンプラットフォームの両方でTomocoinの相互運用性を最適化するインテリジェントな契約を通じて、Ethereumのオープンブロックチェーンプラットフォームをサポートしています。

ロードマップ

2017年2月
TomoappのAlpha版の発表
• Android / iOSの2つのバージョン

2017年3月

  • Tomoapp Betaを発表
  • 多くの言語コミュニティ
  • 匿名の質問とコメント
  • モールド統合トークン
  • ブロックチェーン Tomochain設計

2017年4月

  • Tomocoin開発
  • POA同期設計
  • 二つのクラスのBlockchainのインフラストラクチャの設計
  • Tomochainのテスト版
  • トライアルで2ブロックチェーン間のトランザクショントークン

2018年1月

  •  POAコンセンサスアルゴリズムの開発
  • マルチチェーン取引契約
  • Tomochainの拡張性テスト
  • ゼロのコストの取引と即時の確認

2018年2月

  • トークン統合
  • Tomochainのシミュレーションへのトークンの統合
  • 賞の仕組みの導入
  • Tomochainのアルファ版リリース
  • スパムとDDOSアルゴリズム

2018年3月

  • 公式バージョンのTomoappのリリース
  • Tomoappは、Tomochainと正式に統合される
  • 公式ボーナスシステム
  • 第三者向けのAPI開発
  • Tomo電子財布

2018年4月

  • Tomochainの正式版をリリース
  • 外部装置用のTomochainソリューション
  • インテリジェント契約テンプレート
  • 分散デッキの構築
  •  プラズマ構造をスマートな契約に統合する

将来的なもの

  • トモコインの価値を高める
  • コミュニティを構築する
  • インフラストラクチャのアップグレード
  • TomochainのICOプラットフォーム
  • 分散管理システム

TomoCoin(TMC)トークンについて

 

TMCトークンは、ユーティリティ要素です。

トークンシンボル TMC

期間:2018/3/1-3/20

プラットフォーム Ethereum

国 シンガポール

ホワイトリス/KYC POC形式(2018/2/10-12)

TomoCoin価格は、主に市場の需要と供給のバランスによって決定されます。基本的なレベルでは、密接にアプリケーションとインフラストラクチャTomoChainにリンクする必要があります。

開発チームと顧問のためのいくつかのトークンは、数年以内に売却のためのロードマップに基づいてリリースされます。

トークンの残りの部分は報酬系と開発パートナー、他のソフトウェアを通じて有益なコンテンツを提供する人のために、最低8年間のロードマップに発売されます。 

トークン自体の価値はアプリケーションなどのインフラストラクチャの開発やネットワークなどの開発部門に依存します。

従って、長期的に上昇期待がされます。

トークンセール参加には、POCが必要

POCとは、Proof-Of-Caringの略で、いわゆる自身がなぜこのプロジェクトを支援したいのかな簡単な証明です。

Quantstamp がこの形式のICOを開催していたのが真新しいですが、KYCよりもややハードルは高いと思います。

内容としては、ブロックチェーンの貢献の証拠やTomoCoin に関するレビューが対象となります。

例えば、

  1. Bitcointalk ANNなどのローカルの暗号化グループまたは個人ページでTomocoinプロジェクトに関するレビューポストを生成する
  2. 短いビデオを作成したり、ポッドキャストを作成したり、楽しいアートワークを作成する(Tomoの写真、ステッカーや曲)
  3. プロジェクトのICOベンチを評価する
  4. PFacebook、Medium、Steemit、Twitter、Reddit、Youtube、暗号サイト、個人ブログなどのソーシャルチャンネルに作品を公開する

などが対象となります。

手順は簡単で、以下です。

ステップ1:作品を提出する。

ステップ2:シンガポールGMT +8、2018年2月11日午後12時に日曜日に開かれた公式フォームを介して、チームに証明を示す。(フォームは24時間限定)。このフォームは、購読した電子メールで送信され、テレグラムチャンネルに掲載されます。

以下詳しい概要です。

私たちはTomo Proof-Of-Caringに加わり、私たちの心に勝つことを皆様に歓迎しますが、私たちは1350人をホワイトリストとKYCに入れさせるだけです。ホワイトリストやKYCの数が少ない理由は、私たちがあなたに個人情報を蓄積するのを避けることです。ホワイトリストに記載されたメンバーごとに、3つの層に分かれて個人的な上限があります。

ティア1とティア2について、はTomoチームによって評価されますが、ティア3に関しては、残りの有効なPoC提出の間に宝くじ形式が使用され、Tomocoinプロジェクトを気にするすべての人に公正な機会が与えられます。 (有効なPoCは間違った情報や不正行為を試みることはありません)。

また、PoCの提出にはテレグラムチャンネルへの参加が必要です。

PoCの提出フォームは24時間以内に限り、サインアップフォームを記入できるのシンガポールのGMT +8、2018年2月11日午後12時からで。

ケアフォームの証明書の提出期限はシンガポールのGMT +8時間、2018年12月12日までです。

1. 18歳未満の者、または米国、中国、香港、台湾、シンガポールの市民/居住者は、トークンの販売に参加する資格がありません。
2.あなたは1つの口座からONCEフォームのみを提出することができます。

3.購読しているETHアドレスの最後の6桁を作品のユニークなコードとして追加して、あなたのシェア/タスクがあなたのものであることを知ってください
4.あなたが資格を持っているかどうか、それともあなたの資格があるかどうかについては、したがって、Proof-Of-Caringプログラムに参加しても、パブリックセールスのホワイトリストに掲載されることは保証されません。

つまり、トークンセールに参加できるのは、立ったの1350名でしかも、ティア2まではPOCの順番と質によって落選者も出るということです。 さらに、ティア3は全員参加というわけでもなく、抽選です。

すでに、多くのユーザーが購読しているとはいえ、かなり厳し目となりましたね。

私は希少性含めて、ブログにて参加することにしましたのでまた結果の方はご報告したいと思います。

関連リンク

公式サイト:https://www.tomocoin.io/jp

白書:https://goo.gl/BpBQRR

Twitter:https://twitter.com/TomoCoin_io

Facebook:https://www.facebook.com/tomocoin

Telegram:https://t.me/tomocoin

Author

BABbit43

ETHADDRESS

B8c833(last 6 digit code)

 

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-ICO, TomoCoin

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.