ブロックチェーンインフラストラクチャであるTomoCoin(TMC)の競合分析

0
791 views

目次

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

 

TomoCoinとは

Tomocoinは価値あるインターネットのためのブロックチェーンインフラを構築するプロジェクトであり、Tomochainはインフラストラクチャを統治し規制するためのプロトコルです。

使命は、インターネットの価値を構築し、その期間のインフラストラクチャを設計し、知識の共有を促進し、地方分権化、財政の透明性とアクセシビリティを促進することです。

エコシステムでは、インセンティブ化されたソーシャルネットワークとDAppsのためのソリューションを提供します。

市場と競合分析 

市場では、より透明性の高い金融取引の形が求められる傾向があります。

Tomoの創設者であるLongoは、有名なHackernoon誌に掲載された「A vision of the Internet of Value」の記事で、透明性が必要な現代金融取引の7つの側面を概説しています。

 TomoCoinは、これらの要因のすべてを収束させることによって選択されたアルゴリズム通貨になる可能性があります。

ユーザーが使用を促し、エコシステム系のすべての第三者に受け入れられ、コインの有効範囲と価値を向上させるユニークな機能を備えています。

また、TomoChainインフラストラクチャの支払いプロトコルとして、TomoCoinは開発者が金融アルゴリズムをアプリケーションに統合するだけでなく、開発またはリリースによって広く認識され、広く使用されます。

さらに、TomoChalのプログラム機能、Tomo財布用のUXだけでなく、セキュリティ機能の開発にも重点を置くことで、将来TomoCoinの価値を高めることができます。

そして、競合プロジェクトとしては、

TomoCoinはブロックチェーンのためのインフラストラクチャ構築プラットフォームですが、

アプリケーションの一部にはソーシャルネットワークサービスが含まれます。

TomoCoinによる動画広告・有料チャネル

自動ボーナスシステム

情報セキュリティメッセージング

ソーシャルネットワークサービスを提供するプロジェクトととしては、以下が代表的です。

Steem

Steemプロジェクトは、Tomocoinとアプリケーションの観点でよく似ています。

プラットフォームやトークンを活用して、コンテンツ作成者に報酬を与え、質の高いコンテンツ情報を配信します。

しかし、Steemのプラットフォームは現時点では、不公平性が問題視されており、一部のユーザーのみが高い報酬を受け取っています。

また、複雑なトークン経済から参入障壁も高いとされています。

Tomocoinの場合は、報酬エンジンの仕組みとエコシステム構築ソリューションがあります。

Kin

Kinは一般的なインスタントメッセージングプラットフォームKikの収益化アルゴリズムです。

Kinのアイデアは、Kikアプリケーションを取り巻くエコシステムを活性化し、TomoCoinをTomoネットワークに統合することに類似します。

しかし、2つのプラットフォームの違いは、Kinは主に北米市場で開発されているが、Tomoはアジア太平洋市場に注力しているということです。

さらに、TomoChainインフラストラクチャに基づいて開発することを目指しており、唯一の支払いプロトコルであるTomoCoinで複製でき、Ethereumエコシステムと互換性のあるブロックチェーンシステムを構築することを目標としています。

KinはStellerエコシステムを発展させています。 Kinのアルゴリズムはまだ発表されていません。

Sapien.Network

SapienのネットワークシステムもTomocoinとかなり似ています。

最新のプロジェクトですので、やろうとしていることは、最先端なものばかりですがTomocoin同等のネットワークシステムのための技術採用を行なっています。

ただし、プラットフォームはイーサリアムを採用しており、これはビタリック氏が提唱しているイーサリアムの技術向上の恩恵を受ける可能性が高いです。それに対して、TomoはHyperledgerを採用しています。

プラットフォームへのトークンの統合

情報検索のためのElastocsearch

DAppsへの移行

この点でTomoとは類似します。

そしてtomoチームは、ウォレット開発も行っており、ウォレットの特徴は以下です。

様々な通貨保管機能

Tomocoinの転送と保有

ゼロトランザクション

ウォレット機能の特性として類似しているプロジェクトはOmiseGoがあります。

OmiseGo

OmiseGoは、タイに拠点を置くデジタルウォレットおよび支払いプラットフォームであり、潜在的に東南アジアのTomoウォレットと競合します。

OmiseGoの時価総額は約14億ドルになります。 OmiseGoはOmiseGoブロックチェインに基づいており、ETHブロックチェインと統合されています。 もう一つ注目すべき利点は、Omiseが現在東南アジアの多くの地域で使用されていることです。

Tomoもシンガポールを拠点とし、主なアジア市場をターゲットとしているため、同じ特性を持ち、すでに前陣を切っているOmiseの存在は大きなものになるでしょう。

簡単なまとめ表です。ソーシャルネットワーク部門からはsapien、ウォレット部門からはOmisego を抜粋します。

 

 TomoCoin 

 Sapien

 OmiseGo

 

 
 シンボル TMC   SPN  OMG  
プロジェクト  ブロックチェーンプロジェクトのためのインフラストラクチャ構築(アプリ、ウォレット開発、ソーシャルネットワークエコシステム)  分散型の民主化ソーシャルニュースプラットフォーム  デジタルeウォレットによる金融テクノロジー  
 トークン特性  ユーティリティ  エコシステムのユーティリティ(ステーキング機能)  ユーティリティ  
 技術

 Hyperledger

POAアルゴリズム

Masternode構築

Elasticsearch

SDK提供

人工知能AI

 Ethereum

Elasticsearch

 Ethereum

開発者向けのSDK

eWallet

 
 チーム力

 東南アジアターゲット

CEOはNEMの開発に携わった共同設立者のLong氏

NEOと提携

 若くて強いチーム構成力

Steemよりも高い経済性

 東南アジア拠点

イーサリアム創業者のVitalik氏がアドバイザー

SBI SMBCと提携

 
 開発計画  MVP(ウォレット、アプリケーション、テストネット稼働)  ベータ版機能  プロダクトローンチ  
 調達額  3月から開始  1765万ドル(プレセール経過中)  2500万ドル  
 取引所  未定  未定

 Binance

Bittrex

Bitfinex

Kucoin

HitBTC

Huobi

Liqui

 
評価 3.8/5.0(3人の専門家) 4.6/5.0(27人の専門家) 4.2/5.0(2人の専門家)  

Tomoの強みはやはりICOの段階前ですでにMVPが稼働している点であり、開発計画はやや早いです。

チーム力も高く、コミュニティ支持も大きいため、ICOではハードキャップを十分満たせる可能性が高いと思います。

取引所に関しては、トークンセールが三月に終わりますので、それ以降です。

総括

Tomoの視点は複合的なソリューションにもなっているので、一概には比較できませんが、競合的存在が多いのは確かです。

特にターゲット層が近いOmisegoは強力なライバルになりそうですが、Tomoにしかない特性もありますので、期待してます。

トークンセール参加には、POCが必要ですので、こちらの記事を参考にしてください。

【ICO】DAppsのためのブロックチェーンインフラストラクチャTomocoinのProof-of-Caring(POC)に参加します

2018/2/11 12pm GMT+8 シンガポール時間から24時間限定で開かれます。

 

関連リンク

公式サイト:https://www.tomocoin.io/jp

白書:https://goo.gl/BpBQRR

Twitter:https://twitter.com/TomoCoin_io

Facebook:https://www.facebook.com/tomocoin

Telegram:https://t.me/tomocoin

Author

BABbit43

ETHADDRESS

B8c833(last 6 digit code)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here