新たな匿名通貨と言われているTPAYですが、実際の使用や技術的な面は既存通貨に比べて、どうなのでしょうか?

今回はその競合性について見てみます

ビットコイン、イーサリアムとTPAYの違い

Bitcoinネットワークでは、旧式の作業証明書マイニングを使用しており、この古いシステムでは、Proof-of-Workという従来のネットワークマイニングを使用しています。

それにより、報酬は、対象候補ブロックに関係する数学的問題の解を見つけるために、第1者にのみ分配されるため、最終的に適切な解決策が見つかると同時に、ネットワーク全体にアナウンスされます。この鉱夫のみが、プロトコルによって提供されるデジタルトークン賞金を受けとります。したがって、採掘は膨大な数の試行を必要とし、設計によって全体的に本質的に不利です。

Bitcoinは、2009年の発売以来、取引決済ネットワークとして機能するように開発され、設計されました。よく金に似た避難所の資産とも見なされることが多く、デフレと希少です。一方、ライバルネットワークのイーサリアムは、インフレで豊富です。

そのネットワークインフラストラクチャは、分散アプリケーション(DApps)の成長を促進する目的でほぼ完全に推進されています。ETHトークンは、Ethereumプロトコル上で実行されているDAppの資金調達にのみ使用されるように、デジタル通貨として動作するように設計されていませんでした。

一方でTokenPayの安全なSHA-256暗号化ウォレットは、TPAY独自のブロックチェーンと完全に統合された次世代技術を展開します。

TPAYトークンはステークスの証拠として、ウォレットを使用するネットワーク保有者に報酬を分配します。分散型ネットワークは、TPAY所有者のグラフィックスカードによって提供される処理能力を利用して、仮想的に拡大します。この増幅は、TokenPayデスクトップウォレットホルダーによって行われます。

TokenPayは、これまで導入された中で最も安全なコアブロックチェーンテクノロジによって基本的に駆動される、マルチスクリーンの高密度に暗号化されたウォレットを備えています。

そして、TPAYトークンは、財布自体内に保持され、取引されることができる。プラットフォームユーザーは、組み込みのライブエンゲージメントプラットフォームを使用して安全な通信を行います。

実際のTPAYトークンはステーク的な役割を持ちます。これは、TPAY保有者が、ライセンス付きウォレットの1つを単に残しておくために、TPAYコインの毎年5%のボーナスを毎日配分することを意味します。オープンウォレットは、すべてのTPAYホルダーのネットワーク上でグラフィックスカードの膨大な処理能力を活用することにより、エンジンとして機能します。この一連のアクションにより、TPAYは分散型ネットワークを拡大することができ、貴重な処理能力を提供するためにその所有者に親切に報酬を与えます。

このマルチスクリーンデジタルウォレットは、分散型でインセンティブ化されています

TPAYの匿名性の特徴

既存の匿名通過に比べて、TPAYには以下のような特徴があります。

ステルスアドレス
✅リング署名
✅ゼロ知識証明
✅追跡不能
✅リンク不可
✅エンド・ツー・エンドの匿名性
✅安全なチャット
✅Torネットワークの統合

TPAYは、ゼロ知識証明、ステルスアドレス、暗号化されたチャット、完全なTorネットワークインテグレーションと結合された、プロトコルレベルでの秘密リングトランザクションの究極のプライバシーを提供する唯一のコインです。

他のコインはこれらの機能のいくつかを組み合わせていますが、TPAYだけがすべてを単一のプラットフォームに統一している点が特徴的です。

Moneroは印象的なプライバシープロファイルを備えており、これはTPAYにはない特徴です。TPAYユーザーがリアルタイムで暗号化されたチャットを楽しむTorネットワークの統合と組み込みの安全な通信インターフェイスは欠けています。

そして、興味深いのは、Bitcoin自体が、Dashトークンとともに、高度なセキュリティ機能を持たないとされています。

同じく匿名通貨として有名なZCashは広く安全で匿名のコインと見なされていますが、匿名性を真に終わらせることなく結びつくことはできません。

そして、白書には載ってませんが、最近では同じ匿名通貨としてADK,XVGが注目を浴びており、コイン自体の価格も伸びてきています。

XVG

XVGはTor統合は行いません。TorとI2Pは、ユーザーのIPアドレスとデータにアクセスできないように、すべてのネットワークトラフィックを暗号化しますが、バーチャルプライベートネットワーク(VPN)はネットワークトラフィックも暗号化し、VPNプロバイダーが自分のアクティビティーを記録しないようにする必要があります。

Vergeは100%POW(Proof of Work)です。POS(ステーク・オブ・ステーク)システムがコインを最も多く使用するユーザーに利益をもたらす不利な方法だと考えており、それを改善します。

バージコイン(Vergecoin/XVG)に投資しました。

ADK

ADKはチェーンではなくImesh技術に基づきます。I2Pを使用することで匿名性を高めています。ADKの最大の特徴としては将来的に銀行業務と提携しようとしていることです。事実2017年後半期にタンザニアの銀行と提携しました。

AidosKuneen(ADK)とは?匿名性、セキュリティ、送金手数料に長けたIOTAと同じ新たなDAG技術導入通貨誕生。

各通貨ともそれなりのセキュリティと匿名性を兼ね備えており、一概には比較できませんがXMR,DASH,ZECなどは特に2017年に高騰してきており、やや高価な通貨になっています。

  • XMR:約40000円
  • DASH:130000円
  • ZEC:50000-60000円

これら主軸通貨同様またはそれ以上の機能を兼ね備えている可能性があるXVGやADKそして今回のTPAYはまだまだ価値が低く、初期段階で投資できるメリットは大きいと私は考えます。

TPAYの技術特徴

TPAYの技術特徴です。

  • プロトコル:PoSv3
  • ブロック時間:60秒
  • 難易度目標:10分
  • 名目持分利子:毎年5%(Nominal Stake InterestはTPAYコインの保有量に依存する)
  • 最小賭け時間:2時間(最大なし、最小ステークエイジとは、報奨を請求するためにデスクトップウォレットが実行されなければならない最小時間を意味します。 TPAYコインを保有するモバイルウォレットや交換機は、報酬を受け取る資格がないことを覚えておいてください。)
  • P2Pポート:8801(TokenPayのPeer to Peerポートは、ピア間の接続を可能にします。)
  • RPCポート:8800(TokenPayのリモートプロシージャコールポートは、サーバーへの接続を許可することです。)
  • ブロックチェーンエクスプローラ:ウェブサイト(http://explorer.tpay.aiでは誰でも公的な元帳取引を閲覧することができます)

トランザクション仕様

  • 最低料金:0.0001 TPAY(これは、ブロックチェーン上で行われたすべての取引に対して課金される料金ですが、TokenPayが受け取る料金は基本的には燃やされません)
  • 確認:6ブロック
  • 成熟:100ブロック(ブロックチェーン内のブロックを完了するのにかかるトランザクションの数です。)

TPAYはPOSを採用しており、ビットコインベースです。

他の通貨はPOWを採用しており、ほとんどがビットコインベースです。

まとめ

匿名通貨はすでに競合プロジェクトが多く存在し、ADKなど実用化に向けて一歩先に進み出したものもあります。そういう点ではややリスクは必然的に高くなりますし、既存通貨でも良いように感じる方も多いでしょう。

開発はこれからなので、まずはICOでハードキャップ近くを調達達成できるかが重要となるでしょう。12月18日時点では約20億円近くを調達完了しています。まだまだ期間はありますのでハードキャップの70パーセント近くは調達できるのではないかと思います。

トークンセールはこちらから参加できます。

トークンセール参加

TokenPay(トークンペイ)はXVG(Verge)に続けるのか。最もセキュリティとプライバシーに優れた通貨の誕生。

関連リンク

公式サイト:https://goo.gl/fydYHW

白書:https://www.tokenpay.com/whitepaper.pdf

Twitter:https://www.twitter.com/tokenpay

facebook:https://www.facebook.com/tokenpay

telegram:https://t.me/joinchat/GgZih0NrYt2F11oXwQ11Cg