TokenPayの技術特徴とビジネスモデル

0
566 views

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

 

現在トークンセール中のTokenPay はVergeやMoneroに続く匿名通貨になる可能性を秘めたコインとしてやや話題になっています。

今回はその技術とビジネスモデル(プロダクト)中心に見ていきます。

TokenPay とは

匿名性とプライバシーセキュリティに特化した通貨プロジェクトです。

コミュニティが大きいVerge(XVG)がアドバイザーについており、同分野では比較的期待されているICO案件です。

TokenPay(トークンペイ)はXVG(Verge)に続けるのか。最もセキュリティとプライバシーに優れた通貨の誕生。

 

TokenPay の技術特徴

高速かつハッキング不可能なTokenPayマルチ・シグネチャ・トランザクション・エンジン(MTE)

分散型P2Pトランザクションにおける新しいゴールドスタンダードを同社は目指しており、

カスタム構築された2-of-3マルチシグネチャアドレスは、堅牢で独自仕様のTokenPayマルチシグネチャトランザクションエンジン(MTE)に実質的に影響します。

この高度なデジタルプロトコルは、TPAYユーザーを保護し、対応するデータがTPAYブロックチェーンに公開される前に、取引を承認する必要があるためセキュリティが向上します。

多数の仲介業者を使用する従来の決済サービスとは異なり、マルチ署名プラットフォームを使用したユーザー資金の集中管理は存在せず、

参加者は秘密鍵と公開アドレスのペアを生成します。秘密鍵は秘密に保持されますが、ユーザーには公開アドレスが自由に配布されます。

さらに、TOKENPAYは、ハッキングするIMMUNEである枯渇性のある取引システムを持っています

1つの秘密鍵がユーザーのコンピュータにあり、もう1つがモバイル上にあるなどのシステムを有効にすることで、両方の装置からの署名なしでは資金を使うことが不可能になります。

したがって、攻撃者が資金を盗むためには、両方のデバイスにアクセスする必要があります。明らかに、これは単一のデバイスにアクセスするよりもはるかに重要です。

このため、TokenPay MTEは非常に高度なセキュリティプロトコルとみなすことができますが、それらをサポートするマルチ・シグネチャ・アプリケーションやウォレットの中には、抜け目が存在する場合があります。

過去の例でいうと、従来の複数署名の財布が侵害されているという報告があったケースがあります。

これは主にインフラストラクチャの弱体化が適切に維持されていないことが原因で、これにより、主要なセキュリティ上の欠陥が明らかになりました。

そこで、TokenPay では攻撃者に対して、エントリに必要な3つの鍵のうちの2つにアクセスし、鍵を解放するために最終的な所有者を強制するように設計されたソーシャルエンジニアリングを採用することができました。

TokenPayは、最も高度で破られないハッカー防止対策を組み込んだ確実なシステムを備えているため、これらのセキュリティ上の欠陥の影響を受けないとされています。

独自のTokenPayマルチ・シグネチャ・トランザクション・エンジンに関するより詳しい技術情報については、すべてのプラットフォームユーザーが詳細なホワイトペーパー(tokenpay.com/whitepaper.pdf)を読むことをお勧めします。

ペーパーウォレットのコールドストレージシステム

さまざまなTPAYデジタルウォレットは、高度なセキュリティプロトコルの頂点を定義していますが、紙財布のコールドストレージシステムは、最も重視されているデジタルトークンキャッシュであると考えられています。

文字通り、TokenPay ペーパーウォレットは、必須のTPAY秘密鍵を生成するために必要なすべてのデータを含む物理的な文書となります。

これは、ウォレットがマルチウェアにさらされていないため、TPAYを保存する最も安全な方法と考えられ、個人の金庫に保管することができます。

ただし、秘密鍵は、非常に安全なTokenPayサーバー上のユーザーによって生成されますので、秘密鍵の生成中にユーザーはインターネットから切断することをお勧めします。これによりさらに安全性が保たれます。

このようにして、ペーパーウォレットジェネレータは真に自己完結しているとみなされ、キーはオンラインで送信されず、TokenPayは、Webサイト上にあるクライアント側の秘密鍵ジェネレータの整合性を定期的に監査し、検証します。

この新機能と一般的なTPAYコイン技術の詳細については、以下のホワイトペーパーを参照してください。

www.tokenpay.com/whitepaper.p

TokenPayのビジネスモデル

TokenPayビジネスモデルの重要な部分は、マーチャント支払いサービスです。

TokenPayのマーチャントサービス部門は、まもなく世界中の企業にTPAYなどの暗号製品と取引する機会を提供する予定です。これらのすべては、流動性を提供するために私たちの計画された銀行と為替APIを統合することによって可能です。企業は、暗号通貨を法定通貨に変換する柔軟性を備えています。

また、マーチャントの手数料は0.25%と低くなります。 TPAYを受け入れる加盟店は、伝統的なマーチャントサービスのオプションから90%以上を節約し、チャージバック、保留およびリザーブレート、従来のクレジットカードプロセッサーによって課せられたさまざまな制限と奮闘する必要はありません。

低い手数料

ATMへの世界的なアクセス

リアルタイムな交換

マルチ通貨サポート

TPAY購入還元報酬

 

高い需要と急速に成長する市場機会

暗号化されたウォレットのユニークなアクティブユーザーの数は大幅に増加しています。

現時点では、暗号化方式のウォレットを積極的に使用しているユニークユーザーは290万〜580万人と推定されています。

しかし、ケンブリッジ大学の調査では、アクティブウォレットの総数の見積りには、暗号化を保存する実際の財布としての交換アカウントや支払いサービスプロバイダなどのユーザーは含まれていないことが記載されています。

つまり言い換えると、アクティブな暗号化ユーザーの総数は、ユニークなアクティブなウォレットユーザーの見積もりよりもさらに、かなり高い可能性があります。

マーチャントサービスにおけるTokenPayの急速な成長機会としては、最近前バークレイズ・キャピタル・インベストメント・バンカー&ペイメント・エグゼクティブであるSubir氏がアドバイザリー・ボードに追加されたことがあります。

TokenPayは、Subir Lohaniを諮問委員会に追加することにより、APAC金融サービス市場の地位を強化しており、 Subirは以前Barclays Capitalを抱えていた投資銀行家です。

彼は現在、インドネシアの支払い会社PayProのチーフ・グロース・オフィサーであり、2018年に予定されているTokenPayアジア太平洋地域の加盟店サービス展開において不可欠な役割を果たす予定です。

トークンセールは継続中

1743BTCを調達したあり、約28億円程度です。

まもなく50%のボーナスステージが終了し、ICOは1月中まで継続されます。

こちらから参加できます。

トークンセール参加

関連リンク

ウェブサイト:https://goo.gl/fydYHW

白書:https://www.tokenpay.com/whitepaper.pdf

Twitter:https://www.twitter.com/tokenpay

facebook:https://www.facebook.com/tokenpay

telegram:https://t.me/joinchat/GgZih0NrYt2F11oXwQ11Cg

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here