THEKEYとは

THEKEYは、国家ビッグデータとブロックチェーンを使用した地方自治体のアイデンティティ検証ツールです。

THEKEYチームは現在、第2世代のオンライン識別検証技術を開発中です。

詳細については、

TheKEY(TKY)中国産NEOプラットフォーム上のID検証(IDV)プロジェクト

公式サイトwww.thekey.vip

THEKEY電報グループ:https://t.me/THEKEYOFFICIAL

MVPの開発計画に関する発表

投資家の皆様の約束を果たすため、同社は、12月25日にMVP開発計画を発表しています。

スケジュールはこちら

https://medium.com/@thekeyvip/ceo-catherine-announces-release-of-thekey-mvp-development-plan-e0c85ada912f

先に発表したように、当社の製品開発が大幅に進歩したため、2017年12月30日にレビュー用にDMIプロトタイプのコードを公開する予定です。

公開されたコードに関するAMAは、THEKEY Redditチャンネルで、2018年1月4日午後9時に北京時間(1:00 pm 1月4日2018 GMT)午後9時に2時間続く予定です。

AMAのホストは以下です。

  • Catherine Li(会長兼CEO)2017年の中国で最も優秀な女性起業家、そして「今年の上位10人の影響力のある中国女性」でもある
  • Ken Huang(ブロックチェーンとアイデンティティ検証社長)世界的に知られているブロックチェーンとアイデンティティ検証の専門家であるCISSP
  • Guochun Xu(CTO)BDMIのR&Dおよび政府のブロックチェーンプロジェクトの技術的展開を担当する

プロトタイプの内容

THEKEYのモバイル社会保険料を例にとると、DMI(Dynamic Multi Dimension Identification Technology)のプロトタイプは、生成する技術的実現可能性を明確に証明することです。

プロトタイプの技術構成要素

DMIのプロトタイプのコード公開は、主に、技術の6つの要素を実証することである

適用される6つの要素は以下のとおりです。

a)ユニークな人間の顔のデータは、オンラインIDVの基礎となる

b)政府が検証した顔認識データが参照として使用される

c)ユーザーの医療記録は、医療保険代理店の請求処理自動化の要求を満たすために使用さらる

d)IDVの信頼性を保証するために、IDV中に、政府が検証したIDデータと同じユーザの行動データとシーンデータとの間のクロスチェックが常に行われる

e)IDV結果の確実性を保証するために、THEKEYは、IDVが実行された瞬間までに更新されたデータを常に使用して、最新の変更があれば取​​得する

f ) IDVが完了すると、結果は適切に文書化され、医療保険代理店の不正行為、不正行為および廃棄ポリシーの基準に照らして監査される

DMIプロトタイプのビジネスプロセスに関しては、以下を参照

  • 病院のトリガー
  • ヘルスケア保険代理のユーザーを認識する顔認証データ間の比較
  • 政府のIDと行動、状況データ間のクロスチェック
  • 評価データベースに対する直接的なデータ確認
  • 医療関連の記録データの確認
  • 処理の自動化
  • ヘルスケア保険代理における不正防止、詐欺、腐敗に対するデータ管理

BDMIプロトタイプとTheKEY エコシステム

そして、ブロックチェーンベースのBDMIのプロトタイプのコード公開は、THEKEYエコシステムの3つの要素を主に説明するものであり、THEKEYのIDVソリューションと高度に分散したコミュニティのDMIが連携しています。

説明する3つの要素は、以下のとおりです。

a)THEKEYエコシステムの参加者

THEKEYのエコシステム系の参加者には、THEKEYだけでなく、バ​​リデータとしての電気通信会社。ユーザー、および病院、診療所、ドラッグストアなどのサービスプロバイダが含まれる

b)スマート契約

スマート契約は、THEKEYエコシステムで非常に重要な役割を果たします。

  1. PIIが適切に使用され、同時に保護される健全な環境の開発
  2. エコシステムの参加者全員に対する財政的インセンティブ付与の目的に直接役立つ

そして、スマートコントラクトにおけるBDMIプロトタイプのコード公開では、以下の5つの機能を実証する必要があります。

  1. 個人識別可能な情報保護
  2. 国内の機密情報保護
  3. その他の適用される法律および規制への準拠
  4. スマートKYCチェック
  5. スマートな支払い

c)トークンの循環

トークンの流通もコード公開で以下のようにテストされ実証されます。

  1. 病院からTHEKEYへの自動トークン転送。
  2. ユーザーからTHEKEYへの自動トークン転送
  3. THEKEYから他のValへの自動トークン転送

そして、BDMIのビジネスモデルは以下です。DMIと異なるのは4つの点です。

異なる点は

  • THEKEY APIを通したユーザー顔認証によるIDV要求の受け入れとTHEKEY エコシステム系(ヘルスケア保険代理、ユーティリティ会社、病院など)間のスマートコントラクトによるサインオフ
  • KYCポリシーに対するIDV要求
  • CPAの結果は、IDVを開始した病院が医療用請求に対してお金を受け取ることが利用できるように、認証としてブロックチェーンの承認の形で打ち切られる
  • IDVサービスが配達された後にスマートコントラクトが設定される

上記の点です。

BDMIのモジュール構造は以下の通り。

DMIと異なるのは、スマートコントラクト・適合性承認モジュールがある点です。

なぜブロックチェーンによるBDMIなのか

以上のようなBDMI導入の最大の利点は、データの収集、処理、認証のための重複作業の回避のためです。

異なる都市に配備されたDMIシステムは、集中管理されたデータの処理に重点を置いており、主に以下に示す5つのモジュールを含みます。

データ収集モジュール

これはETL技術に基づいており、異なるデータ・リソースから抽出されたデータを統一フォーマットに変換し、中央サイトにアップロードすることができます。既存のデータに基づくIDVは、データ収集、データ処理、分析、データ検証にかかるコストを避けることができます。

データ標準化モジュール

データが収集されたら、適切に使用する前に標準化する必要があります。データ標準化モジュールでは、以下に示すように、2つのサブモジュールが重要です。

1)通信プロトコル標準化モジュール

このモジュールは、異なるデータシステム間で情報をインタラクティブに伝送します。異なるシステム間で情報交換が行われる場合、モジュールは標準化された通信プロトコルによる情報の訪問と交換を実行します。

2)用語標準化モジュール

各業界には独自の用語があり異なる地域で使用されている同じ用語であっても、異なるものを指すことがあります。このモジュールは、この問題を解決し、多様なシナリオでさまざまな目的に役立つデータアプリケーションの基盤を構築するために、オントロジー、NLP(自然言語処理)、AI(人工的干渉)の3つの柱に基づいています。下の表は、このモジュールで用語がどのように標準化されているかを示しています。

プライマリユーザーインデックスモジュール

このモジュールは、すべての個人のすべての関連ファイルを簡単に見つけるために使用できる検索辞書を構築することです。特定の個人のすべてのPIIはID / SSNごとに収集され、モジュールはデータを時間ベースの招待ファイルとして編成します。 invetedファイルでは、データは、プライマリインデックス、セカンダリインデックス、およびチャイルドインデックスを含むツリーとして構成されます。

このモジュールは、IDVのために収集され処理されたデータを、予め定義された異なるレベルのインデックスに分類する。 IDVプロセスがトリガされると、入力データが抽出され、プライマリインデックスの情報と一致する場合に検索されます。情報が一致する場合は、セカンダリインデックスの情報を相互チェックし続けます

データウェアハウスソリューションモジュール

このモジュールは、IDVプロセスがトリガーされると、関連ファイルを簡単に見つけることができるように、すべての個々のファイルがデータウェアハウスに適切に格納されるようにします。データウェアハウス・ソリューションは、データ入力、改訂、統計、検索などの機能も取り入れます。

IDVエンジン

IDVエンジンの主な機能は、上記のように4つのモジュールを含むデータ交換プラットフォームに基づいてIDVサービスをアテステーション形式で完了することです。

IDVプロセスがトリガされると、ユーザによって送信されたバイオメトリックデータは、同じユーザのバイオメトリックデータに対してIDVエンジンによって検証されるが、政府機関によって格納されたデータによって認証されます。初期検証は、他のバリデーターから受信した、指定されたユーザーの最新の動作およびシーン・データを使用して、さらにクロスチェックされます。 IDVエンジンが送信されたバイオメトリックデータの妥当性に満足すると、IDVプロセスは継続し、関連するPIIおよびその他のメタデータは、IDVエンジンによって要求されたとおりに収集され、IDVサービスの結果はアテステーションの形式でリリースされます。それと、同時に、IDVのすべてのステップからの以前のすべての計算の結果は、定期監査のエンジンによって適切に文書化され、個人の信用は評価される仕組みになってます。

まとめ

以上で簡単に説明したMVP開発計画は2018年からです。

既存のIDVソリューションにブロックチェーンを統合することが目的なため、プロダクトは存在する状態です。

なお、トークンセールは2月から開始されます。

こちらからホワイトリスト&KYC登録ができます。

関連リンク

公式サイト://www.thekey.vip/

Telegram group: https://t.me/THEKEYOFFICIAL

Twitter: https://twitter.com/thekeyvip 

Medium: https://medium.com/@thekeyvip