この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

 

THEKEYとは

中国発のICOプロジェクトであるTHEKEY は、IDV、つまり識別認証技術に優れたチームからなり、ブロックチェーンとの統合を目指しています。

TheKEY(TKY)中国産NEOプラットフォーム上のID検証(IDV)プロジェクト

TheKEYプロジェクトのMVP開発計画が発表される

よくある質問集

THEKEYはどのような問題を解決しますか?

THEKEYプロジェクトは現在、BDMI技術を介してインターネット用の第二世代IDVソリューションを開発中です。

BDMIは、「ブロックチェーンベースの動的複数次元識別」技術の略です。そのようなソリューションは、デジタル世界でお互いを識別するための主な要件を完全に反映しています。これは、現実世界からオンライン世界に人々を移行させるための「鍵」です。

BDMIは、その名称として、Dynamic Multi-Dimension Identification(DMI)技術とブロックチェーン技術を相乗的に組み合わせています。

インターネット上で開発され、適用されている既存のIDV技術から生成された結果は、拒否され変更される可能性がありますが、

ブロックチェーンは、非対称暗号アルゴリズムを使用して、データ伝送および安全性を確保できます。

特に、スマートコントラクトはプログラム可能なスクリプトによって実現され、ブロックチェーンの実用性を向上させます。これらの機能により、アイデンティティ検証技術のアプリケーションのジレンマが克服されます。 BDMIから生成された結果は否定できず、変更できません。

プロジェクトチームはどのような経験を持っていますか?

THEKEYチームは、IDV、ブロックチェーン技術、研究開発、マーケティング、データモデリングなどの専門家と専門家で構成されています。

このチームは、2015年以来、Hyperledger社とのコンソーシアムブロックチェーンの業界ソリューション設計とPOCに取り組み、プロジェクト。ブロックチェーン技術を使って政府のデータを企業で使用することは非常に経験があります。

THEKEYの設立者兼CEO、Catherine(Xueli)Li、今年の中国で最も優れた女性起業家(中華人民共和国女性連盟、2017年)

動的多次元識別技術の創始者。彼女は最初にDMIにブロックチェーンを導入し、ブロックチェーンの業界適用を深く理解しています

ケン・フアン(Chief Blockchain)とTHEKEYのIDV科学者は、国際的なブロックチェーンとアイデンティティ検証の専門家であるCISSPです。 CGIフェデラル・アイデンティティ管理プラクティスの創設者、サイバー・セキュリティ・コンピテンス・センターなどがあります。

これまでのチームの成果を教えてください

チームの主な成果は以下の通りです:

23件の著作権が取得され、15件の特許がSIPO(P.R.Cの国家知的財産事務所)によって承認され、アテステーションプロセスが開始されました。

THEKEYの第1世代IDVソリューションは、現在、人々が年金の支払いや医療保険の払い戻しを受けることができる2つのパイロット都市で、モバイル社会保険料の支払いに使用されています。

IDVソリューションは現在、1億3,000万人を超える41の都市に展開されています。
関連する政府機関によって認証された66都市の2億1,100万人の個人識別データがリアルタイムで接続されています。これはIDVの強固な基盤を構成します。

世界をリードする企業との商用契約とIDV製品のビジネスモデルはすでに部分的に証明されています。

THEKEYの開発計画は何ですか?

白書に示されているように、BDMIはDMIとブロックチェーン技術の統合に相当します。

BDMIはまだ開発されておらず、DMIは開発されており、政府、銀行、保険会社によって広く受け入れられている。同社の立場は今ロードマップに固執することであり、 BDMIは2018年6月までに開発され、テストされ、2018年から2019年の間に製品が準備されます。そして、2020年にBDMIが実現され、世界中に展開されます。

THEKEYプロジェクトチームはBlockchainにDMIテクノロジを組み合わせることで、次のことが実現できるようにしています。

個々のユーザーはPII情報を完全に管理し、各業界のKYC標準をスマート契約の一部として追跡する必要があり、IDV要求を処理する。

PII関連のデータ収集および使用のすべての記録は、今後の監査のためにブロックチェーンに保存され、誤用を避けるために使用されます。

IDV結果が変更されず、壊滅的な内訳が発生しないようにするため、現在、さまざまな組織の中央サーバーに保存されている関連データは、それに対応してIDデータブロックで索引付けされ、 Blockchainのストレージサイズの制限のため、代替オプションとして、PKEデータをTHEKEYエコシステムのValidatorのETLデータベースに保存し、基礎となるデータのハッシュ値をBlockchainに保存することもできます。

BDMIフレームワークは、以下に示すように、プロトコル、インタフェース、アプリケーションという3つの異なるレイヤーに分けることができます。

プロトコルレイヤーは、ETH、EOS、NEOなどのBDMI技術選択に適用可能なブロックチェーンに基づいて設定されます。このレイヤーは、安全レベル、データ権限、並行処理およびフロー処理を設定します。インタフェース層は、プロトコル層をアプリケーションと接続し、データ標準化、不正防止モデリングおよびスマートコントラクトトリガなどを実現するための識別データモデリングを提供する。アプリケーション層は、識別および使用が可能なシナリオを実現する。 (ソフトウェア開発キット)を提供しなければならない。

シビックのようなブロックチェーンプロジェクトとの比較は?

IDV業界の他の企業と比較して、IDVをブロックチェーンに適用しているBDMIには、次の3つの利点があります。

より信頼性の高い結果

サポートデータはリアルタイムで収集され、包括的で正確で信頼性があります。データは、政府機関または他の公共機関によって事前に検証されています。

低コスト

既存のデータソースをフルに活用し、データの収集、処理、認証のための重複作業の回避により削減されます。

ユーザーエクスペリエンスの向上

個々のユーザーがアプリケーションをインストールしたり、情報をアップロードしたりする必要はありません。

IDVのブロックチェーンプロジェクトであるTHEKEYとCivic を比較してみた

 なぜNEOプラットフォームを利用するのか?

NEOはTHEKEYに技術サポートを提供します。

NEOが提唱するスマートな経済は、デジタル資産、スマート契約、デジタルアイデンティティ(生態系全体)から構成されています。

デジタルアイデンティティは、NEOスマート経済の不可欠な要素であり、THEKEYはこの考え方を共有し、NEOと一緒にデジタルアイデンティティシステムを共同で構築するために、NEOエコシステムのデジタルアイデンティティアプリケーションを提供するという意図があります。

また、将来NEOにデジタルアイデンティティアプリケーションを提供することもできます。

TKYトークンのメリットは?

THEKEYエコシステムは、分散型の自治コミュニティであり、参加者(検証者、サービスプロバイダ、個人ユーザー)のスマートコントラクトとTKYトークンの3つのコンポーネントで構成されます。

THEKEYトークン(「TKYトークン」)は、エコシステムの主要コンポーネントとして、THEKEYエコシステムの参加者間で締結されたスマート契約を解決する唯一の方法です。人生のあらゆる側面は、セキュリティチェック、アクセス許可、医療、ショッピングなどの身元確認が必要なので、TKYトークンの有用性は非常に高くなります。

TKYトークンの流通方法は?

次世代のIDVソリューションの開発とTHEKEYエコシステムの拡張を促進するために、TKYトークンが導入され、流通に利用可能になっています。

流通計画には事前流通段階と民間流通段階があり、トークンセールでトークンを持つことができます。

2018年2月までにTKY配布(ICO)を開催する予定です。

登録とKYCはこちらからからできます。

 

まとめ

THEKEY プロジェクトの簡単な質問でしたが、競合プロジェクトに比べて、既存のIDVソリューションが実用化されている点(著作権や特許取得済み)は非常にメリットが大きいと考えられます。

同分野では、2018年に期待されているCivicとの異なる点もまたまたいと思います。

Thanks 関連リンク

Website: https://www.thekey.vip
Telegram group: https://t.me/THEKEYOFFICIAL
Twitter: https://twitter.com/thekeyvip
Medium: https://medium.com/@thekeyvip
Facebook: https://www.facebook.com/TheKey-1439094662870680

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here