TheKEY(TKY)中国産NEOプラットフォーム上のID検証(IDV)プロジェクト

0
1,045 views

 

NEOプラットフォームベースのICOであるTheKEYプロジェクトは、中国産のブロックチェーンによるID認証ツールプロジェクトです。

TheKEYとは

THEKEYプロジェクトチームは現在、政府当局のみが認める個人識別情報(PII)を使用して、ブロックチェーンベースの動的多次元識別(BDMI)を使用したID検証ツールを開発中です。

THEKEYは、国家ビッグデータとブロックチェーンを使用した地方自治体のアイデンティティ検証ツールです。

 

問題点とソリューション

現実の世界からオンラインの世界へのサービスと社交の変化がますます増していくにつれ、お互いをデジタルで識別することが重要なテーマになっています。

アイデンティティ検証(IDV)技術の開発は、デジタル経済に重大な影響を及ぼす最も重要なトレンドの1つです。しかし、既存のオンラインIDV技術は、2つの基本的な要件に対処していません。オンラインIDVから生成される結果は、否定できない変更不可能なものでなければなりません。

第2世代のIDVツールを開発する

THEKEYプロジェクトは現在、BDMI技術を介してインターネット用の第二世代IDVソリューションを開発中です。

BDMIは、「ブロックチェーンベースの動的複数次元識別」技術の略です。そのようなソリューションは、デジタル世界でお互いを識別するための主な要件を完全に反映しています。これは、現実世界からオンライン世界に人々を移行させるための「鍵」となります。

BDMIは、その名称として、Dynamic Multi-Dimension Identification(DMI)技術とブロックチェーン技術を相乗的に組み合わせています。 DMIはすでに開発段階を経ており、BDKEの成功を保証するための非常に確かな基礎作業を行っているTHEKEYの既存の第1世代のIDVソリューションに現在適用されています。

政府のPIIおよびブロックチェーン技術を活用することにより、IDVから生成された結果が拒否されたり改ざんされたりすることなく、既存の他のIDV製品と比較して3つの利点があります。

より信頼性の高いデータ

サポートデータはリアルタイムで収集され、包括的で正確で信頼性があります。データは、政府機関または他の公共機関によって事前に検証されています。

より低いコスト

既存のデータソースをフル活用し、データの収集、処理、認証のための重複作業を回避することでコスト削減します。

ユーザーエクスペリエンスの向上

個々のユーザーがアプリケーションをインストールしたり、情報をアップロードしたりする必要はありません。

TheKEYのビジネスモデルと展望

モバイルペイメントが盛んになるにつれて、アイデンティティ検証の必要性がますます高まっています。

ケース1:保険

ブロックチェーンは、個人のライフサイクルの医療記録、財産情報、さらには両親の医療記録を記録することができます。個人の認可では、保険契約締結、保険引受、保険請求の迅速な決済まで、個人が一人で健康保険サービスを完了することができます。プロセス全体のセルフサービスおよび個人の健康データにより、保険料は大幅に削減されます。反対に、個人の医療データを共有していない被保険者にとって、保険料は増加します。

ケース2:マイクロトランザクション

モバイルや銀行カードでの支払いは十分安全ではありません。そのため、将来的には、支払いの安全性は、顔認証、指紋、指静脈および虹彩による識別などの生体認証および個人行動識別に大きく依存することになると考えられています。

ケース3:個人データの商品化

個人情報は、もはやデータセンター(当局、病院、銀行、Alipayなど)に属することなく、個人認証では、個人データはブロックチェーンに格納され、スマートコントラクトと非対称暗号化システムを介して取引することができます。

すべての利害関係者(保険会社、銀行、医療機関、自動車業界、不動産業界など)は、ブロックチェーンを通じて関心のある個人データを購入することができます。

 THEKEYは、以上のようなさまざまなシナリオでブロックチェーンに基づいて信頼性が高く、効率的なIDVソリューションを提供することで、ビジネス構造を変え、大きなビッグデータを生み出します。

TheKEYの展望

個人識別情報(PII)の応用と開発に焦点を当てた専門家チームであるTHEKEYは、プロジェクトの技術的および商業的テストの完了を発表しました。

チームは、業界間の大きなデータを統合するための基本となり、将来の人工知能(AI)、機械学習、ニューラルネットワークの重要なサポートとなると考えています。

スマート契約とは、特定の条件が満たされたときにコンピュータシステム上で自動的に実行できる契約のことです。

THEKEYプロジェクトの展望の1つは、このスマートコントラクトを通じて統合されたネットワーク環境でのデータトランザクションを管理し、政府、医療機関などの組織が機密情報を共有できる透明で安全な組織間ネットワークを構築することです。

これにより、ユーザーは個人データ資産を利用するのに役立ちます。個人の認可を通じて、個人は医療機関、製薬会社、保険会社と個人データを共有することで利益を得ることができますが、これらの機関は個人データに基づいてより質の高い正確な医療サービスを提供できます。

THEKEYプロジェクトは、ブロックチェーンベースのDynamic Multi-Dimension Identification(BDMI)をコアとして、独自のデジタルIDとそれに対応する公開鍵と秘密鍵をユーザに提供します。その後、ブロックチェーン上のローカル・ノードは、データの非感作およびデータ階層ルールに従ってPIIを抽出します。

機密データは暗号化され、減感したデータはサーバーに送信され、ブロックチェーンに記録されます。

製薬会社と保険会社がTHEKEYシステムを通じて要求を送信した後、ユーザーは自分の個人データに関する長期または一時的な許可を実行し、システムはスマート契約をトリガーして実装し、スマート契約します。

THEKEYチームは、長年にわたる人材や社会保障、医療業界での経験を活かして、ブロックチェーンのエコシステム系に全く新しいイメージをもたらすオンラインアイデンティティ検証ソリューションを開発してます。

(これは、THEKEYプロジェクトのスマート契約に人事・社会保障(HRSS)データが適用されるシナリオです)

TheKEYのメリット

アイデンティティ検証に関連する20以上のブロックチェーンベースのプロジェクトがあります。 

競合プロジェクトを意識する上で欠かせない要素はどこでしょうか?

  • どのように製品が競合他社と比較して機能するか
  • 独自の利点を生かした独自のテクノロジーを使用しているか
  • 最終製品なのか、それとも単なるプロトタイプなのか 

ざっとこれだけの重要要素があります。

注目すべき製品の存在-第一世代IDVソリューション

THEKEYは23の著作権と15の特許を持ち、2都市でテストされており、明確な勝者として、ラインナップの最前線に立っています。

THEKEYは、既存の2億1,100万人の政府データを利用できる唯一の製品です。データ収集とデータ処理にかなりの時間と労力を要しません。手元に膨大な量のデータがあるため、THEKEYは他のソリューションと比較してより信頼性の高い結果を生成することができます。

さらに、ユーザーは便利なユーザーエクスペリエンスを確保するために、アプリケーションをインストールしたり、そのテクノロジーを使用するためにデータをアップロードする必要はありません。

プロジェクトチームの背景

IDVシステムから生成された結果は変更不可能であり、チームは、個々のビッグデータの処理および開発に関する20年以上の経験を取り入れています。

現在、THEKEYは、関係当局によって認証された66都市の2億1,000万人の個人識別データをリアルタイムで接続しています。

チームは既に23件の関連する著作権を取得しており、15件の特許はSIPO(P.R.Cの知的財産局)によって承認され、アテステーションのプロセスを開始しています。

また、2017年に中国全国女性連盟(All-China Women’s Federation)が中国で最も優秀な女性起業家として、Catherine Li(THEKEYの創設者兼CEO)を、「The Year of Infinential China Women of the Year」に選出しました。

この選択は、社会や国家に大きな貢献をした中国女性キャラクターの間で行われ、それぞれの業界で優れた業績を上げているか、中国外の影響力のあるメディアに注目され、大きな社会的影響をもたらしました。

過去数年に選ばれた人物には以下のものがあります:

  • WU Yi:前中華人民共和国副首相
  • TU Youyou:2015年12月、ストックホルムの医学のノーベル賞受賞者
  • LANG Ping:1984年オリンピック女子バレーボールのMVP、米国女子全国バレーボールチームの元ヘッドコーチ

強力なパートナーシップと事前販売の実績

一般的に、強力なプレイヤーパートナーシップと堅調な前売り成績は、成功したプロジェクトの良い指標となり得ます。

当初の調達要件は約2200万米ドルであり、プライベートセールとプレセールでは開始したときには同額の4,600 BTCでした。

しかし、TKY 配布を正式に開始して以来、過去数週間でBTCは60%(US $ 5,000から8,000まで)に上昇しました。

したがって、オリジナルの流通計画を守り、BTC価値の上昇傾向とともに、現段階で実際にハードキャップを満たしており、必要以上に資金を調達する結果となっています。

パートナーとしては、DMIの商業化により、ますます世界をリードする企業が既にパートナーシップ関係を確立しており、そのうちいくつかは公表されてます。

さらに、THEKEYはNEOエコシステム上で開発されています。後で開発される公開チェーンは、NeoContractシステムに組み込まれます。

THEKEYプロジェクトは、ネオ生態系の構築に貢献します。同時に、THEKEYはNEOの強固なインフラストラクチャを直接活用することができます。

高い第三者評価

CryptoBriefingはTHEKEYに関するレポートを書いており、素晴らしい91%の評価を与えています。

ここで彼らのレポートをチェックしてください:
https://cryptobriefing.com/thekey-ico-review-tky-token-analysis/

THEKEY ICOのCRYPTOBRIEFING評価

THEKEY ICOは、あらゆる点で恒例のプロジェクトです。チームはそれぞれの分野で実績を証明しており、既に重要なマイルストーンを達成しています。いくつかの中国最大の企業と政府とのパートナーシップは、さまざまな市場でプロジェクトの可能性の範囲をさらに広げる役割を果たす。このプロジェクトからこれまでに見てきたことはすべて、THEKEYICOに大きな賭けをすることに決めました。

ICObenchでも高い評価です。

中国人気が高いNEOプラットフォームである

プロジェクトチームは中国であり、NEOも初期投資家、パートナーについています。

THEKEYはNEOエコシステム系で最も人気のあるプロジェクトとして選出され、440票を得ています。これは第2位よりも176票高いです。

 

現時点では取引所のアナウンスはまだありませんが、

あくまで私個人の予測ですが、中国Binance取引所に上場する可能性も少なからず、あると思いますし期待値は高いと思われます。

Binance(バイナンス)中国暗号通貨取引所とは?登録から上場予定アルトコイン一覧.

ロードマップ

IDVソリューションの中核技術であるBDMIのMVP(Minimum Viable Product)の開発に大きく前進しており、テストネットとMVPは、2018年12月のメインネットの立ち上げとともに、2018年第2四半期に稼働することが期待されます。

2017年12月31日には、トークンセール前の評価として、GithubのIDVソリューションのプロトタイプコードを公開します。

TKYトークンについて

THEKEYのToken Generation Event(TGE)の究極の目的は、THEKEYの質の高い、時間通りの実装のための十分な資金調達支援を行うことです。

  • プレセール期間:2017-11-01 – 2018-01-15(終了)
  • トークンセール:2018-2-01-2018-02-28
  • シンボル: TKY
  • 価格: 1 BTC = 1,000,000TKY
  • プラットフォーム: NEO
  • 受け入れ: NEO
  • ハードキャップ:22,000,000 USD
  • 国:中国
  • 制限地域: USA, Singapore, Chinese

BTCに対するTKYの価格は同じで、1BTC = 1,000,000 TKYです。

BTC高騰により、既にプライベートセールでハードキャップを満たしたため、ハードキャップの調整が必要です。

当社の物流計画のBTCの総額は、固定台数4,600 BTCからBTC相当の22百万米ドルに変更されました。

提供割合は変更されず、TKYの総供給量の51%です。しかし、ハードキャップ(BTCは2200万USD相当)を成功裏に打つと、​​THEKEYはすぐに配布活動をすべて終了します。

総供給量の51%のうち未分配のTKYは、生態系報酬基金とプロジェクト準備資金に配分され、
配布されていないTKYがまだ残っている場合は、2月1日午後9時(GMT 1:00)に配布が開始されます。 

トークンセール参加方法

プレセールは終了してますので2月からのトークンセールに参加できます。プレセールで70パーセントのハードキャップを満たしているため、2月のトークンセールはおそらく即売するでしょう。

こちらからホワイトリスト登録とKYC参加ができます。

TKYトークン購入

ユーザー名、メールアドレスを入力して、Creat new accountをクリックします。

メールアドレスを確認しましたら、ログインします

パスワードを設定します。

続いて、KYCを行います。

個人情報と、必要書類、そしてNEOウォレットが必要なことに注意してください。

NEOウォレットをお持ちでない方

NEON WALLET作成

Crest a new walletをクリックします。

パスフレーズを自分で決めて、作成します。

こちらの画面で、パブリックアドレスと、プライベートキーが取得されますので、大切に保管します。パソコン上ではなく、ペーパー印刷保存することを推奨します。

続いてログインします。

ウォレットアドレスが表示されますので、こちらをコピーしてKYC画面で入力します。

完了したら、提出してトークンセールを待つのみです。

リフォラルプログラム

紹介リンクを踏んでKYCを通過したユーザーごとに20TKCがもらえます。

さらに登録したユーザーのBTC寄付数に応じて0.5-3%のボーナスが貰えます。さほど高くはありませんが、参加しておくと良いでしょう。

こちらから参加できます。

まとめ

今回のICOは中国発であり、NEOプラットフォームを利用した貴重なICOです。

テーマは競合プロジェクトも多いですが、十分張り合える、またはそれ以上の力があるチームであると思いますし、何より中国産通貨なので、中国の大手取引所に上場される可能性もあります。

プレセール、トークンセールでの供給量的に見ても、バランスはよく短期的な値上がりもあるかなと思います。

関連リンク

Website: https://www.thekey.vip
Telegram group: https://t.me/THEKEYOFFICIAL
Twitter: https://twitter.com/thekeyvip
Medium: https://medium.com/@thekeyvip
Facebook: https://www.facebook.com/TheKey-1439094662870680

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here