この記事を読むのに必要な時間は約 27 分です。

 

The Abyssとは

The Abyssは、ゲーマーや開発者がマルチレベルの紹介プログラムやその他の活動から利益を得ることができるAAAタイトルなど、あらゆるタイプのビデオゲーム(Free2play MMOと暗号ゲームを最優先事項とする)を提供する次世代のデジタル配信プラットフォームです。

業界の問題点とソリューション

非効率性と高いコスト

さまざまな流通プラットフォームとコンテンツプラットフォーム、ゲームとゲーマー、ディストリビューターと広告主の間の接続が不足していることです。

実際、多くの場合、ビデオゲームビジネスは、物理的な経済の方法だけを使って相互作用しておりこのアプローチには問題はありませんが、間違いなく改善の余地があるとされています。

今後数年間、E-Sports、新興のAR / VRゲーム、ビデオゲームのコンテンツは、業界全体の収益の全体的な内訳においてはるかに目立つようになっていきます。

 2017年、ビデオゲーム業界の年間収入は1000億ドルを超え、2020年には60-80%の増加が見込まれています。

しかし、激しい競争と通信路の非効率性のおかげで、あなたのゲームを促進するためのコストは非常に高くなります。

断片化していたり、結果を測定するのが難しいなどの問題もあります。

とくにストリーミングゲームプレイは、ゲーム開発者にとってツイッターやフェイスブック、YouTubeなど間接的な広告効果がありますが、測定することはほとんど不可能です。

法的な問題点

デジタル資産を使用することにおいて開発者が直面しているいくつかの問題点とは別に、オンライン電子商取引での主な障害としては、競争が激しい他に、政府/法的影響もあります。

前者を扱うのはあなた次第ですが、後者は我々にはコントロールできません。業界は、純粋に仮想的な性質が現実の生活、経済、法律のハードルに直面したとき、大きな問題に直面することになります。

しかし、多くの面で良いオンライン世界は現実よりも効果的であり、多くのことがオンラインで楽になることは明らかであり、

同プロジェクトは、単一のゲームだけでなく、デジタル通貨のアイデアを使用してビデオゲーム業界自体の大部分を改善するというソリューションを提供しています。

The Abyssプロジェクト

The Abyss は
ゲーム市場の次世代プラットホームを目指しています。

MMOゲームが集中しているゲームポータルで、プレーヤーと開発者のためのモチベーションプログラムに主眼を置いており、

ABYSSトークンは、プラットフォーム(EthereumブロックチェーンのプロトコルERC20)上での対話のための優先的な内部メカニズムです。

このゲームプラットフォームは、デスクトップ(Windows、MacOS、Linux)、モバイル(iOSとAndroid)、Web用に提供される予定です。

プロジェクトの主な特徴としては、次です。

マルチレベル紹介プログラムによる収益の増加

開発者が持ち込んだ強力なマルチレベル紹介プログラムは、プラットフォーム上の他のゲームのすべての支払いと成果から収入(ABYSSトークンで支払われる)を開発者に提供します。

招待したユーザーのプラットフォーム手数料を得る

類似の紹介システムは、プレイヤーが支払だけでなくプラットフォーム上での活動(成果、コンテンツの作成、友人を連れて来るための収入など)に対してABYSS トークンの形で支払われます。

このシステムは、アフィリエイトマーケティングの原則を利用しています。ユーザーにプラットフォームを初めて導入するプレイヤーや開発者によって最大の収入が得られます。このシステムは、ゲーム空間内のどのユーザよりも効果的にユーザを招待し、保持するよう指向されている。

最初のチェックのための低い入力閾値

すべてのオペレーションが金額とプラットフォームのABYSSトークンで実行できるデュアル通貨オプションです。

トークンによる利便性

トークンは、手動および自動の両方の暗号化アカウントに転送できます。 

マーケティング費用の節約

広告提供の内部システム(ABYSSトークンに基づく)は、トラフィックを他の開発者と交換し、関連するユーザーのみを受け渡します。

Abyssはゲーミングサービスです。計画されたシンジケートシステム(Masternodes)により、プラットフォームのユーザーは、参加者のための収入源(ABYSSトークンで支払われる)になるコミュニティに編成できます。

これは、トークンのボラティリティを制御する方法の1つです。

技術特徴-DAICO

今月初め、Ethereumブロックチェーンの創設者であるVitalik Buterinは、地方自治団体(DAO)のメリットの一部を統合してICOコンセプトをアップグレードすることを提案しました。

DAICOと名づけられたこの新しいアイデアは、世論調査制度を導入し、プロジェクトの貢献者を投票プロセスに参加させることで、ICOをより安全にすることを目指した、革新的な資金調達モデルです。

Abyss Token Saleは、先進的で改良されたICOメカニズムを表し、寄付者が資金の撤回をコントロールできるようにするとともに、プロジェクトを停止し、チームがそれを実装できない場合に寄付された資金を払い戻すオプションも提供します。

このすべてで、The AbyssプロジェクトはDAICOのコンセプトを先駆けて推進している世界初のトークンセールになるというプロジェクトです。

DAICOは、初期のICOコンセプトをアップグレードしてより透明かつ安全にすることを目的とした地方自治体(DAO)の利点の一部を統合する、革新的な資金調達モデル(Ethereum、Vitalik Buterinの創始者によって提案された)です。

以下は、DAOの利点のいくつかを統合して、複雑さとリスクを最小限に抑える方法でICOモデルを改善するためのアイデアを簡単に説明したものです。

DAICOとは?

アイデアは次のとおりです。

DAICO契約は、プロジェクトの資金調達を希望する単一の開発チームによって発行されます。 DAICO契約は、 “貢献モード”から開始され、誰でもETHを契約に寄付し、交換でトークンを得る仕組みを指定します。これは、キャップ付き販売、キャップなし販売、オランダオークション、インタラクティブコイン、KYCの動的1人当たりの販売、またはチームが選択する他のどのような仕組みであっても構いません。寄付期間が終了すると、ETH寄付の能力が停止し、最初のトークン残高が設定されます。そこからトークンがトレード可能になる可能性があります。

投稿期間の後、契約には1つの主要な状態変数tap(単位:wei / sec)があり、ゼロに初期化されます。タップは、開発チームが契約から取り出せる1秒あたりの金額を決定します。これは次のように実装できます。

タップ:num(wei / sec)
lastWithdrawn:timestamp#これを投稿期間の終了時刻に必ず初期化してください

また、トークン所有者が決議に投票できる仕組みもあります。解像度には2種類あります。

タップを上げる:
契約を永久に自己破棄する(または、より正確には、契約を引き出しモードにして、残りのすべてのETHをトークン所有者が比例的に引き出すことができる)
いずれの議決でも、何らかの種類の多数決が定足数(例:はい – なし – 6> 0)で通過できます。投票でタップを下げることはできません。所有者は自発的にタップを下げることができますが、一方的にタップを上げることはできません。

その意図は、開発チームに合理的であまりにも高くない月次予算を与えることによって有権者が開始し、チームが既存の予算で競争力を発揮できる能力を発揮していることを証明することです。有権者が開発チームの進捗状況に非常に不満を持っていれば、DAICOを完全に閉鎖し、資金を返済することができます。

ゲーム理論上のセキュリティを高める

投票には51%の攻撃、賄賂攻撃、その他のゲーム理論上の脆弱性があり、ICOはチームが無責任であるか、単純な詐欺にさらされるリスクがあります。しかし、DAICOでは、これらのリスクは最小限に抑えられ、開発者と投票者の両方に損害を与えて実際の損害を引き起こすことを要求しています。

51%の攻撃は悪意を持ってタップを上げる – 正直な開発者は再びタップを下げることができ、余分な資金を要求することはできない

バリエーション

タップをusd / sec単位で指定し、価格フィードを使用する
ETHの代わりにDAIを資金調達通貨として使用する

やや専門的で難しいですが、往来の資金調達よりも、セキュリティと公平性を高めることができる可能性があります。

そして、Abyssのモデルは以下です。

Abyssチームは、トークンセールの完了後にプラットフォームの開発プロセスをサポートするために必要な資金限度額(tap = wei / sec)を定義します。これは、スマート契約から一定期間(たとえば1か月あたり)受け取ることができる最大額を意味します。

タップのサイズを大きくする必要がある場合(またはプロジェクトの目的でオーバーヘッドバッファーが必要な場合)、ポーリングが開始されます。

つまり、Ethereumウォレットのトークンを持つ貢献者(N≠0の場合N)は、これらの余分な資金を私たちに提供するか否かに投票することができます。

システムの乱用を防ぐために、タップを増やすことができる時間は限られていますが、タップを14日に1回よりも頻繁に増やすことはできません。

The Abyssチームのみが、タップ/オーバーヘッドバッファ調査を開始する権利を持ち、プロジェクトの投稿者のみが議決権を付与されます。

スマート契約で保証されている場合、同社および予備のトークンは参加資格がありません。世論調査では、賭博証明アルゴリズムを利用しますが、取引所が参加できないようにするには、Ethereum財布の投票の重みは一定のトークン(つまりTotalTokensSupplyから0.1%以下)で制限されます。

投票プロセス中の不正行為(1人の投票者から別の投票者にトークンが移されるとき)をなくすために、取引が完了した後、更新された残高に従って投票を再評価します。

寄稿者には、新しい投票の日時が正式に通知されます。投票が終了した後で投票は受け入れられません(VoteStartTime≤block.timestamp≤VoteEndTime)。

そして、投票結果(YesVoteTokens> NoVoteTokens、またはその逆)がすべての参加者に表示されます。

仲裁人Oraclesの存在

 Oracles(指定産業指導者)が仲裁人として働いています。

トークンセール(DAICO)の開始前に、仲裁人のチーム、またはOracles(業界の専門家)を紹介し、関連分野で高い評価を得ています。

Abyssチームが不満足なパフォーマンスを示してプロジェクトが終了すると、スマートコントラクトは、チームトークンとリザーブトークンを同時にブロックまたは焼き込めて、withdrawalモードに切り替わります。
プロジェクトがシャットダウンされた場合、残りのトークンは、次の式で計算されたレートで寄稿者に返されます。

DAICOの可能性

DAICOは偽のICOを不可能にする優れた選択肢であるとプロジェクトチームは確信しています。しかし、それは新しい仕組みであり、柔軟性、透明性、安全性を維持しながら、それをさらに強化する方法があります。

このDAICOモデルのオラクルと排他的な投票ルールは、効率的かつ確実に仕事をしますが、まださらなる改善について考えており、議論の余地があると考えられています。

チームは現在、トークンセール(DAICO)の開始前に公開する予定のプロジェクトの新しいスマート契約を開発中であり、スマート契約は、いくつかの評判の良い独立機関(それらの中の新しい錬金術)によって監査されます。

The Abyssは、他のプラットフォーム(Steam、Origin、GOGなど)とは違って、画期的なモチベーションとマルチレベル紹介システムを備えているため、ゲーマーはゲーム内や社会活動やその他のゲーマーの支払いを得ることができます。

The Abyssに参加することで、開発者はマーケティング費用を削減し、プラットフォーム上の他のゲームで紹介された支払いから余分な収入を得ることができます。

The Abyssのメリット

参入市場の規模

ビデオゲーム業界とマルチプレイヤー・オンライン(MMO)ゲーム市場の両方の成長率が高いことは、プロジェクトの打ち上げと開発の成功に貢献する可能性があります。

毎年、ビデオゲーム業界は新しい記録を設定しています。 Newzoo社のアナリストによると、ビデオゲーム市場の研究に従事している現在、世界で2.2億人のアクティブなゲーマーがおり、47%(1億人のプレーヤー)が定期的にコストを負っています。

2017年のゲーマーの支出は、2016年に比べて7.8%増の108.9億米ドルになると予想されています。以下は、2020年までの予測で市場成長のグラフです。

したがって、予測によると、2020年までにビデオゲーム市場の規模は1285億ドルになり、年平均成長率は6.2%になるでしょう。

使用済みデバイスのマーケットセグメンテーションを実施した後、専門家は次の統計を提供します。

専門家によると、MMOゲームの世界市場は2016年に269億ドルであり、2022年までに予測期間中に8.69%のCAGRで44.6億ドルの規模に達することができます。オンラインマルチプレイヤープロジェクトの収益からの収益は急速に拡大します。

プロジェクトチーム力

The Abyssの強力なアドバイザーチームにご注目ください。多くのスペシャリストは、ゲーム業界やゲームプロジェクトの開発に豊富な経験を持っています。

60以上の人々(Destiny.Gamesチームのメンバー)がThe Abyssプロジェクトの作成に携わっています。

リードポジションは以下によって占められます:

KONSTANTIN BOYKO-ROMANOVSKY-創立者

ゲーム業界における17年以上の経験を持つ、Destiny.Gamesビデオゲーム会社の創設者であり成功したブロックチェーンの投資家、暗号侵害の専門家、そしてテクノロジーのエンタープライズです。

VLADIMIR KUROCHKIN –

ゲーム業界で12年以上の経験を持ち、プロジェクトの開発と管理に多大な経験を持っています。 

教育:ロシア連邦大統領(RANEPA)の下で国家経済と公共サービスのロシアアカデミー、

ARTEM VEREMEENKO – エグゼクティブプロデューサー

エグゼクティブプロデューサー、トップのゲームデザイナー、そしてゲーム業界で14年以上の経験を持つ脚本家。 F2P Botvaオンラインゲームの作者。彼は創業時の2008年からDestiny.Gamesで働いています。

教育: “MAI”モスクワ航空協会2000-2004

VLADIMIR MARTYNOV – チーフテクニカルオフィサー

1987年以来のプログラマー、1993年以来のUnixシステム管理者です。高負荷プロジェクトでは17年以上の経験を持ち、ゲーム開発業界では最高技術責任者(CTO)として14年間働いています。

ALEXEY KOBELEV – 技術者、Blockchainエンジニア

ソフトウェア開発における14年以上の経験彼はフルサイクルプロジェクトのバックエンド開発を専門としています。 Alexeyは、開発チームの管理、プロセスの整理、最初からのプロジェクトの構築に豊富な経験を持っています。

パートナーとしては、プロジェクトは現在、VPartnershipマーケティングチームによって相談されています。また、創設者たちによると、Wachsman PRとの協力についての交渉が行われています。

既存のプラットフォームの存在

Abyssプラットフォームは、2008年に設立されたDestiny.Games社によって開発されています。

Abyssのビデオゲームポータルは2001年以来存在し、大規模なユーザーオーディエンスを持っており、多数のプラットフォームのモジュールが既に実装されています。

Destiny.Games社の日常業務に使用され、ポータルの新しい仕事に適応されます。

ロードマップ

  • Q2-Q3 2017
    新しいコンセプトへのブロックチェーンテクノロジの統合の機会をテストする
  • Q4 2017
    新世代デジタル配信プラットフォームThe Abyssのコンセプトを発表
  • 2018年第1四半期
    トークンセールの実施
    Abyssプラットフォーム開発の開始
  • Q2-Q3 2018
    プラットフォーム開発のアクティブフェーズ
    プロジェクト立ち上げのための法的・財政的準備
    ゲームプロジェクトとのパートナーシップ契約 
  • Q4 2018
    スタートアップゲームパッケージを含むプラットフォームの最初のバージョン
    プロジェクト統合のためのAPI
    統一された二国間通貨請求
    統一された承認システム
    マルチレベル紹介プログラムの最初の統合
  • Q1-Q4 2019
    プラットフォームの積極的な開発:
    接続されたプロジェクトの数の拡大。
    パーソナライゼーションと社会化システムを紹介する。
    詳細な報告システムの紹介。
    内部CPAネットワークの紹介
  • Q1-Q4 2020
    プラットフォーム機能の拡張
    モチベーションプログラム
    コンテンツの生成と評価の能力
    オークション
    シンジケート
    共同ゲームの成果
  • 2020+
    Crowdfundingプラットフォーム
    プラットフォームのさらなる拡張

トークンについて

ABYSSトークンは、The Abyssプラットフォームでの対話のための優先的な内部メカニズムです。紹介や動機づけプログラムからの収入はABYSSトークンで支払われます。大部分の内部サービスはABYSSトークンのみに依存しています

シンボル ABYSS
価格 1 ETH = 5,000 ABYSS
プラットフォーム Ethereum
受け入れ通貨 ETHのみ
最小投資額 0.01 ETH
ハードキャップ 100,000 ETH
国 ロシア

プレセールはキャンセルされ、2018年2月7日(UTC 15:00)から2018年3月1日(UTC 15:00)までのメインセールのみを行う予定です。

トークンホルダーのメリット

ABYSSトークン所有者は、それらを扱う際に追加の利益を得ることができます。

ABYSSトークンの主な利点

アクセス
モチベーションと紹介プログラム、オークション、内部CPAネットワークとシンジケートはABYSSトークンのみに依存しています

ディスカウント
決済とは異なり、ABYSSトークンを使用してゲームを購入する場合、ユーザーには割引が適用されます

燃焼
内部CPAネットワークからのプラットフォームコミッションの1/3とオークション取引はスマートな契約による

 

特に、紹介や動機づけプログラム、ゲームアイテムのオークション、シンジケートのシステム、報酬と内部CPAネットワークは、ABYSSトークンの使用によってのみ機能するため、メリットは様々あります。

ABYSSトークンはプラットフォームユーザーから友人に転送し、Ethereumの暗号化ウォレット(自動モードを含む)に出力することができます。

当然のことながら、プラットフォームの機能が進化するにつれて、トークンを使用する方法が増え、プラットフォームの立ち上げまで、プロジェクトはトークンセールで資金提供されます。

ABYSSプロジェクトが開始されると、ABYSSトークンのプラットフォーム内オペレーションの手数料から収入が得られます。

  • あらゆるゲームのすべての支払いから30%
  • 内部トラフィック(CPAネットワーク)で10%
  • オークションの取引で3%

プラットフォームの純利益の1/3が紹介プログラムに配布されます。

ゲーマーの特典

個人レベルの紹介プログラム
個人および共同の業績からの収益
作成されたコンテンツの収益化
ゲーム内オークションで余分な収入を得る
共同活動から得られるシンジケーション
トークンを個人のエテリアムウォレットに引き取る

開発者のメリット

個人レベルの紹介プログラム
プロジェクトの開始時にターゲットとコンテンツを作成するユーザー
特別なゲーム統計へのアクセス
多言語の24時間年中無休のカスタマーサポートサービス
プラットフォーム上のすべてのゲームで便利なトラフィックローテーションメカニズム
内部と外部のトラフィックを取得するための簡単なテクニック

ABYSSトークンは、所有者に所有権または議決権を与えるものではなく、プロジェクトが配当の権利を与えるものでもありません。

ABYSSトークンは専らインフラストラクチャ性を備えており、プラットフォーム内での支払いを目的としています。このアプローチは現在、多くのプロジェクトでトークンがセキュリティとして認識されないようにするために使用されています。

プロジェクト管理者は、ユーザー数の増加とプラットフォーム上の売上高の増加がABYSSトークンの価格に直接影響すると考えています。

ABYSSトークンの数が限られているプラ​​ットフォーム上のプロジェクト、プレーヤー、トランザクションが多いほど、トークン自体の市場価値は高くなります。経営者によるこの議論は、トークス販売段階でABYSSトークンを購入する主な理由の1つです。

このプロジェクトは、オークションでの取引の合計から手数料の1/3を提供し、内部パートナーネットワークの手数料は、スマートな契約を使用して燃やされます。このメカニズムは、中長期的にABYSSトークンの価格の上昇に貢献することになります。

同時に、プラットフォーム上では、ファット通貨とABYSSトークンの両方を使用することができますが、トークンを使用することはユーザーにとって経済的に有利なので、確かにABYSSの需要を高める要因となります。

上記を踏まえて、将来的にプラットフォームユーザーが増えれば、現時点での経済モデルも正当化されると思いますし、

長期的なビジョンを持つ投資家にとっては、プラットフォームの成長に賭けるという意味でトークンセールで参入するメリットは非常にあると思います。

アフィリエイトプログラムについて

マルチレベルのアフィリシステムがあります。

トークンセールの段階から適用されており、最大五段階まで存在します。

The Abyssが支払いを受け取ると、70%がゲーム開発者に行き、残りの30%、つまり収入の1/3がマルチレベル紹介プログラムに配布されます。

紹介者はは、彼の1-5レベル紹介によって行われた支払いから4%、2%、2%、1%、1%を受け取ります

アフィリエイトプログラムはこちらから参加できます。

プログラム参加

情報を入力します。

わたしの場合は紹介IDはevy6nnになります。

メールを確認します。

 

続いてログインします。

ログインしたら、2段階認証をまずは設定しましょう。

トークンセールは2月からですが、紐付けは可能です。

まとめ

The Abyssはイーサリアム創業者のビタリック氏が提唱した新たな資金調達モデルDAICOを用いた世界初のプロジェクトとなってます。

プロジェクトチームやコンセプトは面白く、何より話題性が付いてくるかなと思いましたので取り上げてみました。

私は現時点では、参加する予定はありません。

関連リンク

公式サイト:https://www.theabyss.com/

白書:https://www.theabyss.com/static/docs/theabyss-whitepaper-en.pdf?20180119T190605

Twitter :https://twitter.com/theabyss

Facebook :https://www.facebook.com/theabyss/

telegram:https://t.me/theabyss

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here