SyncFab(シンクファブ)IIoT技術に基づくスマート製造ブロックチェーンにより、製造業界へ進歩をもたらす

0
522 views

 

モノのインターネット化(IoT)産業はブロックチェーンプロジェクトでもIOTA、ETCを筆頭に期待値が高い分野です。

すでに、独自のビジネスモデルとプラットフォームを構築しているSyncfab が、産業用のIoT、つまりIIoTという分野で新たにブロックチェーンとの統合を目指すため、ICOを発表しています。

Syncfabとは?

Syncfabの分野としては、モノの産業用インターネット化つまり、IIoTという産業に対するプロジェクトです。

SyncFab分散スマート製造ブロックチェーンは、MFGユーティリティトークンによって強化された分散型ブロックチェーンです。

SyncFab分散アプリケーション、MFGユーティリティトークン、スマート製造プロジェクトに関わる開発者、MFGユーティリティトークン配布イベント(「ICO」または「クラウドセール」と呼ばれることもある)、Smart MFG Tech LTD(財団法人)を含みます。

SyncFabの目的は、買い物客と、地元の人とクリーンな人物によってマッピングされた、検査された機械ショップと先進的な製造施設とのネットワークを拡大することです。

モノの産業用インターネット化と第4次産業革命

モノのインターネット化は、すでに第4次産業革命というアイディアを導入しました。これは、生産管理を分散化し、製造におけるパラダイムシフトを引き起こす新しい技術変化の波です」

過去10年間では、ロボット工学、センサー、大規模データ、人工知能、拡張現実、製造のデジタル領域と物理領域を結ぶ信頼性の高い堅牢なネットワークなどの分野で大きな進歩がありました。

企業は、時間を大幅に節約し、接続性、効率性、スケーラビリティ、セキュリティ、およびコスト削減を改善するために、これらのテクノロジを戦略的な利点として使用することの価値を認識し始めています。

モノのインターネット化(IoT)は、データの収集と交換を可能にするこれらの技術の相互通信とネットワーキングです。

 需要の高まりは、産業製造業におけるIoTの応用である産業用インターネット(IIOT)を通じた産業製造業の進歩をもたらし、引き続き推進していきます。

主な違いとしてはデータの交換であり、IIoTはB2B間のデータと契約の両方の取引であると認識出来ます。

また近年、第4次産業革命は新たな扉を開き、ハイテクかつスマートな工場と機械による製造工程の変化が起きています。

今日の企業は、収益を増やすための代替方法を導入するための資源に既に計画、又は投資しています。

2016年のForbes Manufacturer Outlookで調査した企業のうち、32%がこの技術の導入を通じて収益を上げるために企業戦略を調整しています。

32%がビジネス戦略の分析やサプライチェーン分析、およびより良いビジネス戦略を図るためのネットワークのデザインにより、「費用対サービス」プロセスを最適化する方法(顧客アカウントごとのオーバーヘッドコストを削減する方法)を探しています。

Syncfabが着目する問題点とソリューション

産業製造業におけるサプライチェーンマネジメントと調達プロセスは時代遅れであり、非透明で非効率であり、その結果、支出の増加と収益の低下を招いています。

  • 高いコスト
  • アクセシビリティ
  • 不透明性(信用と評価)
  • セキュリティとIP保護

これらの問題はいづれも古いソフトウェア技術によるものです。そこでSYNCFABではハードウェアによるソリューションを提示します。

ハードウェアのイノベーター:低コストに仲介者やブローカーを排除し、収入を増やし、直接ハードウェアメーカーに繋ぐことで、楽な生産トラッキングを提供します。

ハードウェアメーカー:バイヤーが直接製造施設に接続できることにより、マーケティング費用が削減され、SyncFabは、当社のスマート契約を通じて支払いを保証し、適切な価格設定と機能の完全な制御を与えます。

スマートな契約やブロックチェーンは、業界に革命を起こし、SyncFab MFGトークンとスマートマニュファクチャリングのブロックチェーンにより、規模の経済を分散化し、P2P(直接ピアツーピア)エコシステムを構築します。

これによって、参加者は、よりアクセスしやすく、透明かつ経済的になります。

Syncfabの技術

サプライチェーンマネジメントの簡素化、取引の安全確保、およびすべての知的財産の保護を目的として、産業製造業界で透明な調達ゲートウェイを構築します。

SyncFabはアクティブユーザーの機能を持つ製品であるため、現在のプラットフォームとスマートコントラクトブロックチェーンの開発によるスマートコントラクトとブロックチェーンテクノロジの革新的アプリケーションを統合することで、目標を達成する予定です。

実装自体は本質的にSyncFabの現在のビジネスモデルを変更し、業界内の購入者と製造業者との間の調達プロセスを分散させます。 

スマート製造ブロックチェーンは、アカウントまたは連絡先情報、注文履歴、機械容量、デザイン、および知的財産を含むレコードのシステムです。実際には、分散型エコシステム内では、購買担当者がプロジェクトの基準に最も適合する機械容量を持つ製造業者と合致し、仲介なしで直接部品生産を調達できます。

Syncfab のメリット

市場規模と予測

製造業界は2018年までに5%の成長が見込まれています

米国内の企業はIIoT技術に多額の投資を行っています。これらの投資は2030年までに世界のGDPに10〜15兆ドルの投資収益率をもたらすと期待されています。米国だけで製造に費やされる1ドルにつき、1.81ドルが市場経済に加わることが予想されます。

プロジェクトチーム力

CEOはサンフランシスコ市長、そのほか米国の州と提携しており、ホワイトハウス、米国エネルギー省にクリーンエネルギースマート製造イノベーションイニシアチブに任命されています。

また、国際会計監査、SEC管理、およびNasdaqの上場支援の経歴もあります。

アドバイザーとしてはブロックチェーン企業のBrave,Civic,Ripple,EOS,Filecoinの初期投資家であり、PayPalのエンジェル投資家でもあるGillやRippleLabの初期顧問、25年にわたる銀行業務経験を持つMarkなど、非ジョニ優秀な人材で構成されています。

地方都市、連邦機関とのパートナーシップ

SyncFabは、公共および民間パートナーシップの地方都市や連邦政府機関と協力して、業界の革新と経済発展を進めています。サンリアンドロ市とクリーンエネルギーとの合意米国エネルギー省とホワイトハウスの共同出資のスマートマニュファクチャリングイノベーション研究所は、全国で十分に活用されていない生産資産を追跡し、データベースを認定製造業者購入者の地域の需要に合わせることができます。また、これらのパートナーシップにより、当社のシステムは、複数の管轄区域内の機械加工能力と能力をカタログ化して、製造者のオンライン(インターネット)を購入者が利用できるようにし、ネットワークを拡大することを支援します。

 既存のプラットフォームウェブ2.0の存在

SyncFabは、米国で設立され、シリコンバレーに本社を置く技術者であり、IIoTのダイナミクスと革新を通じて、購入者とメーカーとを結ぶことを目標としています。

クラウドベースの仮想サプライチェーン電子商取引、IIoTマシン学習、データ動員プラットフォームとしての開発が2013年に開始されており、

このプラットフォームにより、購入者は、製造業者の位置、経験、材料選好、および加工能力に関する洞察に基づいて、複数の競争力のある見積もり要求(RFQ)を提供することにより、効果的なコスト削減の決定を行うことができます。

プラットフォームはこちら

ロードマップ

2013年第4四半期:SyncFab概念作成
2015年第2四半期:SyncFab 1.0、ローカル製品開発の設計と製造のエコシステムを開始
2016年第1四半期:San FranciscoとSan Leandroの都市はSTIRシビックテクノロジーパートナーシッププログラムのためのSyncFabを選択
2016年第3四半期:ホワイトハウスとDOEは、SyncFabをクリーンエネルギースマートマニュファクチャリングイノベーション研究所(CESMII)に追加
Q3 2017:SyncFab 2.0、地域先進製造部品調達プラットフォームを発売
Q4 2017:SyncFab MFGトークンプリセール
2018年第1四半期:SyncFab MFGトークンセール
 
2018年第2四半期既存の2.0プラットフォームへのMFGトークンの統合
2018年第3四半期;購入者のブロックチェーンスマート契約をフォーマットする
Q4 2018;フォーマットメーカーブロックチェーンスマート契約
2019年:SyncFab 3.0を開始分散型Smart Manufacturingブロックチェーンプラットフォーム
 
 
 
Syncfabはすでにプラットフォーム2.0が存在しますので2018年からブロックチェーンとの統合が動きはじめます。目標として2019年に統合されたプラットフォーム3.0のラウンチです。
 

MFGトークンについて

MFGトークンは、購入者やメーカーの報酬支払いを行う、知的財産を保護し、blockchain上のスマート契約の実行を通じて信頼と透明性を促進するために使用されるユーティリティトークンです

MFGと速い引用符のためのメーカーを奨励するために独自の入札オークションを作成します。

トークンセール概要

  • トークンシンボル:MFG
  • トークンセール供給: 300,000,000 MFG  
  • 総供給:1,000,000,000 MFG 

ボーナス構造です。

トークンホルダーのメリット

バイヤーへのメリット

  • ソースから安くて高品質の引用符
  • オンデマンド購入、追跡、および並べ替え
  • 地元吟味メーカーのネットワークに接続します
  • スマート契約を通じて取引や通信を保護

メーカーへのメリット

  • 直接あなたの製造施設に接続するバイヤーを持つことにより、マーケティングコストを排除
  • スマート契約による保証の支払い
  • あなたの価格&機能の完全な制御
  • オーバーヘッドとプロセスのより少ない頭痛は、最高品質の製品を生産に注力します

トークンセール参加方法

プレセールが開催中です

KYCプロセスを進めます。

以下の情報を登録します。

完了したら、イーサリアムウォレットからデポジットアドレスへETHを送金します

詳しくはこちらをご覧ください。

関連リンク

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here