ICO skyfchain

SKYFchainのICOrating評価レポートについて

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 29 分です。

 

 

全体評価

SKYFchainプロジェクトに「安定+」の評価を割り当てます。

SKYFchainプロジェクトは、経済の多くの分野に必要なサービスを提供する無人貨物車の成長市場を目指しています。プラットフォームユーザーがこの分野のコストを削減する可能性があるため、プロジェクトは有望であり、そのサービスは需要につながる可能性があります。

SKYFchainはブロックチェインをベースにしたプロジェクトを作成する上で必要な技術知識と経験を持つ強力なチームを持っています。経営陣はまた、無人機開発のための投資誘致にも経験があります。

現在、このプロジェクトは大企業からの関心を集めており、長期契約の締結に役立ち、コミュニティからのさらなる注目を集めることができます。

直接の競争相手はありません。このプロジェクトは無人機で積極的なテストを実施しており、テスト飛行と無人航空機の実験運用の合意が企業と締結されています。

これらのポジティブとともに、今後のICOやプロジェクトの将来の発展に悪影響を及ぼす可能性のあるいくつかの要因に投資家の注目を集めています。

・財務モデルの欠如

・グローバルなマーケティング戦略の欠如

さらに、プロジェクトは将来、トークン供給の超過の可能性があるために市場リスクがある。

これらの要因により、SKYFchainプロジェクトに高い評価を与えることができません。

プロジェクトとICOに関する一般情報

SKYFchainは、無人航空貨物自動車の管理、制御、開発、実装のためのEthereumブロックチェーンベースのプラットフォームです。

第1段階では、プラットフォームが集中化されます。2017年12月、プロジェクト無人機の最初のデモ飛行が行われました。近い将来、さらなる実装が計画されています。

SKYFchainは以下のような多くのタスクを解決することを目指しています:

経済のさまざまな分野における物流サービスのコストを削減します。

アプリケーションの地理的範囲を拡大する。

SKYFchainプラットフォームは、無人機開発のためのプロジェクト、SKYF無人機の製品です。

要約すると、高いチーム力、大企業の需要、製品開発の点は高く評価されていますがマーケティングやトークン供給量から実質的な価格のリスクは多少はあることから、総合評価はそれほど高くはなっていません。

ICO詳細です。

ICO概要

トークンの総排出量 — 12億

スマート契約プラットフォーム:Ethereumブロックチェーン

契約タイプ:ERC20

トークン:SKYFT

受領可能な支払い:ETH、BTC

価格:1 SKYFTトークン= $ 0.065

Pre-ICO:

開始日:2018年3月1日

終了日:2018年3月31日

販売用トークン:51,300,000 SKYFT

ソフトキャップ:$ 1,000,000

ハードキャップ:2,000,000ドル

最低購入金額:3000 SKYFT

ボーナスプログラム:ホワイトリスト参加者のためのSKYFTの40%割引

プレICOで未販売のSKYFTトークンはICOに引き継がれます。

ICO:

開始日:2018年5月

終了日:ICOの正確な日付は後で発表される予定です。

販売するトークン:528,000,000 SKYFT

ソフトキャップ:500万ドル

堅いキャップ:$ 30,000,000

受領可能な支払い:ETH、BTC

主要ICOの参加者に割引が提供されます。

 

追加の排出はありません。

すべての売れ残りトークンは、ICOの後で燃やされます。

トークンの割り当ては次のとおりです。

 

チームに割り当てられたトークンは1年間固定されます。

群集の間に調達された資金は、以下のように配分される予定です:

45% — 研究開発

25% — マーケティングとプラットフォーム開発

24% — 事業、事業および企業開発

6% — 法律と行政

ソフトキャップ($ 5m)のみを達成した場合、プロジェクトの開発は延期されます。作業は、追加の資金調達を引き付けるMVPの開発に焦点を当てます。

$ 15mを上げると(中規模のシナリオ)、市場参加者間のパートナーネットワークの拡大、SYFchainプロジェクトのセミナーとPRの組織化が行われます。

トークン単価は安いほうですが、そう供給量ややおいので市場リスクは確かにありそうです。上場はICOが終了する5月以降です。

プロジェクトのサービスと範囲の説明

SKYFchainオペレーションプラットフォーム(SKYFchain OP)は、ロジスティクスや農業分野の問題を解決するための工業用貨物スカイドロンを提供するブロックチェーン上に構築されたB2R(ビジネス対ロボット)プラットフォームです。

現在、試験されているSKYFドロンの2つの修正が提示されている:

SKYF CARGO — 150kgの飛行能力と最大350kmの飛行範囲を持つ無人機。主な用途は、商品、機器、スペアパーツなどの配送です。

SKYF MARINE — 腐食防止の無人機。次の目的に使用できます。

難しい場所(例:自然災害現場)への食糧、救助、医療機器の配達

船舶、石油プラットフォーム、海上ロジスティクスセンター向けの中型貨物(例えば、郵便、スペアパーツなど)の配達

運送に加えて、SKYF無人機は農業で使用することができます:

作物病を検出する航空写真を撮る

殺虫剤、肥料、乾燥剤を噴霧し、火災を消火する。

主なプラットフォーム参加者のカテゴリーとSKYFchainとの関係を以下に示します。

デベロッパーとプロデューサー — SKYFchainによる保険、資金調達、顧客の受け取り

ライセンシー — 開発者および製造業者からの無人機のためのユニークな計画と同様、顧客を獲得する

技術サービス — プラットフォーム参加者へのサービス提供

オペレーターとエンドユーザー — ドローンの使用、スマートコントラクトの結論と実行

当局 — 自国の領土内の無人機の利用可能なルートを承認し管理する

アナリスト — さまざまなドローンモデルの分析と採点を行います

金融市場 — アナリストの得点に基づいてSKYFchainネットワークの国際市場の参加者に資金を提供する。ドローンまたはそれに付随するサービスに対する支払い違反の場合にも、リモートロック機能を使用することができる。

白書によると、SKYFドロンを使用する農業および物流分野の大企業の数社との交渉が行われており、NGK SlavneftPony Expressと共に試験飛行の準備が行われている。

SKYFchain OPプラットフォームは、ヘリコプターや船舶などの既存の高価な物流に代わるものを提供することを目的としています。このホワイトペーパーによれば、ヘリコプターとSKYF無人機の間の配送サービスのコストの差は最大10倍になります。

私たちの意見では、SKYFchain OPプラットフォームは、提供される製品が他の技術的ソリューションと価格が有利に異なるため、大企業のクライアントと中小企業の両方にとって、特定の対象業界で一般的になる可能性があります。

同社の強みとしてはやはり技術開発製品が検証済みであり、企業の採用交渉段階にある点です。

仮に実装されると、効率性やコスト面での改善は大きいため将来的には需要は高まるでしょう。

市場評価

4.1市場分析

近年、無人航空機の市場は著しい成長を示しています。BIインテリジェンスの「ドローンレポート」によれば、2021年までにドローンの売上高は最大12億ドルに達する予定です。この成長は、価格競争の激化と技術の発展によって促進されます。

 

PWCの報告書は、その製品やサービスに非常に近い将来に有人ソリューションを交換するための高いポテンシャルを持っている8つの異なる業種を特定します。インフラストラクチャー(452億ドル)、農業(324億ドル)、輸送(13億ドル)、セキュリティ(10億5千万)という最も有望な分野で、これらの業界の業務およびサービスの総費用は2015年に127億ドルでした。

 

無人航空機の生産コストの削減とこの分野における技術の開発は、この市場セグメントの成長における重要な要因である様々な産業における無人機使用の増加を可能にする。私たちの意見では、これは、この新しいセグメント、すなわち貨物ドローンの市場におけるSKYFchain OPプラットフォームの開発に貢献する可能性があると考えています。

市場分析としては、2021年をめどに市場は大幅に拡大し、複数の業界での採用が期待されるため、これは確かにプロジェクトの後押しとなりそうです。

競合評価

4.2競争分析

現在、ドローンはさまざまな業界で使用されるようになっています。ジャーナリストがレポートを作成し、Apellixが絵を製作できる無人機を開発しました。消費者はセルフドローンなどのエンターテイメント用ドローンを購入しました。

ドローンの助けを借りて商品を提供する有名な企業の中には、Amazon Prime Airサービスを提供するAmazonがあります。このサービスでは、このタイプの配達が可能な地域の住民は、以下の条件の下で発注から30分以内に商品を受け取ることができます。

クライアントは、Amazon配送センターから半径16km以内にあります。

パッケージの重量は2.25 kg以下でなければなりません。

パッケージのサイズは、無人機の貨物室のサイズによって制限されます。

ドローンによる配達は、風が弱く、見やすく、降水がない昼間に利用できます。

貨物配送サービスを提供するDPDは、2014年以来、ドロンを使用した小包の配送ソリューションを開発しています。現在、25kmまでの距離で4kgまでの重量を提供できるドローンの試験が進行中です。

SKYFchainの場合、貨物配送の規模ははるかに大きい — 文書に記載されている無人機の平均積載量は150kgまで、飛行距離は350kmまでです。これにより、多種多様な業界で商品の配送に無人機を使用することが可能になります。私たちは、貨物配送の分野でSKYFchainの潜在的な競争相手としてNatilusを特定することができます。Natilusは最大90時間の飛行時間で約90トンの貨物を運ぶことができる両生類の無人機を開発しましたが、同社のウェブサイトにはこの製品の実際的な用途に関する情報はなく、技術的な特徴のみがあります。

私たちの意見では、無人航空機の市場の拡大に伴い、ブロックチェーンに直接競合する人がいないなどの要因によって、SKYFchainは物流や農業のニッチを占めることになります。

巨大な競合としてはブロックチェーン企業は存在しませんが、Amazonの存在があります。

市場自体は前項で述べたとおり、拡大する予測であり、直接的な競合はいませんので、あらゆる業界でシェアをある程度は獲得できる可能性はあります。

チーム評価

チームとステークホルダー

コアチームは14名の専門家によって代表されます。4人が顧問として関与しています。

キーポジションは以下によって占有されます:

ALEXANDER TIMOFEEV(Linkedin) — CEO

2010年以来、非国家年金基金「イノベーションファンドLP」の総責任者であるInvestKinoProjectの創設者でありマネージメントパートナーであるMicrobor-Nanotechの創設者兼CEOは、ロシアおよび世界のハイテクプロジェクトへの投資を誘致した経験があります。

教育:

モスクワ物理技術研究所

ラトビア国立大学:物理学

MAXIM KHABUR(Linkedin) — CMO

2017年7月よりSKYFchainチームに勤務。マーケティングディレクター。2015年以来、iGlass Technologyのマーケティングディレクターとしても活躍しています。

教育:

ハルトインターナショナルビジネススクール

プレカノフ経済アカデミー

軍用外国語研究所

バリュークリブコ(Linkedin) — IR

2017年11月よりSKYFchainチームと協力しています。Bright Capitalのマネージングパートナー。ONEXIMグループのハイテク投資責任者 2011年以来FPIパートナーズのゼネラルパートナーであり、米国および欧州の食品業界への投資を扱っています。

教育:

ロンドンビジネススクール

MGIMOモスクワ

NICKOLAY KOVSHOV(Linkedin) — リードIT開発者

2015年以来のSKYFchainの主要開発者。大規模なデータ分析に関わる数多くのソフトウェアベンチャーで、R&Dグループの開発者とリーダーを率いています。モスクワ物理学のコンピュータサイエンスの学士号を取得しており、WWPASSコーポレーションのソフトウェア開発、2因子分散セキュリティソリューションと24時間365日のストレージシステム、ストレージAPIの発明を経験しています。

教育:

モスクワ物理技術研究所(州立大学)(MIPT)

ALEXANDER MALIKOV(Linkedin) — ソフトウェアエンジニア。

2017年の初めからSKYFchainチームで働いていた。電力システム用の組込みソフトウェアを開発した完全自律型無人航空機の制御システムを開発しました。

教育:

プスコフ州立工科大学

KATYA BUBLIK(Linkedin) — デジタルマーケティングの責任者

米国とロシアのデジタル広告、電子メールマーケティング、モバイルマーケティング、分析の5年間の経験を持つデジタルマーケティングのスペシャリスト。

教育:

ハルト国際ビジネススクール国際マーケティングのマスター

Plekhanovロシア経済大学

アドバイザー:

Alexey Arkhipov(Linkedin) — 現在、ロシアの最初のDLTプラットフォームであるMasterchainの技術開発を担当しています。

Transform GroupのCEOであるMichael Terpin(Linkedin)は、CES Asiaを含むブロックチェーンのコンテンツをプログラムするのに役立つコンシューマーエレクトロニクスショーの顧問を務めています。Auger、Bancor、Ethereum、Factom、Gnosis、Golem Network、Lisk、MaidSafe、Qtum、Tetherなど150以上のブロックチェーン企業とファンドの立ち上げをリードしてきました。現在、Caymansに登録されている3億ドルのデジタルファンドAlphabit Fundの投資ICO委員会を率いて、多数の企業やブロックチェーンファンドに助言を行っています。

イワノフ・アレクサンダー(Linkedin) — グローバルビジネス開発のエキスパート、EPCの石油・ガスプロジェクトマネージャー、SAKHALIN-1,2,3。

イゴール・カラベエフ(Linkedin) — ロシアの新興ビジネスインキュベーターであるSkolkovo Foundationのエグゼクティブディレクター。大手国際企業の戦略と事業開発ディレクター。

合計で、プロジェクトチームには30人以上のエンジニアと開発者がいます。チームメンバーは短期間で協力してきましたが、必要な技術知識を持つマネージャーと、ブロックチェーンに基づいたプロジェクトを作成した経験があります。SKYFドローンの開発プロジェクトは、創設者の評判と自信度を間接的に確認する初期段階で5百万ドルの投資を集めました。これはSKYFchainの事業の成功に貢献します。私たちは、チームにはタスクを解決するのに十分な数の専門家がいると思います。

チームの評価としては、比較的経験豊富であり、プロジェクトは初期段階での調達も成功しいるため、数値の面でもしっかり実績を残して、信頼確保を行ってきています。

何より、大企業の採用意向が開発の初期段階であることは好材料でしょう。

トークンについて

トークン解析

プロジェクトにはGitHubに関する独自のページがありますが、公開リポジトリはありません。文書には、SKYFTトークンがERC20規格に従って発行されることが記載されています。SKYFTトークンは、SKYFchain上のすべてのトランザクションに対して支払うために設計されたユーティリティトークンです。

このプロジェクトでは、プラットフォームの開発とサポートを簡素化するために専用のブロックチェーンが必要です。また、Ethereum公衆網からのパフォーマンスの独立性のためにも必要です。この点に関してSKYFTトークンは、EthereumとICO後のプロジェクトによって選択される2つのプラットフォーム(プライベートEthereumフォークExonumライブラリR3 Cordaブロックチェーン上に構築された特別なSKYFプラットフォーム)でプログラミングされます。このソリューションは、プラットフォーム上でのトランザクションの時間を最小限に抑えるとともに、その使用に関連するプラットフォーム参加者からのさまざまなデータの格納を可能にします。

開発者とプロデューサー:

・デバイスIDデータとそのデジタル仕様

・フライトテストとレポート

・各国または地域の証明書および文書

オペレータとエンドユーザ:

・ミッションとルートの開発と承認

・ミッションとスマートコントラクトに関するレポート

・注文と支払いのデータ

・インシデントレポート

・デバイス、オペレータ、およびエンドユーザの評価

ライセンシー:

・組み立て、ソフトウェア、および運用のライセンス

・デバイスIDデータとそのデジタル仕様

・フライトテストとレポート

テクニカルサービス:

・装置からのメンテナンスデータ、ユニットの修理と交換に関する報告

・デバイスからのインシデントデータ

・ソフトウェアのバージョンとソフトウェアの更新データ

当局:

・デバイス認証

・セキュリティ管理

・ミッション報告の承認と監視

・ノーフライゾーンの規制

アナリスト:

・ロビー資産の分析

・FinTechのレーティング/得点

・市場参加者のための推奨事項

金融市場:

・各デバイスの資産情報

・取引と執行妨害に関する報告

・金融取引のためのデバイス予約

・必要に応じて特定のデバイスやグループをブロックする

参加者とのやりとりに関連するこのデータおよびその他のデータは、SKYFchainに反映され、検証のために利用可能です。

SKYFchainのすべての操作はSKYFTトークンで実装されます。トークンの格納は、交換機にリストされる予定のEthereumブロックチェーン上で提供されます。このために、Ethereumブロックチェーンとプライベートブロックチェーン(SKYFTchain)の間でSKYFTトークンを同期させるためのメカニズムが実装されています。

同期は支払いチャネルを使用して行われます。

 

最初は、管理のルールを設定した管理者がSKYFchainを管理し、プラットフォームを集中管理します。プラットフォームは、プラットフォーム上の管理役割がリースおよび保険会社、物流プロバイダーおよびその顧客、政府機関、市場アナリスト、製造業者およびサービスプロバイダーに配分されるため、分散型になります。スーパーネットワーク(運用開始後3年間で最大300ノードまで)のほか、ICO投資家が所有するノードの助けを借りて、ネットワーク規模をさらに拡大する予定です。スーパーノードの所有者は取引手数料の50%を受け取る。

SKYFchainプロジェクトは世界中のサービスを提供することを目的としているため、参加者には透明性が高く、迅速で信頼性の高い決済手段が必要であり、プラットフォーム上でのトークンの使用を正当化すると考えられます。

トークン自体はユーティリティです。

Ethereumブロックチェーンとプライベートブロックチェーン(SKYFTchain)の間でSKYFTトークンを同期させるためのメカニズムが実装されており、スーパーノードシステムもあります。

トークン価格評価

トークンの将来価格に影響を及ぼす要因の分析

SKYFTトークンの投資魅力は、いくつかの要因によって影響を受けます:

トークン所有者は、プラットフォーム上で支払われた手数料の25%を受け取るでしょう。

スーパーノードの所有者は、取引から手数料の50%を受け取る。

プラットフォームには2つの主要な取引形態があります。

・運用トランザクション — トランザクションあたり約0.1ドル。これは無人で1つのデータ記録インスタンスに対して課金されます。

・Fintechトランザクション — より高価で一般的でないトランザクション。リースおよび保険に関連する業務。トランザクションのコストは約1000ドルになります。

2022年末までに、このプロジェクトはより大きな顧客を獲得し、他の生産者と無人機の所有者をSKYFchainオペレーティングプラットフォームに参加させ、AsiaPacにフランチャイズモデルを作成することで、市場の0.47%をカバーする予定です。

プラットフォーム利用者数の増加は、現金通貨での売上高を増加させることに留意すべきである。システム上の計算はSKYFTトークンを使用して実行されるため、SKYFTトークン価格の増加に伴い、プラットフォーム内のサービスの支払いに必要なトークンの数は少なくなります。その結果、サービス価格の上昇を伴わないユーザー数の変化は、長期的にはトークンの価格に大きな影響を与えません。

プロジェクトは、十分な水準で流動性を維持するための2つの資金を創出する予定です。

発行されたSKYFTトークンの15%を使用して作成されるネットワーク開発基金(NDF)。ファンドは、最初の3年間スーパーノードをサポートするために使用されます(NDFの50%は初年度、35%は2年目、15%は3年目に費やされます)。

コミュニティ開発基金(CDF)。当初、これには発行されたSKYFTトークンの10%が含まれます。ファンドは、パートナーネットワークと開発者コミュニティの成長を促進するように設計されています。CDF資金の積極的な使用は、スカイフインシステムに第三者の無人機を組み込んだ後、2021年に始まります。

このプロジェクトは、この目的のために最初の1000台のSKYF無人航空機の販売から収入の20%を費やし、最初の3〜5年以内に市場からSKYFTトークンを購入する予定です。これらの目的のための収入は、創業者によって50〜60百万ドルになると予測されています。買戻しトークンはコミュニティ開発基金に記載され、SKYFchainのパートナーおよび開発者に報酬を与えるために使用されます。トークンの買戻しや、パートナーやシステム内の他の参加者がファンドからどのように報酬を受けるかの詳細な情報は入手できません。この要因は短期的には価格にプラスの影響を与えるが、システム内のトークンの数は変わらず、報奨された参加者によって高い確率で市場に戻されるという事実のために、長期的には低下するだろう。

2018年から2025年の間にプロジェクトの完全な開発が計画されていますが、ICO期間中にハードキャップが達成されれば、すべての発表された計画の達成が可能です。プロジェクトが5〜15百万ドルを集めた場合、ロードマップに示された目標のすべての開発と成果は、数年前にシフトされます。潜在的な投資家もこの事実を考慮する必要があります。

SKYFはすでに初期段階で5百万ドルの投資を行っているため、早期投資家がプロジェクトを終了したい場合、これもトークン価格に影響を与える可能性があります。

トークン価格はプラットフォームの流通数にも依存するので、予測しづらいですが2022年ごろまでに市場シェアを獲得する予定です。

開発自体はハードキャップが満たされるかどうかに依存します。

投資リスク評価(normal)

投資リスク分析

私たちはSKYFchainプロジェクトのいくつかのリスクを特定しました。

SKYFchainは技術プロジェクトを提供するため、技術的な性質のリスクが発生します。チームが目標を達成するために成功するかどうかを予測することは困難です。

プラットフォームサービスは、法人の使用を目的としています。法人によるトークンの使用は、異なる国の暗号市場を規制する現在の困難さのために、困難かつ時には不可能な場合があります。

ドキュメンテーションは、プロジェクト自体またはその製品の将来のマーケティングについては何も言及していません。そのためには、資金の25%が割り当てられています。

SKYFchainは主要財務指標や予測を開示していないため、経済的リスクも存在します。

排出量の44%はICOで購入することができます。残りの56%は、資金の25%、チームの20%の凍結など、さまざまな目的に割り当てられます。したがって、将来的にプロジェクトの支配下にあるトークンの供給オーバーハングの可能性があるため、市場リスクが存在します。

SKYFTトークン保有者には、プラットフォーム上の取引に対して受領した手数料の25%が支払われるため、トークンは有価証券に関連する法的リスクを保持します。創設者は、審査のためSECへの証券としてのトークンの非認識申請書を提出している。

この文書に記載されている情報は情報提供のみを目的としたものです。このドキュメントに記載された見解は、オープンアクセスのデータと、開発者がSkype、電子メール、またはその他の通信手段を通じてチームに提供した情報に基づいて、ICOratingチームの個人的な姿勢のみを示しています。

私たちの目標は、若いICO市場の透明性と信頼性を高め、詐欺のリスクを最小限に抑えることです。

分析をより包括的で有益なものにするための建設的なコメント、提案、アイディアをフィードバックしていただきたいと思います。

以上のように投資判断としては市場リスク(トークン価格がさほど上がらない)、法的リスク、財務の不十分性などが挙げられます。

結論

最終的な判断ですが、オープンソースの情報をもとに以下のようなメリットデメリットが考えられます。

メリット

大企業と複数交渉段階である

・製品開発は進んでいる(テスト済み)

・客観的認知度や評価は比較的高い

デメリット

トークン販売での供給量が過多になる可能性が高い

・文書の財務予測の欠如

・長期的なロードマップ

有価証券に関する法的リスク

以上から長期的な投資家にとっては、魅力的な投資になると判断できます。

関連リンク

公式サイト | 白書 | twitter | Facebook | telegram

※この記事はICOratingによる評価レポートをもとにコメントしたものです。投資を強要するものではありません。

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-ICO, skyfchain

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.