この記事を読むのに必要な時間は約 31 分です。

 

 

SKYFchain

は、貨物業界のロボット産業向けのブロックチェーンプラットフォームです。

開発中の貨物ロボット産業のすべての分野で世界的に適用可能な最初のB2Rブロックチェーンベースのオペレーティングプラットフォームであり、最初に空中貨物ドローン産業を解体することに重点を置いています。

SKYFchainは、人間を仲介者として排除するように設計され、既に飛行しているSKYF無人機である第1号機の貨物無人機の確認済みの顧客にアクセスできるため、ユニークです。

プロジェクトは高い専門家評価を受けており、文書の内容も比較的明確です。

このプロジェクトには潜在的な市場があり、普遍的なソリューションを提供すれば、この市場で大きなシェアを獲得することができます。

プロジェクトの土手は十分に考えられています。シナリオ予測は明確です。

プロジェクトとICOの簡単な説明

技術的には、SKYFchainの主な目的は、すべての市場参加者にとって重要な情報を統合し、取引のためのスマート契約の実行を組織化することです。最も重要なメリットは、ドローンの生産とサービスのための採点とオープン・アクセス、およびドローンの保険料の削減です。

SKYF chainが解決しようとしているのは主に以下の問題点です。

①透明性の欠如の問題

ドローン市場のユニバーサルオペレーティングシステムがまだ存在しません。 顧客はドローンとその安全性の旅程の技術的条件を確認できる必要があります。

公的機関は、ドローンの飛行範囲を制限する法的な枠組みも必要です。この問題は、航空業界にも存在しています。すべての貨物のロボット市場には 信頼性の認定業務のプラットフォームが必要です。

無人ドローン業界の組織的な問題としては、コストのかかる保険の問題があります。

保険の問題は、多くの利害関係者がプロセスに存在するという事実か発生します。

ドローンの操作は、ドローンメーカー、ドローンのオペレーター会社、ドローンパイロット、ドローン などのサービス会社が請け負うことが多いため、顧客は、別の例では責任が誰であるか必ずしも明確ではありません 。

SKYFchainは、ブロックチェーンに関連するすべてのデータを格納し、保険に提供することができた場合 、事実に基づいて迅速にリスクを評価することができます。したがって、保険政策コスト 減少する可能性と責任を負う当事者がなりますので、保険の支払いが迅速に提供されることになります。

以下の表は、規制の枠組みが15カ国で、今日どのように見えるかを表したものです。

多くの国では、ビジネス向け法的に保証するために規制環境を開発するためには至っていません 。

SKYFchain OPのソリューションは、将来の発展のための標準を提供することができますSKYFchain OPは、資金を提供し、保険会社にこの業界の成長を巻き起こした彼らの資産を直接制御を与える透明かつ信頼できる オペレーティング・プラットフォームです。

②技術的な問題ー飛行時間の短さ

第二の問題で 技術的に飛行時間がまだ短く効率も悪いということがあります。

無人偵察機での実装は、重量と価格もかかり通常、ハイブリッドエンジンのコストは、通常は高すぎます。

ソリューション – ガソリンエンジンとSKYFドローン

SKYFドローン新しい空力設計は、マルチヘリコプターのスケーラビリティの問題を解決します。SKYF ドローンは、世界初の無人航空貨物プラットフォーム(無人航空機キャリア、ドローン)であり、特許の空気力学に基づいた垂直離着陸(VTOL) 多種多様を実行することができるさまざまな修正を加えています。

他の既存のソリューションと比較してSKYFのドローンは、操作が簡単かつ安価です。 そして、それはペイロードと航続距離を向上させるだけでなく、他の設定にするためにスケーリングすることができます。

また、当社は、ライセンス業務文書、ソフトウェアおよび主要電子部品を提供しています。

私たちは、高パフォーマンスをユニバーサルVTOLドローンの出現が特に100〜150キロペイロードの市場セグメントにおける応用分野の拡大につながると信じています。

SKYFchain OP(オペレーティング・プラットフォーム)

 

このアーキテクチャは2つの要素で構成されています。

プライベートチェーン:SKYFchainのための異なるアプローチとして自身のイーサリアムフォークを作成し、SKYF固有のカスタム プラットフォームを、ExonumライブラリまたはR3コルダのblockchainのインスタンスのいずれかの上に構築します。ICO段階でパブリックイーサリアムネットワークで発行されたすべてのトークンは ERC-20互換性があり、証券取引所に売買することができます。 

パブリックチェーン:処理のための公共ブロックチェーンであるイーサリアムERC-20 SKYFTトークンベースによる SKYFTトークン取引を決済します。

SKYFTトークンはSKYFchainですべての操作のための通貨です。トークンは公衆イーサリアムネットワークで発行されていますが、同期のためのいくつかのオプションがあります。

また、追加のパブリックイーサリアムネットワークの運用コストは、現状高価であるため、別のアプローチとして、追加の「内部トークン」の作成が必要です。

それはリソースを消費同期に依存するため、システムの複雑さを増します 内部と外部の残高間のプロセスが必要です。

SKYFchainや公共イーサリアムネットワークが使用することによって解決され、支払いのいくつかのチャネルの実装が既にあります。

イーサリアムのプラズマプロジェクトの進化シャーディングと、並列 取引の実行およびすべてのスケーラビリティの問題を解決できます。

ビジネスモデル

 

この産業のビジネスモデルのステークホルダーは大きく四つです。

  • 物流事業者と顧客
  • 製造業者とサービスプロバイダ
  • 保険会社
  • 規制当局

ロジスティクスビジネスプロセスは、顧客またはコントローラなどの人間を念頭に置いて設計されています。

貨物ロボット、AI、開発分野のオートパイロットIOTは、ロボットは個人によって直接制御されることなく動作することを示唆しています。

現在、物流のコストの約50%が労働に入っているので、これは莫大な節約をもたらすとされています。貨物ロボットの分野では投資が必要であり、投資には保険、リスク管理、制御が必要です。

したがって、無人貨物ロボットは、新しいタイプの規制や業務プロセスを必要とする資産になる可能性があります。

SKYFchain OPの主な目的は、すべての市場参加者のために情報を統合し、取引のためのスマート契約の実行を組織することです。

取引の価値と頻度はさまざまで、プラットフォームは各取引から手数料を徴収します。

すべての取引は米国ドルで支払われ、他の決済通貨はSKYFTトークンを使用してシステムで実行されます。

技術

SKYFchainの分散帳簿は、業界の無人機データをすべての業界関係者にとって信頼できる情報源にします。
 
  • ドロンの仕様とメンテナンス履歴
  • パイロットおよびオペレーターのライセンスデータ
  • ミッションプランとルート。 
 
SKYFchainは、各フライトに先立って100%の安全性コンプライアンスのための操作権とルート確認の検証を行います。
 
これは、財務ツールでもあり、プラットフォームの参加者間での暗号通貨取引を可能にし、金融機関や個人に資産の直接管理を提供し、貨物ロボット業界の資金調達と保険の解禁を提供します。
 

ロードマップ

プロジェクトロードマップ

2014-2017

VC資金調達5百万ドルを確保する。SKYF貨物ドローンの設計と製造; 空気力学的試験を成功させた。完全自律飛行Q4 2017

SKYFドローンは、無人機ロジスティクスのフランチャイズドローンおよびスペアパーツの第三者無人機製造業者のライセンスを取得しています。

2018 – 2019

プライベートブロックチェーンの開発。国際的な法的構造の創造。最初に組み立てられたSKYFドローンの販売と、貨物ドローンの厳しい規制がない地域(CIS、アジア、アフリカ)へのパートナーネットワークの拡大。

2020年〜2022年

SKYF無人機販売の急速な成長; サードパーティの無人データをSKYFチェーンに含める ; 先進市場における新しい規制のためのロビー活動。

2023年〜2025年

システムに陸上および海上貨物の無人機を含める。旅客ドロンに従う。

2021年までに、世界中で1100台以上のSKYFドローンが運用されており、他の無人機メーカーやオーナーがSKYFchain OperatingPlatformに参加してシステム内の取引数を増やすことができます。

トークンセール概要

トークンセール概要です。

トークン:SKYFT
価格:1 SKYFT = 0.065 USD
 プラットフォーム:イーサリアム
受け入れ:ETH、BTC
最小投資額:3000 SKYFT
ソフトキャップ:6000000米ドル
硬質キャップ:32000000 USD
国:エストニア
事前販売が、3月に開催され、正式トークンセールは、5月からです。
 
 

市場分析

SKYFchainが参入するのはロボット産業であり、貨物に関するものです。

PWCによると、商業用無人機の市場規模は1,270億ドルです。

その用途は主に農業、インフラストラクチャー、輸送、建設のためのものです。

SKYFの適応可能なデザインは、その市場機会の100億ドルに対応するポジションです(完全なレポートはDataroomにあります)。商業用無人機の販売に成功した他の大企業もすでに存在しています。ヤマハは、農業用に2,400個のヘリコプター型UAVを生産しています。DJIは10億ドルの時価総額を持つ中国の無人機メーカーで、農業用無人機のアフターサービスセンターを100店舗建設する。これは、これらの大規模な現職者が、近い将来に数万の農業用無人機が使用されることを意味しています。

ドローンは様々な業界で利用され始めていますが、最も注目されているのが農業です。

この分野に期待しているのは何もPwcだけでなく、ゴールドマンサックスは米国で今後5年間ドローンユーザーが世界で2番目に大きくなると予測しています。Markets and Markets は農業用無人機が2022年までに30%成長すると予測しています。

ドローン関連のVCファンドも増加しており、広範な採用が主流となって来ています。

2012-2017までのドローンVCの中で最も活発な投資家は以下参照。

しかしながら高い需要にもかかわらず、商業的に入手可能な無人機のソリューションは市場ニーズを完全に満たすものではありません。

SKYFドローンの市場拡大の戦略としては、他の業界参加者を招待する前にSKYFchainプラットフォームの開発とテストを可能にしています。

無人機などの乗り物を飛行機、船舶、乗用車などの業界に導入する予定です。

2020年以降は空中飛行士を招待する予定であり、 BIS Researchのアナリスト、Abhimanyu Raheja氏によれば、「自動車両の総数は2026年末までに1億1,000万以上に達すると予想されています。

競合分析

競合企業はすでにVCで成果を挙げているいくつかのプラットフォームが存在します。

AirMap

API SDKを利用したドローンプラットフォームであり、米国管制空域でのLAANC認定UASサービスです。

フライトのすべての段階のミッションクリティカルなAPIを提供しています。

VCも活発に行われている企業です。

競合上のメリット

SKYFの競合上のメリットとしては、

ガスエンジンによる効率性の向上

内燃機関によって駆動される2つのプロペラと制御用のより小型の電気プロペラの組み合わせについて、国際PCT特許出願を記入し、ロシアの特許が授与されています。
 
さらに、従来のマルチローター電気ドローンの制御がSKYFと大きく異なるため、ノウハウの核心は制御ソフトウェアにあります。
 
また、フライトごとに運行権を付与する前に、無人機の部品や建設の真偽を検証するブロックチェーンエコシステムSKYFchainを構築しています。当社は、共通ライセンスの下でSKYFの製造の正当な権利を提供する予定です。
 
 

長い飛行時間、重い持ち運び能力、および生産の容易さは、他の市販の無人機からSKYFを分離します。SKYFのみがリフト用のガスエンジンと制御用の小型の電気プロペラを組み合わせています。強力なリフトと長い飛行時間を提供するために、2台の大型(2.8m)プロペラが内燃機関に接続されています。8つの小型電気エンジンが制御を提供する。SKYFは250kg(550ポンド)の最大荷重を3時間まで運ぶことができます。それは350キロ(220マイル)の範囲で最大8時間50kgを運ぶことができます。市場に出てくる無人機はこの性能に近づくことはありません。

内燃機関は、SKYFの性能を著しく向上させる。最高のリチウムイオン電池(テスラで使用されている)でも250ワット/ kgのエネルギー密度を持っています。ガスエンジンのエネルギー密度は12,000 W / kgです。したがって、内燃機関を備えたガスエンジンは、電動モータを備えたリチウムイオンバッテリよりも14〜15倍効率的である。さらに、ガソリンエンジンは、バッテリ充電よりもはるかに長く動作し、極端な寒い気候や暑い気候でも優れた性能を発揮します。

費用効率
 

ドローンを主なサービスとして提供していますが、飛行時間単位で料金を請求しています。

1時間の飛行時間は150ドルで、これは伝統的なヘリコプターより約10倍安いです。

さらに、自社希望のお客様には、SKYF無人機を$ 250,000で購入することができます。比較として、地上ベースのJohn Deere噴霧器トラクターは200,000ドル以上の費用がかかります。空中装置はさらに高価です。使用されている作物飛散飛行機は300,000ドル以上の費用がかかります。

 

国際的な市場展開

開発された農業、物流、インフラストラクチャー企業、戦略的投資家、学術機関、パートナーの支援のおかげでロシアを出発しています。ロシアの規制当局は、ドローンに優しい方針を採択するには進歩的です。
 
チームの多くのメンバーは、規制を作成するために規制当局と協力しています。東南アジア、アフリカ、ヨーロッパの市場は大きな可能性を秘めています。これは、SKYFの設計とソフトウェアの現地パートナーへのライセンス供与が急速な導入に役立つ所になります。
 
 
 

顧客基盤の確立

SKYFの開発の初期段階から、私たちは農業、石油、ガス、物流の顧客と協力しており、堅牢なパフォーマンスと運用ソフトウェアを、お客様のインプットに直接基づいて設計しています。

最初の市場はロシアであり、Pony Express、Russian Post、Slavneft Oil&Gasでパイロットプログラム(less)を実施し始めています。

いくつかの大手顧客が、事業運営にSKYFドローンの試験飛行またはパイロット実施に申し込みました。

Syngenta

Syngenta(年間売上高 – 128億ドル)は、農薬や種子を生産する世界的なスイス農業企業です。バイオテクノロジー企業として、ゲノム研究を行っています。 2000年にノバルティスアグリビジネスとゼネカアグロケミカルマージドが結成されました。シンジェンタは2014年現在、世界最大の作物生産会社であり、ヨーロッパでは最も強力です。 2009年現在では、種子およびバイオテクノロジーの売上高で3位にランクされています。 2015年の売上高は約134億ドルで、出店市場の売上の半分を超えています。国際規制当局は、中国の国有企業であるChemChinaによる買収を承認した。ステータス:第1回交渉が完了し、SKYFchain OPのプロモーションに興味があります。シンジェンタはSKYFの無人偵察機の試験に向けて努力しており、試験飛行は2018年春に予定されています。

avgust

アブグスト作物保護(年間収入 – 2億633万ドル)は、ロシアの全農業企業および農家の中で最大の化学物質供給業者です。現在、現地ディストリビューターを経て約30カ国にあり、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、カザフスタン、中国、ブラジルで独自の事業を展開しています。 AVGUSTは独自の生産能力を持ち、化学物質の選択から化学栽培サービス(特定の地域の大手顧客向け)まであらゆるサービスを提供しています。SKYFchain OPに関連するPR活動のプロモーションスペースを提供する準備は整っています国際市場での操業を含む多くの先進農場でパイロット実施が可能となりました。ステータス:AVGUST作物保護は、SKYF無人機を使用して土地50万ヘクタールを撒く目的でLetter of Intentに署名しました。

Group

Group(年間収入 – 14億ドル)は、ロシア最大の垂直統合農業産業です。現時点では、砂糖、豚肉、作物、油脂の生産において主導的地位を占めています。当グループの土地銀行は、600,000ヘクタール以上で構成されている。 2015年に、Rusagro Groupという投資銀行はCISの中で最も収益性が高く最も急速に成長している消費者セグメント会社の1つとなりました。同社はロンドン証券取引所とモスクワ証券取引所に上場しています.

Prodimex

Prodimex Group(年間収益 – 10億6000万ドル)はロシア連邦で最大の砂糖メーカーです。グループには15,000人以上の従業員がいます。 Prodimexは、Voronezh、Belgorod、Kursk、Tambov、Penza、Krasnodar、Stavropol、Bashkortostan共和国の8つの主要農業地域にある60万ha以上の国内最大の土地銀行を所有しています。その結果、同社の農業部門は350万トン以上の甜菜と50万トン以上の穀物を栽培しています。

チーム

このプロジェクトチームは、

アレクサンダー・ティモフエフー最高経営責任者(CEO)

:モスクワ物理学研究所ラトビア国立大学物理学研究所Microbor-Nanotech設立者兼CEO InvestKinoProject創設者兼CEO FPIイノベーションファンドの創設者および管理パートナー。

リードITデベロッパー
:MIPTから応用数学の博士号を取得します。大規模なデータ分析に携わる多くのソフトウェアベンチャーで、開発者とR&Dグループのリーダーを務める。MIPTからコンピュータサイエンスの博士号を取得し、彼は、国際的なハイテクプロジェクトのために、ロシアと世界の両方で投資を誘致する豊富な経験を持っています。

IR

:ONEXIMグループのHigh Tech InvestmentsのBright Capitalヘッドの管理パートナー。

アドバイザーには

Alexey Arkhipov氏:Alexey Arkhipovは、ロシアのITおよび決済市場の思想的指導者であり、先端技術者です。彼は金融業界におけるさまざまな分散システムの革新をリードする8年以上のエグゼクティブレベルの経験を持つ先駆的な技術者です。

2014年以来、Arkhipov氏はQiwi Blockchain TechnologiesのCTOとしてBlockchain R&Dに専念してきました。2017年、AlexeyはFinTech AssociationのDistributed Ledger Technology部門の責任者に任命されました.FinTech Associationは、主要なロシアの銀行や金融会社を統括しています。現在は、ロシアの最初のDLTプラットフォームMasterchainの技術開発をリードしています。

Michael Terpin: Terpinは、トップトークンセールの一部を含む150以上のブロックチェーン企業と財団の広報活動を主導してきました。クライアントの成功には、Aeternity、Augur、Bancor、Ethereum、Factom、Gnosis、Golem Network、Lisk、MaidSafe、Qtum、Tether、Bittrex、Counterparty、Dash、Eos、Kraken、NEM、Neo、 StorjとShapeshiftなどが含まれます。

2013年の初めに、Terpinは北米、ヨーロッパ/ EMEA、アジア、カリブ/ LatAmで成功したCoinAgendaシリーズのブロックチェーン投資家会議に2014年に誕生したデジタル通貨のスタートアップ向け世界初のエンジェルネットワークであるBitAngelsを共同設立しました。

彼は初期のブロックチェインインキュベーターbCommerce Labsを共同設立した。エンジェルリストのBitcoin Syndicate(伝説の超天使Gil Penchina)、そしてEthereum、Factom、MaidSafe、Storjの初期クラウドデールのリード・インベスターでした。

彼は現在、Caymansに登録されている3億ドルのデジタル通貨基金であるAlphabit FundのICO投資委員会を率いており、Bancor、ICOBoxなど多数のブロックチェーン企業と財団に助言しています。

TerpinはConsumer Electronics Showの顧問を務め、CES Asiaを含むブロックチェーンのコンテンツをプログラムするのに役立ちます。Skolkovo財団のエグゼクティブディレクター、スタートアップの大手ロシア企業インキュベーター。最大の国際企業の戦略と事業開発のディレクターでもあります。

アドバイザーの存在も強固な印象です。

全体として、チームは、タスクを成功裏に達成するために必要な専門知識と知識を持っています。チームの経験は、プロジェクトの市場での成功を高める要素となりえます。

シナリオ予測

白書には、明確なシナリオ予測がなされています。

SKYFchain OPの経済学の中核は、トランザクション手数料です。

ユーザーは、システムに受け入れられた暗号通貨で支払う必要があり、SKYFトークンを利用できます。

 

 

  1. トランザクションあたり約0.1ドルの運用取引手数料(ドローンによって、例えば一日1つのデータに対して数回行われる)
  2. フィンテック取引手数料

こららの手数料は、トークン保有者またはスーパーノード保有者に分割されます。

スーパーノード保有者へ取引手数料の50%

ネットワーク開発基金へ25%

トークン保有者へ25%

スーパーノードの数は、最初の3年間は300に制限されています。

シナリオ予測としては、ICOでの調達額に依存します。

ソフトキャップ成功だけでは、プロジェクト開発が遅れる可能性があり、市場参加者のためにもMVP開発が急がれます。

開発後は、マーケティング拡張に割り当てられます。

SKYFトークン

SKYFchainオペレーティングシステムの内部通貨SKFTトークンを発行しており、セキュリティ的にも利点があります。
 
SKYFchainはSKYFTトークンを使用しています – ICOで発行されたユーティリティトークン
 
  • 1 200 000 000トークンの固定量
  • ICO終了価格はSKYFTトークン1個につき0.065ドル
  • SKYFTは米国SECに準拠しています
  • SKYFTのトークンは、SKYFchain内の取引に必要となります。
 
 
 Ethereum ERC20トークンの形でICOで発行されるのは12億枚だけで、すべてのシステムで一定量です。
 
トークンのエアードロップもあり、配分は以下です。
 
報酬の分配

Facebookキャンペーン:12,5%(2 250,000 SKYFT)
Twitterキャンペーン:12,5%(2 250,000 SKYFT)
Youtube、ブログ、メディアキャンペーン:20%(3 60000 SKYFT)
マスメディアキャンペーン:10% (1,800,000 SKYFT)
Bitcointalk署名キャンペーン:20%(3 60000 SKYFT)
翻訳とモデレーションキャンペーン:15%(2 70000 SKYFT)
中規模キャンペーン:2,5%(450 000 SKYFT)
テレグラムキャンペーン:2,5% (450,000 SKYFT)
リザーブ基金:5%(900,000 SKYFT)

 
 

トークンの将来価格とホルダーのメリットについて

ロードマップによればサービスとドローン販売が2019年までに開始します。

チームは、2020年以降は世界展開を考えているため、ロードマップ通りに開発が進むことができれば、2018年末以降からトークン価格が高騰する可能性が高くなります。

さらに、スマート契約を実行するためにはより多くのトークンが必要になり、SKYFTの為替レートが上昇する可能性があります。クライアントは通常、法定通貨と暗号通貨で私たちに支払うことを期待しており、必要な場合に暗号交換から私たちのトークンを購入することになります。

少なくともSKYFTトークンが4〜5箇所の暗号通貨取引所で取引されることを計画しており、これは、プラットフォームの運用上の流動性のためにも必要なことです。

また、販売された最初の1,000ドローンの売上の20%はSKYFTトークン(50〜70百万ドル相当)を買い戻し、SKYFchainオペレーティングプラットフォームの開発資金として使用されます。

トークン価格を予測することは非常に難いですが、サービスの開始と流動性に大きく左右されるのは歴然です。

SKYFトークンに対するユーティリティの需要は引き続き増加すると考えられます。しかし、ドキュメントで指定されているように動的ではない可能性がありますが、長期の暗号投資家にとっては、興味深いはずです。

投資判断とリスク分析

SKYFchainはSKYFdronedevelopmentプロジェクトの拠点であり、ICOを行う際の綿密な準備計画が白書から整っていることが理解できるプロジェクトともいます。

チームは、ICO後の今後3〜5年間でドローン収益が$ 50Mに達すると推定しており、またSKYFドローンは、パテンとノウハウを含むあらゆるIP保護対策を備えて設計されています。

SKYFchainは初期の開発段階でSKYFchainの独自性を保護しており、経験豊富なエンジニアとビジネスリーダーによる経験豊かなチームで、SKYF無人機プロジェクトに5億ドルのVC資金を集めています。

以上のことから、私はICOで投資を行うリスクは通常のプロジェクトよりも比較的低く、投資の価値も高いと結論づけます。

トークン購入したい方はこちらからどうぞ。

トークン購入はこちらから

GET SKYF TOKENSをクリックします

登録します。

個人情報を入力します。

すべて入力しましたら、SAVEをクリックします。

メールを確認します。

ログインします。

トークン量を確認します。

支払いアドレスを設定します。

 関連リンク

公式サイト | 白書 | twitter | Facebook | telegram 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here