この記事を読むのに必要な時間は約 38 分です。

 

医療セクターの傾向

近年、ヘルスケアの支出は18兆ドルにまで及び、GDPの約18%を占める国も出てきています。

しかしながら、課題は山積みであり医薬品の売上高は減少しており、いりょうのかいぜんはぜんたいてきにていたいしています。

中でも医薬品開発には様々な課題があり、以下です。

  • 高いコスト
  • 成功確率の低さ
  • 収益性

これらの課題を克服できる可能性があるのが、ブロックチェーン技術です。この技術によって

  • データセキュリティの高い医療記録
  • 医薬品サプライチェーンの相互運用性
  • 支払い分配のためのスマートコントラクト

などのメリットがあります。

そこで、新興企業はゲノミクスやAI、そしてブロックチェーンなどの新世代技術を採用して医療業界を変革しようとしています。

今回は、そのようなプロジェクトを比較しながら分析したいと思います。

医療セクターのブロックチェーンプロジェクトの詳細分析

医療業界へのブロックチェーン導入する意向は増えてきており、様々なプロジェクトが誕生しました。

今回は、今年4月にICOが予定されているProject Shivomと競合プロジェクトを比較したいと思います。

Project Shivom(18)

Shivomは、アイデンティティを保護し、医療をパーソナライズし、人生を変えることによって、ブロックチェーン技術を通じてゲノミクスの次世代を動かしています。 当社のブロックチェーンベースのゲノミクスおよびヘルスケアプラットフォームは、バリューベースの精密ヘルスケアへの移行を可能にします。 私たちの焦点は、グローバルなスケーラビリティを備えた安全でパーソナライズした医療を可能にする、ブロックチェーン、人工知能、機械学習によるOMICSテクノロジーの変革的なコンバージェンスです。

  • ビジョンとソリューション-医薬品開発、ヘルスケア、医療データのための革新的な新世代プロジェクト(3)
  • アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(2)
  • プロダクト-アルファ版リリース前(1)
  • 技術-ブロックチェーン、AI、ゲノミクス(3)
  • ビジネスモデル-エストニア含む3つの政府機関と提携(3)
  • コミュニティ-やや高い(2)
  • ICOの経過-開催中(1)
  • 取引所-未定(1)
  • 外部評価-標準(2)

 

Medicalchain(19)

Medicalchainは医療データの安全で迅速な利用を可能にする分散プラットフォームです。患者の健康記録を保存し、患者のデータの統一バージョンを維持するためにブロックチェーン技術を利用します。Medicalchainは医師、病院、研究所、薬剤師、保険会社などのさまざまな医療機関が医療記録にアクセスして対話することを可能にします。各対話は監視可能、透明で、安全にMedicalchainの元帳にトランザクションとして記録されます。

プライバシーとアクセス管理

メディカルチェーンはユーザに全権なアクセスを与え、どのようにデータが共有されルカコントロールができる。しかし、ユーザは一人一人異なったアクセスや機能を有することになる。アクセス許可とブロックチェーンにデータを紹介し、編集ができるユーザを指定することができます。

遠隔医療プラットフォーム

医師と患者間のプラットフォームにより、ユーザーは安全な順序を通じて医療専門家と直接接続し、記録を共有しながらオンライン相談をすることができ、第二意見を得ることができます。ユーザーは世界のどこからでも医師と相談をすることができ、医師は、プラットフォームでの出来制度で支給されます。

健康記録のライセンス

ユーザーは、メディカルチェーンプラットフォーム上でEHRに全権でアクセス、管理ができます。これにより、EHRを製薬会社にライセンス供与して研究を行うことができます。 これがメディカルチェーンの条件付アクセスアクセスシステムと結合され使用​​される場合、ユーザーは企業がアクセスできる情報とそのアクセスが可能な期間に関する境界を簡単に設定できます。

アプリケーション開発プラットフォーム

メディカルチェーンは、サードパーティの開発者が生態系内でアプリケーションを開発し、展示することを可能にします。健康アプリケーションには、医薬品の評価、ウェアラブルデータとの対話性、脂肪測定、食事と栄養アドバイスなどが含まれます。このようなアプリケーションは、メディカルチェーンプラットフォームに直接接続し、患者はMedTokensと引き換えに使用できるアプリケーションに健康記録へのアクセス権を与えます。

  • ビジョンとソリューション-医療データのための分散型プラットフォーム(2)
  • アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(1)
  • プロダクト-MVPイギリスで試験段階(2)
  • 技術-ブロックチェーン(1)
  • ビジネスモデルとニーズ-イギリスロンドンでグローブスメディカルグループと提携(2)
  • コミュニティ-高い(3)
  • ICOの経過-完了(2)
  • 取引所-Kucoin Bitfinex Huobi Qryptos(3)
  • 外部評価-高い(3)

Medichain(16)

 

MediChainは患者に自分の医療データの所有権を与えます。 MediChainは、患者の医療データのための分散元帳です。 患者は安全な方法で自分のデータを保管することができ、支払人ネットワークやEMR(Electronic Medical Record)に関係なく、どこにいても専門家にアクセスすることができます。

処方薬を処方したり、処方せんでない処方薬を購入したりする患者についての情報が、デバイスまたは医療従事者によって、収集されています。患者はアプリを介してイーサリアムブロックチェーン(分散デジタルレジャー)に参照情報(「ポインタ」)を追加する機会を得ます。したがって、ブロックチェーンはストレージへのインデックスであり、オフチェーンデータを検証するハッシュを含んでいます。

このブロックチェーンエコシステムは、決済の代わりに、重要な医療情報をオフラインで記録し、ソフトウェアを実行しているすべての人がアクセス可能で、特定の暗号鍵にアクセスする許可を得ている実質的に壊れにくい暗号データ​​ベースによって管理されます。

医師がどの電子システムを使用していたとしても、医師がブロックチェーンにログオンする各ポイント(またはスマートカードで患者ログを記録し、自分のデータを管理する)は患者のオフチェーンレコードの一部になります。どんな介護者も非互換性の問題を心配することなく使用することができます。

このように、ブロックチェーン技術は、患者に情報をより詳細に制御し、医療記録の安全な方法で合理化し、機密データをハッカーから守り、患者が情報共有から恩恵を受けるようにすることができます。カスタムメイドの「ヘルスケアブロックチェーン」は、これまでに想定されていたよりもはるかに深いレベルでの医療記録の業界全体の革命を告げるでしょう。

  • ビジョンとソリューション-ブロックチェーンによる分散型医療ビッグデータプラットフォーム(2)
  • アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(2)
  • プロダクト-MVP(1)
  • 技術-ブロックチェーン(1)
  • ビジネスモデルとニーズ−数多くの有名企業と提携(3)
  • コミュニティ-高い(3)
  • ICOの経過-開催中(1)
  • 取引所-未定(1)
  • 外部評価-標準(2)

MediLedger(14)

LinkLabとChronicledの指揮を借りて、MediLedgerプロジェクトは2017年に始まり、競合する製薬メーカーと卸売業者を同じテーブルに引き込みました。一緒に、ブロックチェーン技術を使用して処方薬の追跡および追跡機能を改善するためのプロセスを設計および実装しました。

MediLedgerは、米国医薬品供給連鎖セキュリティ法(DSCSA)の要件をサポートするために構築されたもので、特定の処方薬を特定して追跡するための電子的で相互運用可能なシステムを構築するステップを概説しています。

2つの主要な取り組み:業界のビジョンは、業界のさまざまな主要企業(サプライチェーンの参加者、業界のサービスプロバイダ、信頼できるテクノロジ企業)によって運営されているノードを持つオープンシステムアーキテクチャです。

このオープンなネットワークを実現するために、関係者は完全なプライバシーとビジネスインテリジェンスの漏洩を許さないブロックチェーンソリューションを開発することができましたが、薬物検証と起源報告の機能を引き続き可能にしました。

MediLedgerの主なメリット

トレーサビリティ

ブロックチェーンを使用しているため、MediLedgerは、米国内で現在実施されている「陸上追跡規定」のコンプライアンスを向上させることができます。

セキュリティ

このプラットフォームのもう一つの不十分な側面は、患者の安全性を改善する能力と、患者への薬物の供給を規制する能力である。

異常の処理

公式の会社のウェブサイトによると。 MediLedgerでは、例外が発生したときに「例外の簡単な調整」が可能になります。

MediLedgerの新機能

MediLegerの目標は、製薬メーカー、流通業者、およびディスペンサーのコンソーシアムとして機能できる「相互運用可能なシステム」を顧客に提供することです。その使用にもかかわらず、顧客は次のような特典を受けることができます。

医療費の削減:

MediLedgerを使用することにより、薬価は規制される可能性があるため、大幅に引き下げられます。

偽造撲滅:

このプラットフォームのもう1つの重要な用途は、医薬品の偽造を阻止し、それによって米国の医薬品サプライチェーン内の医薬品の繁殖を止めることです。

合理化されたビジネス:

MediLedgerを使用することにより、顧客は全体的な業務運営を改善することができます。

 

  • ビジョンとソリューション-医療データのための分散型プラットフォーム(2)
  • アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(2)
  • プロダクト-プロトタイプ、パイロットプログラム進行中(1)
  • 技術-ブロックチェーン、IoT、GS1準拠(2)
  • ビジネスモデルとニーズ-GenentechとPfizerのほか、Roche、AmerisourceBergen、McKesson Corporationは、MediLedgerプロジェクトの実施に関与する世界有数の製薬企業のグループに属しています。(2)
  • コミュニティ-低い(1)
  • ICOの経過-未定(1)
  • 取引所-未定(1)
  • 外部評価-低い(1)

Simple Vital Health(17)

2017年2月に開始されたプロジェクトで、ブロックチェーンの実用的な実装である監査証跡から出発しました。

同社の製品であるConnectingCareは、異なる臨床機関のプロバイダを同じプラットフォームに集め、共通の患者のために同じデータを見ることができます。 AIによって提供される金融および臨床アルゴリズムは、すべてのユーザーに戦略的な機会を提供します。

一緒になって、プロバイダーは、介護の費用を削減するために働いています。これは、プロバイダーが共同作業と結果のために支払われることを意味します。払い戻しは、彼らが一緒に働くことを証明する能力に依存するので、不変の監査証跡は、ユーザに対して余分な上昇をもたらす。

信頼性の実績があり、ヘルスネクサスを構築しています。ヘルスネクサスは、ヘルスケアで安全に採用できるブロックチェーンのインフラストラクチャとプロトコルです。この製品は、HIPAA準拠と安全なデータ共有のためのプロトコルに組み込まれた鍵ペアシステムに焦点を当てた新しい検証とガバナンスプロトコルを組み合わせています。

まず、ConnectingCareをリンクして成長させてから、コミュニティが最も求めている医療データ市場を開発することです。

  • ビジョンとソリューション-ヘルスケアデータの価値を引き出す世界的なHIPAA互換プロトコル(2)
  • アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(2)
  • プロダクト-MVP開発(1)
  • 技術-ブロックチェーン、AI(2)
  • ビジネスモデルとニーズ-(2)
  • コミュニティ-高い(3)
  • ICOの経過-完了(2)
  • 取引所-未定(1)
  • 外部評価-標準(2)

Robomed Network(15)

Robomed Networkは、最も効果的な医療を提供するために設計された分散型医療ネットワークです。このプロジェクトの独自性は、スマート契約に基づいて医療サービス提供者と患者を結びつけることにあります。価値基準は臨床経路です。

患者のアウトカムに焦点を当てたこの画期的なコンセプトは、医療市場にとってまったく新しいものです。言い換えれば、Robomed Networkは、医療プロセス自体ではなく、患者が結果を支払う最初のシステムです。

Robomedは、ロシアとドバイで最初に立ち上げられ、約9,000人の患者、30,500のサービス、およそ200万ドル相当のサービスを誇っています。ヘルスケア市場がバリューベースのケアに移行し続けるにつれて(プロバイダーと患者の間のギャップを橋渡しする)ロボメドのようなソリューションは引き続き牽引力を得るでしょう。

  • ビジョンとソリューション-医療データのための分散型プラットフォーム(2)
  • アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(2)
  • プロダクト-サービス開始(2)
  • 技術-ブロックチェーン(1)
  • ビジネスモデルとニーズ-高い(3)
  • コミュニティ-低い(1)
  • ICOの経過-完了(2)
  • 取引所-Etherdelta (1)
  • 外部評価−(1)

Solve Care(20)

医療の分散的調整と管理のためのプロジェクトであり、ステークホルダーを結び付けて同期させることで、より良い結果を提供し、コストを削減し、すべてのユーザーの利便性を向上します。

ケア・ウォレット

ネットワーク上の他の財布とつながっているパーソナルヘルスケアウォレット。すべての医療ニーズを調整し、お客様の情報と行動を管理します

ケア・カード

あなたのウォレット内のスマート・アプリケーションは、他のカードとリンク、スタック、グループ化されてお互いに話すスマート・アプリケーションのネットワークを作成できます

ケア・コイン

インテリジェントトークンは、医療費のライフサイクルを最適化するように設計されています。請求に責任を持ち、監査、調整、多段階支払いの調整と回収を容易にする

ケア・マーケットプレイス

カード、プロトコルペア、エンドポイントを含むプラットフォーム拡張用Appstoreコミュニティが世界中のクライアントとつながり、イノベーションとサービスを公開する場所です

ケア・プロトコル

複雑な統合を必要とせずにすべてのステークホルダーを継続的に同期させるために設計されています。 Care.Protocolは、Blockchainテクノロジとイベントベースのアーキテクチャを使用して構築されています

  • ビジョンとソリューション-医療データのための分散型プラットフォーム(2)
  • アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(2)
  • チーム-高い(3)
  • プロダクト-MVP(1)
  • 技術-ブロックチェーン、人口知能、クラウドコンピューティング(3)
  • コミュニティ-高い(3)
  • ビジネスモデル-アリゾナケアネットワークに接続、UKrsoft買収(2)
  • ICOの経過-開催中(1)
  • 取引所-未定(1)
  • 外部評価-高い(3)

WELL(20)

医師、セラピスト、心理学者、その他のヘルスケア専門家を世界中の患者に直接つなぐために、医療をグローバル化し、国境をなくしています。私たちは、国境を越えた支払い、データアクセシビリティ、支払いリスクを取り巻く世界最大の医療問題を解決するために、WELLトークンを作りました。 最高品質の医療提供者がどこにいても誰にでもサービスを提供できるようにしています。

WELLは、さまざまなメカニズムを使用するクライアントにとって付加的な価値を提供します。 まず、どこにいても1年365日、24時間の医療サービスを受けられます。 WELLサービスは、最も一般的な世界言語を話す医師(セラピスト、心理学者、外科医、および他の専門家)のグローバルネットワークが発達したため、国境を越えています。 そのため、患者は最高の世界医師から母国語で医療支援を受けることができます。

 

低コストのビジネスモデルは、約30%の価格低下を引き起こす可能性があります。つまり、患者は、医師との個人的な予約のために価格の一部を医療専門家に指導することによって、アドバイスのための価格を受け取ることを意味します。

主な利点:

賢いネットワークの摩擦のない取引はエンゲージメントと成長を促進する
働く製品と急速に成長する患者と医師のネットワーク
暗号投資家が自分の保有する資産を分散して、自分自身の健康だけでなく、その家族の健康にも役立つトークンを含めることができるようにする能力
グローバルなリーチとプラットフォームの多言語機能
プラットフォームの無償配布と非営利団体の強力な社会的使命
WELLトークンの発行制限
トークンの需要が高いシステム内でのさまざまなトークン使用
政府機関やその他の収益性の高いビジネスモデルとのパートナーシップの可能性

  • ビジョンとソリューション-国境を超えた質の高い医療サービス、ヘルスケアのためのプロジェクト(2)
  • アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(2)
    プロダクト-既存のプラットフォームの存在(3)
  • 技術-ブロックチェーン(2)
  • チーム-(2)
  • ビジネスモデルとニーズ-米国の主要保険会社との提携、エストニア政府医療機関とのパートナーシップの可能性(3)
  • コミュニティ-やや高い(2)
  • ICOの経過-開催中(1)
  • 取引所-未定(1)
  • 外部評価-標準(2)

Etheal(23)

ブロックチェーンベースの医療従事者の世界的なリストとコンテンツプラットです。患者が選択可能の介護費用から7,000〜50,000ドルを節約できる :患者は世界中の専門家を検索し、焦点や治療方法の指針で索引を付け、母国語で査読することができます。

Etheal Trust Score(ETS)は、ウォレットアドレスの一般的な信頼性を反映します。スコアは、特定のウォレットアドレスが重要かつ人気のあるコンテンツをどれほど早くアップさせるか、およびアドレスが所有するHEALトークンの量を含む要因の組み合わせです。

ETSのアイデアは、世界最大で最も成功したヘッジファンドであるBridgewater Associatesの「信憑性スコア」に基づいています。 大半が決定する民主主義または選択された少数民族が決定する独裁主義と比較して、信憑性スコアは、有権者の信用度の投票を重み付けすることによって、アイデア・メリツキを促進します。 ETSは、週次拠出基金のために賭け金を計算する際にアップボー卜を計量するために使用されます。

Etheal Rank Score(ERS)は、有用なコンテンツを作成したり、時間内のアポイントを表示したり、良いレビューを得るなど、ユーザーがエコシステムにどれだけの総価値を生み出したかを反映します。 Etheal Rankは、紛争の緩和など、アカウントにアクセスできる特別な機能を決定します。各トランザクションは、サービスプロバイダとユーザーのアドレスとトランザクションの暗号化された詳細をブロックチェーンに記録されます。両当事者は、各取引に基づいてレビューを作成し、必要に応じて紛争を開くことができます。外部からの介入なしに紛争を解決することが奨励されるが、必要に応じて問題は司会者の委員会に自動的に転送されます。すべての参加者のEtheal TrustとEtheal Rankのスコアは自動的に更新されます。ケア提供者は、専用のレビューウィジェットとAPIを使用して、自分のウェブサイトに簡単にレビューを埋め込むことができます。

  • ビジョンとソリューション-ブロックチェーンによる信頼性の高い医療用レビュープラットフォーム(2)
  • アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(2)
  • プロダクト-機能しているプロダクト(3)
  • 技術-ブロックチェーン(2)
  • ビジネスモデルとニーズ-ハンガリーとブラジルで、250万の訪問数を誇るプロダクト、7つのクリニックと提携(3)
  • チーム-Singularity University HARVARD、数々の賞を受賞 、強力なアドバイザーtransform groupのCEO(3)
  • コミュニティ-高い(3)
  • ICOの経過-未定(1)
  • 取引所-未定(1)
  • 外部評価-高い(3)

Trusted Health(18)

世界中の患者と世界をリードする医療専門家をブロックチェーン技術を利用し、誰もがどこからでも利用できる専門医療サービスのネットワークを作ります。

多くの医療システムは遅く、非効率的です。適切な専門家の周囲には透明性が欠けており、誤診率は高く、専門分野が限られているため、最良の医療ケアは一箇所に集約されていません。また、世界で最も熟練した医療従事者の一部には限られました。

場所に関係なく、誰もが専門知識にアクセスできる必要があります。

技術不足、コミュニケーション不足、標準化の欠如、およびケース関連の情報交換に関する課題もあります。これらの問題は、患者間のコミュニケーション、医療従事者間の知識伝達、および将来の治療発見のためのより良い研究に影響します。

生命を脅かす状況において、すべての患者が直面している、そして最も懸念される課題は明らかです。

患者は世界中で利用可能な専門知識から恩恵を受けません
医療経験、データ、セキュリティの統一に対する要求が高まっています。
どのケースも、調整された研究を通して他の人を助けることができます。

TrustedHealthはこの変化の代理人として作られました。 TrustedHealthでは、患者、医療従事者、および健康全体のエコシステムが互いに直接結びついています。ある国の患者から別の国の専門医に直接リンクし、正しい診断と適切な患者ケアを提供する – これがTrustedHealthのビジョンです。ヘルスケア経験のあらゆるステップは、ヘルスケアプロバイダーの統合された医療エコシステムを通して、誰もが利用可能となりました。

  • ビジョンとソリューション-ブロックチェーンによる世界的な専門医療サービスプロジェクト(2)
  • アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(2)
  • プロダクト-機能的なMVP(2)
  • 技術-ブロックチェーン(1)
  • チーム-ハーバードでの賞受賞、(3)
  • ビジネスモデルとニーズ-12以上の企業提携(2)
  • コミュニティ-高い(3)
  • ICOの経過-開催中(1)
  • 取引所-未定(1)
  • 外部評価-高い(3)

CareX(15)

CareXはセキュリティと透明性を医療と結びつけるイーサリアムのブロックチェーンプラットフォームです。 CareXプラットフォームでは、ヘルスケアサービスの購入と販売のためにトークン通貨(CARE)を使用することができます。 患者、プロバイダー、サプライヤーに大きな利益をもたらします。

CareXは、保険に代わるブロックチェーンベースの方法を使って、人々がヘルスケアを見つける新しい方法です。

CareX取引はイーサリアム元帳に記録され、同時に安全で流動になります。各トークンはトークン値に加えて、CareXからの0.5%の年間収益配分でシェアを提供します。

私たちは、サービスの代償としてそれらを受け入れるプロバイダーのネットワークにサインアップすることにより、トークンの市場を作り出すよう努めています。 CAREトークンは、個人消費のみではありません。スマートコントラクトを使用することで、トークン所有者のCareXコミュニティは、財布を経由して、いつでも誰とでもトークンを交換できます。

CareXは通貨以上のものです。トークン所有者は、CareX財布を利用して医療記録を安全に保存し、必要に応じてプロバイダに短期間のアクセスを許可し決定することができます。医学的に訓練されたAIベースのチャットボットであるピント博士と話すことで、病気に対する予備的な非公式診断を受けることさえできます。

CareXは医療従事者や投資家にとって恩恵を受けるだけでなく、プロバイダが経験する行政上の課題に対して効果的なデジタル代替手段を創り出し、すべての価格がすぐに入手できる透明な市場の基礎に戻し、支払いは即座に行われます。 CAREトークンは暗号化されており、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、およびUSドル(USD)と交換することができます。 CareXは現在の支払いシステムに干渉しません。むしろ、既存の保険モデルに加えて、低コストで使いやすく効果的な投資形態として実行されます。

CareXはすでに建設中です。世界中のプロバイダが使用する既存のヘルスケアソフトウェアプラットフォームに支えられ、プラットフォームが完成すると、CareX Simple Future Agreement(SAFT)の参加者は、医療サービスの代償として投資を活用する大きなネットワークを持つことになります。

ネットワークに参加するプロバイダは、このプラットフォームを無料で利用できるようになり、伝統的な支払い方法(20%の運用改善、30%の技術自動化)よりも効率的であるため、CAREトークン所有者に割引サービスを提供することができます。 CareXは、市場にいる誰にとっても価値提案を持つ、顧客に対する大幅な割引です。

CareXトークンは、病院、救急室、または医院の医療従事者や医療提供者にのみ適用されるものではありません。医薬品サプライヤーは、この代替経済における将来の計画された参加者の中で、効用と価値が高まるでしょう。 

  • ビジョンとソリューション-透明性の高い医療保険、医療データのためのブロックチェーンプロジェクト(2)
  • アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(2)
  • プロダクト-MVP(1)
  • 技術-ブロックチェーン、AI(2)
  • ビジネスモデルとニーズ-アメリカのプロバイダ参入(2)
  • コミュニティ-(1)
  • ICOの経過-完了(2)
  • 取引所-Etherdelta(1)
  • 外部評価−(2)

 

LIFEX(14)

株式会社アイロムは、臨床試験支援サービスのパイオニアとして事業展開を行っている企業です。親会社は、東京証券取引所第1部に上場している企業です。

iPS細胞作製技術をはじめとした再生医療や、遺伝子治療薬やワクチンなどの遺伝子創薬といった先端医療事業などを行っています。

治療薬以外に食品や化粧品などの臨床試験を行いたい企業に対して、提携している治験実施が可能な医療機関を紹介するなどの支援を行っています。

LIFEX(ライフェックス)は医療のビッグ・データを収集します。

ブロックチェーンで得られた情報の分析と結果、知識を記録し、ステークホルダーと商用のユーザーに有益な情報を提供します。

大規模なビッグデーターから「共通点」を発見することで、医薬品や予防薬の開発だけではなく再生医療などに良い影響を与えます。

LIFEXはブロックチェーン技術を使い、「研究者の結果」と遺伝子治療を必要とする人々を繋げる「LIFEX BCネットワーク」を作ります。

そして世界中のiPS細胞・ベクターウイルス技術に基づき「治療タンパク質」についての、どんな研究や成果が得られたかという情報をLIFEX BCネットワーク内で共有します。
それを「病院、大学、医療従事者」がアクセスできるようにします。

このサービスプラットフォームで使用されるユーティリティタイプの電子トークンは、暗号通貨発行システムであるWowooシステムを使用して発行され、運用されます。

コミュニティ、エコシステム構築でWowooシステムを使用することで話題となってます。

  • ビジョンとソリューション-医薬品開発、ヘルスケア、再生医療のためのブロックチェーンプロジェクト(2)
  • アーキテクチャ-NEOプラットフォーム(2)
  • プロダクト-BCネットワークv1.0リリース前(1)
  • 技術-ブロックチェーン、AI、ビッグデータ、遺伝子工学、バイオメトリックキー認証(3)
  • ビジネスモデルとニーズ-OKWAVEのwowoo提携(2)
  • コミュニティ-(1)
  • ICOの経過-開催前2018年5月予定(1)
  • 取引所-未定(1)
  • 外部評価−(1)

結論

評価の結論としましては、以下のようになりました。あくまで現時点での私個人の評価になりますので、プロジェクトの開発や追加情報次第では結果はまた異なるかと思います。

また、以下は各プロジェクトが医療業界の問題点をどこまで網羅しているかを表にしたものです。

 

Medical

chain

Medi

chain

Medi

ledger

Simple

Vital

Health

Robomed

Network

Solve

Care

WELL Etheal

Trusted

Health

CareX LIFEX
                       
分散化 √  √   √  √  √  √  √  √  √ √   √
製品  Δ      Δ  Δ   √   √  √  Δ Δ 

コスト削減

 

√    √  √  √  √  √  √  √  √   
ビジネスモデル  √  √ √  √  √   √ √   √ √   √ √ 
チームの経験 √   √    √   √  √  √  √     √
コミュニティ支持 √   √   √    √    √       
グローバル展開  √           √         
取引所 √                     

 

まず、Medicalchainに関してですが、プロジェクトの視点は遠隔医療と医療データの保護です。ICOは日本でも事前販売が積極的に行われていました。ハードキャップは満たしており現在は、MVP開発が進行中です。

取引所にも上場しており、BTC価格では−50%、ETHでは−20%程度で推移しています。(2018年4月18日時点)

取引所にはすでに複数上場していますので暗号通貨の相場回復と新規流入が増えていき、開発が順調に進んでいくとトークン価格は上がるでしょう。

Medichainも医療データ保護プロジェクトです。同社は強いチーム力が魅力的であり、特に日本の企業とも太いコネクションを持っています。現在ICO開催中ですがハードキャップは十分に満たされない可能性が高いです。(40%満たしている)チームのビジョンと経験は豊富なので期待できるプロジェクトです。

Ethealはブロックチェーンによって医療の信頼性を高める為のプロジェクトです。同社はチームの経験が非常に豊富であり、何より数年間機能している製品が存在することはメリットです。。大規模なチームと販売はまだ開始されていませんがバックグラウンドの多様性やビジョンは素晴らしいです。
コミュニティや評論家の指示も高いのでハードキャップの1000万ドルは調達できる見込みが高いです。

WELLのビジョンは明確で医療の質を高めることと国際化にあります。同社は魅力的なパートナーシップを持っており製品やチームも揃っています。彼らのソリューションは、一貫してブロックチェーン上に構築され、医療プロセスを分権化し、患者とプロバイダが必要とするヘルスケアの経験とコントロールを根本的に再定義する方法で、患者と医師に権限を委譲します。良いプロジェクトです。

WELLと同様に医療のグローバル化とアクセシビリティにも積極的に活動しているのがTrustedHealthです。

 

最後に個人的にはLIFEXが、Sivomのプロジェクトの視点も似ており、両者とも日本ではかなり期待値高くマーケティングされている印象です。

またwowooや日本でも暗号通貨界隈で著名人が関わっていることもあり、WWX WWBトークン同様に人気のICOになる可能性が高いです。

それゆえ、期待値も上がっていくことでしょう。

Project Shivomのメリットは以下です。

  • 業界の注目度は比較的高い(暗号通貨の指導者、インドやヨーロッパの政府機関、人工知能科学者、デジタルデータセキュリティの専門家など)
  • 独自のブロックチェーン技術を使用しており、DNAデータの保存と分析に革命をもたらし、精密医学とバイオテクノロジー研究の指導と改善に努めています。
  • Shivomは、遺伝学者、科学者、デジタル通貨の専門家、そして熟練したビジネス開発者のチームによって率いられています。

  • 最近、アンドラ・プラデーシュ州の政府とインドの州で最大6,000万人の人を繋ぐものを含む多くのエキサイティングなパートナーシップを発表した

  • エストニアの元首相、TaaviRõivas、欧州議員Antanas Guoga、トップクラスの科学者など多くの影響力のある当局者が、同社の成長と発展の取り組みを指導するためにShivom Innovation Councilに参加した

以上のような要因からこのプロジェクトは、近い将来に最も期待されているブロックチェーンプロジェクトの1つであり、高度な暗号化を使用してゲノムデータを管理する機能、医学研究のためのデータを寄付するボランティアにインセンティブを提供する機能、地方分権市場では、ゲノミクスの過程だけでなく、全体としてのグローバルヘルスケアに革命を起こすことになります。

 

関連リンク

公式サイト

https://t.me/projshivom

【ICOレビュー】Shivom-ブロックチェーン、人工知能、機械学習による次世代のゲノミクスとヘルスケア

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here