この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

 

Shivomは、アイデンティティを保護し、医療をパーソナライズし、人生を変えることによって、ブロックチェーン技術を通じてゲノミクスの次世代に力を入れています。

焦点は、グローバルなスケーラビリティを備えた安全でパーソナライズされた医療を可能にする、ブロックチェーン、人工知能および機械学習を伴うOMICSテクノロジーの変革的なコンバージェンスです。

Shivomプロジェクトの全体概要

シボムは、ブロックチェイン、ゲノムDNAシークエンシング、人工知能および暗号を組み合わせて安全かつパーソナライズされた医薬品を供給することにより、世界最大のゲノムおよび健康データハブを構築しています。 

特徴は以下です。

  • 誰もがゲノムをシーケンシングして安全に保存できる
  • エコシステムはプロバイダーが先進的なデータ分析と一緒にアプリやサービスを追加できるオープンなウェブ市場を提供する
  • SHIVOMプラットフォームは、コラボレーションと完全性の原則に基づいており、人々がゲノミクスや健康データを所有、管理、収益化することができる
  • グローバル・ヘルスケアの生態系を構築するにあたり、これまで利用できなかった低所得国や低所得国にも到達する
  • 同社のソリューションは、個人、非営利団体、政府、営利団体に共通の価値を創造する
  • トップデベロッパーおよびヘルスケア組織と提携しており、テクノロジー企業および大手製薬会社は、独自のゲノミクスおよびヘルスケアのアプローチを活用するために既に並んでいる
  • Shivomの規模が拡大しグローバル化するにつれ、すでに多くのパートナーシップを開発中である
  • このプラットフォームは、ドナーのDNAデータを保護し、安全にし、収益化し、精密な医学とヘルスケアを推進するために、ブロックチェーン技術を活用する方法を真に先駆けている

プラットフォームおよびエコシステムの特徴

Shivomはブロックチェーン上にゲノミクス生態系を作り出しています。ヘルスケアプロバイダーがゲノムデータ分析とパーソナライズド・メディケーションとともに、アプリやサービスを追加できるオープンマーケットを提供します。

  • ゲノムデータを利用可能な情報に変換する
  • データサイロを分解する
  • 臨床試験の迅速化
  • 医薬品の研究開発を促進する
  • 関連するデータにアクセスするためのプロジェクトの後援

採用技術

ブロックチェーン

ブロックチェーンテクノロジは、患者の同意、不明なデータ所有権、データ整合性、ユーザー認証などのほとんどの信頼問題に対処するのに理想的です。複雑なデータ権限管理とスマートな契約を使用したきめ細かなアクセスが可能です。

最先端のブロックチェイン技術を使用することで、データセキュリティの向上、データ共有の容易化、患者エンゲージメントの向上、品質に関する大規模なデータ分析、強化された研究開発プロセス、人工知能に基づく診断がすべての参加者に提供されます。私たちのビジョンは、Shivomが地球上で最大のゲノムデータハブになることです。そうすることで、この新しい大規模な生態系は、個人、非営利団体、政府、営利団体の価値を創造します。

公開鍵暗号

暗号鍵生成器は、非対称鍵アルゴリズムによる使用に適した一対の鍵の生成を開始するために使用される。公開鍵を使用して誰でもデータ(例えば私的ゲノムまたは健康データ)を暗号化することができるが、患者の同意が解読され、ゲノムデータへのアクセスが可能になった後に、例えば、研究者または患者の医師、は利用できるようになります。

レコードの保存とデータの保存とアクセス(クラウドに格納されアクセスされるデータのための安全で分散化された仮名ファイル構造)の普遍的なモデルの形でのブロックチェーン技術は、工業化された次の段階に移行するために必要な技術です。

ゲノム配列決定でShivomはこの現実作りに向けて取り組んでいます。私たちは、データセキュリティと暗号化の最前線を目指しています。私たちのチームは、主要な暗号化技術者と密接に協力して、地方分権のためのブロックチェーンを超えたセキュリティレベルをプラットフォームに追加しています。

マルチレベル暗号化

セキュリティとプライバシーをITプラットフォームの設計(予防措置)に統合することは、開発されたビジネスソリューションの追加として認識するのではなく、必要です。 

例えば、次のようなセキュリティとデータの出所がいくつかあります。

  • 取引の全当事者に対するセキュリティは、ソリューションの所有者とそのユーザーに厳密に必要とされ、交渉されていない限り、ユーザーの記憶された情報は物理的なアイデンティティに直接帰されるべきではない 
  • プラットフォームを使用するサービスプロバイダは、ユーザの身元について知らされずに有効なユーザ情報のみを受信します

また、詐欺行為(例えば、他者からのデータのアップロード)を試みるなど、プレイルールに従わないユーザーを特定することを可能にする、いわゆる義務証明を実装するためのアルゴリズムに取り組む予定です。

要約すると、高度なブロックチェーンベースのアーキテクチャは、以下を可能にすることを目的としています:

  • ユーザーの必要な医療情報のみが開示されること
  • ユーザーの明示的な制御下で開示されること
  • ユーザーはユーザが厳密に必要/望む場合を除いて識別される

これにより、Shivomは世界で最も安全で、最も堅牢なヘルスケアとゲノムデータ記録およびストレージインフラストラクチャとなり、ヘルスケアシステム全体で共同研究開発と精密医療が可能になります。

機械学習や人工知能

遺伝子コードには、間違った手で抱かれていると妥協する可能性がある、複数の種類の機密データが埋め込まれています。そのため、Shivomデータベースは、プライバシー、セキュリティ、透過性を保証する最先端の暗号技術などの技術を使用し、ブロックチェーンはデータの完全性とストレージへの非集中的なアプローチを保証します。ブロックチェーン技術を使用すると、従来のデータベースシステムと比較して、現在のところ、ハッキングする実行可能な方法はありません。

ロードマップ

2018年4月

  • プロジェクトガイア始動
  • 医療センター提携
  • プラットフォームのアルファ版リリース

2018年Q3-Q4

  • データ分析会社と提携
  • 製薬会社と提携
  • 世界規模拡大
  • ゲノミクスサービス開始

2019年Q1

AIプラットフォーム統合

トークンについて

トークンセールは4月16日からですが、プラベートセールが行われています。

トークン:OMX
1 ETH = 7000 OMX
プラットフォーム:イーサリアム
受け入れ:ETH、BTC、フィアット
ソフトキャップ:15,000 ETH
硬質キャップ:75,000 ETH
国:マン島
ホワイトリスト/ KYC:KYC&ホワイトリスト
制限されたエリア:アメリカ合衆国
 

市場分析

近年、ブロックチェーン技術は数多くの業界を変革し、一般の人々がその利益を受け入れるにつれて、さらに革命を起こす可能性があります。

医療業界へのブロックチェーンの導入

医療業界でもブロックチェーンの可能性は絶大です。

ビットコインなどの仮想通貨を支える技術を、医療に応用しようという機運が高まっており、ブロックチェーンと呼ばれる技術がまさにそれです。電子カルテやPersonal Health Record(PHR)などの医療・健康情報記録をさまざまな医療機関で共有できるようにする仕組みのほか、医薬品のサプライチェーン管理、医療従事者の資格認定など、期待される用途は幅広いです。

  • データの正確な記録
  • それに基づく認証、安全な情報共有
  • 低コストでのシステム運用

など、ブロックチェーンは医療分野で求められる要件の多くを満たすため、これまで、正確性や安全性を保証するプロセスに多くの手間やコストを要していた医療業務を、システムに委ねることで効率的で安全にこなせる仕組みが期待されています。フットワーク軽く、さまざまな情報連携の仕組みを構築していくことを可能にします。

おそらくいまは、ヘルスケアのデータ共有にまったく新しい手法で取り組める歴史的なチャンスです」
 
と語るのは、ボストンにあるベス・イスラエル・ディーコネス・メディカルセンター(BIDMC)の最高情報責任者(CIO)であるジョン・ハラムカです。
 

DNAシーケンシングの新傾向

個人のDNAシーケンシングが普及するにつれて、各企業がこのデータから個々の利益を最大化するように見えるにつれて、データはサイロ化されています。

また、DNAシーケンシングのコストは大幅に下落しており、2010年までには、$ 100未満のため、人の全ゲノムを生成することが可能になることが予想されます。
 
 
先にさらに見ると、ゲノム解析サービス のために劇的に低いコストが表示されます。これは、世界中のほぼすべての個人にパーソナライズされ た医療洞察にアクセスできるようになります。
 
最近、2017年1月に、世界をリードするシーケンシング ・プロバイダーイルミナは、会社の報告書として、最終的に$ 100未満のコストで全ゲノムを提供できる新しいシーケンサー、NovaSeqを発表しました。
 
地球規模でのパーソナライズと精度医療へのアクセスのための新たな夜明けを提示しており、技術の進歩は急速に発展しています。
 

医療業界における人工知能市場の拡大

 
さらに、IBMは、医療分野における人工知能市場が数年で2000億ドルに達すると予測しています。

競合分析

ブロックチェーンによる医療またはヘルスケアソリューションのプロジェクトは近年増加傾向にあり、昨年、今年だけでも数十以上が誕生しています。

Shivomの他に中でも有力なプロジェクトとして期待されているのが次です。

  • Luna DNA

ブロックチェーンによって強化され、そのコミュニティが所有する最初の唯一のゲノムおよび医学研究データベースです。Luna DNAは、Public Benefit Corporationによって、コミュニティや医学研究のより良い利益のためにゲノム情報を所有して共有することができます。同社はカリフォルニア州サンディエゴに本拠を置き、2017年に設立されました。ルナDNAには、イルミナの退役軍人、業界の学者、財務幹部など、堅実な経営幹部チームと諮問委員会が含まれています。元イルミナ・ボブ・ケインの最高技術責任者(CIO)がCEOと共同設立者を務めています

 

  • MedicalChain

Medicalchainは医療データの安全で迅速な利用を可能にする分散プラットフォームです。患者の健康記録を保存し、患者のデータの統一バージョンを維持するためにブロックチェーン技術を利用します。Medicalchainは医師、病院、研究所、薬剤師、保険会社などのさまざまな医療機関が医療記録にアクセスして対話することを可能にします。各対話は監視可能、透明で、安全にMedicalchainの元帳にトランザクションとして記録されます。

  • MediChain

MediChainは患者に自分の医療データの所有権を与えます。 MediChainは、患者の医療データのための分散元帳です。 患者は安全な方法で自分のデータを保管することができ、支払人ネットワークやEMR(Electronic Medical Record)に関係なく、どこにいても専門家にアクセスすることができます。

  • SolveCare

保険会社、政府機関、病院、プロバイダーネットワーク、雇用者、給付管理者は、独自のケア管理ネットワークを構築できます

  • SimpleVital health

HealthNexus、私たちのブロックチェーンエコシステムは価値ベースケアのための燃料です。 Health Nexusはヘルスケアサイロを壊す、ヘルスケアシステム全体にわたるプロバイダーを繋ぐ、効率的かつ信頼できる元帳ブロックチェーンが提供することにより、医療インフラストラクチャーを推進し、医療関係にかかわらず、プロバイダーの価値ベースのケアへの移行を可能にします。

  • Skychain

Skychainはユニークです。 医療用ニューラルネットワークに焦点を当てているため、他の同様のブロックチェーンプロジェクト(SONM、Golem、SingularityNETなど)とは異なります。 医療データプロバイダは、Skychainインフラストラクチャに接続し、データセットをニューラルネットワークトレーニングに利用できます。ブロックチェイン技術に基づいた既存の主要なAIプロジェクトでは医療市場に参入する機会はありません。

  • Well

医師、セラピスト、心理学者、その他のヘルスケア専門家を世界中の患者に直接つなぐために、医療をグローバル化し、国境をなくしています。私たちは、国境を越えた支払い、データアクセシビリティ、支払いリスクを取り巻く世界最大の医療問題を解決するために、WELLトークンを作りました。 最高品質の医療提供者がどこにいても誰にでもサービスを提供できるようにしています。

以上のように医療業界やヘルスケア部門へのブロックチェーンソリューションはすでに革命が起こっており、人工知能AI、ビッグデータ、ゲノムなどの新技術を採用するプロジェクトが多数見られます。

 

Shivomの競合上のメリット

メリットはすでにいくつかの有力企業と提携していることがあります。

製品開発が進んでいる

また、プラットフォームはdemo段階にあり、α版が間も無くリリースされます。

近日公開予定サービス及び製品は以下です。

地球市民:あなたのゲノム配列を取得するか、DNAをアップロードする

あなたの健康や祖先についての洞察を得、あなたの健康を改善し、公共のための健康調査を奨励し、そうするためのお金を稼ぐ。23andMe、Ancestry、Genos、Sure Genomicsなどの他のサービスからDNAデータを入手している場合は、Shivomデータベースに簡単にアップロードできます。あるいは、あなた自身またはあなたの家族のためにDNAキットを注文することができます。それは簡単です!

PHARMA R&D:グローバルゲノムと健康データを分析して精密医学を可能にする

地球上で最大のゲノムデータベースとなるものにアクセスし、その助けを借りて研究を強化する。グローバルヘルスケアコミュニティおよび政府機関のパートナーとともに、公開シークエンスプロジェクトや特定の患者グループのシーケンシングをスポンサーすることができます。ゲノムデータベース(例:遠隔農村地帯)や希少疾患に苦しんでいる人のスポンサーリングは、研究開発プロセスと公衆衛生を向上させるでしょう。

インド政府と契約提携

インド政府と正式に提携しており、6000万人のデータを取る準備段階にあります。

インドでは特に注目度が高いことがわかります。

NASDAQの分子診断会社であるGENEと提携する

(NASDAQ:GENE)は、多様な分子診断会社であり、Project Shivomを運営するOmix Ventures Private Limitedとの間で、(「プロジェクトShivom」)パートナーシップを結びました。

プロジェクトShivomは、世界最大のシーケンシングされた遺伝子データベースを蓄積し、作成することを計画していると発表しました。GTGとのコラボレーションは、以下のような目的があります。

  • プロジェクト・シボム(Project Shivom)が想定しているように、グローバル・ラボラトリー・ネットワークの一環としてGTGが共同研究室になるための枠組みを提供する。
  • 大量のデータや新しい市場へのアクセスを通じた予測癌検査の開発におけるGTGの経験を強化する
  • 潜在的に新しいデータ監視とリアルタイムのリスク評価サービスの基礎を形成する
  • この重要なデータプールへのアクセスを通じ、追加の民族性のためのリスクアセスメントキットや機会と必要な分野に基づいて新製品を開発する可能性を改善するGTGを許可する。
  • ビクトリア州にあるGTGのCLIA認定ラボへのアクセスをProject Shivomに提供する。この関係が、処理されたサンプルに関してGTGの運営を増加させる結果となることが予想される。そのデータベースを包括的に改善し、ペイ・パー・ベースで収益を増やす
  • GTGが遺伝子カウンセリングを提供し、Project Shivomが想定しているように、グローバルな遺伝カウンセリングネットワークの一部となる機会を提供する。

ロジェクトShivomは精密医学「エコシステム」を確立しています。これは人々がゲノム配列を取得して保存することができる分散型ブロックチェーンです。Project Shivomは、患者のテイクアップ/市場浸透の影響を受けて、祖先データ、個人の健康洞察および研究のゲノムデータを提供するプラットフォームを構築するために、かなりの量のゲノムデータを収集する予定であり、パートナー組織との共同作業スケーラブルなエコシステムを構築するために、複数の業界にまたがるGTGのような、

博士ポール・Kasian、遺伝Technologies社の会長のコメント:「理事会は正式な用語は、プロジェクトShivom、と合意している独自のblockchainプラットフォーム上でプロジェクトShivomと協力する機会に興奮している。できるようになり、ゲノムデータのような大規模なデータベースへのアクセスGTGのSNPベースのリスクアセスメント技術とオーストラリアのCLIA認定研究所を活用して、他の予後がんのさらなる進展促進し、包括的なリスクアセスメントのポートフォリオを提供することができます。

強いチーム構成力

チームは遺伝学分野で20年の経験を持ち、医療とブロックチェーンの交差点で権威ある地位を兼ね備えたCEOのAxel Schumacher博士によって率いられています。彼はCOO Gourish Singla、ビジネスリーダーおよび社会起業家を含むゲノミクスとフィンテックの著名人の印象的なキャストに加わりました。

  • Sally氏: Eaves CMO、ブロックチェーンソーシャルメディアインフルエンサーtop10の一人
  • Forbes Tech Council、FinTech教授
  • IOTA財団共同創設者であるPer Lind氏がCSO

メリットはやはり、チーム力とパートナーシップにあるかと思います。

取引所リスティング戦略

取引所上場戦略も練っており、ICOが終了すると早期に上場する予定です。(変更になる場合があります)

トークンの将来価格とホルダーのメリット

トークン自体の用途はShivom生態系にプレミアムサービスを取得する機能 です。

  • ゲノム配列決定キットを取得する機能
  • 配列決定プロジェクトを後援する能力
  • サードパーティのプロバイダから健康/フィットネスのアプリへのアクセスを獲得する能力
  • ゲノムデータベースにアクセスする機能
  • 調査研究のデータ/参加のためのドナーを支払う能力

したがってトークンの価格はプラットフォームの始動と普及に依存します。

短期的なトークン価格は、プレセール分はロック期間が数ヶ月ありますので、板が安定するまでは大口の売りはなく、買いが先行すると見ています。

Centralityの場合は取引所が分散型取引所のSingularXのみだけでしたが、上場ご数十倍まで安定して上昇しました。その後は売り圧が強くなり、下落していますが、上場時期や取引所次第では価格は短期的にも急上昇する可能性があります。

あくまで私は長期的な投資で考えます。

投資判断とリスク分析

投資判断ですが、プライベートセールが日本でもあったように大口が確保をしにきている案件です。

公式セールは即売するか、売れ残るかはわかりかねますが、少なくとも同分野では注目されている通貨であることは確かです。

有力企業の誘致も積極的に行っており、今後の期待値は高いプロジェクトです。

関連リンク

公式サイト

白書

Twitter

facebook

telegram

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here