この記事を読むのに必要な時間は約 31 分です。

SentinelProtocol

Sentinel Protocolは、ブロックチェーンテクノロジで動作し、サイバーセキュリティインテリジェンスを集約し、暗号資産をハッカーや詐欺から保護します

アンチウイルスソフトウェアを使用している人は、定義ファイルに精通している必要があります。 各市販のウイルススキャナは、独自のウイルス/脅威データベースを保持しており、エンドユーザーはソフトウェアを最新のウイルス定義で定期的に更新する必要があります。 これらの集中型脅威データベースは、操作に脆弱であるだけでなく、ベンダーが互いに協力するインセンティブがないため、最新の脅威に対して最新のものではありません。

Sentinel Protocolは、すべてのベンダーがTRDBに貢献するためのインセンティブを組み込んだ脅威情報交換のためのグローバルアライアンスを構築することを目指しています。 Sentinelは歴史的なハッキング事件を徹底的に見直すだけでなく、根本原因と攻撃ベクトル分析の両方を追加します。

十分な関連データを蓄積するためにデータベース会社と提携し、ゼロデイ攻撃などのインシデントに効果的に対処するためには、集団インテリジェンスを活用するには十分なネットワーク導入を行います。

プラットフォームの特徴

Sentinel ProtocolのバックボーンはThreat Reputation Database(TRDB)脅威評判データベースです。 

このTRDBは、暗号化交換、財布、支払いサービス、ITおよびセキュリティ会社など、分散したソースから脅威データを収集します。

ブロックチェーン上で動作するTRDBは、データの完全性を保証するだけでなく、集団知能によって調達されたデータをクラウドソーシングすることによって、新しいアプローチを採用しています。

Sentinel Portalが商業的にリリースされ、コミュニティがハッキング事件の報告を開始するまで、The SentinelsはTRDBのデータを収集します。 暗号通貨履歴からのブロックチャンクハッキングインシデントをレビューし、深く解析されていないものも含めてそれらのケースを追加します。 Sentinelsは、識別された、または未確認の情報をすべてコンパイルするだけでなく、根本原因と攻撃ベクトル分析も追加します。 また、データベース企業と提携していきます。

最も包括的な脅威データベースを蓄積するために、TRDBは無料で提供されます。 個人や組織は、インセンティブを受けた体系下で集団知性を利用して貢献することができます。

SentinelsはTRDBを更新する権限を持ちます。 評判システムのもとで、The Sentinelsは、TRDBに新しい正確な脅威情報を追加することが奨励されています。 さらに、当社の機械学習技術はデータを分析して付加価値と利益を生み出します。

さらに、適切なインセンティブ化によってSentinelsはTRDBを真にグローバルな脅威評判データベースにするよう推進します。

集団インテリジェンス

すべてのサイバー脅威情報は、個人、ブロックチェーン企業、セキュリティ会社、政府などに即座に伝達されます。サイバー脅威情報は、世界中の誰もが1つのシステム内で追跡することができます。

人工的なインテリジェンス

Sentinel Walletクライアントソフトウェアは、機械学習技術を使用してモデル動作を作成します。疑わしい行為を認識し、脅威の確率を計算します。危険なトランザクションは実行前にブロックされます。

インセンティブシステム

UPP Point(UPP)は循環通貨であり、Sentinel Point(SP)はSentinel Protocolを通じてサイバーセキュリティに貢献することによってのみ得られます。センチネルポイントはUPPに変換できますが、UPPもフラットもセンチネルポイントに変換することはできません。

オープンソース

コードは、ほとんどがGithubに公開され、透明性と信頼性を提供します。 しかし、プロジェクトの機密性のため、コードの一部はセキュリティの理由から公開されません

技術

なぜブロックチェーンなのか

 

これまで、セキュリティベンダーや専門家は知識を共有したり、サイバー攻撃との闘いのための提携を結びつけたりするよう動機づけられていませんでした。 脅威情報のデータが大きくなればなるほど、ハッキングや詐欺の防止と停止がより簡単になるため、残念な結果になります。

ウプサラ財団はブロックチェーンのインセンティブメカニズムを活用して、セキュリティ専門家の間で集団知性を促進します。

データはパブリックブロックチェーンに格納されます。 トランザクションデータがブロックチェーンに格納されるのと同様に、脅威情報データもブロックチェーンに格納されます。 コンテンツは不変であるため、データの整合性は非常に高くなります。

センチネルポータル

このポータルは、ハッキングの検出に役立ちます。以下の機能を果たします。

  • ハッキング事件を報告する
  • Crowdsourceセキュリティニュース
  • アドバイス、ヒントを提案する
  • 検証された脅威データを取得する
  • ハッキング事件後のガイダンス
  • ポイントの状態と事例を見る – 各センチネルの歴史を扱う
  • 前の最新の脅威データを確認する

すべての攻撃またはハッキングインシデントには識別可能なパターンがあります。 同様に、誤った報告には、The Sentinelsが識別できるパターンもあります。 Sentinelsは、これらのパターンを分析して、それらが実際か偽かを判断します。 

たとえば、ユーザーは偽のハッキングレポートを送信するか、少量の暗号化を送信して別のユーザーのウォレットのセキュリティを妨害する可能性があります。 ハッキングレポートをSentinel Portalに提出するには、6つの原則に基づく詳細な情報を含める必要があります。 報告されたケースのハッキングされた量も1つの要因です。 十分に高い価格閾値は、悪い俳優が妨害することを経済的に非効率にします。

ウプサラ財団は、The Sentinelsと登録ユーザーのためにKYCを実施します。 Sentinelsがいつでも悪意のある行為をすると、システムの評判と財政的利益の両方を獲得する機会と同様に、参加権が永久に失われます。ユーザーはまた、誤った報告のために罰せられます。 

ベータテスト期間中、データのサンプリングとケースの分類を行っており、これにより、健全なポリシーを作成し、例外的なケースを発見するのに役立ちます。 ケースを開くことは常に無料ですが、迅速なケース解決のための追加のUPP支払いもオプションになる可能性があります

機械学習搭載のS-ウォレット

S-Wallet自体は、UPPトークンを格納、送信、および/または受信するフリーウォレットです。 どのSentinel Protocolユーザーも、S-WalletソフトウェアをPCまたはモバイルデバイスにインストールできます。 

S-Walletsは、機械学習と分散型マルウェアサンドボックスを可能にする機能を備えています。 

これらの機能を使用するには、ユーザーはサブスクリプション単位でUPPトークンを送信することが期待されます。 S-Walletは、Distributed Malware Sandboxingのノードになります。

機械学習を採用する主な理由は、新たな攻撃経路を特定することです。本質的に、監督されていない機械学習は、最初は高い精度を持っていません。 それはアルゴリズムを効果的に訓練するために入力データの品質を保証する専門家を必要とします。 これらの専門家はまた、アルゴリズムを継続的に改善するために、結果を分析し、トレーニングデータをモデル化する必要があります。 

Uppsala FoundationとThe Sentinelsの総合的なインテリジェンスは、入力データを慎重に選択して研磨し、出力結果を修正してアルゴリズムの精度を高めます。 このプロセスを繰り返すことで、時間が経つにつれて精度が向上し、最終的にスマートなアルゴリズムが定義されるようになります。

  • ウォレットに対してフィルタリングする
  • 悪意のあるURLを除外する
  • URIとマルウェア異常な行動の検出
  • PC用クライアントソフトウェアのUPPトークンの保存/送信/受信
  • サブスクリプションベースでUPPトークンを排除する機能

D-SANDBOXING

D-Sandboxingの目的は、疑わしいファイルやリンクを別の環境でテストし、ユーザーのデバイスが感染するのを防ぐことです。 

不審なファイル、未確認のファイルをインストールする前、または電子メールでリンクを開く前にサンドボックスに保存することをお勧めします。 

従来、サンドボックス化では、仮想マシンを実行するために大容量のハードウェアが必要となり、スケーラビリティが制限されていました。 サンドボックス化のコストが高いにもかかわらず、通常は遅くて不安定です。 

一方、D-Sandboxingは、ブロックチェーン上の分散ノード上で仮想マシンを実行するため、スケーラビリティとコスト効率が無限に向上します。

D-Sandboxing機能を使用するためにUPPトークンを支払う人は、ノードになることができます。 彼らはコンピューティングリソースを貸しているので、その代償としてSentinel Pointsを獲得します。 S-Walletのインストールは、D-Sandboxを実行するための前提条件です。

  • 疑わしい未確認のファイルまたはリンク
  • 脅威テストの強化とシミュレーション
  • 仮想マシンの実行(VM)
  • 分散ノードでインセンティブ化する

 

API

TRDBが一般向けのAPIをリリースする予定です。 取引所はTRDBに直接照会することができます。 どんなアプリケーション、DAPP、または分散された交換もTRDBに問い合わせることができます。

 例えば、分散型交換は、TRDBへのAPI呼び出しをコード内で行うことで、TRDBをシームレスに統合することができます。 そうすることで、Sentinel Protocolを使用して余分なセキュリティ層を追加することになります。

ステークの委託証拠(DPOS)

Sentinelでは、POP(Proof of Protection)とは、評判スコアを取得する委任システムを指します。評判システムとコンセンサスメカニズムのおかげで、ピアレビューシステムは、必要な資格を持つセキュリティ機関または個人のグループであるThe Sentinelsの間で機能します。 

Sentinelの評判スコアSentinel Point(SPは、流通通貨UPPトークンから分離されます。初期のセンチネルは、ウプサラ財団チームと緊密に協力してデータを収集し、基準を設定し、評判システムをテストする必要があります。 セブンは管理できる数値であり、委任された証拠コンセンサス(DPOS)に達するために必要なバリデータの最小数以上です。

DPOSコンセンサスシステムを使用すると、Sentinelsは古いブロックを上書きする新しいブロックを作成することに同意することができます。古いブロックに古い脅威情報が含まれている場合は上書きします。 すでにコンセンサスが作成されている限り、ブロックチェーンのデータは不変ですが、コミュニティによって選択されたSentinelsには、新しい脅威情報でブロックを更新する権限があります。 Sentinelsは、サイバーセキュリティを強化し、評判を維持するためにのみ、この措置を講じるとしています。

市場と競合分析

暗号通貨市場のセキュリティ問題は顕著であり、すぐに改善されるべき課題です。

ユーザーにとって、覚えておくべき歴史的な事件をいかに示します。

ハッキング被害ランキング

1. 2018年 Coincheck – 440億円

2. 2014年 MtGox – 385億円

3. 2017年 NiceHash – 88億円

4. 2016年 Bitfinex – 79億円

5. 2016年 The DAO – 77億円

6. 2017年 Parity Wallet – 33億円

7. 2015年 Bitstamp – 5億円

このように、被害額は億単位で及んでおり、ユーザーや企業は常にハッキングの可能性にさらされています。

最近では、ユーザーの大雨MyEtherWalletから盗まれる事件がありました。これは、

ハッカー側の手段も進歩しており、より画期的なセキュリティ対策が求められている現状です。

サイバー市場は拡大する見込み

Cybersecurity Venturesからの報告によれば、増加し続けるサイバ〡犯罪の件数が、致命的なレベルを超えていることからも、2017年から2021年にかけて、サイバーセキュリティの市場が1兆ドル規模で拡大することが予想されてます。

ブロックチェーン技術が進化していくと同時に、様々な詐欺やサイバー犯罪もまた発展しており、ユーザーのデータを人質に取り、その解放の代償としてビットコインなどの金銭的な補償を要求する新たなタイプのものは、最もよく知られているサイバー犯罪の一つであるランザムウェアと呼ばれます。

このランザムウェアの市場は2021年までに173.6億ドルまで膨らむことが予想されています。

セキュリティと分散化

仮にブロックチェーン上での評価システムと現在起こっているサイバー犯罪に関する情報すべてがブロックチェーン内で共有されたとすれば、ブロックチェーンの分散型のシステムによって⼤衆を守ることが可能となります。

既存の評価システムの問題点は情報の操作や改竄が可能である点にある個⼈や悪意のあるグループが組織やシステムの評価を操作、または記録されている評価を操作するためにブロックチェーン上のシステムをハックしようとする際、後者の場合はブロックチェーンのデータ整合性によって⾃然に解決されます。

しかしながら、トランザクションではなく情報の質を記録する評価システムにおいて、シビル攻撃などの攻撃に対しては、ブロックチェーンの基本的な特性のために対策を⾏うことは容易ではない。なぜなら、いかなるトランザクションの評価にかかわらず、事前に操作された情報の主観的な性質によってそれらを記録させてしまう可能性があるためです。

そこで、集団的知性の⼒を使うことでこの問題は解決されます。

分散型のセキュリティプロトコル

ブロックチェーンプロジェクトとしては、

  • LevelNet
  • Quantstamp

ほとんどすべてのブロックチェーンプロジェクトはまだ初期の段階にあり、市場で利用可能な製品やセキュリティ機能がないため、ブロックチェーンプロジェクトが他のどのような競争上の優位性を発揮しているかは分かりません。 

しかし、センチネルのチームは以下のように述べてます。

 私たちの重要な目標の1つは、ブロックチェーンセキュリティ業界の標準プロトコルになることです。 伝統的なサイバーセキュリティー企業と暗号化されたサイバーセキュリティー企業はどちらも競争相手ではありません。 潜在的なセンチネルとみなし、彼らは私たちの生態系に参加することを歓迎します。

Sentinel Protocolは、ブロックチェーンの原則で動作するその種のセキュリティプラットフォームの最初のものです。 過去の攻撃対象であった中央データベースには脅威情報は収集されません。 セキュリティインテリジェンスに加えて、Sentinelは一流の機械学習とサンドボックス技術を利用しています。

チームとアドバイザー

ウプサラ財団が委任したSentinelsは、必要なサイバーセキュリティの資格と専門知識を持つ機関または個人のグループです

ネットワークセキュリティ、Webアプリケーションセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、機械学習セキュリティ、クラウドセキュリティ、暗号通貨で経験のあるチームです。

パトリック・キムー創業者兼CEO

パトリック・キムはブロックチェーン技術のファンでもあるが、2016年にはEthereum財布ハックの犠牲者でもあります。

ウプサラ財団の創始者であるパトリック・キム氏は、2016年に盗まれたイスラエルの脆弱性のために、7218のイーサールを盗まれた。彼は。パトリック・アルト・ネットワークスとフォーティネットのネットワーク・セキュリティとシステム・アーキテクチャに関する10年間の経験を活かし、攻撃経路を調査し、迅速に2つのセキュリティパッチを適用したgeth-mist開発チームに通知しました。

この事件により、暗号化ユーザのブロックチェーン上のセキュリティに対する認識が高まり彼の発見は、暗号コミュニティにおけるセキュリティ問題に対する認識を高めた。

業界の暗号セキュリティを向上させるソリューションを見た後、彼はウプサラ財団を創設し、Sentinel Protocolを開始しました。それ以前はAI関連のグローバルセキュリティ会社であるダークトレース社の韓国最高技術コンサルタントだった。彼は、韓国サイバーディフェンスとサムスンを含む政府と大企業に相談した。

HMパーク-共同創業者/運営責任者

F5 Networks、Darktrace、Penta Security Systems

ウプサラ財団の共同設立者であるPark Hae-Min氏は、Sentinel Protocolの事業運営をリードしています。彼は、データベースアーキテクチャ、Webアプリケーションファイアウォール(2件の特許)、fintechセキュリティ、および機械学習に特化した10年以上のITセキュリティ経験を持っています。 POSTECHを卒業後、KB銀行のコーポレートバンキングシステムのDBアーキテクチャを設計しました。 Sentinel Protocolに先立ち、彼はウェブアプリケーションおよび機械学習のための世界的なトップサイバーセキュリティ企業の2社であるF5 Networks and Darktraceで韓国のグローバルビジネスをリードしました。

DAYEOL LEE-コア開発

DEFCON CTF 3rd受賞者(2010)Penta Security Systems

ハードウェアとシステムのセキュリティについてUC Berkeley彼は浦項科学技術大学の学生セキュリティ研究グループであるPLUSに入社して以来、コンピュータセキュリティに関心を示しています。 Penta Security SystemsとWINSのソフトウェアエンジニアおよびセキュリティ研究者として働いていたが、2010年のDEFCONで模擬ハッキング競技会で3位を獲得した。 DEFCONは、世界最大のハッカー慣習とバーチャルハッキングシミュレーションの1つです。ブロックチェイン技術の限界を認識したとき、Sentinel Protocolに参加して製品開発に取り組み、ハードウェアセキュリティ技術とブロックチェーンを統合しました

パートナーシップは強力です。

  • Kybernetwork
  • icos
  • Bulzelle
  • Trace to
  • EverMarket

など様々なブロックチェーンプロジェクトが、センチネルプロトコルに関心を示しています。

Kyberは最近メインネットをローンチした分散型の取引所であり、UPPトークンも取り扱われる可能性があります。

コミュニティ

twitter

2729

facebook

375

telegram

31975

Alexa Traffic Ranks

Global Rank 338,177

Rank in Italy 53,166  

アレクサのランキングを見てわかる通り、イタリアで熱心なユーザーが多く、世界的にも需要は伸びてます。

暗号通貨ユーザーや投資家にとっては、必須となるソリューションですので、今後の期待値は高いプロジェクトの一つです。

トークン構造とホルダーのメリット

シンボル

UPP

価格

1 UPP = 0.15 USD (0.00020 ETH)

調達

22,000,000 USD

販売済み

15,400,000 USD (30% BONUS (6 MONTHS LOCK-UP))

総供給

500,000,000

トークン販売割合

60%

 

UPPにはいくつかのユーティリティロールがあります。

1)チェーン取引手数料(ETHブロックチェーンを運営するガスに類似)。

2)ブロックチェーン間を行き来するバリュー・スワップとトランザクションの中間トークン。

3)S-Walletでの機械学習、D-Sandboxing、将来開発される追加サービスなど、高度なセキュリティ機能を提供するための通貨

システムが発展するにつれ、UPPトークンは追加の役割とユースケースをサポートすることが期待されます。

UPPトークンと交換できるSentinelPoints

有益なコメントを残したり、投票した記事を公開したりするユーザーは、Sentinel Pointsを獲得することができます。 サイバーセキュリティナレッジベースおよびコミュニティへの貢献は、センチネルポイントでも報酬を受けることができます。センチネルポイントは直接利益としてUPPトークンに変換できます。

このような間接的な利益は、生態系内での評判の向上です。 言い換えれば、高いセンチネルポイントを持つ人々に、より多くの信頼と認知が与えられます。

トークンの将来価格について

トークンの価格に関してはいくつか情報があります。

当社の製品およびサービスのコストはUPPで価格設定されるため、明白な理由によりこれらのコストを安定させる必要があります。 これを達成する1つの方法は、市場の変動を防ぐためにUPPをより安定した決済通貨にすることです。 しかし、これは価格を安定させる唯一の方法ではなく、私たちが使用する方法でもありません。 他の方法は、製品とサービスのコストを動的に調整することです。 変動する市場環境に適応するための安定化メカニズムを確立します。 取引市場におけるUPPは、需要と供給などの市場動向に基づいている必要があります。

 

白書ではインフレメカニズムを簡単に説明し、プラットフォームにどのように影響するかを説明しています。

より簡単な答えは、インフレ率、UPPの取引価格、早期参加へのインセンティブなどを考慮して、毎年発行するUPPトークンの量を動的に調整することです。ホワイトペーパーの20ページを参照してください。しかし、プラットフォームが稼働しているときに、この計画の詳細を調整することを期待しています。

トークンセール参加方法

Sentinel Protocolは、公開販売のトークン配布に関する詳細を公開しています。

トークン販売は、2018/5/27に開催されます。ホワイトリスト登録が必要です。

*トークン生成イベント(Airdrop、Presales、Crowdsalesなど)の適格性を取得するには、KYC検証プロセスを実行する必要があります。

こちらから参加できます。

まずは個人情報を入力します。

Id認証タイプを選択します。

ID情報を入力します

アップロード

自己認識用の写真を提出します。

アップロード

完了です。

Sentinel Protocolのハードキャップは22,000,000USDです。プライベートセールを通じて11,670,000USDを集めることに成功しました。プライベートセールに参加したユーザーには6か月のロックアップ期間と30%のボーナスが与えられます。

このハードキャップの内訳は56.17%のプライベートセールへの割り当てと、43.83%のパブリックセールへの割り当てになります。したがってUPPトークンの総供給量の26.3%の131,500,000UPPトークンがパブリックセールに割り当てられます。このうち3.8%が選抜されたPre-Sentinelsへと与えられます。残りの66.5%がプレセール、29.7%がクラウドセールへと割り当てられます。

前売り要件

  • ホワイトリスト
  • KYC検証済み(提出日:4月25日~5月5日、結果成績:5月21日)
  • 最小/最大貢献度:30-300 ETH

Crowdsaleの要件

  • KYC検証済み(提出日:4月25日~5月12日、結果の日付:5月25日)
  • 最小/最大貢献度:0.5-10 ETH
  • KYCとトークンの販売は公式ウェブサイトでのみ行われます:https://sentinelprotocol.io

Sentinel Protocolチームは、個人寄付のためにETHアドレスを送信したり、個人情報を要求したり、直接資金を受け入れたりしません。詐欺の試みを注意してください。

 

よくある質問

なぜ機械学習を使用するのか?

TRDBの上に機械学習モジュールを提供する主な理由は、進化するサイバー脅威に対応するよりも積極的なソリューションを提供することです。報告されたケースがない場合でも、Machine Learningは、サイバー攻撃がいつどのように発生するかを予測し、不正行為や詐欺を発見する能力を備えています。 また、疑わしい行動パターンを分析して潜在的な攻撃を防止することもできます。 マシンラーニング機能を備えたS-Walletは、アンチウィルスソフトウェアを使用するのと似ていますが、シグネチャや定期アップデートに依存しないため、はるかにスマートです。

ウォレットは、コールド又はホットウォレットですか?

S-Walletはプロトコルではなく、UPPトークン取引用のクライアントソフトウェアです。 ウォレットはインターネットに接続しているので、安全なホットウォレットです

TRDBは統合できますか?

TRDBは任意の暗号化ウォレットに統合できます。 ハードウェア・ウォレットであっても、TRDBがオンラインになったときにTRDBに問い合せることができます。 Sentinel Protocolを保護層とセキュリティサービスとして活用するため、クライアントウォレットはTRDBに接続します。

 

まとめ

 Sentinel Protocolは既存のサイバーセキュリティのエコシステム、特に対策に本質的に欠けている、暗号通貨のセキュリティ産業において最も効率的なプラットフォームとなる可能性があります。

セキュリティ産業の新たなベクトルの攻撃への先制的な対応においては、機械学習を利用したアプローチが最も効率的であると証明されていますが、可能性のみに基づく脅威の不明確さは依然として課題です。

そこで、ブロックチェーンの集団的知性を用いたSentinel ProtocolのSecurity Intelligence Platform for Blockchainは暗号通貨のセキュリティ問題を解決するための、最も効果的かつ合理的なソリューションと言えます。

更に、高い参入障壁があると感じられている暗号通貨のセキュリティ産業は、間もなく多くのセキュリティベンダーが参入する手段となり得ます。

したがって、取引所、決済、ウォレットの企業などの暗号通貨産業と同時に存在する法的なシステムにより現在、保護されていないない多くの業界のユーザーにとっては、このコンバージェンスの肯定的な効果は偉大なものとなる可能性を秘めています。

 

メリット

  • トレンド的ソリューション(セキュリティ問題は深刻で求められている)
  • セキュリティ業界では、確立されたプロジェクトは少ない
  • 経験豊富なチーム
  • 強力なパートナーシップ

デメリット

  • 参入障壁が高い
  • 長期的な開発計画
  • 取引先リスク

関連リンク

https://sentinelprotocol.io/

https://sentinelprotocol.io/Sentinel%20Protocol%20Whitepaper%20English-2.pdf

https://t.me/sentinelprotocol

https://twitter.com/s_protocol/

https://goo.gl/XSAA3H

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here