この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

 

Sapienとは

Sapienは分散型の民主化ニュースプラットフォームを目指すプロジェクトであり、トークンによりインセンティブ化を目指します。

 

ソーシャルニュースの分散化に取り組むプロジェクトはすでにsteemが代表的ですが、さまざまな論点が残されています。

そこで、今回はこれらを比較しながら説明したいと思います。

Sapienの競合分析

I. Steemit

Steemitは、コンテンツキュレーターとクリエイターに投稿、コメント、投票を報酬するソーシャルニュースプラットフォームです。

SapienとSteemitはどちらも分散型ブロックチェーンを通じてユーザーの時間を報酬する共通の目標を共有していますが、この2つは哲学と実装が大きく異なります。

ブロックチェーンの選択の違い

SteemitはSteemと呼ばれる独立したブロックチェーン上に構築されていますが、Steemは最初から論争を巻き起こしています。

論点としては、Steemの開発者は不公平にStealthの大半をこのサイトの開発で採掘し、均等な機会を与えていると述べていますが、不公平さが問題となっています。

Sapienは、強力なコミュニティ、優れた技術、成熟度、透明性のためにEthereumを選択します。 2番目に大きなコインの時価総額とより有機的な開発者の生態系を持つイーサリアムは、Bitcoinを上回る可能性を秘めています。

これらの理由から、SPNはEthereumネットワーク上のERC20トークンとして構築されます。ブロックチェーンを無計画にプラットフォームに投入することを決めただけではなく、Sapienがスマート契約を実行してユーザーのトークンペイアウトを生成できる不変の元帳を持つことを可能にしたのは、絶対不可欠な革新です。

動力の配分

第二に、Steemitはプラットフォームの力の分配に大きな違いがあります。 Steemitの創業以来、周りにいた個人(「クジラ」とも呼ばれる)のみが実質的な賞を獲得する能力があり、Steemパワーの量が不均衡であるため、それ以外のユーザーは、 「敗者」と言われています。

大部分は開発者や友人が所有している上位247のアカウントがSteemitのSteemPowerの87.5%を占めていることが一般に認められています。登録ユーザー数が15万人を超えるサイトでは、このレベルの不平等は長期的には実現可能でも持続可能でもないと考えています。

Sapienは、Steemitの革新と欠点から、民主化された社会的ニュースプラットフォームを作り出すことを学びたいと考えています。

steemitの崩壊と再生投票力の考え方は注目に値し、Sapien内の可能性のある格差を軽減するために、最大のSPN所有者は、新たに登録されたユーザーと全く同じ投票権を持ちます。操作を最小限に抑えるために、ユーザーがプラットフォーム上で質の高い貢献をしてどれだけの評判を獲得したかに応じて投票権が獲得されます。

 

参入障壁 

最後に、Steemitはより広い市場にアピールするために大きな障害に直面しています。暗号化された経済学は、非技術的な消費者にとってすでに挑戦的です。

Steemは、Steem Dollars、Steem Power、Steemの3つの異なるSteemトークンでこれをさらに複雑化する結果となっています。

それぞれのユースケースを理解することは驚くほど困難なだけでなく、暗号の初心者がSteemitに加わるのを妨げるように思われます。

平均的なユーザーは、暗号メカニックの知識や、トークンポートフォリオを最適化して報酬を最大にする方法を知っている必要はありません。

Sapienの目標は、初心者用と上級ユーザー向けの2つの並列ユーザーエクスペリエンスを継続的に開発することです。

初心者のために、Sapienは、Coinbaseと同様の使い勝手で、財布、住所、二要素認証を自動的に管理します。上級ユーザーは、他のさまざまなメトリックやカスタマイズとともに、ウォレットに直接アクセスすることができます。これらの2人のターゲットユーザーを区別することによって、SapienプラットフォームとSPNトークンは、最も多くの人が採用する最良のポジションになります。

II. Synereo

Synereoはブロックチェーン対応のAttention Economyソリューションを提供しており、ネット上のどこにでも投稿されたオリジナルコンテンツの直接的かつプラットフォームにとらわれないインセンティブ化を可能にしています。

SyneroとSapienはトークン特性上技術力に大きな違いがあります。

 技術格差

Synereoの古いAMPトークンはERC20準拠のトークンではなく、その合計供給量は固定されています。これにより、トークンがEthereum ブロックチェーンベースセキュリティ、素晴らしいコミュニティー、およびPlasmaやRaidenのような継続的な開発を利用できなくなります。

Synereoはブロックチェーンに多くの情報を格納しようとします。これは本質的にそのユーザビリティを制限します。

Sapienのマルチメディアストレージオプションには、IPFS、Swarm、FileCoinなどがあり、これらのすべてがきめ細かく拡張され、パフォーマンスが飛躍的に向上します。

WildSparkは拡張ですが、Sapienはエコシステム全体です。私たちの長期ビジョンには、オープンソースコミュニティーの創意工夫を活用するための開発者ポータルを開くことが含まれます。このプラットフォームでは、サードパーティのアプリケーションを構築してプラットフォームで収益を上げ、ユーザーのプライバシーを優先します。

トークンユーティリティ

両者の最大の違いは、サピエンの地方分権化された市場にとってSPNがどのように統合されるかということです。

Sapienの市場は当社のトークンによって強化され、他の場所では見つからないプレミアムな統合、機能、およびコンテンツをユーザーに提供します。トークンはクリエイターに価格を設定させ、消費者はさまざまなコミュニティソースの物理的および仮想的なアイテムを楽しむことができます。 Sapienネットワークは、ユーザーがSPNトークンで広告収入をユーザーと共有できるようにします。

ブロックチェーンアプリケーションが新しい標準になるにつれて、Sapienはユーザーに多種多様なアプリケーション統合を提供し、外部アプリがユーザーベースを活用できるようにSPNの開発プラットフォームを構築します。

SPNを、統合されたアプリケーション上のすべてのアプリ内購入の統一通貨として機能させるつもりです。新しいアプリケーションは、ユーザーがSPNと交換して購入できるように、Sapien APIを通じてSPNと簡単に統合することができます。 SPNによって作成された統一市場は、統合アプリケーション内で購入された仮想アイテムをSPNの現実の価値に結びつけ、SPNに統合されたアプリケーションでユーザー間の新しい相互作用の次元を作り出します。最後に、私たちの目標は、世界中の偽のニュースと戦うために、すべてのSPN統合プラットフォームでグローバルな評判ネットワークを確立することです。

哲学

Syneroの AMPトークンの固定供給は、人々が不足していると思われるものをあきらめてしま本質的に、Synereoの提供するWildsparkは、暗号化された拡張機能の拡張で、ユーザーに「AMPing」の価値があるかどうかを尋ねる永続的なものです。

SPNトークンは、Sapienで作成された値に比例して作成され、クリエイターとキュレーターの間で報酬を分配します。

ユーザーの数と生成される価値に応じて拡張可能なSPNトークンの持続可能な二次配布モデルを使用して、オーバーヘッドを排除したいと考えています。

以上をまとめるとこんなところでしょうか。

Sapienの競合分析としては、他社と比較して以下のようなメリットがあります。

民主化モデルによる公平性

技術力

高いストレージ管理

トークンユンティリティ

外部アプリケーション統合

完全なDAppsへの移行

その支えとなる技術として、Sapienが提唱しているのが、以下です。

①FilecoinやSwarmのようなオフブロックチェーンストレージ 

⇒完全に分散化され、検閲に抵抗し、不変なプラットフォームをサポートする

②SapienベータプラットフォームへEthereumメインネット上でのSPNトークンの統合

⇒ユーザーがSPNトークンを使用して投稿、コメント、および投票を行うことを可能にする

③情報検索のためのElasticSearch

⇒高可用性を備えた文書を索引付けするための安全で高速でスケーラブルなソリューション

④AWS S3データストレージ管理

⇒AWS S3バケットは、投稿、コメント、およびユーザー用のマルチメディアデータを保存するために使用される手頃でスケーラブルなデータソリューション

⑤メトロポリスによるプライバシー重視の匿名取引

⇒支払う人を選ぶ機能を追加することで、Sapienはプレミアムコンテンツとチップをより公正に実装する。匿名取引はまた、プラットフォームのプライバシーを強化し、より多くのプライバシーを必要とする取引に使用される

DAppsに関しては、Sapienプラットフォームは、SPNの統合がすべてのユーザにシームレスに機能するように、ハイブリッド型集中分散型Webアプリケーションになる予定です。

Vitalik ButerinはEthereumにいくつかの改良を約束しており、Ethereumブロックチェーンは、Redditと同じ規模で分散型ソーシャル・ニュース・プラットフォームを次の段階に拡張できる可能性が高いです。ただしそれには、トランザクション速度を速くし、価格を下げる必要があります。技術的な改良がなされると、コア開発チームはSapienプラットフォームを完全なDappに移行します。

 

総括

ソーシャルメディア業界の分散化は進んではいますが、ニュースプラットフォームに特化したプロジェクトは未だ試作段階が多く、明確なソリューションを構築できているものは少ないです。

Sapienにはこれまでのプロジェクトの経験と失敗がうまく利用されていますので、期待しています。

関連リンク

公式サイト:https://www.sapien.network/

白書:https://www.sapien.network/assets/SPNv1_2.pdf

Twitter:https://twitter.com/sapien_network

Facebook:https://www.facebook.com/sapien.network/

Telegram:https://t.me/SapienNetwork

ANN:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2739033.0

Authorship

BABbit43

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here