HdacのICOレビュー

0
1,302 views

この記事を読むのに必要な時間は約 28 分です。

 

こんにちは。今回はHdac のレビューです。トークンセールは11月27日〜12月22日までです。

Hdac とは?

Hdacは韓国のヒュンダイ(HyundaiBS&C)が仕掛ける暗号通貨プロジェクトであり、IoTで行われている新しいマイクロ決済を支配することを目指して、新しいプラットフォーム上で使用される通貨となります。

詳しくはこちらの記事で

HDAC(Hyundai Digital Asset Currency/DAC)について。韓国ヒュンダイが仕掛ける新機軸3.0型暗号通貨プロジェクト。

ICOレビュー

今回もICOに参加する上で重要となる9つの重要項目と五段階評価でレビューしてみます。

①プロジェクトチーム力

Hdacプロジェクトは、Hyundai BS&CとDoublechainが2016年12月にブロックチェーンベースのフィンテックビジネスを開始するためのMOUに調印することから開始しました。

ブロックチェーンベースのプラットフォーム開発および運用の効率を最大限に高め、IoTとブロックチェーンコンバージェンスソリューションを開発する共同プロジェクトを推進しています。

そして2017年6月、ブロックチェーン技術の進歩と様々なサービスの早期立ち上げのために、ブロックチェーンを基盤とするフィンテックの専門会社HyundaiPayが立ち上げられました。 HyundaiPayとDoublechainは、2017年7月20日、Hdacベースのフィンテックおよびブロックチェーン事業の共同開発のための大規模なデータおよび機械学習会社であるElasticsearch Koreaと戦略的提携を結んでいます。

リードチームです。

Dae-Sun 創立者

Dae-Sunは2017年にHdac技術を確立しました。創業者である忠清(チョン・ジュソン)氏は、現代グループの創業者である鄭永忠(チョンヨンジュン)の孫で、232社で構成され、毎年276兆ドルの収益を上げている。彼はまた鄭蒙家(チョン・モンウ)の三男でもある。2008年にIT、建設などの事業を展開するHyundai BS&Cを設立。Hyundai BS&Cには、現代BS&I、現代精密化学、現代BS&E、現代ペイ(Hyundai Pay)という関連会社があります。

William Chun
ブロックチェーンエバンジェリスト

ウィリアムは、IoTの信用と透明性、特に支払いに関する信用と透明性を可能にするブロックチェーンを開発する企業であるDouble ChainのCEOです。彼はブロックチェーンのIoT技術に基づいたプロジェクトを監督しています。 Hdacの技術白書の著者であり、ブロックチェーンを使用したIoT認証(2016年11月)とブロックチェーンePoWアルゴリズム(2017年8月)の特許を取得しています。また、IT革新(2016年)と競争(2016年)の未来大臣賞を受賞しました。現在、韓国Fintech Platform Forumの会長を務めています。

Hdacの CEOは、HyundaiBS&C、HyundaiPayの創立者であり、

dac Technology AGの創設者であるDae-Sun Chung氏は、公式ブログにて次のように述べています。

IoTデバイスの市場が日々増えれば、私たちの生活はますます結びついていきます。これには多くのメリットがありますが、大きなセキュリティリスクにさらされています。 ブロックチェーン技術とHdacブロックチェーン特有の技術は、IoTの信頼性、透過性、セキュリティを活用する最良の方法です。

HyundaiPayが追求した「人間の忍耐を超えて」というコンセプトは、複雑なIoTがつながっている将来の社会において、ブロックチェーンを通じて信頼ベースのネットワークシステムを導入し、直接支払いによる遅延を排除することです。 ブロックチェーンの信頼に基づくネットワークに接続されたさまざまなIoTデバイスが、人間のために支払いを行うことができるのは私たちのビジョンです。

一方で、Double Chainは、ブロックチェーンを使用してIoTの信用と透明性を、特に支払いに関して可能にする会社です。

Double ChainはHdacブロックチェーンと緊密に連携しており、現代のブロックチェーンと協力してブロックチェーンをIoTと統合し、機密性と完全性を実現し、信頼性の高い接続を保証し、デバイス間のトランザクションを確保しています。

Hyundai Technology AGは創造的な課題に取り組み、革新に努めて成長を達成しています。蓄積された経験と様々な業界の先進技術を駆使し、事業ポートフォリオを拡大して市場の変化をリードしています。

コアチームは9名の開発チームです。一部紹介します。

Devon Choi、開発ディレクター
Linkedin

デボンの主な分野は、MS AX / NAV、SAP、ヨーロッパ、日本、中国、インドなどでのOralcleによる化学、自動車、製造業のERPコンサルティングです。特に、Hyundai BS&Cには、免税省、溶接会社、重工業、DAPAなどのためのISPおよびPIのLedプロジェクトがあります。現在、彼はHdacブロックチェーンコアIoTを管理しています。

Joong-Bum Choi-Bum Choi 開発エンジニア
Linkedin 

Joong-BumはDouble Chainのブロックチェーンに基づいてIoTの相互認証のためのソリューションを開発しました。彼は現在、Hdacコア、エクスプローラサイト、採掘プールサイトの開発を担当しています。

Il-Hunは慶北(Kyung-Buk)大学の電子工学を専攻しました。 Innet社のネットワーク管理ソリューション(NMS)、SGAのサーバーセキュリティとアクセス制御ソリューション(AuthCastleとAuditCastle)のR&D経験を有しています。現在、彼はHdacコアの開発を管理しています。

Jae-Hoonは、現代電子で移動通信基地局と通信研究所を開発しました。 SK Teletech研究所のSW開発マネージャーとして経験を持ち、研究センター長としてPantechにスマートフォンとIoTを開発しました。現在、彼はHdacブロックチェーンIoT R&Dのジェネラルマネージャーです

デイビット・リー、オペレーティング・ディレクター
LinkedIn
デイビッドは漢陽大学で修士号とMBAを取得しています。彼はデジタル代理店、金融、保険、カード会社、Fintech社のオンラインおよびモバイルサービスを構築するスタートアップ企業のCEOとしても経験があります。彼はブロックチェーンに関連した暗号化交換などのサービスプランナーでした。現在、彼はHdacデジタル通信の一般的な操作を担当しています。

Robert Choi、Robert Choi 
Linkedin

ロバートはブロックチェーンをベースにしたグローバルマーケティング&リーンスタートアップコーチを担当しています。また、Procter&Gamble、Adidas、Allianz Life、MKTforum、Mail Dairies Co、CHA health-bioグループの25年にわたる業界経験を持っています。彼は、ブランドマーケティング&販売戦略、コミュニケーション、リサーチ、e-Biz、新規事業開発、国際ビジネス、創業ビズモデリング、デジタルマーケティングに専門知識と革新的かつ広範な才能を持っています。

Bong-Sukは、金融業界のITアーキテクトとして22年以上の経験を有しています。 Microsoft Korea、IBM KoreaをGBSチーフコンサルタントとして、またScalechain(ビットコインブロックチェーンコアシステムを搭載した金融プラットフォームを開発するベンチャー)を務めています。現在、Hdacの価値向上と活性化のためにHyundaiPayの環境パートナーシップを管理しています。

Mikeはカカオ、NCSoft、JYP Entertainmentなどでグローバルマーケティング担当者としての経験があります。現在、Hdacのグローバルマーケティングディレクターを務め、マーケティング戦略、オン・オフライン・マーケティングキャンペーン、グローバルマーケティングPR、会議に全世界で出席しています。

そして、アドバイザーです。

EddyはCoinsiliumのCEO&共同創業者であり、Blockchain技術のスタートアップをサポートするベンチャービルダー、投資家、アクセラレータです。彼は2013年以来、ブロックチェーンとビットコムスタートアップの先駆者投資家です。彼はMarc Andreessen&Roger Ver。とBlockchain Awards 2014でトップ3の「最も影響力のあるインベスターオブザイヤー」にノミネートされました。

ラリーは現代ペイのCEOです。彼はオラクル・コリアでの経歴を持ち、慶煕大学経営管理大学院教授として教鞭をとる。ラリーはICT新ビジネス総括ディレクターとして現代BS&Cに7年間勤務し、2017年6月から現代ペイのCEOに就任しました。ITおよびFintech業界で27年間の経験を持ち、現代ペイのブロックチェーンベースの金融ビジネスおよびIoTインフラストラクチャを管理しています。

そして、重要となる法務アドバイザーは以下です。

Patrickは1992年に設立されたPST Legal&Consulting、ZugのCEOです。彼の主な業務分野は国内法と国際税法、企業法、公証法などです。彼はまた、反マネーのための自己規制組織のメンバーです。

又、エコシステムのパートナーメンバーとしてHdac Foundation、Doublechain、HyundaiPay、DEXKOは、Hdacのコア技術又はアプリケーション開発とその活性化のためのデジタル変換コミュニティを結成しており、大規模なデータベース設計とチューニングを専門とするWisBaseなどのさまざまなパートナーと協力しています。

エコシステムメンバーチーム

  • DTC(Digital Transformation Community)現代ペイDTC(Digital Transformation Community)現代ペイブロックチェーンのコア開発支援、Hdac価値向上と活性化
    Doublechainブロックチェーンコア/プラットフォーム開発、バーチャルアカウント開発
  • 韓国デジタル・エクスチェンジ(DEXKO)デジタル・アセット・エクスチェンジ(Hdac社)
  • IoTコンバージェンス技術研究所現代BS&CスマートIoT(HERIOTなど)、Smart IoTホーム技術研究協力
    応用技術EYL量子乱数技術、プラットフォームサポート
  • INTO情報:Webファイアウォール、セキュリティコンプライアンスサポート
  • MODA :IoTゲートウェイデバイス開発/製造
  • WisBase:大容量DB /チューニング
  • 安全なIPのためのARADネットワーク技術サポート
  • Elasticsearch検索エンジン:ビッグデータ前処理、機械学習のテクニカルサポート
  • リップル製造IoT製品と産業用PC

情報保護ソリューション企業であるPnP Secureは、量子乱数チップの開発者であるEYL、 INTO情報、さまざまな業界の独自の技術とサービス開発の開発者です。

ロジカルクローズドネットワークソリューションサプライヤARADやIOTデバイス技術パートナーMODAなど、また、インテルと協力して、IoTと顔認識のアクセスセキュリティソリューションを開発しています。

チーム自体は既に莫大な資金を有する企業であり、ICOで調達する資金含めて、プロジェクトを遂行できないリスクは低いと考えます。

(評価:+4)

②問題点に対して明確なソリューションであるか

Hdacが指摘している主な問題点としては、IoT環境の支払いサービスを妨げていることに関してです。

現時点での重要な問題点としては、

  • 取引速度制限
  • 高いセキュリティリスク
  • 信頼性の欠如

特にトランザクション速度は大きな課題であり、ビットコインは2TX/秒、イーサリアムは5TX/秒程度です。

この問題に対するHdacの技術ソリューションの理念としては、白書にこう書かれてあります。

Hdacの基盤となる技術理念は、契約、決済、ローン、投資、税金、公共料金のすべてがシームレスで簡単な取引でなければならないという、毎日の支払い環境を劇的に改善することです。さらに、当社の技術を使用して、合理的な消費と正確なスマートな管理を促進し、すべてのコミュニケーションとユーティリティの支出が可能になると考えています。

この理念に基づき、Hdacでは主に3つの問題点に対して以下のソリューションを提供しています。

  1. 認証 – デバイスを他の1つで正しく識別することができる
  2. マッピング – 一度識別されると、シームレスに接続できる
  3. 機械から機械への決済 – デバイスはお互いに請求することができる

ブロックチェーンとIoT技術を統合することでこれらを可能にします。

提案されたHdac の技術ソリューションは、以下のような可能性を提供しています。

量子乱数によるセキュリティ強化

→ Hdacプラットフォームによってサポートされているプラ​​イベートブロックチェーンの場合、セキュリティを強化する必要があります。量子乱数発生器を介して識別キーを生成するために乱数を生成することにより、ナンバーパターン分析によるハッキングの可能性を排除することができ、それによって技術および関連するトランザクションのセキュリティを大幅に改善することができる。

ePoWアルゴリズムの採用

さらに、既存のPoW方式を開発してエネルギーと公平な配分を効率的に利用するためのコンセンサスアルゴリズムのためのePoWアルゴリズムを提案する。また、管理者権限を付与できるアクセス許可の概念を追加することで、プライベートブロックチェーン内の特定のユーザーだけがブロックチェーンの完全なノードとして参加できます。既存のプラットフォームが共通のトークン単位を使用する場合、Hdacは用途に応じて複数のブロックチェーンを構築でき、カスタマイズされたトークンの作成と配布に使用できるサービスモデルを提供します。

パブリックチェーンとプライベートチェーンの統合

Blockchain:新しいプロジェクトは、BitChinに基づいてプライベートブロックチェーンを実装できるため、Multichainブロックチェーン上で改善されます。
彼らは3分ごとに1ブロックを作成する予定で、ブロックサイズは8MBになります。パブリックブロックチェーンは1秒あたり160トランザクションを処理し、Bitcoinは7プロセス、Ethereumは25プロセスで大幅に改善されます。

同社は、大規模なIoTデバイスによって生成されたトランザクションを効果的に処理する方法を見つけるために、IOTAのトランザクション処理構造/速度とEthereumの次世代ネットワークを調査しています。

同社のテストネットワークでは、毎秒数万から数千トランザクションの大規模なトランザクションを作成することで、物理ネットワークの速度/物理コンピューティングのパフォーマンスに応じて、限られた数のトランザクションしか処理されないことが証明されています。

HdacのBitcoinやEthereumとの簡単な比較(白書より)

したがって、高レベルのトランザクションを管理するための最良のソリューションとしては、複数の別々のプライベートブロックチェーンを処理し、別々のルートブロックチェーンを通じて情報を統合することです。

パブリックブロックチェーン、プライベートブロックチェーン、およびその統合に関しては白書をご覧ください。

これにより、1秒あたり1000の取引を可能にすることを目指しており、プラットフォームの目標は、2019年の終わりまでに目標を達成することを計画しています。

プロジェクトチームは、ダブルチェーンの特許済みの技術ソリューションに基づいて、このプロジェクトには明確な計画と実装の時間枠があることがわかります。

(評価:+4)

③収益性又は成長性の高いテーマであるか

Hdac のテーマはIoTとブロックチェーン業界に関するものです。

IoT(Internet-of-Thing)は、インターネット上であらゆるモノを人と人とでつなげるインテリジェントな技術サービスですが、

IoTは、ハイテク産業に目に見える即時の影響を与えており、2020年には2,700億ドルの価値があります。

このように今後数年間でIoT市場は指数関数的に急速に成長すると予想されていますが、ブロックチェーンとも相まって関連性の深い業界です。

IoT技術は、ICBM(IoT、Cloud、Bigdate、Mobile)と命名されるように次世代のコア技術として欠かせないものです。ブロックチェーンが提供しなければならない利点を持つ高度に結びついた社会は、第4次産業革命になると多くの人が期待している分野であります。

これは確かにテーマとしてプロジェクトの可能性を高める要因となり得ます。

同分野は競合的なプロジェクトとしては、ビットコイン、イーサリアムだけでなくIOTAなどが存在します。

プロジェクト自体は規模拡大が大きく見込める分野であり、競合的プロジェクトはあるものの、プラットフォームの初動時(2018〜2019年にかけて)には、需要が大きくなる可能性が大いにあります。

(評価:+4)

④プロジェクト管理チームの透明性

プロジェクトチームの透明性に関しては、プロジェクトの成功は別としてかなり高いと考えられます。

韓国ヒュンダイが大元であり、HdacはHdacとHyundai BS&Cの創設者である鄭舜臣が率います。彼現代の叔母と叔父は、グループと現代自動車のCEOです。このHyundai接続は、コミュニティメンバーにプロジェクトの信頼性を与えています。

実力は抜きにして透明性は高いでしょう。こうして信頼の高さからもトークン購入を促すことは可能です。

(評価:+5)

⑤法的なICOの正当性

Hdacは、韓国現代グループの現代ペイが大元であり、同社はスイスに本社を置く多国籍企業Hdac Technology AGと協力して、ブロックチェーンテクノロジーをIoT決済プラットフォームに導入し、取引を安全にすることを目指して、TGE(トークン生成イベント)を開催することを発表してます。

スイスのツークでTGEイベントが開催される予定です。当初のイベント日程よりも若干ずれた日程で開催されます。この意図としては完全に法に準拠した形でTGEイベントを開催することにあります。

特にKYC(あなたの顧客を知っている)とAML(アンチマネーロンダリング)手続きを含むFINMA(スイス金融市場監督局)の国際規則に準拠することに決めました。将来の潜在的な問題を回避し、すべての参加者を保護することを確実にすることです。

hdac managementはこのように述べておりスイスの規制当局に準拠した形でTGEは開催されますので安心です。

また、同チームはダボス会議センターで開催されたd10e第12版カンファレンスに参加しています。 

スイスのツーク🇨🇭はICOの立ち上げ場所としてケイマン諸島とともに使用されることが多く、法的なメリットもあります。スイスには、暗号通貨に関連した財団法人設立法があるため的確な場所です。

Hdac財団は最適な環境を提供しています。

しかし、いついかなる時も法的な規制には柔軟な対応が求められますので法務的なチームの存在が重要となります。

(評価:+4)

⑥第三者監査とエスクロー

セキュリティ監査に関しては、HdacはPseudo Random Numberの脆弱性を補完するQuantum Random Number(量子乱数)を適用することで、マルチファクター認証方式を実装しています。

これにより、セキュリティを往来のものよりも格段に高めます。

また、白書にある通り、Hdacネットワークには指定された所有者は存在せず、大部分のノード合意がある場合のみ、開発者によって更新が可能になっています。

Hdacの取引のすべては、参加者によって管理されます。

(評価:+4)

⑦キャンペーン管理とサポートの品質

キャンペーンに関しては、bountyプログラムがあります。

Bounty program

BTCでの配布が行われることやキャンペーンの比重がかなり大きめなので、参加するメリットが大きいです。

しかし、トークン配布が行われるまで、経過観察です。最近では、配布が遅れるところやclaim (主張)しないと受け取れないこともあるため、参加するプロジェクトは慎重に選ぶ必要があります。

立ち上がりであり、経過観察ですが、キャンペーン参加のメリットが大きいこと、

(評価:+4)

⑧注目度や評価(マーケティング)

マスメディア

目立ったものは確認できていません。

ソーシャルメディア


Twitter :1184
Facebook :4260
Telegram:1373

調達額

未定です。トークンセールは、11月27日から約1ヶ月弱の間続きます。

ハードキャップはかなり高めの設定で

ICOの評価

ICOrating

H

マーケティング的には、韓国発祥であり、同じアジア圏で暗号通貨が盛んな日本を初期のターゲットにプレセールが行われていました。

日本では2〜3月ごろからマーケティングが始まり、ヒュンダイのバックアップということで非常に人気の案件となってます。

海外では、キャンペーンの立ち上げやICOサイトへの掲載は遅く、注目度は高い方ではありません。

トークンセールの初日から数日間の調達具合に注目です。

(評価:+4)

⑨トークンの特性と収益性

Hdacトークンは、プラットフォームのユーティリティであり、議決権などは有しません。特性としては、カスタマイズ可能なトークンであり、管理者が任意の名前を選択して配布してプラットフォーム上に作成できます。

企業はこれを使用して独自のトークンを作成することもできます。

また、さまざまな権利管理機能があり、最初のブロックチェーンノードを構築する管理者は、他のノードに権限を与えることができます。権限のタイプは、アクセス権、送受信許可、鉱業権、資産の生成権などであり、運用中に効果的に変更することができます。

トークンからの収益の期待は、主に市場での需要増加に依存し、プラットフォーム開発に依存するので長期的なものですが、供給が需要を超えてくれば、もちろん市場での短期的な投機目線での価値上昇も考えられます。

 

最近のICOトークンの課題としては、上場先によっては流動性がかなり低くなり、思ったようにトレードができないことがありますが韓国のデジタル取引所に上場することは決まっており、主要取引所に複数リスティングされることが予想されています。(現時点では明確な場所はわかりません)

短期的な目線での売買でしたら、まずは大手取引所との連携(流動性の確保)、そして調達額(供給がどれだけあるか)などに着目すべきでしょう。

トークン生成イベント前又は中に、いづれかの主要取引所と提携している可能性はありますが、明確な発表はまだありません。流行りのBinance,Qucoin,Quoinex,Bittrexなどに上場してくるとさらに注目を浴び価値も期待できるでしょう。

プロジェクトの遂行力が高いことを考えると、長期的な投資としてはメリットがあると考えられます。特に3~4月のプレセールで購入できていた方は利益はすでにBTCの上昇に伴いありますし、今後に期待したいところです。

(評価:+4)

総評

総評としては、37/45ポイントでHighとしました。

当初から私も期待していた通貨の一つであり少し評価は高めになりましたが理由としては、IOT 業界において欠かせないブロックチェーンソリューションを提示しており、技術的な要素や資金部分も整っているため、比較的有望なプロジェクトであると思います。今後のマーケット形成やチーム連携などが高まればプロジェクトを十分に遂行できるチームであると思います。

トークンセールは、間も無く開始されます。

トークンセール後の取引所との連携にも注意しておきたいと思います。韓国デジタル取引所への上場は確定しています。その他の取引所のアナウンスはお待ちください。

 関連リンク

公式サイト:https://hdac.io/

白書:https://github.com/Hdactech/Hdac/wiki/Hdac-Technical-Whitepaper

Twitter :https://twitter.com/hdactech

Facebook:https://www.facebook.com/hdactech

Telegram:https://t.me/Hdac_TGE

My profile

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here