【解読】BrickBlock(ブリックブロック)の競合上の優位性と投資家のメリットについて

0
800 views

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

 

こんにちは。今回は、注目しているICOである、BrickBlock(ブリックブロック)のホワイトペーパーについてです。

かなり専門的な内容が多く、難解でしたがざっくりわかりやすく自分なりに理解した範囲でまとめましたのでご覧ください。

はじめに

BrickBlock は、ドイツベルリンのスタートアップ企業であり、

CEOのMartinは、送金と国際収入のブロックチェーンベースの決済サービスプロバイダーであるBitwalaの共同設立者で元CFOです。彼はまた、ヨーロッパのBitcoinスタートアップインキュベーターであるBitcoins Berlinの共同設立者でもあります。また、ドイツ最大のfintech coworking spaceであるTransistorも運営しています。

BrickBlock は、上場投資信託(ETF)REF(不動産ファンド)、パッシブコイントレードファンド(CTF)、アクティブコインマネージドファンド(CMF)などに直接投資するための新しいブロックチェーンソリューションです。

往来の障壁を無くし、小口投資家でも自由に参加できるプラットフォームを構築します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

BrickBlock(ブリックブロック)はブロックチェーン上の未来の取引プラットフォーム

https://www.brickblock.io/

9月20日には、東京でもミートアップが行われたようで、実世界の資産にブロックチェーンをどう応用するかについて述べてます。

ホワイトペーパーの構成

ホワイトペーパーは次のように構成されてます。

  • 全体概要
  • 導入
  • 問題点とソリューション
  • 市場分析と競合との比較
  • BrickBlock を利用するメリット
  • プラットフォーム
  • ビジョン
  • 用語集
  • 免責事項

全体的に見ても、かなり詳しく書かれており、専門的な内容が多い印象でした。親切な用語集もあるため、理解はしやすくなってます。

今回は前半部分について見ていきたいと思います。

問題点とソリューション

BrickBlockのホワイトペーパーに挙げられている問題点とソリューションは以下です。

  • 暗号通貨市場の高いボラリティ

暗号通貨市場は特にボラリティが高く、リスクはの選択肢が少ない、また実資産へのアクセスが難しい

→(ソリューション)ETFやREFを直接ETHで購入できる方法を提供する(この方法は後述)ことで、低資産クラスの方でも簡単に暗号化ポートフォリオをヘッジできる

  • カウンターパーティー(取引先の)リスク

→(ソリューション)Brickblockは、決済プロセスにブロックチェーンを使用することで、取引日のリスクエクスポージャーを複数に分散する

  • 株取引での高い手数料と複雑さ

株取引での手数料の高さと格差、また資産運用の複雑さについて述べてます。

→(ソリューション)高度な自動化、ブロックチェーン技術、およびスマート契約により、決済機関や小売ブローカーなどの多数の第三者を迂回することで、現実世界の資産の売買に関連する複数の手数料を従来の小売ブローカー程度のものまで削減する

  • 取引制限

世界中の取引所との接続が難しく、銀行口座やブローカー口座が必要なため民間人がETFやREFを購入するのは困難を極める

→(ソリューション)グローバルETFとREFの取引には銀行口座を必要とせず、地理的な制限を排除する

  • 法的な問題

既存のプロジェクトは法的な部分が欠如している点を指摘しています。

→(ソリューション)独立的な監査人を別に配置して、監査を設けることでファンドマネージャーと法的な契約を結ぶ

市場分析と競合通貨

ホワイトペーパーでは、これまでにトレーダーや投資家が、暗号通貨市場で多様化するための金融ツールの開発を多く行ってきていることに触れています。

BrickBlock の考えは以下です。

このセクションでは、これらのプロジェクトのいくつかを抜粋し、改善の可能性を強調します。しかし、これは競争の価値を下げることではなく、私たち自身の解決方法を開発するための動機、すなわちこれらの問題に取り組むための動機付けを説明することに過ぎない。私たちは、暗号コミュニ ティを前進させることを真剣に試みているすべての人に とって最高のレベルを持っており、この分野で多くの革新的なプレイヤーに十分な余地があると深く信じています。

BrickBlock との競合

具体的には、以下が挙げられてます。

Tass(タース)

:暗号通貨投資に関する障壁を低減させるスマートコントラクトを用いたツール。潜在的なリスクと法的な契約の欠如を指摘。

Melonport/Meron(メロンポート)

:投資家に様々な貨のポートフォリオを開発するプロセスを簡略化することを目的としたオープンソースプロトコル。信頼性とトークンの互換性(ETHへの依存性)の欠如を指摘。

Digix(ディジックス)

:ETFとREFをトークン化するのに必要なインフラを構築する最初のプラットフォーム。現在開発中ですが、スマートコントラクトにETFを入金した場合、DGXトークンが作成され投資家は金を受け取るというものであるが、仲介役の存在による問題点を指摘してます。

Proof Suite(プルーフスイート)

:実際の資産を追跡するためのブロックチェーン開発ツールを企業や政府に提供する。しかし、企業内での合法性の欠落を指摘しています。

BrickBlock の強み

上にあげた、競合に対してのBrickBlock の強みは以下です。

法的な契約

BrickBlockはすべてのファンドマネージャーと法的な契約を結び、さらにセキュリティ層も追加する

完全な市場エクスポージャー

価格変動に依存する金融商品ではなく、物理的な株式、金などの商品、通貨のみの取引を取り扱う

投資家やブローカーのためのエスクロー(第三者信託)の存在

スマートコントラクトが有効になった場合にのみ、ブローカー・ディーラーは、エスクローを請求することができ、投資家のファンドを受け取る

伝統的な投資世界とデジタル世界の橋渡し

既存のインフラストラクチャを活用して法的に認められた新システムの迅速な導入を行う

ユーザーのメリット

BrickBlock は我々にとってどんなメリットがあるのかについてです。

根本として、暗号化コンテンツやトークンを含む資産を多様化することを助け、全体的なリスクを軽減することをBrickBlock は目指しています。

個人投資家のメリット

  • 仲介者の排除や投資額のプールにより、REF ETF CMF CTFへの投資コストを抑える
  • 配当とクーポンの形で安定したリターンを作る
  • 法的なリスクを抑える
  • グローバルな直接投資を心がけ、場所に限らず、自由な投資を目指す

機関投資家のメリット

複数のウォレットと多数の交換プラットフォームで多様なデジタル通貨のポートフォリオを各ファンドで購入できる

不動産ファンドマネージャーのメリット

不動産ファンドマネージャーは不動産の取得監督、コンサルタント、鑑定、不動産管理者の評価、財務モデル設計、資産分配戦略策定など多種の仕事量があり

往来のシステムでは、顧客にファンドを売却するために莫大な引当金がかかるため、資金コストを削減してファンドマネージャーの負荷を減らし、全体としてグローバルな流通を目指しています。

コインマネージドファンド(CMF)マネージャーのメリット

ファンドマネージャーは、管理手数料体系を自由に設定でき、法的で信頼できるものとして顧客と契約できます。

また、投資家を誘致するための管理体制づくりを手助けし、第三者と協力して責任に関する潜在的な法的またはサイバーセキュリティリスクを削減することができます。

ブローカー・ディーラー(時にマーケットメイカー)のメリット

BrickBlock はブローカーやディーラーの単一の取引先として機能し、専用のデジタルウォレットAPIソリューションを提供します。

BrickBlock は運用コストの大幅な削減や、暗号化支払いを含む配信対支払い(DvP/Delivery vs Payments)を有効にすることを重視しており、ブローカーがビジネスに集中できることを心がけます。

最後に

BrickBlock は、我々投資家でも簡単にETFやREFなどのリアル資産にアクセスできるための様々なソリューションを提供してくれるため私は期待してますし、投資家としても参加もしたいと思いました。

次回は、ホワイトペーパーの後半部分であるプラットフォームでの実際の取引の仕組みとトークンについて詳しく見ていきたいと思います。

関連リンク

公式サイト:https://www.brickblock.io/

ホワイトペーパー

全体概要:

:https://www.brickblock.io/files/Brickblock_General_Whitepaper_v102.pdf

技術部分

https://www.brickblock.io/files/Brickblock_Technical_Whitepaper_v093.pdf

公式テレグラム:https://t.me/joinchat/AAAAAERj-_1p8AktrkESlQ

公式Twitter:

https://twitter.com/brickblock_io

Facebook:

https://www.facebook.com/brickblock.io/

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here