Quarkchainが投資対象になるいくつかの理由

0
689 views

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

 

 

今回の記事では、QuarkChainが投資対象になりうるいくつかの理由についてまとめました。

※短期的な投機的な意味合いも含みます。

業界には不可欠でわかりやすいソリューション

プロジェクトの視点は、スケーラビリティの問題です。

分散化、セキュリティ、スケーラビリティを維持しながら新しいブロックチェーンの形を実現するというビジョンがあります。

特にブロックチェーンサービス系のICOは、比較的ROIも高い印象です。

ICOdropsのHigh評価のプロジェクトのうち、がブロックチェーンサービスでした。

そして、ブロックチェーンサービスプロジェクトの平均的なROIは、3.956倍でした。(79のプロジェクトで総計312.52ポイント)

さらにそのうち、二つのプロジェクトは、数十倍になっています。シャーディング技術オフチェーンソリューションのプロジェクトです。

  • Ziliqa
  • Ontology

QuarkChain も新たなブロックチェーンサービスプロジェクトですので、こうしたから期待値は高いと言えます。

 

現状は、スケーラビリティに関して突出した競合プロジェクトが少ない

既存のスケーラビリティ改善プロジェクトに加えてこの手のタイプのプロジェクトも増えてきており、競合も激しくなってきてますが、まだ一つも確立されたものがないこともメリットです。

取引所や予測市場のような他の金融プラットフォームでは、毎秒100,000件以上の取引を処理できる必要があります。複数の大規模アプリケーションを処理するには、適切なプラットフォームが、1秒あたり少なくとも100万件のトランザクションを処理できる必要があります

現状は以下です。

  • ビットコイン   4-7tps
  • イーサリアム   10-15tps
  • Hyperledger 1000tps
  • VISA             45000tps
  • Alipay           256000tps

スケーラビリティ改善のためにビットコインはライトニングネットワーク、イーサリアムはシャーディング技術に現在取り組んでいます。

シャーディングを簡単に説明すると、ブロックチェーン・ネットワークを「シャード(Shard)」と呼ばれる複数のグループに分割することで、取引やスマートコントラクトの処理能力の向上を図るソリューションです。

イーサリアムのシャーディングは現在第一段階が公開されており、2019年中頃に向けて第二、第3段階へと続きます。これは、数年はかかります。

さらにPoWからPoSへの移行や、プラズマ、キャスパーなどのソリューションも並行して行われます。

ビットコインのスケーラビリティ改善のためのソリューションとしてのライトニングネットワークは、ライトニング・ネットワークをビットコインのメインネットで実装した「lnd 0.4beta」をリリースしたことでさらに期待が高まっています。しかしこれもあと数年は必要でしょう。

QuarkChainは高いスケーラビリティをサポートしていますが、オフチェーントランザクションに対応することもできます。アプリケーションによっては、オンチェーン処理とオフチェーン処理の両方を必要とするものがあります。たとえば、一部のトランザクションは外部データにアクセスする必要があります(ブロックチェーン上ではありません)。 QuarkChainの2層シャーディング構造により、このチェーンとオフチェーンの取り扱いが非常に柔軟になります。これにより、より多くの機会とアプリケーションが開かれます。

さらにEthereum仮想マシン(EVM)を介してスマート契約をサポートします。 EVMはスマートな契約の最も広く使用される実行エンジンです。 EVMの上に構築された既存のdAppのほとんどは、QuarkChainプラットフォームに直接配備できます。また、QuarkChainの高スケーラビリティ機能を利用するために、連絡先の実行中に他のシャードを介してスマート契約固有のデータを送信するなど、スケーラビリティに対応したインターフェイスを追加します

QuarkChain に関しては、どのプロジェクトにもスケーラビリティに関して王座となれるチャンスがあります。

トークンの稀少性が高い

ご存知の通り、このプロジェクトのトークン購入難易度は比較的高めです。

  • まず、KYC審査を通ること
  • 第2に得点性でホワイトリスト参加が決められること
  • 第三に通過してもさらに抽選されること

これによって、トークンの稀少性が高まり、コミュニティも大きいため誰しもが手に入れふことができるトークンではありません。

この形式のICOでは、需要が上回る可能性が高いため、トークン上場時に暴騰する確率も上がります。(もちろんその時の相場にもよりますが)

有名な格付けサイトICOdropsでの評価がVeryHigh Interestである

調べましたが、過去にHIGHのプロジェクトのROIは平均的に高くなっており、ほとんどがICO価格より上値で推移しています。

過去には、

  • EOS 
  • Status
  • Civic
  • 0x
  • Monetha
  • Everex
  • Tron
  • Filecoin
  • Enigma
  • Kyber
  • Icon
  • AirSwap 

などのプロジェクトも含まれています。

Very High Interestのプロジェクトの平均的なROIは、ETH換算で×11.03となってます。

執筆時点のROI

  • EOS         ×6.6
  • Tierion   ×0.58
  • 0x     ×14.39
  • Enigma   ×1.66
  • Kyber   ×1.78
  • Icon    ×14.32
  • Wanchain ×8.59
  • Oracle   ×4.08
  • Wabi    ×2.83
  • Bluzelle  ×7.95
  • ThKEY   ×0.87
  • ziliqa    ×26.5
  • Ontology   ×63.53
  • Refereum  ×0.79

これも、ICODROPS チームの選定レベルの高さの結果でしょうね。

QuarkのレーティングはVery High Interestです。

コミュニティが大きい

テレグラムメンバーが非常に多くこれは上場戦略にも役立つます。

コミュニティは比較的大きいです。

  • Twitter(13846)
  • Telegram(82451)

テレグラムの人数は特に上場に関して効果を発揮することが大きいです。Binanceの上場条件を見て見ましょう。

  • 公式サイトの存在
  • コインの価値:どんな問題を解決するのか?なぜ、価値を持つのか?なぜ今後価値が上がる可能性があるのか?
  • チーム構成:どんなチームで何人いるか
  • 開発部分:開発の戦略は?githubで利用可能なソースコードについて
  • ICO:ICOを経ているか?どんなプラットフォームを使っているかなど
  • ホワイトペーパー提示
  • コミュニティの人数と参加方法
  • 時価総額情報(MarketCap)
  • 流動性:他の取引所で扱っているか、日々の取引高はどれくらいか
  • ポラリティ:コインの価値の推移、チャートどこで見れるか
  • 他の要素:できるだけ多くのコインに関する情報を提供すること
  • ウォレットに関して
  • ブロックチェーンエクスプローラはどこにあるか
  • ウォレットのフォーマットについて。Linixウォレットはあるか
  • 膨大な数のアドレスをどうやって作成するか
  • 膨大な数のアドレスへのデポジット機能をどう試すか
  • トランザクションオフラインにどう署名するのか

さまざまな項目があり、申請を通るのは難しいですが、他社と優位性を得ることができるのは赤文字の項目です。Quarkchainは比較してlクリアしていると判断はできますが、緑文字の項目にあるようにまずは中規模の取引所で板を育てて地道に取引量を増やしていくことが重要です。

ZiliqaはBinance、OKEx、Huobi、Kucoinに上場していますがますはKucoinやBibox、Idexなどの中規模取引所に上場させて取引量を増やすのが賢明でしょう。

中国チームである

NEOといい、中国系通貨は通貨の力が強い印象であり、その要因としてあるのが政府や大きな機関との提携が多いことです。

通貨自体のブランド力はトークン価格にも影響しますので、メリットの一つでしょう。

堅牢なビジネスモデル

ブロックチェーンインフラはモバイル志向です。

モバイル機器上に構築されたDAppは、より適切であり、44億7,400万人が2018年に全世界で68%の携帯電話インターネットユーザーの普及率を使用していると主張しています。 

簡単なスケールアウトブロックチェーンテクノロジは、ソーシャルネットワークのオンラインストレージ、ゲーム、ブロックチェーン上の経済プラットフォームの共有を可能にします。 

このようなビジネスは、ハイスループットのブロックチェーンに対する強いニーズがあり、既存の難題とコスト効率の悪い問題を解決することができます。

国識別文書の背後にある偽造防止技術のような既存の技術は、分散型元帳と高度な暗号化保護秘密鍵の助けを借りて、中小企業が採用するには高価すぎる可能性があります。

中小企業向けの偽造防止ソリューションを提供することで中小企業のオーナーをサポートします。このソリューションは、卒業証書を検証するための教育システムにも使用でき、研究室はオープンで協力して、ビジネスの仲間と協力してビジネスを拡大し、スケールアップします。リーズナブルなスタートアップの哲学を念頭に置いて、工業用ハイスループットブロックチェーンは、その利用を最大化することができます。

現在のビジネスは、インターネットのために適用される大きな可能性を持っています。ブロックチェーンを使用すると、コストを削減できるため、IoT転送の価値を迅速に実現できます。

QuarkChain上でDAppsを採用して構築する開発者には、相当量のQKCをインセンティブとして割り当てる予定です。

さらに、開発者は最小限の実行可能な製品をチェーン上で実行できます。 QuarkChainの高いトランザクション処理能力を大いにサポートし、開発者は迅速なフィードバック収集によってメインネット上に自社の製品を導入し、テストすることができます。

さらにQuarkChainは、多数のローエスデバイスを持つIoTアプリケーションをサポートする重要な役割を果たし、自動データ収集と処理を高速化し、より多くのアプリケーションを構築します。経済的なイオンのためのブロックチェーンプロデジタルプラットフォームであり、それゆえに人工物と非常に関連しています。

シャーディングは、共通の取引クライアントがより効率的になり、データ量が急速に増加します

QuarkChainプラットフォーム上に構築され、多くのデータマイニングアルゴリズムを開発し、経済モデルを開発することができます。 

実際に提携先にはQuarkChain のソリューションを採用する企業の存在があります。

Chihuo

Chihuoはコンテンツベースのソーシャルメディアで、米国の中華料理やレストランのレビューを公開しています。 

FacebookやWeiboのページでは、weChatには50万人以上のフォロワー、400Kのフォロワーを抱えています。

同社は、電子商取引のウェブサイト上でベンダーの製品を販売し、レストランや包装食品会社から広告料とコンサルティング料を徴収することで収入を得ていますが、市場シェアをさらに拡大するため、ユーザーの獲得と保持を向上させるソリューションを探していました。

そこで、ChihuoはQuarkChainと提携することで、このプラットフォーム上でDappを実行し、独自のトークンを提供することです。

まとめ

これまでのデータから分析してみると、トークン価格の期待値は比較的高いと判断できますが、必ず上がる保証はありませんし、価格の予測は何とも言い難いです。

しかし、あくまで個人的な判断にはなりますが、私は期待を込めて参加します。

関連リンク

https://www.quarkchain.io/

https://www.quarkchain.io/QUARK%20CHAIN%20Public%20Version%200.3.2.pdf

Telegram

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here