この記事を読むのに必要な時間は約 31 分です。

 

Quarkchainプロジェクトの背景と概要

 

背景

ブロックチェインの3つの主な課題としては、セキュリティ、分散化、スケールアウトの問題があります。

トランザクションプラットフォームとして、最優先事項は常にセキュリティです。

ブロックチェーンは、名前が示すように、デジタル接続されたブロックのチェーンであり、セキュリティの手段を提供する固有の特性を持っています。

まず、ブロックがリンクされているため、ハッカーは、そのレコードを含むブロックとそれにリンクされているブロックを検出しないように変更する

第2に、ブロックチェーン上のトランザクション/レコードは暗号化によって保護されますネットワーククライアントは、トランザクションに割り当てられた独自の秘密鍵を持ち、署名が無効になり、ピアネットワークは何かが起きたことを知っています。早期通知は、さらなる被害を防ぐために不可欠です。

第3に、ブロックチェーンは分散され、P2Pネットワーク全体に分散され、特定のコンセンサス(例えば、POWまたはPOS)と同期して維持されます。

Powベースのブロックチェーンは、ネットの少なくとも51%のハッシュ・パワーを必要とする任意のトランザクションを元に戻すことができる二重支出攻撃を実行するように働きます。

このような攻撃は、ネットワークの分散化の程度、つまり分散しているブロックチェーンが多くなればなるほど攻撃がより困難になることに大きく依存します。

ブロックチェーンが十分に分散化されていれば、単一のエンティティ(鉱山者または鉱山プールの所有者)には51%以上のハッシュ・パワーに達すると非常にコストがかかりますし、ブロック・チェーンにはセキュリティを提供する固有の特性がありますが、意図、悪意のある攻撃を考慮する必要があります。

ブロックチェーンの最終目標は、セキュリティと分散を適切なレベルで維持しながら、スケーラビリティを可能な限り高くすることです。

ビジョン

QuarkChainは、グローバルな商業標準を満たすことを目指す革新的な許可ブロックブロックアーキテクチャです。

QuarkChainの主なアイデアは、数十億のTPSを処理する集中化された世界で強力な大規模分散システムを開発する豊富な経験からインスピレーションを受けています。

ブロックチェーンの技術を適用して、ブロックチェーンのスケーラビリティに関する独自のソリューションを作成しています。このソリューションは、安全性と分散化機能を損なうことなくブロックチェーンのユーザビリティの境界を大幅に拡大することを目指しています。

結果的にはQuarkChainは、分散ソーシャルメディア、高頻度取引、IoT(Internet of Things)、ゲーム、および財政支払いをサポートするシームレスなプラットフォームを構築することを目指しています

プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引

以下のような機能に基づき、セキュリティと分散を保証しながらスケーラビリティを向上させるQoE(ユーザーのQoE)に対するシームレスなクロスシャードトランザクションを実現します。

二層ブロックチェーン

QuarkChainはブロックチェーンの2つのレイヤーで構成されています。最初のレイヤーとして弾性シャーディングブロック(シャード)を適用し、2番目のレイヤーとしてシャードからのブロックを確認するルートブロックチェーンを適用します。

マイナーブロックチェーンとしてのシャードにはリストが含まれています。各シャードは、すべてのトランザクションのサブセットを独立して処理します。

したがって、シャードの数が増えると、シャードはより多くのトランザクションを同時に処理できます。その結果、シャードの数が増えるにつれてシステム容量が増加します。

そして、シャードされたブロックチェーンからすべてのブロックを確認するルートブロックチェーン(ルートチェーン)があります。

ルートブロックチェーンは、(経済的に効率的ではないため)トランザクションを処理しないが、そのブロックは十分に困難であるため、トランザクション、すなわちルートブロックチェーン内のトランザクションを元に戻すことは経済的に効率的ではない。

QuarkChainネットワークは、アクティブなネットワークで追加のシャードをサポートするように設計されています。より多くの断片を追加することは迅速です。

クロスシャード取引

クロスシャード取引はいつでも発行することができ、数分で確認できます。クロスシャードトランザクションのスループットは、シャードの数が増えるにつれて直線的に増加します。

市場主導型の共同マイニング

ハッシュ・パワーがシャード間で均等に分配されるようにインセンティブを与える、インセンティブのためのゲーム理論フレームワークを設計しています。

二重支出攻撃を防ぐために、ルートチェーンに割り当てられたハッシュ・パワーの少なくとも50%があります。

シンプルなアカウント管理

すべてのシャードに必要なアカウントは1つだけです。異なるシャードからのすべての暗号化通貨は、1つのスマートウォレットに格納されます。

アカウント管理ユーザーはすべての秘密鍵を介して分割する場合、ユーザは本質的に分割数と同じ数のアドレスを有することになりますが、シャードの数が多い場合(例えば、数千または数万)、ユーザは複数のシャード内に複数のバランスを有することができます。

したがって、すべてのシャード内のすべてのバランスを管理することは不便になる場合があります。

プライマリアカウントは、デフォルトシャード内のユーザーのアドレスで、セカンダリアカウントは、残りのシャード内のユーザーの残りのアドレスを管理します。

管理を簡素化するために、ほとんどのトランザクション(例えば、異なるシャード内のスマート契約)に一時的に二次口座のアドレスに移動し、取引後に二次口座に残高がある場合には、残高を元に戻すプライマリアカウントに転送します。

これにより、ユーザーの残高がほとんどの場合プライマリアカウントに収まるようになり、セカンダリアカウントの住所の残高を管理する必要がなくなります。

この機能は、QuarkChainチームがオープンソースプロジェクトとして提供するスマートウォレットによって有効になります。

 

スーパーフルノードによる水平スケーラビリティ


高いTPSを持つブロックチェーンネットワークでは、スーパーフルノードは非常に高価になり、集中化が促進されます。

対照的に、QuarkChainは、クラスタを形成する複数の安価なノードがスーパーフルノードを置き換えることを可能にします。

技術ロードマップです

  • 2018年第2四半期:Testnet 1.0スマート契約0.1
  • 2018年第4四半期:QuarkChainコア1.0メインネット1.0 SmartWallet 1.0
  • 2019年第2四半期:QuarkChain Core 2.0 smartcontract

開発の進捗状況

1)テストネット

最初のテストネットTestnet 0.1は、2018年第1四半期に2000+ TPS(トランザクション/秒)でリリースされました。多くの評価機関と投資家は、このテストネットを既に肯定的なフィードバックで試してテストしています。 6月に公開テストネットワークTestnet 1.0をリリースする予定です。

同時に、GitHubでソースファイルを開きます。現在、世界中から100人のボランティアを選んでテストしています。この活動に興味のある方は、testnet @ quarkchain.io宛に電子メールを送ってください(詳しい情報はウェブサイトから入手できます)。

2)クラスタ1.0

2.1)Testnet 1.0の各クラスタは、Google File Systemと同様のアーキテクチャを採用しています。 1つのマスターノードと複数のスレーブノードを持ちます。マスターノードは、他のクラスタとの通信、ルートチェーンからのデータの管理、すべてのスレーブノードの調整を行います。各スレーブノードは、1つまたは複数のシャードのトランザクションを処理します。

2.2)スレーブノードのデータ構造と状態遷移のコードの大部分が実装されている。具体的には、本システムでは、ルートチェインの最初のPOWのコンセンサスアルゴリズムとクロスシャードトランザクションの送受信メカニズムが実現されている。

2.3)クラスタ1.0用の非同期リモートプロシージャコール(RPC)フレームワークが構築されました。このフレームワークでは、いくつかの技術的機能をサポートすることができます。

a)各シャードは、別のクラスタ内の対応するシャードと通信できます。

b)各スレーブノードは、同じクラスタ内の他のスレーブとやりとりすることができ、クロスシャードトランザクションの基礎となります。

c)スレーブノードは、クラスタ内の状態の一貫性が保証されるように、それ自身のクラスタのマスタノードと通信することができる。

市場と競合分析

ブロックチェーン技術にまつわる様々な市場分析をしたいと思います。

ブロックチェーン技術への関心は確実に高まってきている

2013年以降、多くの分散型取引プラットフォームが開発されています。

集中化されたケースとは異なり、分散型ストレージと取引では価格を大幅に下げることができるため、大企業だけでなくあらゆる企業でも技術を活用することができます。

過去2年間で、多くの企業がブロックチェーン技術を検討してきました。 世界のほとんどすべての主要金融機関は現時点でブロックチェーン研究を行っています。 たとえば、Sony Global Education部門は、2016年にブロックチェーンを使用して他のサービスや第三者と安全に共有できる教育データを格納する技術を開発しました。

ビットコインとイーサリアムの現状と課題

Bitcoinはブロックチェーンの最初の主要な通貨実験です。その時価総額は約1660億ドルにもかかわらず、何百万人もの人々が支払いや送金のために使っています。ビットコインの下でのブロックチェイン技術は第1世代と呼ばれています。第二世代のブロックチェーン技術は、Ethereumによって導かれています。

Ethereumはスマート契約を開発しました。これにより、キャッシュチェーントークンだけでなく、ローンや債券などの金融商品もブロックチェーンで利用できるようになりました。イーサリアムスマート契約プラットフォームは現在、約840億ドルの時価総額を保有しています。

しかしながら、現在の世代のブロックチェーンは、大部分が最近ではかなりの量のハッシュ・パワー(したがって電気)を必要とし、エネルギー効率が悪い「作業証明(POW)」によって保護されています。それに比例してトークンの所有者に報酬をブロックします。これは、ブロックを採掘するためのエネルギー量を大幅に削減し、経済的に効率的です。

要求が増加するにつれて、図1に示すように、ブロックチェーンが直面する別の問題はスケーラビリティです。

2017年後半以降、Ethereumシステムには多数のトランザクション要求があります。 近い将来にますます多くのアプリケーションが開発されているため、実際にこの要求は増加し続けます

Ethereumの1日あたりの取引手数料は、膨大な取引数のため急激に増加しています(半年前の47倍)

当初、ブロックチェーンの世界では、ネットワーク内のすべてのコンピュータがトランザクションを処理します。プロトコル(例えば、Bitcoin、Ethereum)における分散化された信頼できないブロックチャーは、すべての電子決済の世界的な金融取引量を網羅していますが、その低容量、特に10-30トランザクション/秒(TPS)は世界の商取引をいつでもカバーすることはできません。

対照的に、Visaはネットワーク上に56,000 TPSを有すると主張し、Alipayは2017年11月に200,000ピークTPSを達成しています。

現在のブロックチェーンベースネットワークのスケーラビリティの問題は、広範なアプリケーションに大きな制限をもたらします。

スケーラビリティの問題と解決策

スケーラビリティ問題に取り組むための1つのアプローチは、複数のブロックチェーンを独立して実行することです(Bitcoin、Litecoin、BCH、Ethereumなど)。したがって、ブロックチェーンの数が増えるにつれて、capacityが向上します。

ブロックチェーンのスケーラビリティの問題を緩和するもう1つの方法は、Lightning Networkです。基本的な考え方は、すべての当事者が取引で確定するまで、固定された当事者グループ間で頻繁な取引を延期することです。そして、当事者の1人は、チェーン上で複数の履歴トランザクションを実行することなく、最終結果を投稿するだけです。

このライトニングネットワーク技術Liquidity Networkです。これは、Lightning / Raidenテクノロジよりも柔軟で効率的なオフチェーンの支払いエコシステムです。

そして現在期待されているのが、シャーディング技術です。

シャーディングとは、データベースをより小さな部分に分割するためのデータの水平パーティションを指します。これは、スケーラビリティの問題に対処するための集中システムにおける最も一般的な方法の1つです。

特に、Ethereumはシェーディング技術を採用してスケールアップしており、フェーズ1の開発はほぼ完了しています。しかし、既存のブロックチェーンのシャーディングを採用するのは複雑で、Ethereumがクロスシャード取引などの他の基本的なシャーディング機能を完全にサポートするには3~5年もかかると推定されています。

シャーディングの主な課題には、クロスシャードトランザクション、シングルシャードテイクオーバーなどのセキュリティ問題、さらに拡張性の問題があります。また、複雑なコンセンサスプロトコルを導入して約10万TPSに達すると主張するOmniLedgerなど、さまざまな提案もあります。

スケーラビリティ分散とスケーラビリティのトレードオフの図解要求が激増しているため、ブロックチェーンの最終的な目標は、セキュリティと分散を適切なレベルに保ちながら、スケーラビリティを可能な限り高くすることです。

 

競合的な面でいうと、スケーラビリティの観点からビットコインやイーサリアムの問題点を解決しようとしている新たなブロックチェーンサービスプロジェクトは沢山あります。

分散化アプリケーションのためのスケーラビリティ改善を目指すEOSプロジェクトは、無限のスケーラビリティを実現するためのもので最近価格も高騰してきています。

特に今年印象的だったICOプロジェクトが、Ziliqaです。


Zilliqaは、無許可のオープンなネットワークを安全に拡張するように設計された新しいブロックチェーンプラットフォームです。 Zilliqaをスケーラブルにする中心的な機能は、ネットワークを複数の小さなコンポーネントネットワーク(シャードと呼ばれる)に分割して、並列にトランザクションを処理できることです。

ICOのROIはなんとわずか数カ月で、30倍以上になりました。

個人的な印象ですが、ICOdropsのレーティングとROIはあながち比例しているように感じます。

QuarkProtocolのレーティングは、Ziliqaど同じVery High Interest となってます。

  

 

こちらの記事では詳しく比較分析していますので、参照ください。

QuarkChain vs Ziliqa-シャーディングによるブロックチェーンサービスの比較

チームとアドバイザー

チームは、googleやfacebook などの著名企業のバックグラウンドを持ちます。

CEO

高性能システムのソフトウェアエンジニア&エキスパート;元Google社員と15年以上の開発経験。ジョージア工科大学の博士号取得

ソフトウェアエンジニア
FacebookやGoogleで6年間の実務経験を持つ大規模分散システムの専門家。ミシガン大学のコンピューターサイエンスの修士号。

パートナーとしては、以下二つです。

SegmentFault(www.sf.gg)は、中国の主要な開発者コミュニティです。 これは、1,000万人以上のプログラミング愛好家に純粋で高品質の技術コミュニケーションプラットフォームを提供します。 QuarkChainとSegmentfaultは戦略的協力の合意に達し、ブロックチャインド開発者コミュニティを構築するためのオンライン開発リソース共有ハカソンを含む一連の活動を開始する予定です。

Morpheus Labsは、便利なDApp開発ソリューションを提供することを目指してシンガポールに本拠を置くブロックチェーン技術チームです。 同社はMorpheus Labsの代表者と意見を交換し、パートナーシップを結び、西安でミーティングを共同で開催しました。

コミュニティ(執筆時点)

twitter 13018
facebook  
telegram 80617
Alexa  335089

 

4月末までに、QuarkChainのコミュニティにはわずか2週間で1,000人から28,000人に大幅に増加しました。 Twitterには13000人以上のフォロワーもいます。

WeChatの公式アカウントも開発しました。 WeChatアカウントに公開された最新の記事は、第三者のCryptobriefingによるコードの深い評価の中国語翻訳です。

コミュニティはかなり大きいですが、執筆時点でKYCを完了しているのは、わずか1/3程度です。

Alexaでは、ランキングは比較的高く注目度がうかがえます。

トークン構造とホルダーのメリット

ティッカー

QKC

タイプ

ERC20

価格

1 QKC = 0.0237 USD (0.00003 ETH) 

調達目標

2000万ドル

総供給

10億枚

トークン販売で利用可能

20%

ホワイトリスト

YES (7 MAY – 21 MAY, JOIN )

トークンロック

あり

 

トークン単価はわずか2-3円程度であり、供給量は100億枚です。

Ziliqaと比較するとZILトークンはICOでは単価はわずか0.4-0.5円程度でしたのでZILと同等のランキングに来るとQuarkChainは10倍近くの価格になることになります。

ホワイトリストは5月21日までですので注意してください。

トークンエコノミー

トークンの機能はQuarkChainエコシステムの取引手数料が安くなる点です。

トークン経済前述のように、QuarkChainの主な目標は、現在のブロックチェーンベースのシステムのスケーラビリティ問題を解決することです。 QuarkChainの主要なアプリケーションシナリオは、金融技術分野とゲーム業界に焦点を当てます。

QuarkChainのトークン(QKC)は、QuarkChainの価値を担う非常に重要な役割を果たします。 QKCのいくつかの詳細なアプリケーション分野があります。取引通貨Ethereumと同様、QuarkChainの各取引は取引手数料を支払う必要があります。

QuarkChainは強力なトランザクション処理機能を備えているため、取引手数料は非常に低くなります。取引手数料はQKCによってのみ支払うことができます。 QuarkChainはスマートな契約をサポートします。 QuarkChainの契約との相互作用はトランザクションを通過します。貢献報酬ピアツーピアシステムとして、経済的手段を使用して正のフィードバックを生成する手段は、システムの継続的な発展を促進することができます。 QKCは、コミュニティにシステムへの継続的な貢献を促す報酬となります。

 

トークンの将来価格について

トークン販売は極めて限定的な行われ方なので、短期的にもトークン価格は上昇する可能性があります。

トークンの稀少性が高く、ロードマップ的にも執筆段階でテストネットが稼働しており、モニターを募集しています。

多くのプロジェクトが概念提唱だけの時点でトークン販売を行うのに比べて、プロジェクトは順調に進歩しています。

特に2018年第四半期のメインネットリリースに向けてトークン価格は上昇する可能性が高いです。

トークンセール参加方法

トークンセールは6月ごろ開催されますが、ホワイトリスト登録が必要です。

締め切り:5月20日11:59:59 AM PST

KYCプロセス:

あなたは2週間ありますので、リラックスしてください:)

1.ボット(@quark_kyc_bot)のプライベートメッセージボット

2. / Startを押して数分待ってください

3.アクセスコードを入力し、再度ユニークなアクセスコードを待ちます

4.アクセスコードをコピーし、ボットから送られたkycリンクに行きます

5.登録用紙に記入してください(必要に応じて、提出から1時間以内にフォームを編集できます)

6.完了(今はクイズなし、それは次の段階です。確認メールはありません

ウェブサイトはスケジュールされた時間まで開かれません。 KYC登録用紙に記入する際は十分に注意してください。システムへのスパムを避けるために、フォームを送信した後、同じアクセスコードを使用してフォームを補充するだけで、1時間以内に変更できます。その後、フォームは最終的なものであり、KYCプロセスのためのシステムには再提出は有効ではありません。

将来的には、テレグラムのボットで/ helpを使用して、ホワイトリスト/ KYCの進捗状況を追跡できます

追加のKYCの詳細については、このSteemitの記事を読んでください:

https://steemit.com/quarkchain/@quarkchain/quarkchain-whitelisting-kyc-process

KYCが完了した方は次にやることがあります。ホワイトリストが抽選になりまして、上限5000人しかトークンを購入できません。

KYCに合格したすべてのプロフィールは100点満点で採点されます。3つの主な側面を採点されます。

      a。参加者が以下のテレグラムグループ(QuarkChainコミュニティ、QuarkChain-官方中文社区、QuarkChain News)(30%)のいずれかに参加したときの最も早いタイムスタンプ – 締め切り日:5月4日11:59:59 AM PST

      b。あなたの製品の理解度を問うクイズ(50%)

      c。プロジェクトへのあなたの貢献の提出(20%) – 寄付の締め切り日:5月15日11:59:59 AM PST

bとcの詳細については、後で詳しく説明します。抽選方法は以下。

得点が60点以上の方のみ抽選に参加できる

✔抽選をクリアした個人的な貢献を保証するために合計5000人を以下の宝くじ方式で選定する

ホワイトリストの宝くじシステムは次のように動作します。

      a。 N人の参加者全員を、参加時間順のリストに入れます。

      b。各参加者に多数のチケットを発行します。参加者が持っているチケットの数は、最終得点に比例します。合計でKチケットが発行されます。

      c。公平になるように、今後のBitcoinブロックのブロックハッシュをランダムシードとして使用します。

      d。 1からK ‘までランダムに数を生成するためにシードを使用します。ここで、K’はリストの残りのチケットです。

      e。宝くじに当選した人はホワイトリストに登録されているとみなされます。

      f。その人物とそのチケットをリストから削除します。

      g。最小人数(#人が合格、5000人)がホワイトリストに登録されるまで、ステップdを繰り返します。

このプロセスの重要点

      ☆プロセスを通過する人が少なくなるほど、個人的な上限が高くなります。

      ☆複数の低得点のプロフィールを提出することによって、人々がシステムを賭けないようにします。

      ☆高い得点=高いチャンスがある。カットオフスコアはありません。高いスコアはホワイトリストを保証するものではなく、その逆もあります。

      ☆初期の支持者を支持する。

      ☆チームは、当社の製品に対する情熱だけでなく、しっかりとした理解を持った後期サポーターを歓迎する

.例:

テレグラム参加タイムスタンプ:最大30%

クイズスコア:最大50%

プロジェクトへの貢献度:最大20%(テストネット参加者5%、技術審査10%、好きな人数5%)、YouTube 10%(お気に入りの人数5%)、ヘルプ5% Qiを含むコアチームによってレビューされた電報の質問)

      a。私は長い時間前に電報に参加し、クイズで0、何も貢献しなかった – > 30 + 0 + 0 = 30ポイント❌

      b。私はちょうどテレグラムに参加した(カットオフ後)、クイズでフルスコアを取得し、実質的な視聴者ベースのYouTubeビデオを作りました – >約0 + 50 + 15 = 65ポイント⭕

      c。私は電報に途中参加し、クイズで50%の得点を出し、何も貢献しなかった – >約15 + 25 + 0 = 40点❌

      d。私は3/4テレグラムに参加し、クイズで80%得て、いくつかの好きな技術記事を投稿しました – >約7.5 + 40 + 12.5 = 60ポイント⭕

ベータ版テスターを募集中

テストネットをテストするためのボランティアとして参加することができます(ベータ、招待テスト)。

以下参照ください。

2018年5月に提供される次回バージョンのtestnetのテストに役立つ100名のボランティアを探しています。ブロックチェインで強力な技術的背景とプログラミング経験を持つ候補者を歓迎します。興味のある方は、履歴書をtestnet@quarkchain.ioに提出して、既存のプロジェクトへの簡単な貢献(githubコミットなど)を提出してください。

QuarkChain のテストネットは現在8つのシャードで実行されています(これは設定可能です)。チェーンは、Proof-of-Workでマイニングしています。個々のシャードは100~200TPSで動作し、全体のTPSは現在約1.1kで動作しています。

詐欺サイトに注意

最近特に流行ってますので、要注意です。

Quarkchain-token.ioは詐欺師です。メンバーは、このウェブサイトにお金とETHを送信しません。だまされてはいけません。事前販売はありません。 KYC、ホワイトリスト、およびトークンのメトリックについての詳細は、利用可能な場合は(リンク:https://t.me/QuarkChain_News)t.me/QuarkChain_Newsでご覧いただけます。

まとめ

個人的にはテレグラムの参加が遅く、ポイントが半分しかもらえませんでしたがトークン価格は短期間でも上がりそうなのでホワイトリストに挑戦します。長期的には上がる通貨と思いますので上場後落ち着いたら仕込んでもよいかなと思います。

メリット

トレンド的なソリューションである(スケーラビリティ改善)

新たな技術のサービス(シャーディングとクロスチェーンの融合)

限定的なトークン販売で稀少性が高い

確立された同分野のプロジェクトが少ない

コミュニティが非常に大きい(上場に役立つ)

デメリット

技術的難易度が高い

長期的なロードマップ

取引先のリスク

Quarkchainが投資対象になるいくつかの理由

 

関連リンク

https://www.quarkchain.io/

https://www.quarkchain.io/QUARK%20CHAIN%20Public%20Version%200.3.2.pdf

Telegram

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here