この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

 

記事の要点

このセクションではPumaPayの技術的構成要素について説明しています。

オンチェーン・オフチェーンソリューションです。

オンチェーンコンポーネント

オンチェーンとは、送金や取引などの動作を全てブロックチェーン上に直接的に記録して行うことであり、ビットコインやイーサリアムネットワークが主要なソリューションです。

PumaPayは当初、Ethereumネットワークに導入される予定ですが、将来的には他のネットワークを利用してそのトークンを開発する予定です。

PumaPayソリューションは、柔軟なPullPaymentプロトコルを作成するために一緒に来るいくつかのユニークなスマート契約コンポーネントで構成されます。

以下がその構成要素です。

プーマペイトークン契約

PumaPayトークン契約は、アカウント間でPumaPayトークンの所有権を仲介し保存するスマートな契約になります。 ERC223トークンコントラクトの変更版で、支払いと転送プロトコルに柔軟性が追加されています。

PumaPayトークン契約は、PumaPayが各アドレスに関連する残高を追跡し、アカウントに関連付けられたPullContractsとLimitersを追跡するために使用する元帳になります。これは、すべてのアドレスをそれぞれのPullContractの別のマップにマッピングすることによって行われます。また、これらのPullContractとそれぞれのLimitersとの間のマッピングも含まれます。トークンコントラクトが管理していることに注意することが重要です。

  • PullContractsの承認
  • アカウントへのリミッターの追加
  • PullContractsの実行

プーマペイトークン(PMA)

トークンは議定書の生態系の基礎となり、 PumaPayトークンは、発行の初日からローンチパートナーと共に利用できるようになります。

PumaPayトークンは、PumaPayプロトコルを採用している加盟店の支払いメカニズムです。当初はERC223標準インターフェースを使用して構築されますが、先進の決済方法を利用できるように送金プロセスが拡張されます。 PumaPayトークンは、包括的なオールインワンの課金メカニズムをシンプルで柔軟な方法で実装できるため、現在の暗号化通貨とは異なります。

アカウント

アカウントは、そのアドレスに関連付けられたPumaPayトークン、PullContracts、およびLimitersのバランスを追跡するために使用されるパブリックアドレスとして実装されます。残高、PullContractsおよびLimitersは、上記のトークン契約にあります。

モジュール認証機関

この認証機関は、PullContractがアカウントから資金を引き出すことができるかどうかを決定するための条件を設定するモジュラーコンポーネントとして動作します。 認証機関の簡単な例の1つは、PullRequestが最後のものから30日以上経過した場合にのみ実行できることを示す条件です。 PullContractで認証機関を連鎖させて、PullContract開発を商人にとってより簡単にし、コードを簡単に再利用できるようにすることが重要です。

プルコントラクト

PullContractsは、アカウント間の支払い関係を表すスマートコントラクトであり、アカウント間のトークンの転送を容易にします。 PullContractsは柔軟性をもって設計されており、さまざまな支払いメカニズムや機能を実装できるように実装できます。これらの契約により、加盟店は契約を通じて独自の請求方法を開発し、ユーザーに提示し、実行前にトランザクションを認証し、ブロックチェーン上で実行するために送信します。

PullContractsは元のコードで作成できますが、既存のAuthorizersのセットからモジュール化することができます。これにより、さまざまな機能を1つの契約にまとめることができます。認可者は審査を受けることができ、実装にセキュリティ問題を含める可能性は低くなります。 PullContractsは、さまざまなパラメータを使用して作成およびデプロイできます。 PullContractのデプロイメントにはこれらのパラメータのハッシュが含まれ、プルリクエストが行われるときにチェックされ、事前定義されたパラメータのハッシュがプルリクエストのハッシュと一致することを確認します。

リミッター

リミッターは、アカウントユーザーがそのアカウントのさまざまな量的制限を設定するために追加できるオンチェーンコンポーネントです。

オフチェーンコンポーネント

一方で、オフチェーンとはブロックチェーン上に直接的に記録されない取引のことを示します。

例としては、取引所・ビットコインライトニングネットワーク・ライデンネットワークなどがあり、メリットとしてはオンチェーンと組み合わせることで、手数料が削減されます。

PumaPayプロトコルの採用と使いやすさに役立ついくつかのオフチェーンコンポーネントがあり、優れたユーザーインターフェイスと、開発者がPumaPayプロトコルを構築するためのコンセントがあることを保証します。このセクションでは、ブロックチェーン上にないものについて説明します。

プーマペイウォレット

アカウントの詳細を表示したり、PullContractsやその他の契約を接続/切断するためのダッシュボードです。ウォレットは、ユーザーがブロックチェーン上でアクションを実行するときのユーザーの秘密キーの所有者です。

PumaPayウォレットは、アカウント間の支払いのやりとりを容易にします。これらのインタラクションは、PullRequests、PullContractsの送信、PullContractsの承認、保留中および前回のトランザクションの表示、およびアカウントの残高の表示で構成されます。

ウォレットの2つのバージョンを開発しています。

  • モバイルアプリケーション:最初にAndroidアプリを開発し、続いてiOS用のバージョンを開発します。詳細については、開発ロードマップを参照してください。
  • Chromeベースのアプリケーション:概念的にはMetamaskに似ています。

PumaPay SDKおよびAPI

PumaPayプロトコルSDK(ソフトウェア開発キット)は、加盟店による議定書採択の促進と拡大を目的としたオフラインのツールです。 PumaPay SDKは、プロトコルを十分に活用するために必要なツールを開発者に提供するためのものです。また、関心のある第三者に構築能力を提供します

議定書の能力(保険、コードレビュー、クレジット、課金サービス、製品配送など)に基づいた追加のビジネスソリューションであり、PumaPay SDKには次のような多くの異なるコンポーネントと機能が含まれます

  1. 販売店がブロックチェーンと対話するためのユーティリティとコードサンプル
  2. PullContractsで使用される、事前署名され、事前審査されたオーソライザのリポジトリ
  3. データの透明性と容易なアクセス – トランザクションの結果を見て、生データを受け取る補完的な製品とサービスを作成できるように透明性を提供し、期間および/または製品あたりの取引量に関する集計レポートを作成できるようにする。

実装に関する考慮事項

すべてのプラットフォームおよびプロトコルと同様に、PumaPayプロトコルの実装上の考慮事項があります。議定書は可能な限り公開されることを意図しているため、言及されている実装およびセキュリティの考慮事項のすべてが議定書自体によって処理されるわけではないことに注意することが重要です。それにもかかわらず、考慮すべき限界と考慮すべき点を認識することが重要です。

  • リミッターが多すぎることによる料金はお客様には影響しない
  • マーチャントがPullRequestを送信するための料金を支払っているため、顧客が1つのWalletに対して無理な量のLimitersを投入することを防ぐことはできない
  • Limiterの数を制限するプラグイン、またはトランザクションの料金の一部を顧客に請求するプラグインによって修正される可能性がある

PumaPayプロトコルの実装による柔軟性の欠如

PumaPayプロトコルの実装はトークン契約に依存するため、変更を行うことが困難になる可能性があることに注意してください。 PumaPayはPullContractsとLimitersに大きな柔軟性を持たせることで、この問題の一部を解決します。これらの契約の柔軟性は、トークン契約の技術的負担を軽減し、プルコンセントとリミッタの進化とともに議定書の進化をもたらすように設計されています。

契約認証

議定書にリンクされている請求契約はウォレットに表示され、契約を証明する主体、金額、使用された承認者、加入者数、商人の信用度などの複数の基準に基づいて信用度が割り当てられます、 可能な場合は。ウォレットは、シンプルなシグナリングを使用して、ユーザーに次のような信頼スコアを表します。

■緑:信頼> = 75
■黄色:45> =信頼> 75
■赤:信頼<45

潜在的に、ウォレットは、ある一定以下のすべてのトランザクションをブロックするように構成できます

PumaPayの潜在的な依存関係

PumaPayは、分散アプリケーション用の分散型ソフトウェアプラットフォームの現在の標準であるEthereumネットワークに導入される予定です。しかし、PumaPayは、次世代の分散契約型ネットワークに移行して、性能、規模、およびチェーン上の機密保持要件を満たす能力を備えています。 PumaPayプロトコルを拡張するための潜在的な依存関係を以下に示します。

Orbs

スケーラビリティへの潜在的な道は、コンシューマアプリケーションを考慮して設計されたブロックチェーンOrbsです。 Orbsは、取引単位のわずかな費用で、非常にスケーラブルな分散型元帳を提供し、SLAを保証します。

 

 

EOS

 

 EOSは、高速Delegated Proof-of-Stakeコンセンサスと高性能スマートコントラクトエンジン(VM)に基づいて提案されたブロックチェーンインプリメンテーションです。 EOSは、取引手数料なしで高い取引量を提供します。

EOSはDPOSコンセンサスアルゴリズムを採用することで、トランザクションスピードを高めます。

取引手数料ゼロ

100000トランザクション/秒

投票システムとブロック生成を組み合わせて繰り返すため、ここまでの短縮が可能です。

詳しくはこちらを参照くださいませ。

チェックしておくべき分散型アプリケーションプラットフォーム「EOS」

開発の途中段階であること

ホワイトペーパーに掲載されているプーマペイプルペイメント・プロトコルとその基盤技術は、ビジョンを捉え、まだ完全には開発されていません。

同社は、開発の段階について、継続的にPumaPayコミュニティを更新する予定です。

アーキテクチャを概説するプロトタイプのスマート契約がありますが、ブロックチェーン上に何かを公開する前に、設計を改善し、徹底的なセキュリティ監査を実施する予定です。

 

関連リンク

公式サイト

白書

Twitter

facebook

telegram

Authorship

BABbit43

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here