この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

 

この記事の要点

決済サービスは、未だ伝統的なものに依存しており、暗号通貨を使用する試みはあるものの依然として問題点は改善されないままである。

PumaPayはこの根本の問題を解決できるソリューションを提供する。

決済サービスの問題点

今日まで、オンラインおよびオフラインでの購入の支配的な支払い方法は、支払いカード(クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなど)でした。

問題は、ペイメントカードがパーソナルコンピュータとインターネットの存在の前に1950年代に開発されたことに起因します。

というのは、これらはもともと、顧客が領収書に手作業で署名して取引を承認したオフライン取引用に設計されたものです。

既存のペイメントカードは、現代的で急速に変化するグローバル経済に対処するためのものではなく、需要が維持されているのは、主に電子支払いのための受け入れ可能な選択肢の欠如によるものです。

ペイメントカードの使用は、インフラストラクチャの非効率性から大きく苦しむ時代遅れのシステムを永続させています。

中央集権型の支払いシステムへの依存

現在のペイメントサービスは、クレジットカード協会(Visa、MasterCard、AmEx)、発行銀行、銀行買収、プロセッサー、支払いゲートウェイなど多くの参加者で構成されています。

市場は寡占的であり、現職プレイヤーはそれぞれのルールを制御し、コストを決定する立場にあるため、この中央集権的な構造は非効率をもたらします。

この多くの中央集中型システムと同様、支払いエコシステムの仲介業者は、抽出した価値と追加する価値との間のスプレッドを高めるために、その力を利用します。

カードの受け入れに依存する商人は、これらのネットワークの所有者によって指示された無限の規則のリストに従わなければならず、さらに、彼らはまた、(設定に応じて)総収入の3%-15%の範囲の複雑な手数料体系の対象となります。

さらに言えば、不正行為やチャージバックに関連するリスクにさらされています。

現時点では、暗号通貨による柔軟な支払いソリューショは少ない(複雑さから商人の受け入れが難しい)

2009年に電子マネーシステムとしてBitcoinを導入することは、現代のオンライン決済ソリューションの第一歩でした。Bitcoinはもともとは信頼の問題に対処し、セキュリティを最適化するように設計されていました。

メリットとしては、以下があります。

  1. 決済手数料が安くなる
  2. 外国人旅行者が増える
  3. 支払いスピードとサイクルが早くなる

このような期待がされていました。

しかしながら、ビットコイン自体は現時点ではスケーラビリティ、スピード、およびコストを犠牲にしています。

2018年1月は

送金詰まり30万件

手数料は1送金あたり3000円程度

でした。

その結果、現在のコンストラクトのビットコインは、現行のオンライン課金方法の大部分に柔軟な処理ソリューションを提供することができません。

過去数年間に導入された暗号通貨のいずれも、支払い手段として暗号化通貨を利用できるようにする包括的な支払いソリューションを提供していませんでした。 

しかし、最近ではビットコイン自体の改善やビットコインキャッシュへの移行などからそのメリットは生き始めており、店舗導入も増えて来ていることも事実です。

2018年3月3日時点のトランザクション詰まり数↓

手数料は数十円程度でも送金できる

送金詰まりは数千件程度

スピードは、およそ1ブロック(10分間)に4000件

このように暗号通貨は支払いカードと大規模に競合していますが、その大部分は使用の複雑さのために商人の受け入れが乏しく、単純な「プッシュ」取引よりも洗練された取引をサポートしていません。

デジタル時代に根ざして構築され、スケーラブルで柔軟性があり、ペイメントカードとしてアクセス可能で、固有の欠陥や欠点がないシステムが現代には必要であり、

ブロックチェーン技術は、商人や消費者の利益のために、このようなシステムを作成する絶好の機会を提供します。

参入障壁の高さ-技術的および財政的な複雑さと信頼性

Bitcoinだけでなく、一般的な暗号が商店主や消費者にとってうまくいかない理由のもう一つの理由は、暗号化トランザクションをサポートするプラットフォームに伴う技術的および財政的な複雑さです。

たとえば、Coinbaseを取ってみると、Bitcoin、Litecoin、またはEthereumを購入するには、世界中の数千の暗号愛好家がこれを使用していますが、Coinbaseユーザーの心には1つの質問があります。

果たして、このプラットフォームは本当に信頼できるのか??

Coinbaseから資金を引き出せるようにするには、少額(ユーロ6以上の金額)をSEPA送金で入金して銀行口座を確認する必要があります。これはさらに、非難が始まる場所です。

多くのユーザーは最近、資金撤回の難しさについて苦情を申し立てており、これは何もCoinbaseだけに限らず他の取引所でも同様です。

その他にも、暗号通貨の参入障壁が高い理由としては、

  • 怪しい・詐欺ではないか
  • セキュリティが常に不安
  • 操作が難しい(言語対応など)

などがあります。

チャージバックの問題

 オンライン小売業者が最も嫌うものが1つあります。確かに、悪いレビューと1つ星の評価は嫌うかと思いますが、安定した小売業者であっても、バランスのとれたものを維持するのは困難です。

チャージバックの問題です。

チャージバックは、カード取引に異議を申し立て、購入に対する払い戻しを保証するために使用されます。

チャージバックは、カード取引を無効にし、以前に商人の銀行口座に入金された資金を引き出し、消費者のカード明細書にクレジットを適用します。

クレジットカードが盗まれた場合や何らかの詐欺行為が行われた場合、チャージバックは顧客保護ツールとなりますが、チャージバックが開始される商人は、莫大な罰金に直面することになります。

さらに悪いことに、一部の買い物客は、小売業者に払い戻しを依頼するのではなく、理由なしにチャージバックを開始します。これは、特にオンライン購入の場合に当てはまり、最初にビジネスに連絡するのではなく、消費者は商人の頭を越えて、銀行にビジネスの銀行口座から強制的に資金を取り除くように求めます。

これの真の理由は、出荷が遅れたり、厄介な返品方針に至るまで、あるいは衝動購入後に単に「買い手の後悔」のストライキに至るまでの何かである可能性があります。

本当の理由が何であれ、チャージバックには常にクレジットカードネットワークからの莫大な罰金が伴います。

これらの手数料は、詐欺ではなく小さな正当なビジネスがもはやその製品をオンラインで販売することができなくなってシャットダウンしなければならない時点まで上がることがあります。

カード非存在取引(CNP)に伴う詐欺の問題

オンライン小売業者や電子種取引サイト、特に小規模商人はこの手の詐欺にあいます。

Card-Not-Present、CNP方式の取引です。

2017年のjavelin Strategy and Researchによると米国ではこの詐欺カテゴリの損失は2015年から1年間で40%増加しました。今後5年間でさらに710億ドルの規模になると予想されています。

多くの場合、このCNP詐欺を阻止することは難しく、Amazonなどのように小規模商人はセキュリティに巨額の予算を当てることは難しいです。

それゆえ、この問題も重大なリスク要素となっています。

以上のように支払いカード処理は小売業者の基本要件にも関わらず、決済処理エコシステムの集中化されてシステム構造によって商人は非効率化かつ莫大な手数料、そして大きなリスクにさらされています。

PumaPayのプロトコルはこれらの障壁を克服する堅牢でスケーラブルな、そして柔軟な支払いシステムを促進するために、1から再設計されました。

PumaPayは支払いに関する様々な問題を解決する

PumaPayは毎日の状況で暗号支払いを可能にするPullPaymentプロトコルで可能にしています。より詳しく見てみましょう。

最善のリバースエンジニアリング

PumaPayには、PumaPay Token(PMA)PullContractの周りに構築されたパラダイム変換の「プル」ベースのプロトコルが付属しています。 “プル”ではない “プッシュ”です。

PullContractsは、アカウント間の支払い関係を表し、それらの間のトークンの転送を容易にするスマートコントラクトです。

PullContractsは柔軟性をもって設計されており、さまざまな支払いメカニズムや機能を実装できるように実装できます。これらの契約により、ビジネスは契約を通じて独自の請求方法を開発し、ユーザーに提示し、実行前にトランザクションを認証し、ブロックチェーン上で実行するために送信します。

PullContractは高度な「プル」支払いメカニズムをサポートしています。これにより、ユーザーは、転送された暗号化を他のウォレットに「プッシュ」するだけでなく、事前承認後に別のアカウントから「プル・トランザクション」を開始できます。

PullContractsは元のコードで作成できますが、既存のAuthorizersのセットからモジュール化することができます。これにより、さまざまな機能を1つの契約にまとめることができます。認可者は審査を受けることができ、実装にセキュリティ問題を含める可能性は低くなります。

プル契約は、さまざまなパラメータを使用して作成および展開できます。PullContractのデプロイメントにはこれらのパラメータのハッシュが含まれ、プルリクエストが行われるときにチェックされ、事前定義されたパラメータのハッシュがプルリクエストのハッシュと一致することを確認します

他の暗号とは異なり、PumaPayを使用して1つの財布から別の財布にトークンまたは資金を移転する場合、「プッシュ」アクションを開始する代わりに、送金を希望する当事者は「プル」アクションを開始します。

この種のアクションを有効にすることで、PumaPayは暗号支払いメカニズムの設計を逆転させます。

PumaPayで何かを買うときには、例えばBitcoinとは違って、取引手数料を支払うのではないということです。

暗号通貨では、取引手数料は取引を開始する側によって支払われます。PumaPayでは、商人が「引っ張ってくる」ので、顧客(あなた)は取引の費用を支払う必要はありません。

さらに、柔軟なアーキテクチャのため、PumaPayのPullPaymentプロトコルは暗号の使い勝手を合理化するだけでなく、使いやすさも向上させます。

Bitcoinのトランザクションが完了するまでに10分かかることがあるかもしれません。

これに対し、PumaPayの取引はほんの数分しかかかりません。

次に、PumaPayがブロックチェーンに新たにもたらしたものと、暗号化の使い勝手の問題を解決する方法を見てみましょう。

ユーザビリティの改善

PumaPayは、ブロックチェーン技術と日々の支払いオプションをシームレスに統合することで、暗号のユーザビリティの問題を解決することを目指しています。

PumaPayを使うと、公共料金、ジム、雑誌購読料を簡単に支払うことができ、文字通りコーヒーから家まで何でも買うことができます。

ビットコインは、メディアや金融市場の注目を集めていますが、高いボラティリティはビットコインのような価値の高い暗号がマイクロペイメントの良い選択肢にならないもう一つの理由です。

巨額の一日の価格変動は、ビットコインを受け入れる商人のために多くのリスクを伴い、翌朝、ビットコインが暴落した場合は、倒産を目の当たりにする可能性もあり得ます。

PMAを使用した支払いは、比較して、今日支払っているクレジットカードの手数料よりもずっと安くなります。

PumaPayでは、すべてのトークンがあなたの財布に保管されており、商人に直接使用することができます。

一言で言えば、PumaPayは、ブロックチェインの技術と支払いをブリッジすることで、暗号のユーザビリティの問題を解決しています。

商人を念頭に置いて設計されたPumaPayのユニークなPullPaymentプロトコルは、現時点ではブロックチェーンでサポートされていないオフラインおよびオンライン決済方法を容易にします。

チャージバックリスクの排除

PumaPayチームは、暗号支払いを日々の生活に簡単に統合できるようにするため、現代の金融システムの姿を変えることを使命としました。

今日の暗号通貨はようやく流動性を伴い始めておりますが、1つの重要なことが欠けています。

私たちの日常生活へのユーザビリティと適用性です。

PumaPayは革新的なプロトコルによって、それを変えています。

  • 加盟店にとっては、クレジットカード会社や他の請求処理業者の代わりに、暗号化通貨を直接受領できるようにさまざまな請求ソリューションをプラグインすることができる
  • 包括的かつ柔軟な請求ソリューションを顧客に提供するために、定期支払い、使用料支払いなどの一般的な請求慣行に対処するとともに、柔軟かつ即時の払い戻しを提供する
  • 詐欺、チャージバック、関連する罰金のリスクを排除する
  • 3%から15%までの高額な仲介手数料を避ける

現代の金融システムの主要な欠陥の1つは、その不均衡です。常に取引のメリットを享受する側は、他の取引よりも多くあります。

ほとんどの場合、最終的に勝つのは、銀行と失う商人です。

PumaPayは、販売業者とバイヤーを保護する近代的な支払いシステムを設計することによって、このシナリオを変更しています。

これにより、チャージバックと関連する罰金が過去のものになり、バイヤーはこれまで以上に保護されます。

透明性の高いアフィリエイトマーケティングを構築する

アフィリエイトマーケティングは、トラフィックを生成してオンライン領域で新規顧客を獲得する最も一般的な方法の1つです。

オンラインサービスには、収益分配やPPS(Per Pay Per Sale)を報酬方法として使用するアフィリエイトプログラムがあり、多くの小売業者はサードパーティを使用して収益のシェアに戻ります。

アフィリエイトマーケティングの最大の困難の1つは、アフィリエイトプログラムに関与している当事者がお互いを知らず、お互いの行動についての洞察を持たないため、透明性と信頼性の欠如です。

PumaPayの支払いプロトコル拡張の1つは、この難点に対処し、透明性を備えたアフィリエイトマーケティングを可能にし、これまで以上にアクセスしやすくします。

この拡張により、PumaPayトークン取引を無制限の受取人に分配することができます。このタイプの支払いは、任意の数の当事者が、支払い期日および合計に関する完全な独立性と透明性を維持しながら、売上から信頼できずほぼ即時に収益を分配することを可能にします。

このアーキテクチャーにより、顧客はお金がどこにあるかを知ることができ、ビジネスオーナーや関連会社にとって比類のない透明感を提供します。

PumaPayのビジョン

ブロックチェーン技術は、決済業界を変える大きな可能性を秘めています。

前節で説明した問題は、分散プラットフォーム上での支払いカードの柔軟性とスケーラビリティを可能にするブロックチェーンベースの支払いプロトコルによって対処することができます。

そのようなプロトコルは、顧客と商人との間の取引を促進し、途中のすべての仲介業者を排除し、商人と顧客の両方に相当量の費用を節約し、全体的な効率を高め、リスクを低減します。

商人によるそのようなプロトコルの採用は、最終的に日々の取引のための暗号化された通貨の使用を増加させることにつながります。

現在、所有者が最初の通貨に変換しない場合、暗号化を使用してアイテムを購入することには多くのハードルがあります。

PumaPayのような革新的な支払いプロトコルの大量採用により、暗号保持者は銀行の余分な層を通過することなく加盟店と直接取引することができます。

高トランザクション量の業界向けのプロトコルを促進し、強力で柔軟なPullPaymentプロトコルを提供することで、PumaPayは世界中の暗号化の支払いの基本層になることを望んでいます。

PumaPayプロトコルには、オンチェーンとオフチェーンの両方のコンポーネントが含まれています。 PumaPayプロトコルの機能は、オンチェーンコンポーネントに存在しますが、オフチェーンコンポーネントは、ユーザーがプロトコルとのやりとりを可能な限りシームレスでユーザーフレンドリーにするように設計されています。

このプロトコルは、仲介業者(P2P)を経由することなく、単純で基本的な取引のひとつである「プッシュ」を許可することなく、2者間で価値を直接移転するように設計されています。これは暗号化通貨のためのPOCとしては十分かもしれませんが、現代商取引の要件に対処していないため、広く使われている支払い手段にするには十分ではありません。

そして、議定書の中心的な部分は、共通の暗号化取引の仕組みを逆転させるPullPaymentスマート契約のユニークなアーキテクチャーです。

サイドBがサイドBにトークンを送信するのではなく、サイドBがPullContractを介してサイドAのアドレスを取得し、その口座に資金を ‘引く’ことになります。これはもちろん事前定義された条件とA側の取引の事前承諾の対象となります。

PumaPay PullPayment Protocolは、この問題に対処し、取引の仕組みの柔軟性を促進するために、具体的に設計されました。

革新的なPullPaymentアーキテクチャは、オンラインとオフラインの両方の日常生活において非常に一般的なペイメント・メカニズム全体への扉を開きますが、今日まで、定期的な支払い、口座引き落とし、支払い実際には、このプロトコルは非常に強力で柔軟性があり、あらゆるマーチャントが独自のトランザクションを設計し、独自のビジネスロジックを実装できるようになります。

この詳しい技術に関しては、また別の記事を設けます。

関連リンク

公式サイト

白書

Twitter

facebook

telegram

Authorship

BABbit43

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here