ICO PumaPay(プーマペイ)

PumaPayが参入する市場分析レポート

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 27 分です。

 

この記事の要点

PumaPayが参入する決済市場は中国がほとんどのシェアを占めており、これらの巨大企業にブロックチェーン企業は立ち向かうとしています。

暗号通貨・ICO・決済市場を詳しく分析します。

PumaPayとは

PumaPayは、往来のクレジットカードやデビットカード、そして暗号通貨の支払いシステムとは異なるプロセスによる決済ソリューションです。

PumaPayのオープンソースPull Payment Protocolは、現在の実装(クレジットカード)よりも信頼性、効率性、柔軟性、コスト効率、拡張性に優れた堅牢な支払いメカニズムを提供する包括的なブロックチェーンソリューションです。

今日の支払い方法(クレジットカードとBitcoinのようなバーチャルコインを含む)とは異なり、Pull Payment Protocolは、既存のハードルを克服するために具体的に設計されたもので、企業や個人のオンボーディングプロセスを容易にするために開発されたツールセットを提供します。

詳細はこちらの記事でも説明しています。

PumaPay(プーマペイ)プル支払いプロトコルによる決済革命

さて、今回の記事の本題ですが、大きく2つの市場分析をしたいと思います。

暗号通貨とICO市場

決済市場

この二つです。詳しく見ていきましょう。

暗号通貨とICO市場

まず、暗号通貨とICOの市場分析に関してですが、有名な情報サイトICOBOXチームクリプトコインポータルさんを参考にします。

 

暗号通貨とICO市場分析『2018年1月』

このレポートによると以下のような分析結果が出ています。

2017年〜2018年のトップ10通貨の傾向

ビットコイン

  • 価格:10198ドル→14112ドル
  • ドミナンス:55.9%→38.4%

イーサリアム

価格:445ドル→755ドル

ビットコインキャッシュ

価格:1381ドル→2534ドル

2017年1年間に、全ての暗号通貨時価総額は、177億ドルから6,129億ドルに、すなわち34.6倍に増加しました。

2018年以降は引き続き市場は拡大するか

また特に2018年の早い段階で印象的な出来事が起こっており、相場も急変しました。
 

2018年1月〜2月に起こった注目すべきこと

市場全体の時価総額は4850億ドル下落

ビットコインドミナンスは35%を割り込む

短期間で50%以上下落した通貨が複数ある

一部の特定の通貨は高騰する(Tether、DigixDAOなど)

このような変動が短期間で度々起こるのも暗号通貨市場の特徴であり、規模はまだまだ小さいです。

ウェブボットによる予測では2018年のビットコインの価格予測が行われていましたが2018年2月末に価格は150万円台まで上昇し、秋には220万円台にまで高騰するとされています(2017年9月、11月時点)

https://halfpasthuman.com/

しかし、1月には日本のコインチェックハッキング騒動、その他マイナス要素の連続で市場は大幅な暴落が起こりました、これはさすがにAIでも予測不可でしょう。

しかし、現実的な観点で見ると2018年以降にブロックチェーン技術は飛躍の年を迎えるという声も多く、実際に多くの企業が参入してきています。銀行などの期間も動いていることも確かです。これは明らかにブロックチェーンを期待、または認めている動きであり、相場は拡大する可能性も大いにあります。

11月のボットデータによると、市場人口は1、2%から13.8増加すると言われています。市場が活性化すれば、価格も上昇する可能性も高いですが、今回1〜2月の大幅調整のように、大きな動きがあった後に調整が多少あるのは多々あります。

引き続き、市場動向は目が離せませんが、2018年の先進的なトレンドとしては以下の点が考えられます。

機関投資家への参入

デジタルマネーと直接的に関連するスタートアップの資本化が着実に伸びているにもかかわらず、暗号通貨は依然として投機的な投資クラスであり、BitcoinまたはAltcoinへの投資には、極端な不安定性、資本損失の可能性、および二次的活動による過敏感に基づく重大なリスクが伴います。

それでも、2017年末までにいくつかの大手商業金融機関がデジタルマネーを本格的な決済手段として利用することに関心があり、2018年にこのような実験が行われることが期待されています。

デジタルマネーの公式取引の可能性についても、ニューヨーク証券取引所を含む主要な金融プラットフォームが検討していますが、そのような巨人は、Bitcoinなどの次の飛躍を待っています。最小限のベンチマークの成果を見た後、彼らは暗号通貨市場の可能な限り最大のシェアを買おうとします。

さらに、今日、東南アジアを中心とした多くの大規模な私的株主が、ICOに積極的に資本を投資しており、ブロックチェーンの技術に直接関係する新興企業があることに注意すべきです。

アルトコインの飛躍

Bitcoinを世界で最も人気があり高価な暗号通貨とみなしている一般的な歴史にもかかわらず、2017年の後半には、この市場の大手投資家は、アルトコインとその直近の見通しに細心の注意を払っていました。

その結果、成長率のリーダーはBitcoinではなくEthereum、Ripple、Litecoin、Dashのようなデジタル通貨となりました。彼らの市場利益は、それぞれ9383%、36564%、5260%、9282%と非常に大きく、成長を続けています。

このような成長は、現在のメディア波、ブロックチェーン技術の展望、デジタル通貨市場の一般的な関心によって引き起こされるだけではありません。2018年にこの市場の発展に影響を及ぼす要因のうち、最も重要なことは、米ドルの不安定さと、アジアの一部の国でデジタル金融の公式化が注目されることです。

ICO市場は未だ加熱中であるがゆえにリスクも大きい

ICO市場に関しては、2017年12月、2018年1月に日あっ区して多くの資金調達が行われた結果が出ており、その額は総額15億ドル以上、平均して20〜3500万ドルに及び、これは2017年の平均額をはるかに上回ります。

中でも2017年に調達額トップとなったのが、Hdacです。

このプロジェクトは、以前、1億ドル調達したとして話題となったプロジェクトFilecoinを上回り、ICO歴代1位となりました。(2017年時点では)

HdacはHyundai Digital Asset Currencyの略。これは、ブロックチェーンとIoT(Internet of Things)に基づいた、巨大で絶えず成長する情報プラットフォームを生み出すハイブリッドプロジェクトです。

このプロジェクトは、私たちの周りでこれからも数が増加し続けるデバイス(スマートホーム、スマートカー、スマートフォン、スマートウォッチ、テレビ、冷蔵庫、ガスストーブ、ティーポットなど)と対話するために必要な公開鍵と秘密鍵を持つエコシステムを提供しています。

さらに、2018年前半に印象的な出来事が起こりました。

TelegramのICOです。

https://cointelegraph.com/ico-calendar/telegram-ico-ton

特にICOプロジェクトにおいて、コミュニティ構築には欠かせないチャットツールであるTelegram が調達しました。

これは、歴史に残る調達額と言えるでしょう。

テレグラムのコミュニティ数もプロジェクト単位でかなり伸びてきており、需要は伸びるばかりで、市場の成長と注目度を物語っています。

しかしながら、最近では、一般公開されないICOも多く、億単位の購入のみ受け付けるプロジェクトも多数出てきています。

そこで注意すべきなのが、募集詐欺などの信頼性の欠如と詐欺の問題です。

初期レートから何倍もの価格で売りつける業者が最近多いのも事実です。

さらに、ICO市場に関して常に懸念されるのが規制の問題です。

独特の資金調達とリスクが付きまとう事から、各国で現在法規制が改正されていっており、日本でも金融庁から注意喚起が出始めていますので、いつ規制による影響を受けるかわかりません。

決済市場分析1-技術進歩のポイントであるブロックチェーン

まず、決済だけにとどまらず、ブロックチェーン技術がどこまで進歩してきているのか3つの観点から見てみましょう。

技術進歩のポイント

ブロックチェーン技術は、もはや銀行業務の背後まで迫っています。

なぜこれが問題になるのかは、人類史上初めて技術は、金融システムの垣根を越えて市場と用途を切り開いている現職者からの逸脱を助長する可能性があるということです。

Bitcoinとブロックチェーンとして知られている技術が提案された当初は、日常生活でこの金融技術を使用することが果たしてできるのかは疑問ではありました。

暗号通貨は主流メディアで絶え間なく攻撃され、米国では、従来のレガシーシステムに基づく金融技術は、VenmoSquare CashPayPalとレガシー機関が作成した同じ古いペイメントレールを使用した中央集中型システムと依然としてつながっていました。

技術水準では、インターネット時代には移行しておらず、南米やアフリカなどの地域は、経済が繁栄するために必要な日常的な財務ツールを提供するにはまだまだ遅れています。

今日の技術進歩の答えは、金銭のインターネットを表すブロックチェーンであり、暗号化された通貨は、私たちの携帯電話上のアプリケーションと、毎日使う電子メールになるでしょう。

未来を代表する技術になる

基本的に、Visaは、取引が完了して正確に決済されるかどうかを測定する確率を使用して取引を確認する前に、取引を切り詰めます。金融機関、企業、およびVisaは、すべての取引を一括して行い、これらの機関間の取引を決済するまでに数日かかる ことがあります。このシステムには亀裂やレイテンシがあり、犯罪者がこれを利用しているため、システムを手数料で使用するのは非常にコストがかかるのです。

ブロックチェーンはこのシステムを数日ではなく数分で完全に使用可能にし、これらの亀裂を国際的にも修正します。ブロックチェーンは未来を表し、金融技術の革命です。

テイクオーバー:ギャップは使い方で満たされる

支払いシステムは、特に国際的なものになり、技術によって銀行業を一体化します。

EbayやAirbnbのようなサービスはまだ個人間の国際収入と戦っていますが、すでに異なる国の人々を結びつけています。

これは、技術がオンラインになるにつれて、ブロックチェーンを通じた決済と課金システムを迅速に追跡し合理化するためのものではなくなります。

クレジットカードは、特に、ブロックチェーンシステムを使用してその使用を後退させ、Airbnbのような企業がプラットフォーム上でのやりとりを通じて発展させる評判サービスと組み合わせることになります。

専門家は、暗号の可用性を予測し、議論し、ブロックチェーンの使用を試み、より大きな画像を見逃す。広範な採用は、国境を越えて、特に発展途上国で相互作用する個人によって支えられています。

決済市場の分析2-ブロックチェーン技術による4つ個人金融革命

 

現在、ブロックチェーンは、実際には個人金融の発展をスペクトル全体で推進しています。

ブロックチェーンなどの技術的進歩によって影響を受ける可能性のある消費者金融の4つの部分があります。

①預金口座の金額は標準金利であり、暗号通貨で置き換えられる可能性がある

最近、テキサス州が金預託機関を設立しました。寄託機関は、政府機関、企業、および個人に金を保管するためにわずかな費用を請求する。預託機関はまた、テキサス州の企業および個人が、自分の貴金属預託金に基づいて支払いを行うために貯蓄または小切手勘定を設定するためのプラットフォームです。

すべての支払い処理と監視はオンラインで行われます。これは、預金者が銀行のように振る舞いますが、貸し出しをしないことを意味します。

分別準備銀行によって支えられた伝統的な銀行業務への信頼2008年の銀行危機の後、年々薄くなってきており、消費者は金銭や暗号化のような新しい資産クラスなどのハード資産に富を預けるためのオプションを求めているが、それでも金銭のように使うことができる。

これは歴史的に銀行がどのように設立されたかであり、それがテキサス・ゴールド・デポジタリットとして知られているこの新しいハイブリッド・エンティティの目的です。

暗号通貨とそれを使用するように設定されている機関も同じニーズを満たしており、世界中で採用が強くなっている理由の1つです。

しかし、部分準備金は、金融機関が約3分の1の金を貸し出しながら、その金額の約3分の1を保有することを可能にしますが、預金顧客にとっては、これらの新しいオプションの採用を促す危機によって銀行システム全体が混乱すると、リスクが発生します。

さらに、銀行が口座を決済するために使用する技術は古く、他の銀行機関から切り離されています。メッセージングのためのSWIFTとして知られているインターバンク技術、またはクレジットとデビット取引の決済のためのACHのような預金機関のための米国では、非常に遅いです。

これら2つを組み合わせることで、伝統的なテクノロジ財務構造が生み出されます。VisaのようなネットワークやPaypalのような決済会社は、フラクショナルリザーブバンクとSWIFT / ACHの間で相互作用する第3の技術層を構成します

SWIFTとACHを置き換え、世界の金融ウェブを形成するために支払い会社と協力会社に雇用されるようになりました。個人金融の場合、その影響は非常に激しく、急速な発展が見られます。

顧客は、金と暗証権の予備銀行のようなハイブリッド・エンティティを見ることになり、暗号化交換は、全く新しい構造の支払いから投資への技術ツールを進化させます。預金口座は、この開発によって本質的に変更されます。

②世界的な経済変化-オンライン決済に移行する

伝統的な金融機関は、消費者金融技術のスピードアップには至っていません。

伝統的な銀行構造はブロックチェーンによって技術進化を遂げていますが、決済会社はオンラインで決済を行うことに大きな成功を収め、かつてはインターネットを採用してきました。このようにして、決済会社は技術金融技術層になりました。

現在、決済会社もプラットフォーム上で暗号通貨オプションを統合することで変更を推進しています。

たとえば、StripeやSquareのような支払い会社は、顧客が支払いを送るためのオプションとしてブロックチェーンと暗号化通貨を使用しています。

これらの企業はまた、従来の財務構造との統合を強化するために、ブロックチェーンベースのソフトウェアを探しています。この開発は、新しいツールがエンドユーザーに非常に迅速に利用できるようになるため、個人金融にとって非常に重要です。ブロックチャインを使用して政府との税金を納付し、ブロックチェーンを使用して支払いを送受信し、財産を保護するために暗号化通貨を使用できるとします。最終的に銀行機関はこれらの技術を採用し、内部ニーズにも適応させます。

個人的な財務のために、顧客はすべてのニーズに対してブロックチェーンで触れられ、使用しているすべてのもののバックボーンを形成することは決して実際には分かりません。世界経済は、特に送金が関係しているこの変更の影響を受けます。

③支払いと投資が採用と技術開発を推進する

これらの新しい開発は、オンラインで複雑な契約や支払いを行う消費者と商人のニーズによって推進されました。ブロックチェーンを使用したほとんどの技術開発は、消費者やビジネスのニーズに左右されます。

伝統的な金融は開発を促進しません。つまり、技術的に言えば、消費者は送金、国際バンキング、支払いなどの苦痛点を改善するためにこの技術をどのように利用できるかに大きな揺れがあります。

これらの新しいテクノロジとソフトウェアを使用することで、個人のニーズに合わせたテクノロジの開発を推進する前例のない機会があります。金融テクノロジー開発の実例を実証することによって、投資家はソフトウェア開発者に注目し、リソースを提供しています。

あなたが個人的なビジネスのコミュニティを持っている場合は、ソリューションを提案したり、ソリューションを提案する開発者を見つけることができ、資金が提供される可能性が高いでしょう。ツールは今すぐこのように急速に進化しています。

暗号化交換のような消費者金融技術に関するこの種の急速な発展の次に、ブロックチェーンを使用して個人金融のニーズに対応しているソフトウェア企業の急速な進化があります。

支払いと投資のためのモバイル・ファイナンシャル・ツールは、最初に最も大きく開発され、広くテストされます。オンラインポートフォリオ管理について考えると、たとえば、世界の誰にでも迅速に支払いを行うことができます。

④伝統的な資金調達と消費者の更新と組み合わせ

ブロックチェーン技術は、最終的には、従来の金融機関の両方を開発して、すでに支払い会社によって使用されている新しい消費者技術と組み合わさります。

これは、すでによく使用されているインターネット構造を支えるために最終的に出現している金融インターネットと呼ばれています。

ブロックチェインをベースとしたソフトウェアは、これらを一体化します。

したがって、消費者金融のすべてのスペクトルは、この変更によって影響を受けることになります。消費者金融に影響を及ぼす技術は、個人や企業、国際的なエスクローのような法律サービスのための新しい税制です。

決済市場の分析3- 支払いプロトコルの巨人の存在

現在、小切手、クレジットカード、または銀行口座による支払いを容易にするために使用されているものから、いくつかの支払いプロトコルがあります。

最近では、SamsungGoogleAppleなどのテクノロジー企業が独自の決済サービスをリリースしています。

以下に四つの話を示します。

Apple Payとその競争相手は未だに採用率が低い

Apple Payやその他のモバイル決済サービスは高い期待を持っていますが、採用は非常に低いです。

Goldman Sachsによると、2017年にAppleのPay、Samsung Pay、Android Payをそれぞれ8%、6%、3%が週に1回しか使用していませんでした。

これらのプロバイダは既存のクレジットカードインフラストラクチャの上に構築されているため、カードを取り出したり、タップしたり、スワイプしたりするという限られた利点があります。

興味深いことに、他の国々は、KsenyaのM-Pesaのようなまったく新しい支払い方法を採用していますが、西は非常に狭い帯域内で革新しようとしています。

貨幣転送サービスは、摩擦のない支払いを提供するために拡大することができる

Venmoは千年紀の大成功を収めています。それは、お金を払うか、友人から払うという方法です。そして最近、PayPalが所有するVenmoは、200万人以上の小売業者で財布が受け入れられると発表しました。

つまり、Venmoは、消費者がVenmoのデジタルウォレットサービスでチェックアウトをすると、商人に料金を請求します。また、消費者にとっては、従来のカードと比較してVenmoを使用することには限界があります。

Square、Jack Dorseyによってスタートした会社も最近カードスペースに入っており、Square Cashカードはプリペイドカードとして開始されましたが、従来のデビットカードのように機能します。

両社はより多くの金融商品を提供するように拡大していますが、業界に革命をもたらした企業は未だ、ありません。

中国の成功例-アプリ内での支払いは未来である

モバイル決済使用率は中国が大きなシェアを占めており、95%を超えています。日本はわずか5〜6%、米国ですら5&前後です。

特に中国では、WeChatは急成長しました。

このアプリは簡単なメッセージングアプリとして始まったが、はるかに大きなプラットフォームになりました。2016年には、中国で5兆ドル相当のモバイル決済が行われました。

驚くべきことに、市場の94%はAlipayとWeChat Payの2社が所有しました。

確かに、テンセントのWeChatアプリの中に100以上のミニアプリがあります。

このように中国には巨額の養子縁組がありますが、北米と西欧ではほとんど成功していません。

FacebookとSnapchatの両方の支払い機能はアフター・サプライズのように感じられ、上記のようにまだ摩擦を取り除いていません。Uber、Lyft、Airbnbなどの過去10年間の最大のアプリはすべて、素晴らしい埋め込み支払い体験を持っていましたが、最終的にユーザーのデビットカードまたはクレジットカードにリンクされています。

本当に摩擦のない支払いを得る方法

それでは、どうやって本当に摩擦のない支払いを可能にするのでしょうか?

BitcoinとEthereumの基盤となるブロックチェーン技術のような新しい技術から答えを見出すことができます。

たとえば、Rippleはブロックチェーンとインターネットを活用して支払いスタック全体を再構築しています。同社は100を超えるパートナーを抱えており、XRP、独自の暗号通貨、または決済通貨を使用するソリューションを使用して、今日はライブ展開を行っています。

そして、オープンソースとブロックチェーンベースの支払いプロトコルであるPumaPayもあります。

PumaPayは、「プッシュ」取引と「プル」取引の両方を可能にします。

「プッシュ」取引は、われわれが主に使用している支払い方法ですが、PumaPayの「プル」は反対です。

 

これらの技術によって、銀行は5秒以内に決済が行われるのを実現しており、これは、伝統的な通貨決済の場合は2営業日、または3万回以上の改善となります。

デジタルカメラが消費者やユースケースの大多数のためにフィルムカメラをすばやく置き換えたように、決済業界は従来のレールの上に構築された製品ではなく、まったく新しい技術を注入する必要があります。

PumaPayは市場の大きなシェアを占めれるのか

もちろん、ブロックチェーン技術による決済ソリューションを提示するプロジェクトは、リップルだけでなく様々あり、有望なものは多数あります。

しかし、モバイル(デジタル)決済市場自体は中国の大手調査会社であるiresearchによると2016年の中国のモバイル決済市場規模は616兆円(米国の約50倍)に達しました。

中国では、クレカが普及していないことから、需要が高くなっていますが、今後さらに拡大予測がされています。

日本でもsuicaを始め、applepayなどのNFC決済方式が普及し始めていますがシェア率は低いです。

pumaPayに限らず、ブロックチェーンによる決済導入には未だ壁がたくさんあり、既存の巨人に比べて、2番手・3番手であることは確かです。

PumaPayプロトコルとコインは、ペイ・パー・ユース、定期支払い、月額購読など、オンラインとオフラインの分野で最も一般的な取引をサポートします。

ImLive、FashionTV、Aben、SegPayなど、さまざまな業界の企業数十社が、プラットフォームの立ち上げからわずか1カ月後に、PumaPay Pull Payment Protocol(PullPay Pull Payment Protocol)の採用を約束していることも大きなメリットでしょう。

関連リンク

公式サイト

白書

Twitter

facebook

telegram

Authorship

BABbit43

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-ICO, PumaPay(プーマペイ)

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.