PumaPayとは

 

 

PumaPayはブロックチェーンによる暗号通貨を利用するすべての事業者・ユーザー向けの包括的な無料の決済ソリューションです。

現在の実装(クレジットカード)よりも信頼性、効率性、柔軟性、経済性、拡張性に優れた堅牢な支払いメカニズムを提供する包括的なブロックチェーンソリューションです。

今日の支払い方法(クレジットカードとBitcoinのようなバーチャルコインを含む)とは異なり、Pull Payment Protocol(プル支払いプロトコル)は、現実のハードルを克服するために設計されたもので、企業や個人のオンボーディングプロセスを容易にするために開発されたツールセットを提供します。

独自のプロトコルによる支払い処理システムの近代化

ブロックチェーン技術と地方分権化を強く支持しているPumaPayチームは、オンライン課金ニーズと既存のブロックチェーンソリューションとの間に存在するギャップをよく認識しています。

クレジットカードはデジタル時代に向けて設計されたものではなく、ペースが速く、グローバルで、テクノロジーによって駆動される経済のニーズに合わせて設計されたプロトコルに置き換える必要があると考えており、

プロジェクトチームは支払い処理システムを近代化し、PumaPay Pull Payment Protoco(プーペイプル支払いプロトコル)に基づいて構築された繁栄した暗号化経済の基盤を構築することを目指しています。

ブロックチェーン全体にわたる包括的な支払い方法の標準化と有効化

請求レイヤを分散し、商人の実質的な中間コストを節約する

オンラインとオフラインの両方で暗号化の使用を増やし、標準的な支払い手段としてそれを促進する

プラットフォームの分散型バージョンを作成することによる強力なパートナー獲得

既存の支払いの問題点とソリューション

暗号通貨は、仲介者(P2P)を経由することなく、プッシュ型の単純なトランザクションの1つだけを許可することなく、2者間で価値を直接移転するように設計されています。

しかし、これは暗号化通信のPOCとしては十分かもしれませんが、近代的な貿易の要件に対応していないため、広く使われている支払い手段にするには不十分です。

ブッシュ型からプル型の支払いへ

PumaPay PullPayment Protocolは、この問題に対処し、取引の仕組みの柔軟性を促進するために、具体的に設計されました。

PumaPayは無料のオープンソースのブロックチェーンベースの支払いプロトコルを提供します。

中核は、共通の暗号化取引の仕組みを逆転させるプル型支払いのスマート契約のユニークなアーキテクチャーです。

サイドAがサイドBにトークンを「送る」または「押し込む(プッシュ)」のではなく、サイドBをサイドAに接続できますPullContractを介してアドレスを取得し、サイドBの口座に資金を引く。これはもちろん事前定義された条件とA側の取引の事前承諾の対象となります。

この革新的なPullPaymentアーキテクチャは、オンラインとオフラインの両方の日常生活において非常に一般的なペイメント・メカニズム全体に開いていますが、

実際には、プロトコルは非常に強力で柔軟性があり、どのビジネスでも独自のトランザクションを設計し、独自のビジネスロジックを実装することができます。

具体的な特徴は以下です。

 

             

包括的である

堅牢なオールインワンの請求システムは、現在の請求方法よりはるかに信頼性が高く、効率的で、柔軟性があり、コスト効率が高く、拡張性があります。

柔軟性

議定書により、加盟店は独自の取引メカニズムを設計することによってビジネスロジックを実装することができます。商人は、再発、通貨、受取人、セキュリティ対策など、トランザクションのすべての側面を制御します。

アクセス可能

高度なオンボーディングツールを提供することにより、商人や顧客がブロックチェーン技術を簡単かつ無益に活用できるようにします。

PumaPayの技術構成要素

PumaPayのオープンソースPull Payment Protocolは、現在の実装(クレジットカード)よりも信頼性、効率性、柔軟性、経済性、拡張性に優れた堅牢な支払いメカニズムを提供する包括的なブロックチェーンソリューションです。

プロトコルとトークン経済

PumaPay議定書は開発のためにコミュニティに公開される予定です。議定書には、ここで概説した主な支払いタイプを容易にするためのモジュールが組み込まれていますが、コミュニティ開発を促進するように設計されています。ビジネスがカスタムブロックチェーン決済ソリューションを開発するために使用できる標準的なプラットフォームになることを目指しています。

「PMA」トークンは、ユーザーの「PumaPay Wallets」の間で交換される通貨になります。当初、ユーザーはETHをPMAトークンに交換しますが、現在の価値は一般的なPMA市場に基づいており、システム上のスタンドアロン暗号化になります。

PullContracts(プルコントラクト) PullRequests(プルリクエスト) 

これらはPumaPayシステムの中心です。

プル・コントラクトは、企業が取引のコストと条件を規定することを可能にします。

顧客がこれらの条件に同意すると、支払いループが完了し、PullContractsは、1回限りの支払い、定期支払い、共有支払い、返金保証、制限的な支出ルールなどが可能な柔軟性を備えています。

PullContractが消費者によって合意されると、PullRequestが作成されてトランザクションが完了し、PMAトークンが顧客の財布からビジネスウォレットに回収されます。

具体例

たとえば、顧客がコーヒーを購入すると、PullContractに同意し、PullContractはPMAのコーヒーのコストが実行されるようにPullRequestを実行します。

PullContractにコスト分担機能が含まれていれば、PullRequestは2つの異なる消費者財布からお金を引き出すことができます。

購入資金が不十分だったシナリオでは、今日のクレジットカードの拒否と同じように、すぐに知ることができます。

このように、PullContractsは、Money Back Guaranteeのような通常のビジネスに必要な必須の消費者支払い要件を容易にすることができることに注意することが重要です。

顧客が製品を返品する場合、PullContractは支払いの払い戻しを容易にすることができます。

現在のところこのプラットフォームで可能な追加の支払いツールは、支払いの制限という考え方です。

PumaPay SDK(ソフトウェア開発キット)

これはすべて、開発者向けにSDKを使用して利用可能になります。

PumaPayはトランザクションフリーのプラットフォームであり、唯一の手数料はトランザクション検証のためにブロックチェーン自体に請求されるものであるため、開発者がこのプラットフォームを採用して構築するため、膨大な余裕があります。

PullContractの能力は開発者の想像力と同じくらい広いので、ユースケースは頻繁に繰り返されます。PullRequestを使用して支払いが要求または要求される前に、任意の数の要件を満たすようにコーディングすることができます。

既存のシステムへの統合は、PumaPay PullContractの結果に基づいて既存のアクションを引き起こすコードを開発するビジネスの問題にすぎません。

たとえば、オンラインサブスクリプションベースのシステムでは、PullContractが正常に実行された後、プレミアムアプリ機能にユーザーがアクセスできるようにすることができます。

PumaPayの商人は以下を行うことができます:
  • 過剰なバンキングの代わりに、暗号通貨を簡単に受け入れるための各種請求ソリューションをプラグインする
  • お客様に包括的かつ柔軟な請求ソリューションを提供し、定期的な支払い、ペイ・パー・ユースなどのすべての一般的な請求方法に対応する
  • 詐欺やチャージバック、関連する罰金のリスクを排除する
  • 3%〜15%までの超過仲介手数料を節約する

PumaPayのユースケース

いくつかのユースケースが公開されてます。

固定金額定期支払い

プル・支払い・プロトコルにより、月額サブスクリプション料金などの時間に基づいて固定料金を請求する契約を作成することができます。

ユーザーごとの支払い

プル契約は、1分あたりの課金を専門とするカウンセリングなど、有料使用ごとにクライアントに請求することができます

固定時間の定期支払い

PumaPayの議定書は、可変額の時間に基づいて定期的な支払いを設定することができます。例えば、公共料金などです。

ワンタイム/単一の支払い

プル契約は、ウォレットアプリを使用してオンラインとオフラインの両方で単一の支払いに適用することができます。

共有支払い

フレキシブルプル支払いプロトコルは、複数の当事者間で支払いを分割するためにも使用できます。たとえば、アフィリエイトプログラムを容易にするためです。

制限付き支払い

プル契約は、支払いが一定額を超えないようにする、または子供の支出にペアレンタル・ブロックを設定するなど、ユーザーの好みに応じて制限することもできます。

以上のような様々な支払いケースでプーマペイのプロトコルが活用できます。

ロードマップ

2018年第1四半期

  • プーマペイICO
  • PMAトークンV1.0
  • ImLive.comとの統合V1.0

2018年第3四半期の初め

  • 次のブロックチェーン世代のテスト
  • ChatMakerとの統合V1.0

2018年第4四半期の初め

  • PMAトークンV2.0
  • AndroidウォレットV2.0
  • SDK I(NodeJS)V2.0
  • ImLive.comとの統合V2.0
  • 初期導入者との統合V2.0
  • 報酬エンジン

2019年第1四半期

  • ChromeウォレットV2.0
  • iOSウォレットV2.0
  • チャットメーカーとの統合V2.0
  • SDK II(Java、Python、…)V2.0

ロードマップ的には2018年内に、トークン統合とウォレット開発、報酬仕組み構築が進んでいきます。

ICO的には、プライベートプレセールが3月末あたりまで開催されていますが、FuzeXのように十分額を調達できる可能性がありますので、一般向けのトークンセールが行われない可能性があります。

PMAトークンについて

PumaPayトークンは、プロトコル固有の機能のファシリテーターです。これは、プロトコル上の当事者間の価値移転の唯一の手段であり、他の暗号化または暗号化から変換することができます。

 

トークン経済とホルダーのメリット

トークン経済は、4つの柱に基づいています。

アーリーアダプター

PumaPayのプルソリューションの統合にすでに取り組んでいる様々な業界の企業です。

パートナーを立ち上げる

パートナーは、PumaPay Pull Payment Protocolをプラットフォームに統合し、PumaPay Tokenの普及により業界全体を分散させるための基盤を作り出すために緊密に協力します。

プーマペイプライド

PumaPayトークン所有者がトークンを使用する場所を探ることができるように、ウォーミットと統合されたアプリケーションは、参加企業のトラクションを大幅に向上させます。

サードパーティの相補的サービスプロバイダ

サードパーティ企業が議定書の上に一連のサービスを作成し、PumaPayエコシステムに貢献し、ビジネスの新しいビジネスチャンス(クレジットネットワーク、セキュリティ、コード検証など)を創り出すことができます。

トークンセール参加方法

プレセールは2018年3月22日まで開催中です。

参加方法は、早期出資者は公式サイトからチームと直接コンタクトを取るか、日本の販売代理店から購入することもできます。プレセールの最小出資額は75000ユーロです。

もちろん、KYCポリシーにも対応する必要があります。

先にも書きましたが、プレセールが長いので十分額を達すると一般セールが行われない可能性もありますので、注意してください。

まとめ 

日本でもかなり騒がれてるICO案件ですが、トークン価格は結果論でしかありませんが、少なくとも話題性はあるので参加したい方はプレの段階でするのもありかなと思います。

個人的にはプレセールの期間も長めなので、情報をまとめながら検討したいと思いますが最大2倍の割引もあることには注意しておいてください。

関連リンク

公式サイト

白書(近日完全版公開)

Twitter

facebook

telegram

 Authorship 

BABbit43

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary