ギャンブル業界の市場分析とProvidence のソリューション

0
256 views

 

こんにちは。今回はギャンブル業界(特にカジノ)の現状の問題点とそれに対するブロックチェーンソリューションについてです。

ギャンブルとオンラインゲーム業界の市場分析

統計ポータルサイトによるとギャンブル市場予測は以下のようになっています。

2001年から2019年までの世界の賭博市場の総ゲーム収量(GGY)(億ドル単位)

統計によると、2001年から2015年までの世界の賭博市場からの総ゲーム収量が2016年から2019年の期間で予測されています。

2016年の世界の総ギャンブル総収入額は4,500億ドルに達すると予測され、 2019年には4,950億ドルとなりました。世界のカジノ市場 の総ゲーム収入量は 2016年には1,1500億ドルに達すると予測されています。

引用元:https://www.statista.com/statistics/253416/global-gambling-market-gross-win/

さらに別の統計では、オンラインゲームの収益シェア予測がされています。

2008年から2020年までの世界のゲーム総収入のシェアの中でのオンラインゲーム総収入

この統計は、オンライン賭博市場を2008年から2015年までの全賭博市場のシェアと2016年から2020年までの予測で示しています。

2015年には、オンラインゲーム総収入がゲーム総収入の10%を占めました。 2020年には14%に増加すると予測されています。

引用元:https://www.statista.com/statistics/524664/online-gaming-gross-win-as-share-of-total-worldwide/

このようにオンラインゲームでも特にギャンブル要素が強いものは総収入額は2020年をめどに急速に伸びていく見込みです。

ヨーロッパのギャンブル市場分析

特にヨーロッパはギャンブルが盛んな国であり、市場で占める割合は大きくなっています。

EGBA(European Gambling&Betting Association)によると

ヨーロッパのオンラインギャンブルと賭けは、成功し、大規模なセクターとなっています。

ヨーロッパ市場は、世界市場のほぼ半分を占めており、オンライン市場においては賭博市場全体の17%を超え、地上事業者はEU市場の83%を占めています

以下に市場分析が詳しくされてありますので簡単に要約します。

ヨーロッパ賭博市場の分析

どのくらいの期間、欧州は業界のグローバルリーダーシップとなっているのか?

グラフ1

ヨーロッパ市場は、今日、世界中のオンラインギャンブル市場で最大の市場です。2015年に世界的に発生したオンラインゲームの総獲得額346億ユーロのうち、EU市場に起因するものは47.6%以上でした。

この市場の半分を占めるリーダーシップは、欧州事業者の革新的な性格、ヨーロッパにおける高いインターネット普及率、類似産業を築くための米国とアジアにおける規制機会の欠如からもたらされていると考えられる。

しかし、欧州のリーダーシップは、国家の「境界線」と経済保護主義に沿ったEU市場の断片化の高まりから、不確実であるということも事実です。

ヨーロッパの成長分野

同分野が比較的若くて新しい市場であることから、欧州のオンラインギャンブルセクターは、規制圧力が高まっているために成長は遅くなっています。

しかし、依然として発展しており、オンラインギャンブルのGross Gaming Revenue(GGR – ステークスマイナス賞金)は、2015年の165億ユーロから2020年には249億ユーロに増加する予定です。

賭けは市場の37%で最も人気のあるヨーロッパのオンラインギャンブル製品であり、オンラインポーカーとカジノはそれぞれ24%と12%を占めています。

グラフ2

わずかなシェアのゲームだけがオンラインで行われる

欧州のオンラインギャンブルセクターは、2015年に全ヨーロッパの賭ける市場の17.5%を占めました。

独立した予測は、オンラインギャンブルの市場シェアが2020年に22%まで着実に上昇すると予想しています。

しかし、オフライン市場の収益も2020年には8億3,000万ユーロとなり、オンライン市場の成長はオフライン市場とその伝統的なプロバイダーを犠牲にするものではないことを意味します。

異なる顧客および製品プロファイル

グラフ3

伝統的な地上ベースの事業者によって生み出される収入は、物理的な賭けの店、カジノおよびビンゴホール、スクラッチカードおよび宝くじのチケットのような提供物に見られるような古くからある製品に由来しています。

オンラインギャンブルでは、バスケットボールの試合の結果に賭けをしたり、ポーカーをすることができるように、1つの統合サイトでよく見られる多種多様な商品を提供しています。

個人事業者と独占事業者の双方にとって利益をもたらす成長分野

伝統的な宝くじ事業者はまた、消費者にオンライン宝くじに参加する機会を提供し、e-スポーツ賭博とe-ポーカーなども増えています。今日、これらの独占企業はヨーロッパのオンラインギャンブル市場の20%以上を占めており、南欧および東欧よりも北欧での割合がはるかに高いとされています。

引用元:http://www.egba.eu/facts-and-figures/market-reality/

以上からわかることは、ヨーロッパ市場では特に近年オンラインギャンブルが伸びてきており、ますます規制当局との連携も重要になってくるということです。

  • オンラインギャンブルセクターは、デジタル経済の若く活気のある分野であり、ヨーロッパの企業が主導する数少ないデジタル分野の1つである
  • 伝統的な土地ベースの事業者と独占企業は、オンラインでの提供を急速に拡大しながら、引き続きオフライン収益を費やし続けている

 

デジタル化との統合によるカジノの将来像

pwCの報告書によると、

今現在、カジノ業界は、テクノロジーの進化、オフラインとオンラインの融合を中心とした顧客とのコミュニケーション手段の多用化、オンラインゲーミング市場の成長などにより、大きく変わろうとしているという見解が述べられています。

事実、ブロックチェーンなどの技術進歩やオンラインカジノ普及、オフラインとオンラインの統合化によりカジノ市場は今後さらに拡大していくことが予測されています。

これらの外部環境の変化に適切に対応するため、規制当局は適切な制度のあり方を模索し、カジノ関連事業者は顧客により良いカスタマーエクスペリエンスの提供を目指し進化し続けているというのも事実です。

こう述べてあるように、環境の変化に対して規制当局の動きにも注視する必要があり、顧客に信頼される法的なカジノ運営がユーザーの確保とエクスペリエンス向上につながっていくと考えられます。

pwCではこのような発展の中でも解決しなければならない課題がいくつかあると述べています。それは以下です。

  • 個人による不正行為
  • 規制による制限
  • 過度なマーケティング
  • ゲームサイトの氾濫
  • ユーザーの利用違反
  • データの急増

しかし、実際に技術的なものが向上していることは確かですし、ユーザーは世界中からオンラインで手軽にプレイすることができるようになっています。オンラインとオフラインの融合はカジノ業界でもすでに起きています。

このような問題点を解決し、オフラインとオンラインを統合することがユーザーエクスペリエンスをさらに高める鍵であると述べられています。

ブロックチェーンソリューションの可能性

では、オフラインとオンラインのカジノを統合するということにおけるブロックチェーンのソリューションはどういう視点でしょうか?

1つのブロックチェーンプロジェクトを例に見てみます。

Providence カジノのブロックチェーンソリューション

Providence は、100%キャッシュレスで、高度なブロックチェーン技術との統合によって可能にされた暗号化通信でのみ動作するカジノです。

自動化、マイクロペイメント、高速取引を可能にし、物理的なカジノでもチップ上で暗号通貨を交換することで、お気に入りの興奮的なカジノゲームを施設内で行うことができます。

本質的に、Providence は、プレーヤーが物理的な世界で消費機会を制限しているこれらの通貨の主要な問題に対処するために、物理的な領域で楽しみながら使用可能な資産に暗号通貨を変換するというコンセプトがあります。

そして、真のキャッシュレスエンタープライズを創造するために、当社の革新的なブロックチェーン技術と交換ネットワークは、ホテル、レストラン、高級品店を含むカジノのすべての小売店に統合されます。

具体的なソリューションは以下です。

  • ブロックチェーンによる賞金の透明性と監査による信頼の確保
  • 運用コストとオーバーヘッドを最小限に抑えた持続可能なビジネスモデルを開発する
  • カジノ内ではPVEトークンでプレイヤーにインセンティブを与えることでキャッシュレスを実現する
  • 暗号通貨のポラリティ回避のため自社取引所でのロックダウンによりリスクを抑え、利益を最大化する
  • 多種の暗号通貨に対応する(初動時は4通貨)
  • カジノ、リゾートだけでなくオンラインゲームなどさまざまな事業展開を行う
  • 最終的にはオフラインとオンラインを統合する(2019年)

技術的な面では、Raiden NetworkとLightning Network によりスケーラビリティの改善と即時取引を可能にします。

詳しい詳細はこちらの記事を参考にしてください。

Providenceの白書の日本語版を公開。

 

ブロックチェーンギャンブルプラットフォームの課題

こうしたソリューションはあくまで開発段階であり、資金不足や技術、人材不足などの理由により突如、開発の遅延や停滞が起こることは可能性としてあります。

潜在的なリスクは依然として大きいです。

また、今後はさらに規制当局との連携が重要であり、大量のデータ取引を可能にしたりする技術面ももちろんですが、法的に信頼されたプラットフォーム構築も大切です。

関連リンク

公式サイト: https://www.providence.casino/

白書: https://www.providence.casino/Providence_Whitepaper_English_Version_1-4.pdf

白書(Japanease):https://www.dropbox.com/s/ix42zrep3wrfv1m/Provedence_Whitepaper__Japanease%20Version_1-4.pdf?dl=0

ANN: https://bitcointalk.org/index.php?topic=2185207.0

Twitter: https://twitter.com/cashlesscasino

telegram:https://t.me/providencecasino

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here