Data(データ) ICO Opiria PDATA

【ICOレビュー】OpiriaPDATAーGDPRに準拠し、メルセデス、アウディ、BMW、日産などの顧客を持つOpiriaがブロックチェーン統合のためにPDATAトークンを発行する

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 28 分です。

 

インターネットで企業が新しい製品やサービスをより簡単に開始できるようになった今日、あらゆることが急速に進んでいる中で、企業はトレンドを迅速に分析し、製品やサービスに関する市場調査をフォローアップする必要があります。

フィードバックがなければ、ほとんどの製品は失敗し、顧客を知ることができない企業は大きな損失を被ります。

そこで大切なのが顧客の個人データ管理です。

 

OpiriaPDATAプロジェクトの概要

Opiriaは、リアルタイムの市場調査と顧客エクスペリエンスフィードバックのためのオンライン分散型プラットフォームであり、消費者がどのように考え、経験し、見て感じるかを理解するために、より迅速で正確なアプローチを提供します。

プロジェクト自体はOpiriaの既存のビジネスモデルに基づいており、製品とプラットフォームはフォーチュン企業からすでに受け入れられています。

 

隠れた仲介者を排除し、企業が消費者から直接個人データを購入できるようにすることで、顧客の要件とニーズをリアルタイムかつコスト効率よく理解する手助けをしています。

Opiriaはブロックチェーンに基づく個人データの安全で透明な取引のためのグローバルな分散型市場を開発するプロジェクトでもあります。

同社は、個人データの安全で透明な売買のための最初のEthereumブロックチェーンベースの市場を構築しています。 

プロジェクト名 opiriaPDATA
 分野  データ
 技術  ブロックチェーン
プロダクト あり
トークノミー PDATAトークン

プラットフォームの特徴-個人データに具体的な価値を与える

 世界中の企業は、消費者からの個人データを必要とします。これにより、消費者の嗜好に合った新しい製品やサービスを設計することで、市場シェアを拡大 することができます。

このプロセスの最大の問題は、ターゲットオーディエンスが個人データのセキュリティを心配し、それを保護するための措置を講じることです。

これにより、個人から必要とされる定性的データを取得することがますます困難になり、データブローカーによって虚偽または偽のデータが販売されることさえあります。従来のシステムでは、企業と消費者の両方が失われます。

  • 個人データ管理の問題
  • データブローカーによる不透明性
  • 収益性の欠如

PDATAはどのように問題を解決するのか?

企業とその顧客、つまり消費者の間の結びつきを強めるために、Opiriaプラットフォームと呼ばれる両者が直接コラボレーションできるエコシステムを構築しました。

企業は、PDATAトークンで補償することで、消費者から直接個人データを購入することができます。 

Opiriaプラットフォームは、個人データに具体的な価値をもたらし、供給と需要の経済(PDATAトークン)によってこの価値を正確に表現する通貨を作成します。

PDATAトークンは、企業が仲介者なしで直接消費者から個人データを直接購入できる市場を作ります。これまでのところ、データブローカーによってデータが不本意ながら利用されていたことを考えると、当社の新しいシステムは、これまでデータ保護のために複数の障壁の背後にあるデータを保護してきたものから、消費者は、関心のある話題についての意見や、製品やサービスをどのように利用し、どのように利用しているかに関するフィードバック、ウェアラブルやスマートデバイスのデータ、スマートフォンの利用状況、オンラインで購入するものなどの個人データを企業に販売することができます。

彼らはPDATAトークンを受け取り、現金で現金化することができます。したがって、消費者は、個人データを収益化することによって受動的な収入流を創出することができます。

 

以下が要点です。

  • Opiriaプラットフォームを使用すると、個人データを企業に直接販売することができます。それと引き換えに、PDATAトークンを手に入れて、現金で現金化することができます。

 

  • Opiriaプラットフォームは、一般データ保護規則の原則に完全に準拠した、お客様の個人データの安全で公正で透明な取引を可能にします

 

消費者のための 

消費者は企業に個人データを提供するためのPDATAトークンを受け取る。 消費者は、開示する個人データとそのアクセス権を誰が決定することができます。 ブロックチェーンメカニズムにより、消費者の匿名性とデータのプライバシーは完全に保護されます。

Opiriaプラットフォームは、仲介者のいない個人データの安全な取引のための完全に透明な公開市場です。 PDATAトークンは、個人データに値を置き、その値を正確に表す通貨を作成します。

企業のための

企業は、PDATAトークンで補償することで、消費者からの個人データにすばやく簡単にアクセスできます。 企業は、より高い品質のより具体的なデータを受け取り、新製品やサービスを設計したり、マーケティングや販売活動をより適切にターゲットとすることができます。

 PDATAトークンエコシステムは、消費者と企業で構成され、両面トークン経済を促進します。企業は、個人データをPDATAトークンで補うことによって、消費者から直接購入することができます。

市場と競合の簡単な分析ー急成長と大きな問題点

市場と競合のプロジェクトを簡単に分析します。

個人データの問題点

今日のますます競争の激しい世界では、企業は顧客の意見の重要性とこれが現在の市場に与える影響をますます認識しています

中でも個人情報データは企業戦略の一部となってます。

企業がターゲット市場を代表する個人を評価する必要があるという事実を考慮すると、正確な個人データに基づいて関連する高品質の情報を持つデータベースをすべての人が抱くことは難しい課題です。

主な問題は、実際、平均して、全消費者の55%は、あらゆる種類の個人データを共有することに満足していません。個人の個人情報に関しては、この割合は97%に増加します。

ますます技術的に類似した消費者プロファイルと組み合わせることにより、平均的な消費者は、広告ブロックソフトウェアの使用、個人的すぎると思われるデータの改ざんなど、個人データを保護するための措置を取るようになりました。

個人データの市場規模を数字で見てみましょう。

250米ドル/年;個人データの取引量

57百万;あなたの個人情報を必要とするB2C企業

12億米ドル/年;製品革新の失敗による投資の失敗

80米ドル;あなたのメールアドレスの価値

100米ドル;製品に関するフィードバックを提供する

 

 個人データは21世紀の新たな原油である

多くの人は個人データが21世紀の新しい原油であると考えています。個人情報の収集と分析は、今日の新しい経済の推進に役立つ燃料です。生データは収集、処理、輸送する必要があります。 100年前の石油ブームの時代と同様の原則に従っています。 1人は、彼らから利益を得るために、できるだけ多くの情報源からデータを集めようとします。典型的なアプローチは、多数のタッチポイントを分析し、得られたデータを使用して実行可能な予測を生成し、結果として新しい製品およびサービスを導出することです。

個人データによる予測

個人データの収集と分析により、企業は消費者の行動や傾向をよりよく予測し、より良い製品を継続的に反復することができます。購買力、旅行習慣、モビリティの好みやフィットネス/ウェルネス、ヘルス、環境などのトピックに対する態度の予測可能な変化は、車、新しい旅行タイプ、根本的に異なるホテルコンセプトなどの新しいコンセプトを思い付くことを可能にします。

これにより、企業は、予測が最も厳しい5年から10年という新しい目標を早期に実行するなど、R&D予算をより適切に配分することができます。

 

GDPR(一般データ保護規制)への準拠の重要性

 OpiriaとPDATAは、個人データに関する消費者への支配を主にし、国際ビジネスの規制環境を簡素化することを目指して、今年EU全体で展開する新しい一般データ保護規制(GDPR)法改正に完全に適合します。

これらには、以下が含まれています。

  • 消費者は個人データの処理に同意する必要があります
  • 個人データは偽名化され、暗号化された方法で保存されなければならない
  • 消費者は個人データにアクセスする権利を有する
  • 消費者は、誰が自分の個人データを処理するかを知る権利があります
  • 消費者は個人データを訂正し、消去する権利があります
  • 個人データ処理活動を記録しなければならない
  • データは設計によって、またデフォルトで保護されていなければなりません

 

プラットフォームでは、一般データ保護規制の以下のガイドラインが確実に実行されます。

  • 消費者は個人データを所有しており、個人データを完全に管理しています。
  • 個人データは、消費者を暗号化されていない形式で放置することはなく、消費者だけが復号化するための鍵を保持します。
  • 個人データは、消費者の同意を得た会社にのみ転送することができます。 それに加えて、消費者は誰がデータを入手するのか、どのような目的で使用するのかを正確に知っています。
  • 個人データの取引は完全に透明であり、取引当事者の匿名性が完全に保護されるブロックチェーン上で追跡可能です。

プラットフォームがどのようにGDPRに適合するように設計されているかについての詳細な説明は、PDATA Whitepaperにあります。

 

データブローカーの存在

データブローカーは、消費者の最も敏感な個人データを収集し、分析し、相互参照し、梱包し、保管し、相互に、広告主に、政府に直接商品として販売する。

2012年、データ仲介業界は、米国政府の全知的財産予算の2倍の1500億ドルの収益を生み出しました。 2015年には、データ仲介業界の収益はすでに2,000億ドルに達しており、CNN10のJason Morris氏とEd Lavandera氏によれば、絶えず成長しています。 

Acxiom、Corelogic、Datalogixなどの企業では、平均して1人あたり1,500データポイントが、米国のすべての家庭についての非常に詳細な情報を持っています。 Gartner11は、全世界で最大5,000のデータブローカーが存在すると推定し、消費者データを彼らの知識や許可なしで絶えず収集しています。

チームは白書で、競合となるデータブローカーの存在を指摘しています。一部紹介します。

Acxiomは、マーケティングキャンペーンや不正検出のための消費者データと分析を提供します。そのデータベースには、世界中の約2億5,000万人の個人データが含まれており、米国のほぼすべての消費者に1500を超えるデータセグメントがあります。

 Corelogicは、主に不動産情報、消費者および財務情報に基づいて、企業および政府にデータおよび分析サービスを提供しています。そのデータベースには、7億9500万件以上の歴史的不動産取引、9300万件以上の住宅ローン申請、米国住宅不動産の99%以上を占める不動産特有のデータが含まれています

   Datalogixは、米国のほぼすべての家庭にマーケティングデータを提供し、1兆ドル以上の消費者取引を企業に提供します。 2012年9月、FacebookはDatalogixとの提携を発表し、Facebookの10億人のユーザーがソーシャルサイトに広告を出した後、レンガや迫撃砲の小売店で購入を完了する頻度を測定しました。

OpiriaPDATAの直接的な競合プロジェクトは?

今回記事にしているOpiriaは、データブローカーを民主化および自動化するプロジェクトです。ブロックチェーンを採用しているデータプロジェクトの中でも似通った性質のものがいくつかあります。

Datum

  

Datumはブロックチェーン上の分散型高性能NOSQLデータベースです。この技術により、ソーシャルネットワークデータ、ウェアラブル、スマートホーム、その他のIOTデバイスのデータなどを安全かつ匿名でバックアップすることができます。Datumは、ユーザーが自分でデータを共有または販売できるマーケットプレイスを提供します。

Datumネットワークは、データ所有者が設定した条件を遵守しながら、データの安全な取引を提供するためにDATトークンスマートコントラクトに依存しています。

  • データ所有者は少量のDATトークンを払ってデータを保存します
  • ストレージノードのマイナーは、データの保存と送信のためにDATトークンを獲得します
  • データは、DATトークンを所有者の条件で使用し、購入することができます

Datumプロジェクトは数値で見る高いパフォーマンスを示しています。

$7.2MUSD 調達済み
85K +アプリ 登録者数
1M +月間訪問者数
 

Valid

VALIDは個人データ管理を次のレベルに引き上げています。 中核となるのは、ユーザーが制御するデセントライズされたデジタルアイデンティティソリューションで、人々は機密データを安全かつスムーズにオンラインで取引し、機密データを保護します。 さらに、VALIDは、ユーザーを製品やサービス会社、ブランド、研究者、広告主などのデータ消費者と直接接続することができます。 VALIDウォレットを使用すると、ユーザーは、VALIDマーケットで完全に安全かつ制御された方法で、自分の個人データを直接的かつ簡単に収益化することができます。 それに反して、データコンシューマは、信頼性の高い匿名化されたデータに直接アクセスすることができます。

InsightsNetwork

Insightsはブロックチェーン技術とスマートコントラクトを通じてデータ仲介業界を自動化します。 ユーザーはInsightsウォレットを使用してデータを安全に所有、管理、収益化します。 データ・ブローカー企業は年間2000億ドルの収益を上げています。 Insights Networkは今後10年間で富を企業から消費者に渡します。

 

DataBlockchain

DataBlockChain.ioは、企業や個人がプレミアムデータを収集する方法を混乱させる画期的なデータプラットフォームです。当社の製品はデータを民主化し、現在のデータ収集および査定の方法よりも容易に入手可能で安価にする。その結果、クライアントは費用対効果に優れた透明な方法で特定のデータセットにアクセスし、無関係のデータを支払うことなく、必要なものを正確に収集することができます。

政府データ、業種別データ、投票記録、ビジネスデータ、財産データ、与信ビューローデータなど、世界最大のデータベースの多くと独自のデータを統合し、貴重なデータセットを作成します。クライアントを引きつけ、保持することを目指す個人や企業。私たちのプラットフォームの結果、すべての参加者は、求めている正確で微妙なデータを得ることができます。 DataBlockChain.ioは価格を上昇させ、非効率を引​​き起こす傾向のあるデータ業界の仲介者を排除するため、注文サイズは達成するには小さすぎません。これにより、潜在顧客の未開拓の市場が世界的な段階で開放されます。

DatabrokerDAO

DataBroker DAOは、IoTセンサーデータの最初の市場です。センサー所有者をデータの購入者と直接接続し、GSM、LoRa、SigFoxに基づくセンサー接続ネットワークを操作する通信プロバイダーの既存のインフラストラクチャーを利用するか、センサー所有者の専用ゲートウェイを介します。 ある意味では、DataBroker DAOはIoTセンサデータの「セカンダリ市場」に相当し、IoTセンサデータの「eBayやAmazonに相当します。

OceanProtocol

データおよび関連サービスの交換のためのエコシステム。

オーシャンプロトコルは、管理、監査、透明性、関連するすべてのアクターへのコンプライアンスを保証しながら、データを共有し収益化する分散データ交換プロトコルです。

Opiriaのメリット

現在、Opiriaの消費者調査プラットフォームは、世界中のトップ企業が消費者のニーズと要件を理解するのを支援しています。

Opiriaは現在、顧客のデータニーズに合わせて世界中の何十もの企業が使用しています。これらには、アウディ、BMW、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、ゼネラルモーターズ、日産、インテル、プロクター&ギャンブル、Freightlinerなど世界的に認められている多くのブランドも含まれています。

Opiria WebアプリケーションとOpiriaスマートフォンアプリを使用することにより、お客様は消費者への直接的なつながりを持ち、世界各地で24時間365日、意見をリアルタイムで得ることができます。当社の既存の消費者獲得戦略には、消費者に参加して調査を行い、顧客データベースにアクセスを許可する企業と提携することが含まれる

アイデアを売っているほとんどのTGEとは対照的に、Opiriaはすでに実際の顧客と実際の製品を持っています。

ブロックチェーンベースのOpiria&PDATAトークンエコシステムは、既存のビジネスの上に既存の収益を生み出して構築されます。 

PDATAトークンの追加により、年間2,500億米ドルのデータ仲買業務が中断され、消費者個人データへのアクセスに関心を持つ企業のゴールデンスタンダードになると当社は考えている。さらに、PDATAとOpiriaのおかげで、より簡単でより良い個人データの利用可能性により、データ仲介市場全体が成長すると期待しています。

チーム

コアマネジメントチームです。

christian-lange.png

Dr.-Ing. Christian Lange

創業者兼CEO

クリスチャンは、ミュンヘン工科大学の同窓生です。彼は機械工学の修士号と博士号を取得しています。ヒューマンファクターと人間工学でクリスチャンは、起業家精神の実績があります。彼は2005年にErgoneers GmbHを設立し、20カ国以上に子会社と販売パートナーを持つErgoneers Groupに成長しました。 10年以内に、Ergoneers Groupは株式投資なしで0ドルから5百万ドルの収入を得ました。 2015年に彼はErgoneers Groupを出ました。

marlene-gagesch.png

Dipl.-Inf. Marlene Gagesch

共同設立者&CTO

マレーネはフリードリヒ・アレクサンダー・理学部エアランゲン・ニュルンベルクからコンピュータサイエンスの理学修士を取得しました。彼女の専門は国際的なソフトウェアチームのスケーラブルなソフトウェアアーキテクチャ、要件エンジニアリングと管理が含まれます。 シーメンスのソフトウェア開発者および要件マネージャとして働いた後、彼女はその初期起動段階でErgoneers GmbH社に入社しました。 彼女はソフトウェア開発部門を率いて、同社のソフトウェア製品は1000人以上のB2B顧客を持つ国際的に成功した完全なデータ収集および分析プラットフォームに成長しました。

コミュニティ

テレグラム参加者数 20917
ツイッターフォロワー数 7454
Bitcointalkの閲覧数 4315
Alexaのランク 763782

 

 

要因はわかりかねますが、ベトナムでかなり注目されています。

ロードマップ-2019年までを開発目標

段階的な目標は以下です。

Opiriaエコシステムの開発のため、トークンセールを通じて3000万ドルを調達する

●2019年3月までにPDATAトークン・エコシステムを開発し、少なくとも25億ドル

2023年末までにデータベースの消費者

●2023年までにOpiriaプラットフォームの27,000人の顧客を獲得する

●市場調査のための最も関連性の高い50の国々を、世界中から2023年までカバーする

(Opiria-Platform事業計画の財務概要の章も参照)

トークンとホルダーのメリット

PDATAは発行しているトークンです。 PDATAトークンは、個人データの安全な取引のために当社のグローバル分散市場を通じて個人データを企業に提供することを消費者に補償するために使用される。

 
 
トークン PDATA
価格 1 PDATA = 0.1 USD
プラットフォーム  イーサリアム
ハードキャップ 3500万ドル
Germany
 
 

PDATAトークン所有者には2つの利点があります。

PDATAトークンを保持する消費者は、トークンを保持しない消費者よりも利点があります。

消費者が他の消費者よりも多くのPDATAトークンを保持している場合、PDATAトークンの少ない消費者よりも早い時期に企業から「個人データ要求」を受け取る可能性が高くなります

個人データを提供する意欲のある消費者

●正確な個人データ

●高品質の個人向けのすばやく簡単なアクセス

●より具体的な個人データ(追跡など)

ウェアラブルからのデータ、スマートフォンの使用、Web上のブラウジング動作など

●新製品を設計する際のより良い意思決定およびサービス

●マーケティング活動のよりよいターゲット設定

  • 企業は高品質の個人データを受け取り、よりよい意思決定を行う
  • 企業は消費者の個人データにすばやく簡単にアクセスできます

企業はカスタマイズされた個人データにアクセスすることができます(例:ウェブ閲覧、ウェアラブルからのデータのトラッキング)

トークンの将来価格について

トークンの将来価格に関する情報はいくつか考えられます。

トークンはロック期間がある

トークンは、Opiriaのスマートな契約によって寄付された直後に配布されます。

PDATAトークンは、TGEの30日後にロック解除されます。さらに、ボーナストークンは、メイントークンのロックを解除してから30日後にロック解除されます。

最近のプロジェクトでも、dockやtokenpayのように上場期間や上場先の取引所を制限することで、公開後のダンピング(大幅な売り圧による下げ)を避けるような動きが見られました。

この効果は、発揮されており、両者ともICO価格を割ることなく上昇しています。

プラットフォーム上の取引は全てPDATAで行われる

プラットフォーム上では、すべての取引はPDATAトークンで行われます。 FIAT通貨はこれ以上ありません。 とにかく、消費者は個人データを会社に販売して得たPDATAトークンを現金通貨に換金することができます。

プラットフォームはすでに存在し、ブロックチェーンとの統合だけである

さらに、ブロックチェーン要素を除いたプラットフォームを既に持っているので、ブロックチェーン要素を含むプラットフォームの「市場投入までの時間」は、TGE後の開発が最初から始まる場合よりもはるかに短くなります。

ビジネスモデルと顧客基盤が存在する

また、これらの著名な顧客を持つことによって、ブロックチェーン要素の発売後、消費者が大企業にすぐに個人データを販売することができるようになります。

したがって、トークンの価格は徐々に高騰していくでしょう。

個人データにより、企業は顧客の連絡先を最適化することもできます。ターゲットとする顧客をよりよく理解することで、適切な価格で適切なメッセージを適切なチャネルで適切なタイミングで提供することができます。これにより、顧客体験、ブランド評判が向上し、広告費が大幅に削減されます。要約すると、個人データを収集し分析することで、企業は利益率を改善しながら市場シェアを拡大 することができます。

 

ICOへの参加方法

こちらから参加できます。

個人情報を入力します。

 

 

完了したら、トークン購入に移ります。

 ログインします。

 

メールアドレスとイーサアドレスを入力してログインします。

 

ステータスが認証されていましたら、以下のような表示が出ますわ

こちらのアドレスへ送金します。

 

関連リンク 

Website
Whitepaper
Facebook
Twitter
Telegram chat

 Author

BABbit43

For every campaign, someone is trying to participate  by my site article, name, profile, please record the following.

User BABbit 43's site is bab-global.net only. And the receiving ETH address is only

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833 

  • この記事を書いた人

BAB

暗号通貨にどっぷりはまり、日々勉強中。専らトレードで日々収益を得ています。 当サイトではビットコインからアルトコインなどの暗号通貨の他、最新投資案件やビジネス情報をマイペースに配信中。 一般公開できないICO,アルトコイン、案件情報は公式Line@でのみ配信します。

おすすめ記事はこちら

1

目次1 はじめに2 全体概要-Sparksterとは?3 プラットフォームの大きな特徴3.1 クラウド界に混乱を起こす3.2  IoTと分散型クラウド3.3 大幅なコスト削減3.4 シンプルで直感的な ...

2

目次1 Quarkchainプロジェクトの背景と概要1.1 背景1.2 ビジョン2 プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引2.1 二層ブロックチェー ...

3

目次1 QuardrantProtocolの全体概要2 ビジョンー何を解決したいのか2.1 Quardrantの解決策3 アーキテクチャと技術3.1 PoA アルゴリズム4 技術ロードマップ4.1 現 ...

-Data(データ), ICO, Opiria PDATA
-

error: Content is protected !!

Copyright© BAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.