OpenMoney(オープンマネー)主流のソフトウェアとブロックチェーンを繋げる世界初の分散型アプリケーションプラットフォーム

0
429 views

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

 

こんにちは。今回はOpenmoney というICOについてです。

分野はアプリケーション開発です。

OpenMoneyとは?

OPENは、世界初の分散化アプリケーションプラットフォームであり、すべてのメインストリームソフトウェアをブロックチェーンにブリッジして、すべてのソフトウェアタイプに対して最も包括的かつ柔軟な支払いシステムを可能にするプロジェクトです。

OPENを使用することで、開発者は任意の通貨に固定された決済スキームを実装できます。

さらに、OPENアーキテクチャは、開発者のボラティリティへのエクスポージャーを大幅に最小限に抑えるように設計されています。

あなたの好きなモバイルゲームからエンタープライズソフトウェアまでのあらゆるソフトウェアタイプのための世界初のターンキーソリューションです。

ブロックチェーン技術導入に伴う様々な問題点

ブロックチェーン技術がアプリケーション開発者にもたらすメリットの可能性は大きいです。

しかし、現在、ブロックチェーン技術を既存のモデルと統合しようとしている企業はありますが、技術的な限界ゆえ容易に統合することが難しく、ほとんどが開発の途中段階にあります。

具体的には以下のような問題が課題となっています。

  • 高い専門スキルが要求される
  • 技術的なユーザーでも、それに見合うようなインセンティブが存在しない

そして、現在の集中化されたシステムにおけるアプリ内支払い処理は非効率な問題が浮き彫りになっています。

  • 的確な価格スキームの欠如
  • アプリケーションの長い監査プロセス
  • アプリ内購入における不必要なコストと時間
  • 膨大なインフラストラクチャの必要性

そこで、OPENは、ソフトウェアアプリケーションのトランザクションおよび検証ツールとして洗練されたスマートコントラクトのシステムを利用することで、この問題の解決策を提供します。

同社のモジュール式決済アプローチは、アプリケーションの決済スキーム、タイプ、すべてのスマート契約が有効なブロックチェーンで使用できます。

  • 任意の価格設定スキームですべての暗号化を受け入れる
  • 速い支払いプロセス
  • 信頼性の高さ

OpenAPIプラットフォームの概要

OPENは既存のアプリケーションに簡単に統合できるモジュール式ソリューションを作成し、従来の多くのアプリケーションでブロックチェーンアーキテクチャを利用します。既存のインフラストラクチャ上で完全に自己完結的で実装が簡単な、必要な開発者向け支払いゲートウェイソリューションを作成します。

この方法で中央集中型から分散型の支払いゲートウェイに切り替えることで、機能呼び出しと同じくらい簡潔に統合することができ、そのメリットが増加します。

OPENプラットフォームの構成要素は主に以下です。

①Scaffoldプロトコル:特定のアプリケーションの支払いインフラストラクチャと検証スキームとして機能する

Scaffold(足場)とは

開発者によって作成され、価格設定スキームやネットワークに所有されている宝石の数などのアプリケーション固有の情報を含むテンプレートスマート契約です

Scaffoldは、開発者がScaffold Creatorに支払う際に、開発者によってインスタンス化されます。足場は、十分なOPENTokensで足を踏んだときにアクティブになります。足場のステーキングのプロセスは、足場にある特定の数のOPENTokensを走らせるために必要です。これらのOPENTokensはスキャホールドをアクティブに保つことが要求されますが、スキャホールドを無効にするときは開発者に返されます。 Scaffoldは開発者アプリケーションのOPEN_Statesを作成します。そのため、ScaffoldはOPEN_Stateのための特定の価格設定スキーム(例えば、10個の宝石の場合10ドル)を必要とし、十分に支払われているかどうかを確認する方法としてこの価格設定スキームを使用します。 Scaffoldは、OPEN_Stateの支払いを開発者の財布に転送する責任も負います。足場は、転送、価格設定、価格設定オラクルへのアクセスには開発者の住所が必要ですが、任意の数の追加の変数とデータを保持することもできます。

Scaffoldの作成者:

OPENが提供するAPIは、簡単なAPI呼び出しを通じて開発者のための足場を作成するために提供されます。 Scaffold CreatorはETHでScaffoldsを作成できますが、ScaffoldsがアクティブになるためにはOPENTokensでステークする必要があります。

②OPEN_State:取引の望ましい結果を含む検証された出力として機能する

③OPENウォレット:OPENウォレットは、OPEN APIを介してユーザが購入したOPEN_Statesと同様に、ユーザの暗号化通貨(例えば、ETH、BTCなど)の記憶ユニットトとして機能します。 

OPENウォレットは、直感的なユーザーインターフェイスを提供し、ブロックチェーンの仕組みを学ぶ必要がなくなり、現在の集中管理された実装と同じユーザーエクスペリエンスを維持します。

④開発者ウォレット:開発者ウォレットは、ユーザーがOPEN_Stateのために送信した資金をScaffoldが転送するウォレットです。開発者はOPENを使用して任意のウォレットを使用できますが、開発者は分散型暗号化交換機能と優れたコミュニティサポートを備えたOmiseGo SDKを活用するため、OPENウォレットを使用することをお勧めします。開発者は、OmiseGo ウォレット SDKを使用して、Scaffoldの転送を自動的に任意の暗号化に変換することができます。

⑤OPENトークン:OPEN ICOで配布されるERC20トークンで、開発者はOPENエコシステムでScaffoldを作成できます。 OPENプラットフォームが進化するにつれて、OPENTokenは、OPENTokenで支払ったユーザーに、購入したサービスの割引を与えるなど、追加の有用性を得ることができます。

これらの要素を使用して高レベルでは、OPEN APIは、ブロックチェーン上のこれらのコンポーネントと開発者の既存のインフラストラクチャとの間の接続として機能します。

Openのメリット

これまでのチームの背景

Openチームはこれまでに数々の功績を残してきました。

  1. 5000万回以上のダウンロード数を誇るメインストリームアプリの設計
  2. トヨタやアディダスのような主要ブランドのデジタルプロジェクトの開発
  3. ニューヨークタイムズとCNBCの両方に登場する
  4. Yahooのエンジニアにモバイル成長の話をする
  5. アジア太平洋地域の10億ドル規模のソフトウェア会社の展開

このようにOpen Moneyチームは実績のある技術開発を展開しています。

コミュニティの大きさ

Openmoney のトークンセールは開始前にもかかわらず、コミュニティがあついです。

Twitter:12000以上

Facebook:4000以上

Telegrapm:4900以上

Slack:4200以上

メール登録:50000以上

コミュニティ力が高いことは、プロジェクトの支えとなりますし、何よりも注目度が高いのでトークン購入される期待度も高まります。

ロードマップ 

  • Q1 2017:プラットフォームとアイデアの概念
  • Q3 2017:計画されているトークン販売
  • Q4 2017:オープンマネーAPIプラットフォームの開発開始
  • 2018年第2四半期:開発者プログラムリリース
  • 2018年第3四半期:Open Money APIプラットフォームの最初の成果 
  • Q4 2018:収益化ツールと公開された製品

トークンセール日程は未定ですが今年中に開催され、来年からプラットフォーム開発が開始され同年中にリリース予定です。

Openトークンについて

Openトークンはプラットフォームのユーティリティトークンです。

OPENトークンは、Scaffoldが作成された後、開発者がScaffoldを起動できるようにするユーティリティトークンで、主に開発者向けです。

主流のソフトウェア開発者によるブロックチェーンの採用と統合の触媒になるというOPENのビジョンを実現するために不可欠であり、開発者は、OPENトークンを購入し、それらを使用してアプリケーションに電力を供給するためのscaffoldを作成する責任があります。

トークンシンボル:OPEN

プラットフォーム:イーサリアム
タイプ:ERC20
トークン価格:1 OPEN = 0.10 USD
販売用トークン:180,000,000(50%)
受け入れ通貨:ETH

 トークホルダーのメリット

 ユーザー向け
 

OPENトークンでの購入は他のデジタル通貨と比較してプレミアム値をもたらし、すべての通貨が受け入れられますが、OPENトークンを使用することで、Openの収益化モデルとしてユニークなプレミアム権利が獲得できます。

例えば、

$ 100のアプリ購入のBTCまたはETHの同額の場合、OPENトークンでの購入の場合は、プレミアムは120ドル(+20パーセント)です。

 
開発者向け
 

開発者は、スマート契約を初期化するためにOPENトークンを賭けることができ、ネットワークを初期化する足場(scaffold)を作成します。

さらに、開発者は、不要な金額ベースのチャージバックの支払いを停止することができ、アプリストアで多額の支払いを削減できます

OPENトークンとすべてのERC20トークンは、サードパーティなしで信頼できない方法でユーザーから開発者に送信できます。

トークンセール参加方法

トークンセールはまもなくです。早期登録ができます

関連リンク

ICO サイト:http://go.openmoney.digital/3lm0

公式サイト:https://www.openfuture.io/

白書:http://go.openmoney.digital/fxbw

Twitter(12174):http://go.openmoney.digital/mfc4

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here