Omnitude(ECOM)eコマースのためのサプライチェーンソリューション

0
1,040 views

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

 

Omnitudeとは

Omnitudeはブロックチェーンのエコシステムにおける根本的な概念です。

企業は、既存システム間の統合レイヤーとしてOmnitudeを活用することで、現在のシステムを交換する必要なくブロックチェーン技術を迅速に導入できます。

問題点とソリューション

Omnitudeは、ブロックチェーン技術の登場なしにこれまで不可能だった方法で問題を解決することを企業に可能にします。

企業システム、サプライチェーン、および電子商取引プラットフォームを統合する独自のブロックチェーンソリューションを作成するだけでなく、現実の問題にブロックチェーンソリューションを想像し、構築し、展開することができるアプリ開発者のコ​​ミュニティを可能にする。

主にOmnitudeは以下を達成するのに役立ちます:

  • 透明で責任ある製造とサプライチェーンの創造
  • eコマース詐欺の大幅な削減
  • Omnitudeに接続された電子商取引サイト全域で使用するための単一の顧客IDの有効化
  • ERPとWMSなどのエンタープライズシステム間のブロックチェーン統合
  • Omnitudeからのソリューションや、Omnitude Appsとして構築されたコミュニティの数々

 Omnitudeのサプライチェーンソリューション

オムニテュードのサプライチェーンソリューションは、サプライチェーンに沿って、例えば原材料から部品、組立品、製品を仕上げ、顧客配達を行うなど、個々の品目や出荷先をトラッキングすることができます。

重要なポイントでサプライチェーンを通って移動する間、アイテムの場所は信頼できる「証人」によって記録され、Omnitudeのブロックチェーンに永久に書き込まれます。

各Omnitudeノードで実行されているスマートコントラクトは、アイテムの進捗状況を追跡し、手動調整の必要なしに、およびサプライチェーンに関係する複数のパーティーに関係なく、マイルストーンに達すると、荷送人またはサプライヤーへの支払いを解放します。

追跡アプリ

ID認証

評判システム

これらを介して、取引システムを透明感し、高速化します。

Omnitude Tracker App

「frst-mile」から顧客まで、製品の完全な旅のリアルタイム、監査可能、いたずら防止の記録を作成します。

Omnitudeは、偽造不可能なクリオグラフィック識別子(例えば、塗装された2Dグラフェンセキュリティタグ、スマートフォンで容易かつ容易に読み取ることができる)でタグ付けされた個々の項目、またはシリアル番号で識別される個々の項目を追跡して出所と信頼性を確立することを可能にします。

最初の商人から顧客へのアイテムの移動中のキーポイントでは、その場所は信頼できる「証人」によって記録され、Omnitudeのブロックチェーンに永久に書き込まれます。

その後、スマートフォン、アイテムを購入した顧客、またはアイテムを受け取った小売業者サプライヤは、商品の履歴が売り手の請求と一致することを確認できます。

Omnitude Tracker Appには、アイテムが追跡したマーケットルート、または盗難または紛失として記録されたかどうかが表示されますので、加盟店は、商品がサプライチェーンに沿って移動するにつれて、取引相手に対して段階的な支払い(「マイクロペイメント」)を行う能力が向上します。

OID認証

オムニティ・アイデンティティ(OID)を持つ顧客は、自分のアイデンティティとプリファレンス・データを一度だけ入力するだけで顧客のアイデンティティを確立し、より迅速なオンボード・エクスペリエンスを提供することができます。

商人によって検証され、暗号化されOmnitudeブロックチェーンに記録されます。顧客は、マーチャントと取引するたびに、取引を完了するために、最初の商人がすでに検証したIDとプリファレンス情報をOmnitude ClientAppから提出することができます。

これにより、購入プロセスが加速され、満足感と忠誠心が高まります。

次に、Omnitudeブロックチェーン上のハッシュに対して提供されたデータをチェックできるようになるため、商人はお客様の身元を確認するために、より少ない費用を費やす必要がありますが、これにはECOMトークンが使用されます。

相互認証(POI)

オムニチュードの相互認証は、レビュー担当者がレビューしている商人とのやりとりの検証可能な履歴を持つことを確立する手段を提供します。

Omnitude ID( ‘OID’)を持つ顧客がOIDを持つ加盟店と取引するたびに、レコードが暗号化され、商人によってOmnitudeブロックチェーンに書き込まれます。

顧客がオンライン商人のレビューを提出する場合、顧客とマーチャントの両方のOIDと秘密鍵を使用して、顧客がその商人と取引したことをOmnitudeブロックチェーンから検証します。

 この相互認証は、詐欺防止にもつながり、オムニチュードの相互認証は、これらの条件の遵守を確立するための基礎を提供します。

さらに、相互作用は、ロイヤルティプログラムを強化し、特定の販売者からの顧客の購入に関する即時データを提供します。

単一の評判システム

Omnitudeの単一評判は、商人、顧客、サプライヤーの間の信頼関係を構築します。

OIDを使用すると、顧客と販売者(または商人とサプライヤ)が取引を行うたびに、その評判が合法であり、ブロックチェーンによって認識されます。

単一の評判システムにより、商品が迅速に出荷されるかどうか、時間や、出荷および支払マイルストーンの完了を記録した取引はOmnitudeブロックチェーンに書き込まれます。

その後OIDを持つ2つのパーティーが相互作用するたびに、OIDと秘密キーを使用してブロックチェーンからデータをロック解除し、Omnitudeエコシステム全体の各当事者の「良好な立場」(出荷、配送、支払条件)を納得させることができます。

ビジネス費用の削減

オムニティソリューションによるビジネスコストの削減に関しては、オムニゲートウェイがあります。

ゲートウェイプロバイダーの手数料を削減し、より低いブロックチェーントランザクション費用でそれらを置き換えるオルタナティブ暗号化ベースの支払いメカニズムを提供します。

Hyperledger上に構築されるomnitudeエコシステム

Omnitude Ecosystem Omnitudeは、Linux Foundationが主催するオープンソースのグローバルな共同プロジェクトであるHyperledgerの上に構築されます。

Hyperledgerは、企業間取引を可能にする、許可されたブロックチェーンプロトコルです。

Hyperledgerアーキテクチャは、Omnitudeエコシステムが構築されるコアブロックチェーンサービスを提供します。 Omnitudeエコシステムは、上記のもの(商人、顧客、サプライヤ、宅配会社、仲間/紹介者)を含む様々なエンティティで構成されます。

Omnitudeのメリット

ブロックチェーン技術の利点

ブロックチェーン技術は、私たちの生活の多くの領域で、不変性と透明性の新しい時代を迎えています。新しいブロックチェーンプロジェクトがリリースされるたびに、消費者は企業が達成しようとする透明性のレベルをますます認識します。

これにより、詳細なディテールや、データ、トランザクション、そしてその代理として処理されているものへのアクセスに対する、消費者からのより大きな需要がもたらされ、

ブロックチェーン技術を採用していない企業は、消費者の選択により、すでに競争の激しい市場で後退しています。

既存の顧客基盤

Omnitudeは、既存のエンタープライズ電子商取引代理店から運ばれたブロックチェーンプロジェクトです。

過去10年間、Omnitudeが直面する重大な問題の1つ、すなわち統合を補うために最善を尽くしており、システムの統合と再統合のためにほとんどの時間を費やしてきました。

堅牢な市場投入戦略とOmnitudeサービスの使用に関心のある既存の企業クライアントのリストがあります。

市場分析

量と価値の面では、2016年のグローバル電子商取引売上高は1兆8000億ドルと推定され、2021年には4兆4800億ドルに増加すると予測されています。

どんな対策によっても大きなビジネスになる可能性があります。

このうち、米国と2017年の電子商取引売上高は、1兆8,800億ドルで、世界の電子商取引収入の69.1%を占め、2017年には、モバイルコマースが、中国とインドの電子商取引売上の70%以上を占め、韓国が59.0%を占めています。

ドイツ、英国、米国では、mコマースは総小売電子商取引売上の少なくとも3分の1を占めます。

しかし、この市場が成長するにつれて、詐欺の可能性と皆にとっての透明性のために不可欠な問題点が生じてくることも事実です。

ロードマップ

Omnitudeの最初のフェーズでOmnitudeプラットフォームが起動され、これにより多数のテクノロジとプラットフォーム間の接続が可能になり、ブロックチェーンを利用できるようになります。

第2段階では、コミュニティとOmnitudeチームの両方が特定のユースケースを解決するためにOmnitudeアプリを開発します。 Omnitudeアプリケーションは、使用目的のセクションで詳述されています。Omnitudeテクノロジにより、さまざまなアプリケーションを構築できます。

Omnitudeチームは、オープンドキュメンテーション、サンプルコード、サポートを通じて、独自のコミュニティを構築し、独自のコミュニティをサポートします。

ECOMトークンについて

ECOMトークンは、Omnitudeプラットフォームと一緒に開始されます。

トークンシンボル ECOM
プレ 価格 1 ECOM = 0.40 USD
価格 1 ECOM = 0.46 USD
プラットフォーム Hyperledger
受け入れ通貨 ETH, BTC
最小投資額 150 USD
ソフトキャップ 10,000,000 USD
ハードキャップ 20,700,000 USD
国 UK

発行された最初のECOMトークンは、
Omnitudeプラットフォームとエコシステム系の開発、参加者にこの生態系の運用と保護を促し、人々がOmnitudeエコシステムに参加する共通の決済方法を作成します。

トークンホルダーのメリット

 ECOMトークンは、いくつかの主要な機能を果たします:

1)エコシステム資源にアクセスする当事者間のネイティブな決済方法

商人はECOMで他のエコシステム参加者に支払いを行い、(サプライチェーンの生産性、配送サイクルの透明性データ、シングルID、シングルレピュテーション、相互認証など)顧客は、ECOM、暗号通貨、法定通貨を使用して加盟店に支払いを行います。

2)エコシステム参加者がエコシステムを運用して保護するインセンティブ

これは、OmnitudeCoreクライアントアプリケーションを実行している検証ノードの分散ピアツーピアネットワークによって保証されます。オムニティの実践ビザンチンフォールトトレランス(DPBFT)コンセンサスアルゴリズムを実施する代わりに、ノードの有効性確認はECOMブロック報酬で共有されます。

3)Omnitudeの長期的な開発のための資金を調達する手段

Omnitude 財団は資金を調達しており、ECOMの初期発行、Omnitudeエコシステムの開発と立ち上げのために使用されます。

クラウドファンディング中に発行されたECOMコインは、エコシステムをブートストラテジストにするための最初のものになります。

いずれのパーティもOmnitudeエコシステムに参加してECOMを獲得することができます。また、ECOMが記載されている取引所では、普通通貨や他の暗号化通貨の代わりにECOMを購入することもできます。

トークンセール参加方法

この記事の執筆時点では、プレセールに参加できます。

2/16までです。

プレセール参加

支払い通貨を選択します。

注文すると、制限時間が表示されますので、アドレスへ直ちに送金します。

その後、トークンを主張交換する形となります。

エアードロップ

エアードロップもありますので、ぜひご参加ください。

https://tokensale.omnitude.tech/?ref=4d67f207‬

よくある質問

誰がOmnitudeを利用するのか?

電子商取引を提供しており、サプライチェーンや公募をより信頼し、管理したい、またはブロックチェーン技術を採用したいと考える企業。

Omnitudeテクノロジーの広範な採用を想定しており、平均的な消費者はOmnitudeアプリケーションを使用していることを知りませんが、プライバシー、セキュリティ、透過性、使いやすさなど、技術の卓越性から利益を得ています。

Omnitudeは物理的な現実世界の財をデジタルシステムと統合しようとする困難をどのように解決しますか?

チームは、長年にわたってエンタープライズ電子商取引代理店を通じて複雑な統合を処理してきました。omnitudeはこの代理店から運ばれ、これらのタイプの問題、つまり多くの異なるシステムの統合に対処するために形成されたものであり、すべてがブロックチェーンであり、すべてが真実の1つのバージョンに関連付けられています。 eコマースの店舗は、常に倉庫在庫とウェブサイトにあるものを関連付けるという同じ問題を扱っていますが、 Omnitudeを使うと、これははるかに扱いやすくなります。

Omnitudeは既存のエンタープライズプラットフォーム/システムとどのように異なり、競合する予定ですか?

毎日のソリューションを修正するために莫大な量のブロックチェーン企業が形成されているのを見てきましたが、すべてが1つの問題のみを解決するようです。 Omnitudeはブロックチェーン接続エコシステムであり、他のブロックチェーンサービスプロバイダ(いわゆる競争を含む)と協力することができます。

Omnitudeはアプリではなくエコシステムであるため、コミュニティメンバーはOmnitudeを介して独自のアプリケーションを設計、構築、公開しています。

また、Omnitudeプラットフォームで独自のアプリケーションをリリースし、ホワイトペーパーに記載されているユースケースを提供し、電子商取引やエンタープライズ分野のブロックチェーンソリューションの普及と普及を促進します。

われわれが知る限り、他のソリューションは、ブロックチェーンシステムや従来のエンタープライズテクノロジを統合して動作して、Omnitudeのようにエコシステムを構築することはできません。

関連リンク

公式サイト:https://tokensale.omnitude.tech/

白書:https://files.acrobat.com/a/preview/75fe0af9-d98b-4002-863c-138b43a131ef

Twitter:https://twitter.com/Omnitudeorg

facebook:https://www.facebook.com/Omnitude.tech

telegram:https://telegram.me/Omnitudechat

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here