【ICOレビュー】Omegaone-流動性コストを抑える新たな分散型取引所系プロジェクト

0
460 views

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

 

OmegaOne-新たな分散型取引所系ICOプロジェクトが始動する

 

Omega Oneは、安価で安全な暗号資産の取引方法を提供する取引プラットフォームです。

アルゴリズムを使用してブロックチェーン上に構築された取引プラットフォーム、加重平均価格のTWAP取引アルゴリズム。このアルゴリズムは、長期にわたって取引操作を分配します。これは、著者によれば、資産の流動性のコストを削減します。流動性とは、現金損失を最小限に抑えて迅速に売却する資産の能力です。

  • 会社:ConsenSys Mesh Company
  • チーム(人数):8
  • アドバイザーとパートナー(人数):2
  • GitHub:該当なし

機関投資家や大規模投資家のための流動性の高い分散型取引所を目指す

Omega Oneは、機関投資家や大規模投資家がデジタル資産を取得するためのプラットフォームです。これは普遍的なプラットフォームであり、1か所からさまざまな暗号交換を使用して取引を行うことができます。

このプラットフォームの主な利点は、参加者をリスクから保護し、貿易コストを抑えることです。プロジェクトチームは、サイトが顧客の資産の流動性をブローカーとして維持し、大量注文を小規模(分散型)に分割し、流動性のコストを最小限に抑えるために時間をかけて複数の取引所に置くことを認めていることを確認します。取引メカニズムは、Ethereumおよび他の暗号通貨と統合されます。

流動性は、市場価格に近い価格で資産を迅速に売却する能力を示す経済的な用語である[Kadirbai Ryatov、 “Functional Management”(M。Alpina Pablisher、2014)。高度に液体、低液体および非流動資産が区別される。資産を完全な価値を考慮して交換することが、より簡単かつ迅速になればなるほど、それはより流動的です。この場合、どのような暗号通貨であれ、流動性は、追加割引なしで、公称価格で売却されるレートに対応します。

OMTトークンによる暗号化経済モデルを採用

オメガワンは、これらのサービスへのアクセスを提供するために、Ethereumトークン(「OMT」)の周りに構築された暗号経済モデルを使用し、OMTのより高い残高が優先流動性処理および割引取引へのアクセスを可能にする。

特徴:
– 地方分権化されたメンバーの資金は、ブロックチェーン上の分散型スマート契約では引き続き管理されます。

– 流動性システムは、複数の取引所間で流動性を集約し、取引実行ロジックによって流動性をさらに向上させます。

– 低コストスマートな実行と注文ルーティングにより、流動性コストを削減できます。

– セキュアで非保管のスマートな契約ウォレットシステムは、取引相手が取引相手のリスクに晒されていないことを意味します。

技術的な詳細:
オメガワンは、会員の注文と一致するプライベート交換を含む自動貿易執行サービスであり、トレーディングエンジンを介して公共の取引所に比類のない流動性を提供し、複数のブロックチェーンに直接接する。

– UI / API:Web、モバイル、APIの取引UIやAPIを問わず、メンバーは分散されたOmegaウォレットに資金を追加したり回収したり、注文を開始し監視したり、マルチポートフォリオ分析、報告、税金およびその他の会計機能。

– Omega ウォレット:ポートフォリオ管理Omegaウォレットは、ERC20トークンの全範囲を含むトークンと暗号資産を保持します。

– Omegaプライベート交換:ダークプールマッチング交換は、注文をOmega Private Exchangeの既存注文と照合しようとします。

– Omegaトレーディングエンジン:流動性収穫取引エンジンの仕事は、市場の流動性を見つけ出し、できるだけ安価に取引を行い、取引所の既存の親注文にそれらのトレード。

 

競合プロジェクト-KyberNetwork、0x、AirSwapに続けるか

暗号通貨市場は、規模が小さいゆえ今後まだまだ伸びしろがあり、成長して行きます。

しかし取引所の問題点は浮き彫りであり、

  • セキュリティの問題(ハッキングリスク)
  • 流動性の問題(取引リスク)
  • 透明性の問題(仲介リスク)

などが課題となっており、これを克服するためにブロックチェーンが期待されています。

中でも有望なのが、仲介者を排除した分散型取引所や流動性を高めるためのクロスチェーンプラットフォームです。

Omegaoneはこのような取引所の問題を改善するためのソリューションです。

Omegaoneプロジェクトに競合する存在はいくつか考えられます。以下に簡単に説明します。

0xproject- これは、信頼性の要求なしにEtheriumブロックチェーン上のERC20トークンの交換を容易にするオープンプロトコルです。 0xは、さまざまなDEXアプリケーションの開発者を構成するための構造要素と考えることができます。オペレーションはスマートなエテリアム契約を使用して実行されます。

KyberNetwork-デジタル資産の交換と変換を可能にするブロックチェーンに基づいたシステムです。 KyberNetworkの各操作は、スマートな契約の下で行われます。

AIRSWAP-ERC20トークンをEthereumのブロックチェインに交換するための分散型ピアツーピア(P2P)フリープロトコルであるSWAPプロトコルを実装しています。

 

これらの競合他社は主に暗号通貨とブロックチェーンの専門家の存在があります(例えばVitalik Buterin(Ethereum)はKyberNetworkのアドバイザーです)。

一方、オメガ・ワン・チームは、交換貿易と銀行分野の専門家で構成されています。

  • ConsenSys – テクニカルパートナー。
    アドバイザー
  • Joseph Lubin(LinkedIn) – ConsenSysの創設者であるEthereumの共同設立者。
  • Juan Llanos(LinkedIn) – リスク管理アドバイザー。
  • 外部投資:ジョン・マスク – モルガン・スタンレーの元CEO、取引の詳細は明らかにされていない。
  • 受賞 : また、2017年7月にはLang Di Fintech PitchIt(LendIt)Pitch Competitionを受賞しました。

さらに、プロダクトの観点からKybetNetworkは最近、メインネットのローンチがされておりETHなど主要通貨の取引が可能です。MetaMask Trezor Jasonなどに対応しています。ETHペア数はGTO RCM ENG SNT ADX BQX BAT ZIL OMG KNC EOS ELF POWER MANAなどです。

一方でプロジェクトチームによると、Omegaoneは競合他社よりも流動性の高いプールを提供しますが、プラットフォームの使用例がないため、これを確認することはできません。

現在の状況(2017年6月)

複数の通貨の統合のための取引アプリケーションの開発。
OMTに基づく契約の開発および開始。
マルチ通貨統合のためのオメガウォレット(それが交換される財布)の開発。

最初のリリース(2018年の約1/4)の一環:

非宗派契約のある財布。
最大5つの通貨(BTC、ETHおよびERC20ベースの一般的なトークン)の交換操作の開始。
取引アルゴリズムの最初のバージョンの実行。

リリース1.1.1x(2018年頃)の一環:

プラットフォーム上の多数の通貨との統合。
金額を追加する。
分析サービスの追加
取引アルゴリズムの更新。
プラットフォームの法的問題の精緻化。

2番目のリリース(約4Q 2019)の一環:

プラットフォームの安定性と匿名性の向上
取引アルゴリズムの更新(自己学習と地方分権 – 各ユーザのための独自の戦略の形成)。
プラットフォーム上に提示されるリソースと資産の流動性の開発。
コメント:オメガワンの開発過程では、取引アルゴリズムの開発と現場での製品の流動性の向上に専念する予定です。

 

公式にICOを開催する予定

Omega Oneは戦略的な購入者(早期開発やアドバイスや戦略的パートナーシップを持つコミュニティでのバイヤー)に対して、限られた量のトークンを割引価格で販売する予定であり、早期販売のための最小購買額は30 ETHでした。

各戦略的買い手はKYC / AMLプロセスを正常に完了し、契約書に署名する必要があります。

このプロジェクトは、完成後に公的オークションで設定された最低価格に戦略的バイヤーに25%の割引を提供する予定です。公的オークションの構造に関する詳細情報は個別に報告されます。

チームはIcoに日付を延期しており、6-8月ごろを予定しています。

正確なICOの打上げ日はテレグラムとスラックで発表される予定です。

  • トークンシンボル: OMT
  • トークンタイプ: ERC20
  • ICO 価格: 1 OMT = 4.09 USD (0.01000 ETH)
  • 調達目標: 110,500,000 USD (270,000 ETH)
  • トークン販売への割り当て: 25%
    ホワイトリスト: TBA
  • Know Your Customer (KYC): あり
  • 参加不可: カナダ、中国、韓国
  • 受け入れ通貨: ETH

トークンの役割:ConsenSysの記事に基づいて、Omega Oneの取引アルゴリズムはOMTによって有効化されます。参加者は、トークンを使用して料金を支払ったり、割引を受けたり、プラットフォーム内の優先語を交換したりします。手数料は、流動性へのアクセスの増加、取引分析の改善、地方分権の強化に再投資されます。オメガワンは、暗号市場において、貿易の安価化と全体的な流動性の向上に役立ちます。 

現時点では、プロジェクトのドキュメントでは、トークンの所有者は取引プラットフォームにアクセスできると述べています。チームはトークンの詳細を公開しません。

ConsenSysトークンの機能の分析は、対応するセクションに記載されています。

トークン所有者の利点(オメガワンによる)

  • プラットフォームへのアクセス(最低限のOMTバランスが必要です)
  • より高いOMT残高は、プレミアムレベルのサービスへのアクセスを可能にする。
  • サービスの支払い。入札は、割引でOMTが支払うことができます。
  • トランザクションの実行の優先順位。プラットフォーム参加者のOMTの数は業務の優先順位に影響し、実行の迅速化と流動性コストの削減につながります。
  • 有益な貿易:参加者の口座にあるOMTの高収支は、貿易手数料の追加割引を提供します。

結論

Omegaoneプロジェクトの長所

プロジェクトには強力なConsenSysパートナーがおり、
LinkedInに基づいて、特定のチーム全体のほとんどがプロジェクトに取り組んでいます。

また、ウェブサイトへの直接リンクの圧倒的なトラフィック(コミュニティの関心が自然である)がありトレンド的なソリューションであることから関心度合いが高いことがわかります。

プロジェクトの短所とリスク:

短所としては、文書などの情報の不十分さです。

プロジェクトにはオープンリポジトリがありません(リンク提供のリクエストに対する応答はありません)。

プロジェクトの創設者が示されておらず、プラットフォームは構築中で、ベータ版の正確なリリース日は指定されていません。

また、現在プロジェクトトークンは存在しないため、実際の有用性がわからない。

このプロジェクトは、市場の能力を深く評価しない商業戦略を開示していない(追加情報の要求に対する回答はなかったようです)

聴衆との不十分な作業(プロジェクトチームに質問したすべての質問に答えられていない、スラックにはサードパーティのスパムがたくさんあります)も注意が必要です。

さらに、メディアとコミュニティ構築活動は積極的ではありません。

まだ、ICO開催前であり、今後プロダクトやプラットフォーム開発、コミュニティ構築が行われることを希望しますが、全体的なリスクから現時点では投資対象としては情報がやや少ないかなと思います。

 

関連リンク

公式サイト

ホワイトペーパー

スラック

Facebook 

https://kyber.network

https://www.airswap.io

https://0xproject.com

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here