小売業界にIoTとブロックチェーン技術を導入することで、顧客管理を改善するプロジェクトが開始されています。

Nucleus.Visionは2018年以降に非常に期待できるブロックチェーンプロジェクトです。

Nucleus.Visionとは

Nucleons.visionは小売業界に対するブロックチェーンソリューションです。

ハーバード大学に設立されたNucleus Visionは、IoTベースの非接触識別システムであり、小売業者が顧客を識別してより効果的にサービスできるようにします。

問題点とソリューション

顧客プロファイリングの課題

Nucleus Visionの調査段階では、小売業者は顧客に関する知識が不足していると主張していました。

業界の統計は同じことを言っており、現場での顧客関与の欠如は、モールやショッピングコンプレックスから人々を遠ざけ、その結果この会計年度だけで8000店舗以上の小売店が閉鎖されています。

統一された顧客プロファイルは、とても重要であり、顧客のニーズ、好み、願望を把握することで、小売業者が適切な行動を取ってクライアントと効果的にコミュニケーションをとることができます。

しかし、これまで、この顧客プロファイルを構築するために関連するデータを収集するために必要な技術とフレームワークは、単に存在しませんでした。

このような顧客の知識の欠如は、顧客の購買意欲を下げ、店内の購買意思決定に影響を及ぼすと考えています。

Nucleus.Visionのソリューション

Nucleus が重きを置いているのが、ロイヤリティプログラムです。

業界における良いロイヤリティプログラムはオフラインブランドの最大の差別化要因であることが認識されており、これはブリック・アンド・モルタル小売業者が既存の顧客を維持するための最大のツールです。

企業にとっては、古い顧客を維持するのではなく、新しい顧客を獲得するのに6〜7倍のコストがかかります。リターンの顧客は、新しい顧客とは対照的に、新たな購入を行う機会が60%を超えています。

ロイヤリティプログラムがいかに有効であるかがわかります。

実際、米国の成人の少なくとも75%は、少なくとも1つのロイヤルティプログラムに従事しています。一部のアンケートでは、既存の顧客の83%以上がロイヤルティプログラムにより企業とのビジネスを行う可能性が高いと合意しています。顧客の76%はまた、ロイヤルティプログラムが小売業者との関係の重要な部分であると報告しています。

しかし、ロイヤルティプログラムは、最も試練された真のマーケティング戦略の1つですが、開発には非常にコストがかかります。昨年、米国企業はロイヤルティプログラムの開発に20億ドルを費やしました。

それゆえ、長年にわたって、ロイヤルティプログラムは変化する小売りの景観に適応しておらず、結果として彼らはその有効性を失いつつある。

現在の構造では、ほとんどのロイヤルティ・ポイントの保管期間は限られており、期限切れになることが多いです。

これらの問題を解決することは、小売店舗の次のステップです。

1)電子商取引の価格設定と目録作成のメリットは、どのようにしてレンガや小売店に適用されるか
2)店舗でのショッピング体験をよりパーソナライズされたものにするにはどうすればいいのか
3)どのようにしてロイヤリティポイントを次のレベルに引き上げることができるか

Nucleus Visionのチームは、この3年間でこれらの問題を解決しようとし、すべての解決策を提示することは容易なことではありませんが、対応する必要がある独自の問題のセットをもたらしました。

同社は、これらすべての問題を大規模に解決できるソリューションを創り上げたと公言しており、10の小売店でこのソリューションを実装しました。

Nucleus.Visionの特徴

画期的な独自技術が特徴的です。

Nucleus Vision IoTセンサーはRFID、WiFi、Bluetooth、または動作する顔認識技術に依存していません。

  • アプリは必要なし
  • 採用の障壁がない
  • Wi-Fi、Bluetooth、GPSは不要
  • すべての携帯電話で使用できる
  • 匿名のインテリジェンスを提供する

技術の核は、IONセンサー、Orbit Blockchain、Neuron Intelligence、nCash暗号化通貨トークンの4つの主要コンポーネントの機能です。

ION-Nucleus Vision独自のIoTセンサー

Nucleus Vision独自のセンサーネットワークであるIONネットワークは、センサーの近くで温度、圧力、動き、加速度、および音を一意に識別し、検知することができます。小売業者は、IONセンサーを使用して、顧客に新しいデータを取り込むことができます。

IONネットワークのセンサは、Nucleus Visionプラットフォームがプラグアンドプレイのままであり、世界の電気通信業界のデータおよびプライバシー要件を確実に満たすために、通信会社の標準に従って開発されています。

ORBITブロックチェーン

ブロックチェーンベースの情報交換、ストレージ&認可で、Nucleus Visionとグローバルな暗号化経済を結びつけます。

Nucleus VisionのブロックチェーンプラットフォームOrbitは、顧客アイデンティティ、顧客データ、およびnCashトークンが関係するすべての関係者とシステム間で正確かつ安全に流れる土台として機能します。

このブロックチェーンはまた、ユニバーサルロイヤルティプログラムの基盤でもあり、世界中のどこにいても、すべてのステークホルダーにとって情報や報酬の流れを完全に透過的にします。

NEURON、ディープ・ラーニング(インテリジェンス)・プラットフォーム

最先端の深い学習プラットフォームであり、ION&ORBITからのデータを収集してリアルタイムの顧客データを作成します。

Nucleus Vision Neuronインテリジェンスプラットフォームは、深い学習、ブロックチェイン、IoTの強みを活かした最先端の分析エンジンです。

Neuronプラットフォームにより、小売業者は顧客が最も受け入れやすい時間と機会を活用することができます。 Neuronは、適切なタイミングで小売業者と顧客を結びつけ、小売業者の顧客サービス体制に喜びと驚きの要素をもたらします。

nCashユーティリティトークン

独自通貨に基づくロイヤリティー&償還プログラムです。

グローバルパートナー間の交換可能なロイヤルティ報酬があり、伝統的な通貨によるロイヤルティ報酬の転換も可能です。

そしてコア技術が以下です。

BASICST2S4

BASICST2S4はNucleus Visionチームが3年間にわたって開発した、Nucleus 独自の技術です。

技術のレイヤー

ブランド統合レイヤー

このレイヤーは、小売業者がNucleus Vision IONネットワークとNeuron Platformと統合するプラグアンドプレイモジュールとして機能します。

アプリケーション報酬レイヤー

小売業者は、この層を使用してユニバーサル・ユーティリティー・プログラムをアクティブにし、nCashウォレットを介して顧客にトークンを転送する。

ソフトウェア開発キットレイヤー

このレイヤーにより、小売業者はNucleus Visionのデータ交換に接続することができます。

知能神経レイヤー

このレイヤーはNucleus Visionの脳であり、深遠な学習の原則に基づいたデータモデルを開発し、あらゆる相互作用と共に絶えず進化しています。

暗号ネットワークレイヤー

このレイヤーを使用すると、ネットワーク参加者はネットワーク参加者と顧客との間で情報交換とnCash転送を行うことができます。

SIMデータインフラストラクチャレイヤ

このレイヤーは、小売業者の販売、在庫管理、CRMシステムと統合され、個々の顧客ごとに統一されたビューを作成します。

テレコム同意レイヤー

このレイヤーは、顧客認証をテレコムシステムと結びつけ、両者間の顧客データ交換の完全な透明性を確立します。

テレコム統合レイヤー

この層により、IONは電気通信パートナーによって割り当てられたライセンス周波数で送信することができます。

センサアプリケーションレイヤー

センサーアプリケーション層は、業界大手のIntelとRadisysが提供する通信プロトコルパッケージの上に完全にカスタマイズされたラップアラウンドです。

センサ通信プロトコルレイヤー

このレイヤの機能は2つのモジュールに分割されています。 1つはアクセス側センサとユーザ機器の通信に焦点を合わせ、もう1つはセンサとバックエンドの接続に焦点を当てます。

センサカスタムボードサポートパッケージレイヤー

IONセンサーは、インテルの汎用ボード・サポート・パッケージに基づいてカスタマイズされたハードウェアです。これは非常に柔軟性が高く、あらゆるネットワークタイプに容易に統合できます。 2G、3G、4G。

センサ/チップファームウェアレイヤー

この層は、センサハードウェアとセンサソフトウェアアプリケーションとの間のインタフェースである。

Nucleons.visionのメリット

プロジェクトチーム力

Nucleus Visionの40人のメンバーチームは、サンフランシスコとインドにまたがっており、小売、IoT、ブロックチェーン、RF技術の世界で高い経験を持っています。

パートナーは、第三者サービスプロバイダとして著名企業も入ってます。

Nucleus Visionの技術チームは、すでにNucleus Vision Home、Nucleus Vision Cars、Nucleus Vision Health、Nucleus Vision Agri、Nucleus Vision City、Nucleus Vision Airのフレームワークをまとめ始めています。

Nucleus Visionプラットフォームがスマートコミュニティ/スマートシティ、農業、交通、医療、家庭監視のための大規模なアプリケーションを持っていると考えています。

機能しているライブデータ

  • 10:店舗データ数
  • 48945:一意の識別情報
  • 2295:成功した認証
  • 2402:推奨事項とオファーの送信数
  • 1726:利用可能なオファー数

Nucleus のソリューションは現在、インドの10のライブ小売店に展開されているIONセンサーで生きています。

インドのGiny&Jonyなどの国際小売ブランドはすでにNucleus Visionを使用して、携帯電話で顧客にカスタマイズされたオファーを提供しています。過去2年間で、Nucleus Visionは、国内外の規制当局とともに、当社の技術に適用される規制およびプライバシーの枠組みを実施してきました。

長期的には、オンラインとオフラインの小売業界のギャップを埋めることを意図しています。

プロダクトの存在

ION-EASE

これは、簡単な導入、簡単な実行の原則に基づいて動作します。 3年間の製品の研究開発は、製品採用の障壁を排除しています。

このプロダクトの特徴は以下です。

安全

データを安全に保つ。ブロックチェーンを介して情報の送信を送信します。

データとハードウェアのセキュリティに関する世界的に受け入れられている通信プロトコルに基づいています。データのアクセスと送信に関する厳しい通信規制に従います。

プラグアンドプレイ

インストールが簡単で、電源コンセントに差し込むだけでIONはあなたの店を生き生きさせます。

小売業者および消費者向けのビジネスのインスタント・インプリメンテーション。最初のインスタンスから顧客インテリジェンスを獲得し始める。 Nucleus Vision対応の広範なパートナーネットワークに即座に参加することができます。

リモート管理

直感的なコントロールパネルインターフェイス。 IONネットワーク管理はあなたの手元にあります。

FCAP(障害管理、構成、アカウンティング、パフォーマンス、およびセキュリティ)機能のためのEMS管理サーバー物理インフラストラクチャ管理のオーバーヘッドを取り除き、リモート管理のための包括的な制御を提供します。

ロバスト

IONセンサーは堅牢な通信グレードのハードウェア上に構築されています。

技術大手のINTELから来る最も進歩した小規模なセルのプラットホームの1つに構築されており、通信業界のHW仕様に完全に準拠しています。マイクロ秒単位で複数の一意のIDを識別することができます。

コミュニティ人気

コミュニティ人気は比較的高めです。

Twitter:14241

telegram:32940

注目度はかなり高い方で、プレセールでも結構な額を調達しました。

海外メディア

数々のメディアで取り上げられており、特にNasdaq の記事を注目すべきです。

顧客データのセキュリティ管理に関して述べられており、同プロジェクトの可能性に触れられています。

http://m.nasdaq.com/article/how-blockchain-can-improve-security-of-customer-data-cm871561

タイムラインとロードマップ

開発計画です。

  • 2013:ハーバード大学、ボストンに創設
  • 2014:ティムドレイパーによる資金提供
  • 2015年:コンセプトの証明
  • 2016年:完全に開発された製品
  • 2017年:10店舗で発売
  • 2018年:トークン販売+小売売上高
  • 2019年:小売業のグローバル展開
  • 2020年:物理的セキュリティへの拡張
  • 2021:スケール小売&物理的セキュリティ
  • 2022年:Connected Worldに展開

フェーズ1では、スマートな店舗導入として小売業界に視点を置き、

フェーズ2では、スマートIoTセンサーを住宅、商業および産業用セキュリティシステムに展開します。

そして、フェーズ3では、相互接続されたIoTデバイスのエコシステムを介して世界をつなぐことを目指しています。

nCASH トークンについて

トークンセールの概要です。

シンボル: NCASH

プラットフォーム:イーサリアム

ICO価格: 1 NCASH = 0.0100 USD

調達目標: 40,000,000 USD

プレセール販売済み: 30,000,000 USD

総供給: 10,000,000,000

ホワイトリスト: あり (終了 )

Know Your Customer (KYC): あり

最小・最大個人キャップ : 0.1 ETH / TBA

受け入れ通貨: ETH

トークンホルダーのメリット

トークンホルダーのメリットはまずは、ロイヤリティプログラムに参加できることです。

小売店舗における報酬プログラムがあります。

顧客は支払いに対して、自身のnCASHウォレットにトークンの形で報酬を受け取ります。これがロイヤリティポイントです。 

店舗は顧客情報を要求し、顧客からの情報を認証すると、キャッシュバックが機能します

また、他のサービスプロバイダに対しても情報交換として対価を与えます。

以上のようにトークン経済が循環していきます

トークンセール参加方法

トークンセールは2018年Q1からですが、具体的な日にちはまだ、アナウンスありません。

まとめ

総合的に見ても、このプロジェクトは非常に将来性が高く、トークン価格自体も安いため十分な見返りが期待できると私は思います。

関連リンク

公式サイト

白書:Coming soon

Twitter

facebook

telegram

bitcointalk

my bitcointalk profile