Nimfamoney(ニムファモニー)NIMFA世界初の分散型レンディングプラットフォームの暗号通貨

0
975 views

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

 

こんにちは。今回のICOは、BitconnectやNatcoin同様にレンディング機能のある暗号通貨のご紹介です。

レバレッジ3倍のレンディングが試せるということで、海外で特に賑わってます。

早速みていきましょう。

Nimfamoney(ニムファマネー)とは?

Nimfamoneyは、世界初の100%分散型暗号
取引所およびICO上のトークン購入のための貸出プラットフォームです。

そして、NIMFAという暗号通貨のICOが今回9月末までセール中です。

NIMFA公式サイト

NIMFAの特徴

100%機密が守られる

個人データ収集をすることなく、NIMFAトークン貸与手続きをすることができます

少ない手数料と100%自動化

0%の金利で100%の自動暗号通貨融資(収益のわずか10%の手数料)を受けることができます。

自動レンディングなので初心者でもやりやすくなってます。

ICOに参加すると、3倍分のトークンレンディングが可能

ICOで購入した各NIMFAトークンは、3倍のトークンを借りることができます。

分散され、自動的に補充される

ローンの暗号通貨ファンドは、自動的にウォレットに補充されます。面倒な操作も必要ありません。

260%まで可能な追加収益

借用したNIMFAトークンによる各暗号通貨への投資からの追加収入が見込めます。

ICO中のNIMFAトークンに2.5%ボーナスが付与

ICOに参加するために招待された人がICOで行ったすべてのNIMFAトークン購入額から、2.5%のボーナスが付与されます。

レンディングの流れ

まず、前提条件として

  • 3倍レンディングを使うにはICOで事前にNIMFAトークンを購入する必要がある
  • レンディング手数料として3.3%、利益の10%をNIMFAに譲渡する必要がある

こちらを踏まえた上で例を挙げて説明します。

たとえば、1000$ぶんのNIMFAを購入した場合、最大3000$ぶんのレンディングができます。

その際、ローンの手数料として3000$×3.3%=99$が引かれますので、実際にレンディングできるのは2901$ぶんのNIMFAです。

仮に全レンディングぶんのNIMFAでトレードした暗号通貨の価値が10日間で100%増えたとします

すると、利益として2901$×2=5802$が手元に残ります。

そのうち、10%をNIMFAに支払いますので結果的に5802$×0.9=5221.8$の総利益となり、

5221.8$(総利益)-1000$(最初の所持分)=4221.8$の利益が確定したことになります。

ホワイトペーパーの収益表も参考になります。

そして、この利益を財布に移転したり、引き続き取引所にて投資することができます。

もちろん、レンディングでトレードした暗号通貨の価値に大きく左右されますが、それ次第では300%レンディングは非常に魅力のある内容です。

ICOで参加するメリットが大きいと思います。

NIMFAのロードマップ

  • 2016年7月:ブロックチェーン技術を組み込み、暗号化された貸し出しのための分散プラットフォームのアイデア創造
  • 2016年12月〜12月:分析と専門家との協議
  • 2017年1月から3月まで:価値提案のフィードバックと定式化のための潜在的な借り手との相互作用
  •  2017年5月4日:最初の潜在的な借り手を引き受ける
  • 2017年6月と7月:借り手のニーズをよりよく理解し、分散型暗号化融資プラットフォームを合理化するために、借り手との会合
  • 2017年8月:ICOキャンペーンを実施し、収益性の高いトークンを購入し、ICOや取引所から最大限の利益を得るための投資家を支援する最初の暗号化貸出プラットフォームの立ち上げについてNIMFAトークンを発行
  • 2017年9月から12月まで:取引所にて最初の10,000のNIMFA暗号化ローンを発行
  • 2018年1月&2月:借り手からフィードバックを受け取り、それを使用して暗号化貸借プラットフォームを改善
  • 2018年の春と夏:NIMFA保有者および借り手に対するNIMFAの為替レート変動の不確実性およびリスク管理の軽減に取り組むための戦略の開発および実施
  • 2018年秋:2017-2018年に10,000,000のNIMFA暗号化ローンを発行
  • 2019年〜2020年:NIMFAトークンをグローバルなブロックチェーンコミュニティにおける暗号化の貸し出しのための中核的手段として確立

NIMFAのICO概要

  • ティッカーシンボル:NIMFA
  • ICOセール期間:8/29〜9/30
  • 総発行数:20,000,000NIMFA
  • 特典:20%ボーナス付与&3倍レンディング
  • レート:1ETH=110 NIMFA

NIMFAトークンの分配割合

ICOを開始すると、すべてのNIMFAトークンの100%が次のように配布されます。

  • 10%:プロジェクト開発チーム
  • 20%:ICOで販売
  • 5%:紹介&賞金プログラム
  • 5%:借り手のためのすべての手数料(ガス)を支払う準備資金(暗号化で保存)
  • 60%:NIMFAクレジットファンド(分散型暗号化ローンファンド)

 

調達資金の分配割合

  • ソフトウェア開発:55%
  • マーケティング:15%
  • 運用コスト:15%
  • 分配利益:5%
  • 法務:5%
  • 予備:5%

NIMFAのメリット

ICO期間中、すべてのNIMFAトークンの60%が100%分散暗号化ローン・ファンドに転送されます。 ICOが終了した後、これらの資金は、Nimfamoneyチームの出金から保護された100%分散型暗号化融資ローンに保管されます。

つまり、ICO NIMFAトークンで発行された20,000,000の価値が$ 100,000 000(1 NIMFA=5ドル)であると仮定すると、10000 NIMFAトークンローンを取得した後、30000 NIMFAと同じ30000 NIMFA(0%の金利
)最初に支払われたローン元本(30000 NIMFA)+ 3.3%のローン($ 495)の100%が自動的に100%分散型暗号化融資基金に移転されます。

ファンドの全利用可能額は返済ごとに増加し、各NIMFAトークン値はそれに比例して増加する

ため、循環中の20,000,000個のNIMFAトークンの現在の価値が100,000,000ドルであることを考えると、1年間で同じ量のNIMFAトークン20,000,000個が流通し、一定の支払いによって増加するファンドへの投資額は、ローン数に応じて1000000000(10倍)、さらには10 000 000 000(100倍)に達することができます。

このため、暗号化ローン・ファンドの価値は指数関数的に上昇し、10000のNIMFAトークンは、2017年9月に15,000ドル相当の30000のNIMFAトークンを1年間で借りることができ、同じ30000トークンですが150000ドル相当の価値に上昇します。

これがNIMFAの3倍レンディングのスキームであり、100%分散されているということです。

透明性と誠実さを提供する貸し付け可能なNIMFAの特徴です。

ICO参加方法

〜参加手順 〜

  • 公式サイトに登録
  • ログイン
  • 指定アドレスへイーサリアム、またはビットコインを送金
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)にてNIMFAトークンの受け取り

以下の公式サイトから参加できます。

NIMFA公式サイト

ページに飛んだら、中央のJOIN ICOをクリックします

規約が出ますので全てチェックして、Sign&Agreeをクリックします

以下の情報を入力してSign upをクリック

これで完了です。次にログインします。 

GET NIMFA TOKENS NOWをクリック

トークン購入に際して、注意書きが出ますのでよく読んでください。内容は以下です。

Mist、Metamask、ImToken ParityまたはMyEtherWalletを使用して、以下のスマート契約アドレスにETHを送信します。以下の住所にETHを送付することにより、あなたはトークンセール規約に同意するものとします。

あなたのトークン、取引、財布、パスワードはあなたの責任です。あなたの鍵とパスワードを保護してください。回復できません。あなたがそれらを失うと、他の人が自分のトークンにアクセスする可能性があります
交換から直接Eメールを送信しないでください(クラケン、ポロニエス、コインベースなど)

取引データは、取引で送付されなければなりません。そうでなければ、却下されます。

ブロック番号の前にETHを送信しないでください。4215944

トークンを購入するには、NIMFAの指定アドレスは送金する必要があります。(画像では上から二番目のaddress)

MyEtherWalletにアクセスして、上の情報をで、送金します。

無事トランザクションが生成されたら、NINFAトークンを受け取ります。

MyEtherWalletに再びアクセスして、カスタムトークンを生成します。

これで全ての手順が完了です。もし、わからない点があればコメント欄にでも質問してください。

最後に

今回はレンディング系のICOでしたが、過去の例を見ても価値上昇の期待値が高めです。

わたしもNIMFAのICOは参加しますので、レンディング経過やバウンティの方もまた更新したいと思います。

関連リンク

公式サイト

ホワイトペーパー

Bitcointalkプロフィール

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here