Miraプロジェクトとは

ミラは、暗号化された通貨を保管し交換するためのプラットフォームです。

簡単で便利な方法で暗号化通貨を購入、保管、送信するためのソフトウェアサービスです。

このプラットフォームには、いわゆるMiraボックス、暗号化アルゴリズムAES-256とECC-Secp256k1を持つサービス、およびスマートな契約が含まれています。

このサービスの重要な要素は、1つまたは複数のタイプのトークンをオフチェーンで格納できるMiraBox(暗号化されたコンテナファイル)で、エクスチェンジやウォレットなどのサードパーティのストレージよりも優れた保護を提供します。

MiraBoxで暗号化通貨を購入して送信することは、通常のファイルをダウンロードして送信するのと同じくらい簡単で、あらゆる専門知識を持つユーザーが利用できるようになります。

プラットフォーム開発目標としては、

暗号化通信を購入し、販売し、保管するための便利で安全な高速サービス

を目指しています。

問題点とソリューション

暗号化を使用し始めるには、現在いくつかの技術的な問題に対処する必要があります。

機能面の問題点

ウォレットを作成する方法。
通貨を買う方法。

保管方法:オンラインウォレット、オフラインまたはエクスチェンジ。

盗難から資金を守る方法

資金を送る方法。

経験豊富なコンピュータユーザーであっても、暗号の初心者であれば数時間から数日かかることがあります。

暗号通貨の保存と交換のための迅速で便利で安全なサービスの考え方は、現時点では本当に魅力的だと考えています。この傾向は、そのようなプラットフォームに対する需要の高まりによって確認されています。

しかし、すでにこれらのサービスを提供している他の多くの企業があります。

Miraは、オフライン財布のセキュリティ、オンライン財布の利便性とシンプルさ、そして取引所が提供するものに匹敵する幅広いサービスを組み合わせた財布を開発しています。 

Miraの技術とプラットフォームの構成要素

ミラのエコシステムは、2つの主要なタイプのユーザで構成されます

  1. 暗号化の記憶域のセキュリティを確保する
  2. トランザクションの高速化

Miraプラットフォームのコンポーネントは次のとおりです。

1.Mira Box

 
オープンMiraboxデータには、資金が保管されるウォレットアドレスを持つメタデータが含まれます。 Miraboxを開くための秘密鍵は、暗号化されたコンテンツにあります。

隠しコンテンツを復号化するには、パスワード(MiraBoxの作成時または購入時にユーザのブラウザで生成)とキー(MiraNetノードに格納され、ユーザが必要とするときにプログラムに送信される隠しコンテンツ容器を開封する)が必要になります。

Miraboxは以下のスキームに従って動作します:

  • MiraBoxをアンパックするアプリケーションに送信する。
  • パスワードを入力する。
  • MiraBoxを開くためのリクエストを送信する。
  • パスワードが正しいことを確認。
  • Miraboxを開く権限を送信する(技術的な観点からは、ノードから契約に暗号化の第2部分を送信することが含まれ、暗号化の検証後にMiraBoxが開かれます)。

MiraBoxには3つのタイプがあります:

  1. Nominalbox :単一種類の暗号化を持つコンテナ
  2. MultiBox:サポートされている異なる暗号化された通貨の任意の数を持つコンテナ
  3. SmartBox:スマートコントラクトをサポートするMultiBox

暗号化を使用してMiraBoxを開くには、multisig検証に合格する必要があります。

つまり、トランザクションを完了するために複数のECDSA署名が必要です。同時に開封後、Miraboxは開封済みとマークされ、Mira内で再び使用することはできません。

さらに、MiraBoxをMiraWallet経由で作成すると、その内容が対称アルゴリズムAES-256で暗号化されます。ユーザーがMultiBoxを作成すると、OraclizeおよびChainLinkサービスと同じ原理で構築されたオフチェーンのイベントを分散したシステムである非対称ECC(楕円曲線暗号)を使用して、同時に暗号化が行われます。

つまり、イベントは、評価システムを持つ多くの独立したサーバーによって検証されます。

2. MiraLab.io

MiraBoxとの対話のためのオンラインサービス。

Miralabは、NominalBox、MultiBox、SmartBoxを販売し、MiraBoxのコンテンツを解凍して送信し、パスワードを置き換え、最も一般的な種類の暗号化をサポートし、Google Authenticator、SMS、Telegramなどを使用して認証を許可します。

Miralab.ioはMiraBoxからのパスワードを保存しないので、何らかの方法で集中的に開くことはできません。

3. PCとスマートフォン用Miraウォレット

MiraabalioプログラムはMiralab.ioと同じ機能を持ち、ファイルの開梱、Miralab.ioと一緒にMultiBoxやSmartBoxの作成と販売、Miraboxの分離とマージ、クラウドストレージの接続などの機能を備えています。

PC用のMiraWallet(MacOS、Windows、Linux)の主なタスクは、Miralab.ioまたはMiraWallet Mobileが利用できない場合、MiraBoxコンテンツのセキュリティを保証することです。

モバイルアプリケーションでの認証は、指紋またはパスワードを使用して実行されます。

4. Miraネット

Miraブロックチェーンは、Ethereumベースで実装されています。つまり、スマートコントラクトの作成/実行、それらとのやりとりなど、すべての機能が含まれています。 

MiraNet Blockchainはネットワークノードに基づいています。

Miraの第2版の発売の最初の6-12ヶ月前に、ノードの役割はMiraサーバーによって実行されます。その後、第三者ノードが導入され始めます。

サービスにロードされたMiraBoxに3,000個のMIRAトークンをパックしたMIRAトークンの所有者は、いずれもノードになります。

システム運用体制:

  • ユーザーは付録に(Smart)MiraBoxを作成しする
  • ノードは新しく作成されたボックスに関する通知を受信し、ノードの一意のアドレスはスマートコントラクトに格納される
  • ボックス+ノードの作成者は、適切な通貨(通貨)からの複数署名キーペアのペアを生成して格納する
  • 複数署名ウォレットのアドレスが契約に返される
  • Miraアプリケーションは、適切な通貨の鍵ペアを生成し、秘密鍵をパスワードで暗号化し、公開鍵とハッシュを秘密鍵からスマート契約にダウンロードする
  • 設定されたイベント(SmartBoxの場合)が発生した場合、oraclesはそれをブロックチェーンに記録する
  • ボックスの作成者は、それをパスワードとともに受信者に送信する
  • 受信者は、Miraアプリケーションを使用してボックスファイルを開き、受信したパスワードを入力し、正しい場合はシステムがスマート契約を呼び出す秘密鍵を取得すること。(コールは資金の引き出し要求)
  • ノードは、成功したブロックチェーンに関する情報をブロックチェーンから受け取る
  • 秘密鍵を使用するノードは、マルチ・シグネチャ・ウォレットへの脱退操作の要求を実行しますが、ボックスを開いたユーザーからMiraアプリケーションから同じ要求が送信される

Miraの利点とリスク

市場分析

Miraプロジェクトは、P2Pの相互作用に焦点を当てて、暗号化市場で動作しています。

市場分析に関しては、興味深いデータが出ています。(ICOratingレポートより)

ジュニパーおよびビジネスワイヤの調査によると、2017年の暗号通貨市場は5億4100万ドルと推定され、2023年には2億9,200万ドルに達し、2017年から2023年には32.31%のCAGRとなると見込まれています。

P2P取引市場も同様に、成長が見込まれています。 P2P取引量は22.4%の年間成長率(CAGR 2017-2021)を示し、2021年には合計168.875百万ドルになると予測されています。

「P2P送金」セグメントでは、2021年までにユーザー数は184.6万人になると予想されています。

さらに、BCGの “Digital Payments 2020″レポートの専門家は、2020年までにP2P支払いの伸びが倍増すると予測しています。 

これらの提供されたデータによれば、暗号化市場とピアツーピア決済市場はかなり急速に成長していく見込みであり、

提示された操作を実行することを可能にする新しいアプリケーションも急速に出現しています。それゆえ、プラットフォームプロトタイプの立ち上げのスピードアップも重要です。

しかしながら、Miraには現段階では有効なプロトタイプが存在しないことには言及する必要があります。

早い段階でプロトタイプをGithubに公開する必要性が求められています。

競合分析

Let’sTalkPaymentsによると、ピアツーピア決済市場はすでにかなり混雑しています。

この分野の巨人は巨大な市場シェアを獲得しており、新興企業は強い影響力を持っていません。

市場はPayPal、Venmo、Google Wallet、Dwolla、Square Cash、Fiserv、Popxoney、Clearxchange、FISのPeople Pay、Facebook、Appleの間で9つの部分に分かれています。

提供されたデータによると、チームの計画通りにP2P市場で20%のニッチを占めるのは問題です。

プロジェクトチームがプラットフォームの機能性を高めるのではなく、開発の具体的なニッチを見つけるべきだと考えられており、このようにして、プロジェクトは調達資金をより効果的に費用を費やすことができます。

プロジェクトチームは、2020年末までにP2P市場シェアの20%を占めることができると確信しています。

しかしながら、現時点では白書を読む限りはMiraは明確かつバランスのとれた市場参入戦略を持っていないと考えられ、会社は、ターゲットオーディエンスが誰で、誰がどの市場に参入するのかを正確に判断する必要があります。

白書では、MiraチームはLocalbitcoins、Paxfulなど、次の競合会社を紹介しています。

また、Abra、Circle、Wirex、BitFury、Ellipticなどの競合他社を追加することもできます。 

Miraの機能に似た多くのサービスがあります。上記のプラットフォームの助けを借りて、ユーザーは暗号の保管、販売、購入、転送を行うことができます。

さらに、競合他社は(2013年以降)市場に十分な長さでいます。これらのサイトのトラフィックの一部は、100万人を超えています。

P2P市場の分析によれば、年率60.8%の増加となり、市場でのニッチ市場の可能性について話すことができます。競合他社との違いについては、主な特徴は「コンテナ」の支払い方法と手数料の低下です。 

Miraには多くの競合他社がありますが、市場は合理的に速く成長しており、市場シェアのために戦うことは可能です。重要なポイントは、企業がユーザーを関与させるためにどれだけ積極的に活動するかということです。 

ロードマップ

Miraの開発は2018年上半期から進んでいく計画です。

2018/8:アルファ版ウォレット

2018/10:Miraウォレットとラボのローンチ

2018/12:モバイルアプリケーションテスト 

2019/2:完全な機能の実装

2019/8:バージョン2リリース

2020/2:バージョン3リリース

Miraトークンについて

MIRAトークンは、プラットフォームのサービスをカバーするために使用されます。したがって、製品が発売されると、より多くの需要が生まれます。

シンボル MIRA
PreICO 価格 1 MIRA = 0.6 USD
Price 1 MIRA = 0.7-1.0 USD

プラットフォーム Ethereum
受け入れ BTC, ETH, LTC, DASH
ソフトキャップ 5,000,000 USD,

ハードキャップ 20,000,000 USD,

国 シンガポール

トークンホルダーのメリット

Miraには、市場操作(ポンプ&ダンプ)のリスクを最小限に抑えるための2つの準備金(トークンとドル積立金)があります。

3000個のMIRAトークン($ 1800)の各所有者は、MiraNetブロックチェーンのノードになり、報酬(証拠を得る)を得ることができます。

さらに、同社はトークンレートをサポートするために収益として受け取るMIRAトークンの最大45%を清算する予定です。

したがって、長期的には、MIRAトークンの価値は増加します。

トークンセール参加方法

プレセールに参加できます。トークンセールは四月から開始されます。

ボーナス構造です。

こちらを入力して参加します。

総括-Miraの投資判断

投資判断としては、長期的な意味ではプレセールで参加するメリットは比較的大きいとは思います。

しかし、プロダクトが存在しませんので、取引所上場してから購入を検討しても良いかなという印象を受けました。

マスターノードを建てられる点は、多少の投資対象にはなるかと思います。

プレセールのレートだと、1800ドルで1つ建つ計算です。

関連リンク

公式サイト:https://miralab.io/index.html?utm_source=icobench

白書:https://miralab.io/Mira_WhitePaper_EN.pdf

Twitter:https://twitter.com/OfficialMiraLab

facebook:https://www.facebook.com/OfficialMiraLab/

telegram:https://t.me/mirachat_rus