知的財産の発見と採掘のためのプラットフォームであるLociが2018年のICOトップ3にノミネートされる

0
1,133 views

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

 

こんにちは、今回ご紹介するのはLOCIというICOです。

分野は知的財産プラットフォームです。

Lociとは?

 

Lociは知的財産の発見と採掘のためのプラットフォームです。イーサリアムブロックチェーン上でIPの所有権を持ち、IP資産交換にそれを販売することができます。

会社は、検索エンジン会社であり世界中の発明やアイデアをブロックチェーン技術で応用して牽引することに着目しています。また同社は、独自に付与された実用新案権を含むIPポートフォリオを所有しており、ブロックチェーン技術、機械学習、予測分析を組み合わせて、クラウドソースのR&Dプラットフォームを構築します。

さらに、予測分析を使用して、ユーザーが発見した新しいアイデアと既存のテクノロジーを組み合わせることで、可能性のあるすべての演繹的発明を認識することができ、ネットワーク効果も期待できます。

 

 

問題点とソリューション

発明プロセスの複雑さと高い費用

現在、発明されているプロセスは複雑で高価であり、進歩を鈍らせています。要するに、プロセスが崩壊して、多くの発明者が自身のアイデアを市場において進展させることが困難な状況ができています。

Lociのソリューション

Lociは、すべての発明方法を変え、全体としてアイデアの価値を変えるという1つの目標で設立されています。

特許検索プロセスを簡素化し、独自の視覚化を利用してアイデアの風景をさらに理解することに特化しています。

Lociが提供するツールであるInnVennはプロセスの簡素化と効率化により発明プロセスを改革し、新しい発明、革新の可能性を高め、次の大きなアイデアを鼓舞するように設計されています。

Lociは、特許代理店、ビジネスおよび市場ストラテジスト、投資家、発明家、特許事務所またはデータベースなど、知的財産の状況に関する知識が重要な業界で働く人を支援します。

Lociプラットフォーム

プラットフォームでは統合されたIP資産交換のブロックチェーンでIPを発見し、所有権を持ち、販売することができます。以下のような機能があります。

  • サーチあなたが探しているものの真のコンテキストを視覚的に表示する強力な検索ツールを使用して、特許の世界を検索できます。

  • 発見:アイデアがどこにあるのか、現在のIP環境に一意に合う方法を発見して理解する

  • 所有:イーサリアムベースのブロックチェーンに対するあなたのアイデアの所有権の不変な証拠を主張できる

  • 交換:高価で危険な特許プロセスをスキップして、アイデアを収益化するはるかに早い選択肢を獲得する

 

 
 

 

Lociのメリット

The Top 10 Initial Coin Offerings (ICOs) to Watch in 2018にリストアップされる

Lociは2018年の注目のICOトップ10のうち、第3位にノミネートしています。

2018年に見るもの

創業者とベンチャーキャピタリストは  、スタートアップと、2018年に最大の影響を及ぼすと思われる初期のコイン・オファリング(ICO)を特定しました。スタートアップの資金調達に挑戦するにつれて、2017年の始まりは、Lociコインで家賃を払ってDIYの特許調査ツールを作成するようなものです。

私は、創業者やベンチャーキャピタリストに、2017年に最も大きな打ち上げを受けたスタートアップとICOのいくつかを特定し、2018年に成功するチャンスがあると考えています。 ICOが2018年に向かう可能性が高い。 

引用元:https://www.inc.com/bill-carmody/top-10-initial-coin-offerings-icos-to-watch-heading-into-2018.html

DIYの特許調査ツールであるInnVennで知られるベンチャー支援のテクノロジースタートアップであるLociは、その固有の実用的なトークンであるLOCIcoinを通じて知的財産を売買する能力を含むプラットフォームを拡張しました。InnVennはまた、Lociの特許プロセスを簡素化および更新するために、イーサリアムブロックチェーンにIPの新しいクレームの作成および開示を掲載する機能を備えています。

「特許で保護されたアイデアを得るには、複雑で高価でリスクの高いプロセスが必要ですが、ブロックチェーンテクノロジはこれを解決することができます。」

とLoci CEOのJohn Wiseは述べています。

 

市場分析とIPがもたらす可能

Lociは複数の規制変更を準備しており、独自の特許で定義され、対処されている多数のシナリオを予期しています。 Lociは、USPTOと政府の周りの政府関係者と多くの緊密な関係を築き、立法の方向性を学び、立法の方向性を支援しています。

国内のビジネスおよび政府の動向に加えて、グローバルなイノベーションはLociの成長を支えています。特に、暗号解読、ブロックチェーン、機械学習、人工知能などの新しい技術動向は、社会をよりつながり、データの関連性を高め、銀行業務の必要性を減らしています。これらの発展は、グローバルな商取引システムが急速に大規模な混乱の最中になっていることを示唆しています。

このようにLociの技術は様々な業界にメリットをもたらすものであるため、需要も市場とともに伸びていくことが予期されています。

発明家と起業家のため

多額の特許検索費用がかかる発明者は、InnVennを使用して、先の発明への適用可能な用途および関連性を発見し、それらの発明の新しい用途を見出すことができます。また、InnVennが知的財産を収益化するために提供するずっと迅速で安全な代替案の恩恵を受けることもできます。

知的財産弁護士のため

Lociの迅速で包括的な検索技術を使用することで、従来の複雑な先行技術や検索に必要な時間とコストを節約できます。

特に、知的財産法律事務所とそのネットワークは、InnVennの早期採用者の大部分を占めており、知的財産会社もLociと提携し、InnVennを顧客に提供するのに役立つ重要なターゲットグループとなっています。

彼らの顧客は、Lociを使用して、先行技術と検索を完了し、特許可能なアイデアを発見することができるようになり、法律事務所はより高い利益率の訴訟と訴追業務を追求することができます。

企業調査員およびアナリストのため

世界中の企業は、技術の不備、社内の非効率性、訴訟、市場投入の遅れなどにより、多くのリソースを無駄にしています。 R&Dに割り当てられた資金の70%は、無駄や非効率性を伴って日々浪費されています。

企業はInnVennを使って効果的なR&Dで無駄に費やされる数十億ドルを節約し、革新のための熟練した分野、市場で認識された特許の間のスペースの「空白」に焦点を当ててマッピングします。

非効率的に研究を複製し、潜在的に高い訴訟費用を負担するのではなく、彼らは拡大を望んでいる特定の分野で研究を行い、製品を開発した発明者にライセンスを提供することで、IPポートフォリオを拡大して保護する権限を持つことができます。

投資家のため

投資家は、より早期に、かつリスクの少ない製品への投資を長い間望んでおり、リアルタイムの競争環境、市場の混乱を招く技術発見、および評価に関するLociの独自の分析は、投資家が実質的により多くの情報に基づいた資金を使用するのを助けることができます。

投資家は、市場の成功率を大幅に向上させながら、割り当てられた空白にリソースを効率的に割り当てることができます。

ロードマップ

今後の予定としては、

  • 2017年12月:トークンセール
  • 2018年Q1:IP組織と発明家コミュニティとの戦略的提携
  • Q2:3Dと視覚化技術を備えたInnVennバージョン2.0のリリース
  • Q3:国際的な展開
  • Q4:IPのためのトークンベースのマーケットプレイスを備えたInnVennバージョン3.0のリリース

Lociトークンについて

LOCIcoinはLociのネイティブの実用的なトークンです。これらのトークンを使用して、Lociの製品およびサービスに完全にアクセスできます。LOCIcoinは、InnVennプラットフォームにとって不可欠な資産です。

トークンセール概要は以下です。

  • ICO期間: 2017年12月6日〜2017年12月31日
  • トークンシンボル:LOCI
  • LOCIトークン価格:1 LOCI = 2.50 USD
  • ハードキャップ:19 000 000 USD = 50 000 000LOCI
  • 預託: エスクローはありません。
  • 同意通貨: ETH
  • 配当: 配当はありません。
 

トークンセールは12月6日から31日までです。トークンセールは4ラウンドでスケジュールされます(各ラウンドは0:00 UTCから開始されます)。1回戦は12月6-8日、2回戦は12月8-15日、3回戦は12月15-12日、最終ラウンドは12月22-31日です。

トークンセールステージ:

  1.  最初のラウンド: 06.12.2017 – 08.12.2017.  キャップ:19  000 000USD、正味価格: 0.33 USD
  2. 第二ラウンド: 08.12.2017- 15.12.2017 、キャップ: (19 000 000 USD – 最初のラウンドの貢献額) / 3、 正味価格: 0.44 USD
  3. 第三ラウンド: 15.12.2017- 22.12.2017 キャップ: (19 000 000 USD – 最初のラウンドの貢献額) / 3 、正味価格: 0.57 USD
  4. 最終ラウンド: 15.12.2017- 22.12.2017 キャップ: (19 000 000 USD – 最初のラウンドの貢献額) / 3 、正味価格: 0.75 USD

トークン・資金配分

トークンの配布:

  • 50%:サポーターのためにプレセールとトークンセールで配布
  • 34%:IPおよびリワードプラットフォームユーザーを購入するため
  • 11%:チーム、アドバイザー、パートナー
  • 5%:非営利基金

資金の使用率:

  • 40%製品開発
  • 35%マーケティング&オペレーション
  • 10%法務
  • 10%知的財産サービス
  • 5%セキュリティ&監査

以上のような配分になります。

トークンホルダーのメリット

Lociコインを保有するメリットと有用性は以下が挙げられます。

  • イーサリアムブロックチェーン上の発明の所有
  • 既存の特許を含めてInnVennのIPを購入する入札を行う
  • IPを売買するための中間交換所

詳しくは白書をご覧ください。

トークンセール参加方法

ホワイトリスト登録した方のみが最初のラウンドに参加できます。

最初のラウンドは12月6〜8日UTC時間まで開催されます。

こちらから参加できます。

トークンセール参加

現時点(12/10)で、4455ETH調達済みです。

第1ラウンドは終了し、第二ラウンドに突入してます。

改めてラウンドを確認して、参加してください。

以下の情報を入力してください。

規約に同意します。

View contribution addressをクリックします

  • ガスリミッド:250,000以上
  • ガスプライス:50以上
  • 取引所から送金しない

で設定して、送金することに注意してください。

I understand をクリックすると、寄付アドレスが表示されますので、そちらに送金します

 

 

よくある質問

一人当たりの最小/最大貢献額は?

→第1ラウンドの最低拠出額は1 ETHです。後のラウンドでは、最低寄与は0.1 ETHになります。いずれのラウンドでも最大値はありません。

売れ残ったトークンはどうなりますか?

→売れ残っているすべてのトークンは、合計4年間固定されます。未販売のトークンの25%は、生態系を成長させる目的で毎年利用可能になります。

財団はどのくらいのトークンをどんな目的で保有しますか?

→財団には合計トークン供給の34%が割り当てられています。財団が保有するトークンは、主に、InnVennプラットフォーム上の発明者からのIPの購入またはライセンス供与のためのものです。財団はIPをLOCIcoinでのみ購入できる購入パートナーに販売するようにパッケージ化しています。財団は、ネットワークをこのモデルに流し続けるためにLOCIcoinトークンを供給しなければならず、トークンの価値を根底にあるIPによって推進させる必要があります。定期的に財団はプラットフォームユーザーに報酬を与えるために余分なトークンを飛ばします。

まとめ

LociはICO評価サイトでも比較的評価が高く、既に開発されているInnVennという特許調査ツールに基づいてICOで調達した資金をブロックチェーンによる統合に応用するつもりです。

プロダクトが存在しますので、比較的有望なプロジェクトであると思います。

関連リンク

公式サイト:https://locipro.com/

白書:https://locipro.com/whitepaper/

twitter:http://www.twitter.com/loci_io

telegram:http://t.me/Loci_InnVenn

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here