【ICOレビュー】LibraCreditー0x(DDEX)やMakerDAO(DAI)などの豊富なパートナーシップネットワークを持つ分散型の貸出エコシステム

0
1,000 views

この記事を読むのに必要な時間は約 31 分です。

 

LibraCreditプロジェクトの背景と概要

イーサリアムのブロックチェーンに基づいていつでもどこでもクレジットにオープンなアクセスを容易にする分散型貸出エコシステムです。

以前のPayPalの技術および金融の専門家によって設立されたLibra Creditは、ブロックチェーン技術を専門とする貸付業界のリーダーとして分散Lending Smart契約のスイートを使用して、借り手に、安定した暗号通貨または法定通貨の2種類の貸出金種を選択させることができます。

クレジットカードへのアクセスは、手間のかからず、リアルタイムで簡単です。しかし、伝統的な資金調達は、煩雑なプロセスや古いシステムを伴うチャネル、製品、地理的なものであり、サイクルタイムが長くなり、資本コストが増加します。従来の貸し手(銀行やカントリー中心のP2Pプラットフォームなど)への依存度が高いため、将来の顧客のニーズに対応することができません

デジタル資産の採用が増加しているにもかかわらず、クレジットへのアクセスは多くの借り手にとって依然として課題です。伝統的な貸出機関は、ビットクリンとイーサリアムのような新しい暗号化通貨と暗号化資産を考慮していない時代遅れの信用格付け手法に大きく依存しています。

さらに、ブロックチェーンのような画期的な技術であっても、伝統的な資金調達は、チャネル、プロダクト、地理的に固有のプロセスであり、サイクルタイムが長くなり、資本コストが増加します。これらの問題は、資産の効率的な流れを制限するだけでなく、銀行の手の届かない市場です。

伝統的な信用サービスの問題点:

  • 個人信用情報が限られている、または認識されていないため、信用サービスに対する障壁が高い
  • 複雑なKYC手続き、長い処理時間、低いアプリケーションの透明性、および世界の10%以上の高い借り入れコスト(世界銀行)による不満足な融資経験
  • クロスボーダー、クロス・カレンシー、クロス・タイム・ゾーン・レンディングの難しい
  • デジタルに精通した世代の伝統的な記録がないために融資が困難になった
  • 未取得のデジタルに精通した市場セグメントの機会費用
 

さらに、暗号資産の保有者は、資産の流動性と有用性が限られているため、今日の課題に直面しています。

暗号市場の苦境:

  • 流動性の欠如と金融金融サービスの統合への統合
  • デジタル資産と従来の資産(金、株式、債券、不動産など)間の変換が難しい
  • 一般的な支払方法/資産クラスとしての認識と適用の欠如
  • 資産の裏付けがほとんどまたはまったくない、高いボラティリティと投機

世界的な貸出は、デジタルエコシステムと技術の混乱により、今後5年間で14%の伸びが期待されています。これらの重要な風潮を踏まえて、貸し出しの将来を形作るためには、「グローバルにオープン」なデジタルプラットフォームが必要です。どこでも誰にでも評価可能です。

Libraクレジットは、2018年7月に、業界をリードする与信管理機能と、世界クラスの融資エコシステムを形成する4つの特有のパートナーシップネットワークによって支えられている暗号から暗号への暗号化と暗号化から金銭貸し出しを開始します。

プラットフォームの特徴

プラットフォームの具体的な特徴です。

  • 自社のAIベースのクレジットモデル。(AI)
  • 採用を推進するための顧客獲得と電子ウォレットのパートナーシップ。(Wallet)
  • 流動性を推進するための貸し手とステーブルコインパートナーシップ。(StableCoin)
  • デフォルトを最小限にするための幅広いExchangeパートナーシップネットワーク。(Exchange)
  • KYCと検証プロセスを迅速化するためのアイデンティティ検証パートナーシップネットワーク。(KYC&ID)

このようにLibraクレジットは、財政的な取り組みを提供し、金融サービスのコストを削減するという使命を持つグローバルな取り組みを行なっています。

各項簡単に説明します。

Partnership-豊富なパートナーシップネットワーク

 

プラットフォームは、以下に概説するように、4種類のパートナーシップネットワークのエコシステムを組み合わせています。

1)顧客獲得とE-WALLETパートナーシップネットワーク

顧客獲得パートナーシップネットワークは、Libra Creditの導入と拡張性を支援します。貸出アプリケーションと電子財布は、顧客を獲得するために、天秤座クレジットに多数の取得チャネルを提供します。同社の融資申請パートナーは、Libraクレジットを通じてエンドユーザーの流動性を促進することができます。

ユースケースとしては、

  • 旅行アプリケーションにおいて暗号通貨保有者は旅行支払いのための法定通貨の貸出を得ることができる
  • 電子商取引アプリケーション(すなわち、購入前払い貸出)ができる

一方、Libraクレジットは、ローンの支払いニーズにより、電子財布ネットワークの貿易量を増やすことができます。

 

2)身分証明書パートナーシップネットワーク

 

身元確認パートナーシップネットワークを通じて、迅速かつ安全に新しい借り手のKYC身元確認プロセスを管理することができます。相互に相乗的な信用情報ネットワークは、1日に大量のクレジットデータを生成します。利害関係者(ベンダー、規制当局、金融機関など)は、匿名化されたデータを活用して、データ分析、クレジットスコアリング、顧客の行動モニタリングなどの活動を行うことができます。

同時に、パートナーの情報システムにアクセスし、検証プロセスを常に改善し、強化することができます。Libra Communityメンバーに有料で提供されるオープンAPIを介してプラットフォームとデータにアクセスできます

3)貸し手とスタビライザーパートナーシップネットワーク

MakerDAOなどの貸し手と安定コインプロバイダは、流動性を提供し、リスクをヘッジし、借り手の再投資ニーズを満たします。銀行、資金およびその他の金融機関などのフィアットの貸し手は、暗号保持者の現金預金払いのニーズ(すなわち、給料日ローン)を満たすことができます。

安定したコインプロバイダは、暗号の所有者がポートフォリオのボラティリティをヘッジすることを可能にします。最後に、暗号から暗号への貸し手(すなわち、暗号資金、私的投資家)は、機関および暗号化ユーザにトークンまたは他の暗号化通貨を貸与することができる。例えば、専有トークンを大量に保有している機関は、BTCやETHを借りて資金を調達することができます。

4)エクスチェンジ&カストディーナ・パートナーシップ・ネットワーク

当社の交換パートナーシップ(例えば、RaderRelayDDEX)は、暗号市場の流動性とネットワークの柔軟性を提供する役割を果たします。 借り手はLibraCreditを通って、暗号投資のために独占的に提供される最高の金利を得ることができます。 同時に、Libraクレジットは、所有する担架が直ちに清算されなければならない場合には完全なアクセスとサポートを受けます。

 Flexibility-参加者の融資の柔軟性

ユーザーには柔軟性を提供します。

  • 現在の暗号位置を犠牲にすることなく、暗号通貨の担保化を可能にする暗号通貨から法定通貨までの融資)
  • 借り手が市場を出ることなく価格変動をヘッジすることを可能にする暗号通貨から安定通貨への融資
  • 借り手がより優れた流動性を持つ主流の暗号通貨(すなわちBTC / ETH)のために他の代替トークンを誓約することを可能にする暗号通貨から暗号通貨への融資

AI-独自AIベースの与信評価フレームワーク

こちらに関しては事項の技術特徴で説明します。

  • 中国およびアジア市場に首尾よく導入された社内リスク管理技術
  • デュアルクレジット評価フレームワークを活用したデジタルクレジットサービスのパイオニア
  • 約束担保の実行可能性と個々の借り手のクレジットスコアリングの両方を考慮する

技術特徴

Libraクレジットの技術基盤は、次の4つの主要コンポーネントで構成されています。

A)Libra貸出プラットフォーム
B)パートナーシップネットワークアクセスの統合
C)AI信用調査エンジン
D)Ethereumブロックチェーン上に構築されたスマート契約スイート

①Libra貸出プラットフォーム

は、トークン所有者がモバイルアプリケーションを通じてネットワークにアクセスできるようにするフロントエンドユーザーインターフェイスです。 開発されたモバイルアプリケーションは、暗号化から暗号化までのローンを容易にするためにすでにテスト中です。

効率的な資産交換を促進し、暗号化プロバイダを導入するために、別の統合ゲートウェイを構築して、Libra Lending Platformを交換ネットワーク(RaderRelayやDDEXなど)と安定したコインプロバイダー(MakerDAOなど) を接続します。

②パートナーシップネットワークアクセスの統合

はLibraクレジットが完全なエコシステムとして機能するために必要があります。様々なパートナーシップネットワークの質と貢献を保証するため、Libraクレジットの内外への情報フローはジョイントモデリングとオープンデータスマート契約によって管理されます。

  1. 安定したコインプロバイダパートナー
  2. エクスチェンジパートナー
  3. Ewalletパートナー
  4. サードパーティIDデータプロバイダパートナー

1.安定したコインプロバイダは、Web3.jsとInfuraを使用してプログラミングすることができます。以下は、MakerDAOとの統合呼び出しシーケンスのデモンストレーションです。

Libra CreditとMakerDAOの業務フロー:

  1. 借り手はMakerDAO stablecoin ‘DAI’を借用することを約束する。
  2. Libra Credit PlatformはMakerDAOに口座を開設し、ETHを担保として供与する。(MakerDAOはETHのみを受け入れる
  3. MakerDAOはDAIをLibra Credit Platformに提供する
  4. DAIは、Libraクレジットプラットフォームから借り手に払い出されます。
  5. DAIは、借り手からLibra貸付プラットフォームに返済されます。
  6. LIBRA貸付プラットフォームは、必要なDAIを返却する

2.さらに、Libra Creditは標準のERC-20担保トークンへのアクセスを承認するために、0xプロトコルに基づく分散型エクスチェンジ(DEX)と統合することができます。

0xベースのDEX(例えば、レーダーリレーとDDEX)による統合呼び出しシーケンスのデモを以下に示します。

  1. LBA借り手はERB20担保トークンを使用して、合意した条件で安定したトークンを借りてローン要求を作成する
  2. LBA借り手はLibra Creditにローン要求を送信し、ERC20担保預金を行う
  3. ローンリクエストが承認されると、Libraクレジットはこのリクエストを0x交換注文の形でDEXテイカーに転送します
  4. DEXテイカーはリクエストを承認し、安定したトークンの残高にアクセスします
  5. DEXテイカーは、 DEXパートナーは、Libraの署名を認証し、注文が満了していないことを確認し、注文がまだ満たされていないことを確認した後、担保トークンを安定したトークンに転送する。
  6. レーダーリレーやDDEXなどは、安定したトークンをLibra Credit に送信します。
  7. Libra Creditは、安定したトークンを借り手にディスバースします

3. E-ウォレットパートナーシップのためのオープンAPIネットワークとして、E-ウォレットパートナーは、借り手が本来の暗号通貨とfiat(互換性に応じて)を保管し、天秤座クレジットが提供できる最高の料金で保管することができます。

E-Walletパートナーはスマートコントラクトスイートの1つによって管理される公開APIを介して、Libraクレジットプラットフォームに接続します。

4.サードパーティIDデータプロバイダによるAPIプラグイン迅速なID確認プロセスを作成するために、サードパーティプロバイダは当社のクレジット評価フレームワークを積極的にサポートしています。 LBA-uPort選択的開示契約はuPortMobileのデータ要求を承認し、Libra Creditによって収集された他の生データポイントと統合され、全体的なクレジットスコアが得られます。

③AIベースの与信評価フレームワーク

AIベースの与信評価フレームワークは、実績のある数学的アルゴリズムを使用して、個々の借入人ごとに最適化された結果を計算するためにさまざまなソースからの生データを活用します。

クレジットスコア:借り手のモバイルアプリケーションの動作、アプリケーションプロファイル、ソーシャルネットワーク、銀行履歴、および一致するエントリからのデータを収集することで、総合的なペルソナが作成されます。

信用格付けプロバイダ。これらの生データポイントは、ディープニューラルネットワークから抽出された特徴を有するロジスティック回帰モデリングと、グラジエントブーストデシジョンツリー(GBDT)アーキテクチャを使用してアンサンブル学習ビルドとからなる機械学習アルゴリズムを使用して統合され、計算される。

この証明された効率的な与信スコアリングアルゴリズムにより、Libra Creditは過去の平均貸出金利平均を3.5%達成することができています。

担保グレードスコア:担保グレードスコアを生成する社内機械学習アルゴリズムを開発しており、WebCrawlerは、取引履歴、Githubリポジトリ、ブロックチェーンエクスプローラ、メディアレポート、ソーシャルネットワークデータ、投機的情報、暗号化フォーラムのディスカッションを自動的に分析して包括的担保レポートを作成する技術であるWebCrawlerを採用しています

ディープ・ラーニングの評価機能は、歴史的なBitcoinデータセットに対して、実証済みの統計的有意性でテストされています。

④ イーサリアムブロックチェーン統合とスマートコントラクト SUITES

Libra CreditはEthereum Blockchainを活用して、小売貸出と共同オープンアクセスモデリングという2つの主要なスマート契約を容易にします。

ストレージ効率、コスト、スピードを最適化するために、顧客プロファイルやローン詳細データなどの他の情報は、InterPlanetary File System(IPFS)プロトコルを使用してD2にオフラインで暗号化されて保存されます。

共同オープンアクセスモデリングスマート契約スイートオープンデータスマート契約 – 第三者(金融機関、規制当局など)は、オープンデータスマート契約によって管理されるオープンAPIプラグインを介してアクセスすることができます。

スマート契約はオープンソースであり、接続された当事者がチェーン上でデータを共有して照会できるようにする標準のアプリケーションブロックチェーンインタフェース(ABCI)で構築されています。 システム上のすべてのデータが処理され、検証され、規制への準拠が保証されます。 データクエリボリュームは、以前に提供されたデータに依存して厳密に制限されます。 付録には、Open Data Smart Contractの実験コードスニペットが添付されています。

市場と競合分析

2021年にかけて信用市場は成長する見込み

世界の信用市場は、年率14%(2017年〜2021年)のCAGRで成長すると見込まれています。具体的には、世界の信用市場の85%以上が担保付小売貸出市場に支配されています。

好都合な市況は、P2P(peer-to-peer)貸付やデジタル貸出といったクレジット・オルタナティブを普及させるために、この市場に参入するための多くの新技術とプレイヤーを惹きつけているということです。

さらに、パラダイムデジタル採用の変化により、暗号化のような代替資産クラスも生まれました。伝統的に融資の担保として受け入れられてはいませんが、暗号通貨は2017年末に時価総額で600億米ドルを超えました。

 

世界の20億人以上は金融サービスにアクセスできない

市場が成長するにつれ、暗号投資家は資産のユースケースを多く必要とします。グローバルな担保付小売貸出およびデジタル貸出の増加により、20億人以上の人々が信用や金融サービスへのアクセスがほとんどまたはまったくないために資金不足に陥っています。

つまり、Underbankedの中でデジタルが主流になると、この未開拓セグメントは、クレジット貸出先の市場への重要な追加となることは歴然です。

しかしながら、この分野はすでに多くのブロックチェーンプロジェクトが存在します。

LibraCreditの競合プロジェクトは以下です。

  • Everex
  • ETHLEND:分散型のP2P融資プラットフォーム
  • SALT
  • MicroMoney
  • CoinLoan
  • LendingBlock
  • LoanBit
  • Moneytoken

同時期のプロジェクトとしては既存のデジタル貸出モデルと比較して、Libra Creditは次の点で差別化しています。

資金調達源の多様化
•独自の担保に基づく評価
•社内の暗号交換暗号投資家
•暗号金融資産変換の代替チャネル
•すべての資産クラスへのグローバルアクセス

そのほかにもプロジェクトには差別化できる利点があります。

  • 融資バリューチェーンを網羅する幅広いネットワークパートナーシップ
  • AIベースの二重信用リスクアセスメント計算には、担保に基づく評価と個々の与信スコアリングがある
  • 財源、ヘッジおよび流動性ニーズを促進する複数の資金源および資金の使用

チームでも比較分析がされてありますが競合プロジェクトの比較に関してはまた別記事を設けたいと思います。

チームについて

チームはアジア全域のデジタルクレジットサービスで実績を上げています。独自のビッグデータ、AIベースの与信評価技術、既存のグローバルパートナーシップネットワークを基盤にしたLibra Creditは、その使命を実現するための専門知識と能力を備えています。

優秀なアドバイザー

最近では、Libra Creditは、財務および投資アドバイザーのLiam Robertsonを多様な専門アドバイザーに迎え入れています。

 Liamは、ヨーロッパおよび中東で最大の個人および法人トレーダーの1つでAlphabit Limitedの創設者兼CEOであるLiamは現在、オープンエンドのミューチュアルファンドとヘッジファンドのハイブリッドであるAlphaBitファンドを管理しています。 Alphabitは、ブロックチェーン技術を使って実際の問題を解決しているプロジェクトに投資しています。

昨年、同ファンドは世界中のデジタル通貨資産に3億米ドルを調達しました。 Alphabit Digital Currencyファンドは、AELF、NEO、BitCar、Metal Pay、Intimateなど業界をリードする他の暗号化された通貨を裏付けています。ロバートソンの豊富な起業家経験を持つ暗号および非暗号企業の管理は、大量採用のためにLibra信用サービスを開発する上で重要な指針となります

ロバートソンは、Libraクレジットのアドバイザーボードの他の有名なメンバーに加わります:

・Shoucheng Zhang、Danhua CapitalのCEO

・FBGキャピタルの創業者であるZu Shuoji Zhou

・Tuition.ioのCEOで、Yahooの元CEOであるScott Thompson

・Kenneth Oh、Dentons Rodyk&Davidsonの企業幹部シニアパートナー

「Liamを諮問委員会に迎え入れることができて嬉しいです。彼は、デジタル通貨分野で長期的な価値を構築するための投資戦略を融合させた確立された歴史を持っています。彼の専門知識と私たちの尊敬された諮問委員会の専門家は、グローバルな信用サービスの提供に対する障壁を排除する能力をさらに高めるでしょう。 ー CEO、Lu Hua

多数の投資家からのサポート

Libraの豊富な業界経験と市場の鋭い洞察力が、資本市場に有利に働き、最近FBG資本に基づく資金調達努力で2百万米ドルの投資を確保しました。

豊富なパートナーシップ

Libraは最近、DDEX、MakerDAO、Radar Relay、Civicなどのパートナーシップを発表しました。最近設立されたその他の戦略的パートナーシップには、UC VerkeleyのDekrypt Capital、ニューヨークのGBIC、Argusが含まれます。

ロードマップ

  • LBAトークンの販売とトークンの有効化:2018Q2
  • Libraクレジットプラットフォーム(デスクトップ版):Q3
  • Libraクレジットモバイルアプリの発売:Q4
  • 拡張パートナーシップネットワークで可能なその他のデジタルアセット/暗号化/ファイル貸借:2019
  • デジタル/金融/物理資産 – グローバルパートナーシップネットワークで可能な暗号化/ファイル貸し出し:2020

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

開発進捗状況(完了済み

  • Libra開発チームは、エンドツーエンドテスト用のLibra Creditパイロットのコアモジュールを導入しました。
  • offlineSignProviderの2つの新たに追加されたコミットを統合しました。
  • 生産準備のために市民チームと協力した。
  • ホワイトリストの統合をテストするために外部のKYCベンダーと協力しました。
  • Libraシリコンバレーチームからのパブリックセービングスマート契約とトークンヴォルト契約の初期コミット。
  • 貸出金の日次決済のための論理アルゴリズム、および貸出口座のための残高の要約のための照会アルゴリズムを首尾よく実装しました。
  • 変動報酬や清算を含む返済決済の機能を実現する。

ICOの準備完了済み

  • 一般販売用ホワイトリスト登録用のKYCポータルをリリースする。
  • 公式ウェブサイト:KYCの第1版がhttps://libracredit.io/にあります。
  • -電子メールサービスがAWE SESにアップデートされ、グローバル電子メール配信の効率に最適化されました。
  • 24時間以内にプロファイルとKYCプロセスを完了していない新規ユーザーからの電子メールリコール
  • エラーメッセージを修正します。
  • 認証に成功すると電子メール通知を作成します。
  • KYCプロファイルに記入している間にETHアドレスを入力するステップがスキップされる問題を修正しました
  • 公開販売スマート契約およびトークン保管庫契約のための外部コード監査の開始。

プロダクト完了済み

  • Libra CreditのAlpha版がリリースされました
  • iOSとAndroidのバージョンは十分にテストされており、4月23日に承認が提出されました。
  • 4月23日にbestoken.ioオフィシャルウェブサイトアルファ版0.1.0を公開しました。
  • 次のバージョンの主な機能の技術レビューを完了(ビットコイン、アカウントシステム、多言語をサポート)

技術完了済み

  • 完成したLibraクレジットH5プロトタイプとUIデザインがBestokenに統合されます。
  • トランザクションアカウントを追加することで、Ethereum MultiSigウォレットビルダの並行性が向上しました
  • USDTのためにETHを取引するためのPoloniex APIと統合。
  • Makerdao CDPとの相互作用アーキテクチャの再構築。各ローンごとに1つのシングルトンCDPを使用する。

公売KYCシステムメンテナンス完了済み

  • リピートAPIの呼び出しによってオーバーライドされない手動の結果を確実にするためのステータスチェックを追加し、安定性を確保するための応答フィードバックを提供しました。
  • 公開販売契約のテストを行い、ホワイトリスト、エーテルデポスト、LBAトークンの追加/削除、エーテル価格の見積もり、預金上限の更新などの機能を含むテストレポートを提供します。
  • WebクローラはDarpalRatingに関するデータを収集しました。
  • 現在のモデルと財務品詞(POS)辞書に基づく正負の感情と否定辞書の初期バージョンを開発し、上記の辞書に基づいて新しい予測モデルの開発を開始する。
  • トランザクションフィールドを追加し、PageRankをツールボックスに追加することにより、Blockchainアドレスのデータ構造を最適化する。
  • KYCプロセスのバグを修正しました。
  • 必要に応じて言語でWebページと翻訳された電子メールメッセージを更新。
  • 米国のIPに対して公売が禁止されるという情報を公表した。
  • シビックビジネスチームと法的契約交渉を開始。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

トークン構造とホルダーのメリット

シンボル LBA
トークンタイプ ERC20
ICO価格 0.1USD
調達目標 26,400,000 USD
プレセール完売 14,400,000 USD (25% BONUS)
 総供給

 1,000,000,000

 最小最大キャップ  0.5ETH/TBA
受け入れ通貨 ETH

 

LBAトークンは、初期コイン・オファリング(「ICO」)を通じて発行され、Libraクレジットについて次の目的を果たします。

 

トークンの用途は以下です。

メンバーのアクセス権利
プラットフォームアクセス料金。借り手がローン申請を行うことができます。

トランザクション手数料
Libraクレジットでの交換の媒体。 たとえば、成功したトランザクションごとにサービス料が請求されます。

報酬
トークン報酬は、以下の場合にステークホルダーに付与されます。
サービス – サービスの開発に貢献する開発者。 および参照 – 天秤座クレジットへの他の貸し手の成功した紹介報酬

ガバナンス投票権
LBAトークン所有者は、Libra共同体で構成され、
プラットフォーム開発計画 – プラットフォーム技術開発を促進するための特定のプロジェクト/提案に投票する機能を持ちます。

トークンの将来価格について

トークン価格はプラットフォームのユーザー数に依存します

注目すべき点としては、α版はリリースされており、デモ版でユーザーは試すことができます。また多数の取引所パートナーとも提携しており、トークンセール終了後にはそれらに上場する可能性があります。

さらに、トークン購入キャップがおそらくあるため個人の需要が満たされない可能性があります。

ETHLENDのケースに似ており、ETHLENDの場合はトークンセール終了後に需要が伸び続け取引パートナー数が増えていくごとにトークン価格は急成長しました。

Libracreditの場合はまずはDDEXなどのマイナー取引所に上場してくると思いますので、まずは小さな取引所から取引量を増やしてプラットフォームリリースに向けて主要取引所に上場するのが良いかなと思います。

BinanceやOKEXなどに上場すると面白いですが、個人的にはETHLEND同様に長期的に値上がりする通貨と思いますので、ICOで無理に購入しなくても早期で仕込んで様子を見るのも良いかなという印象です。

トークンセール参加方法

ホワイトリスト受付は終了しています。トークンセールは間も無く開催されます。

関連リンク

公式サイト

Twitter

Facebook

Telegram

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here