この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

 

貸出市場の傾向と分析

貸出市場の簡単な市場分析と傾向です。まず貸出につきものなのが信用問題です。

伝統的な信用サービスのいくつかの課題

伝統的な信用サービスには依然として様々な課題が残っています。

  • 個人信用情報が限られている、または認識されていないため、信用サービスに対する障壁が高い
  • 複雑なKYC手続き、長い処理時間、低いアプリケーションの透明性、および世界の10%以上の高
  • 借り入れコスト(世界銀行)による不満足な融資経験
  • クロスボーダー、クロス・カレンシー、クロス・タイム・ゾーン・レンディングの難しい
  • デジタルに精通した世代の伝統的な記録がないために融資が困難になった
  • 未取得のデジタルに精通した市場セグメントの機会費用

特に往来の伝統的な問題に加えて、デジタル資産へ移行している傾向から融資の困難さと障壁の高さが問題となっています。

暗号通貨市場の問題点

  • 流動性の欠如と金融金融サービスの統合への統合
  • デジタル資産と従来の資産(金、株式、債券、不動産など)間の変換が難しい
  • 一般的な支払方法/資産クラスとしての認識と適用の欠如
  • 資産の裏付けがほとんどまたはまったくない、高いボラティリティと投機

 

貸出市場は今後5年間で14%成長する見込み

MIX Marketの調査によると、2016年のマイクロファイナンス・ローンは米国で推計された1,020億ドルサービス利用者数は1億3200万人でした。

特にラテンアメリカ、アフリカ、南および東のアジアのマイクロファイナンスが増加しており、減少は東ヨーロッパと中央アジアでのみ認められます。

 

2015年から2016年にかけて、借り手と融資の数の中で最も高い成長率は南アジアで発見されました。 2016年、マイクロファイナンスユーザー数の増加は13.4%増の7,830万人(全参加者の59%)。 借入の増加は23.5%に達し、最大23.5百万米ドルとなった。 (世界全体の17.8%)

ラテンアメリカは引き続き資金調達水準のリーダーです(世界全体の32.2%)。

世界中に20億人以上の需要が残っている

世界196 か国中100の国で、銀行口座を持たない人々が20億人います。彼らは現金しか使えず、信用履歴もなく、金融サービスにアクセスできません。これらの人々の大部分が、定期的にスマートフォンやソーシャルネットワークを使用していることに注目することが重要です。これは膨大な量の新しいデータであり、彼らはかなりの数の新しい潜在顧客となります。

金融機関は、これらの顧客と信用度について情報を持っていないため、これらの人々に提供するリスクを冒したくないと考えています。

しかし、これらの人々にはそれでもなお資金が必要とであり、もちろん事業は競争を生き抜くために新規顧客が必要です。

 

ブロックチェーンベースの融資プラットフォーム

この記事ではブロックチェーンによる貸出(Lending)プロジェクトをいくつか挙げて比較して見たいと思います。

EVEREX

Everexの主なアイデアは、ブロックチェーンの信頼性を備えた即時クロスボーダーマネー取引を実行するグ ローバルプラットフォームを構築することです。 Everexは自身を「財務的包含ブロックチェーンの送金会社」として特徴づけています。 (Everex.io)

Everexは、すでにポートフォリオに高度な製品を持ち、Ethereumプラットフォームでの実績があるため、有望で成功したプラットフォームの印象を作り出しています。

タイ国に住む100人以上のミャンマー出稼ぎの従業員が、イーサリアムブロックチェーンを通じて暗号通貨トークンを使用して海外に家族に送金するケーススタディを発表し、国境を越えた送金システムの実現可能性を実証しました。

人々は224の取引を行い、46日間に合計$ 31,000を送金し、送金と為替レートの約7%を節約しました(タイのバーツを同等の暗号通貨に即座に変換し、ミャンマーの認定現地通貨に即座に移行)。

 

ETHLEND

分散型のP2P融資プラットフォームとして最近特に人気なのがEthlendです。このプロジェクトは2017年11月にスタートしており、ICOdropsサイトでも高い評価を受けた実績のあるプロジェクトです。

トークンを担保として使用してEtherを貸し出すためのEthereumブロックチェーン上のスマート契約を実行し、担保用スマート契約にデジタルトークンを置いてEtherを借りる任意のERC20トークンを使用できます。

BrickBlockDigixDAOChangeKyberNAPOLEONXENIGMAなどのブロックチェーン企業と提携しており、一般投資家だけでなく、企業からも受け入れられ認められています。

 最近このプロジェクトはOMURAアルファをリリースしており、開発は順調に進んでいます。

SALT

SALT貸付プラットフォームは、ブロックチェーン資産の保有者が現金融資の担保として保有することを可能にします。 SALTは、トークンを売却することなく、ブロックチェーンの資産保有者が流動性にアクセスできるようにする最初の資産担保融資プラットフォームです。

ダイヤモンド、行為、デリバティブなど世界の資産はブロックチェーンに移行しています。 SALTは、この急速に拡大する資産クラスによって担保された融資を促進するために建設された唯一のプラットフォームです。

2017年8月にスタートしたこのプロジェクトはICOでは4850万ドル調達を成功裏に納め、BTC担保の融資プラットフォームが稼働しています。

CoinLoan

CoinLoanは、暗号資産(暗号化トークン)で保護された貸し出しのためのプラットフォームです

CoinLoanは、クライアントにとって最大の選択肢と柔軟性を提供する独自のアルゴリズムを使用しています。顧客は、貸し手と借り手の両方として行動することができます。

貸し手は、国際/地方の銀行振込または銀行カードを使用して金銭を預け入れ、独自の条件(返済、金利など)で融資を要求します。貸し手は、ローン自体を管理するか、アルゴリズムによって自動操縦でローンを完全に管理できるようにすることで、手動での作成やローン依頼の継続的な監視を避けることができます。借り手が資金を返却しなかった場合、システムは自動的に清算された暗号資産を清算(売却)し、資金を貸し手(金利を含む)に返却し、リスクのないことと資金の全額返済を保証する。

借り手は、暗号化を預託し、現在の市場価値の最大70%のローン申請を作成して、借り手の暗号資産を保護し、暗号化市場の高いボラティリティによって引き起こされるリスクを削減することができます。借用された金銭の資金は、迅速かつ便利に回収することができ、融資条件が返済されると、その暗号資産を完全に受け取ることができます。

 

MicroMoney

MicroMoney は、金融サービスにアクセスすることはできないが、スマートフォンユーザーには自信を持っている世界中の20億人以上のアンダーバンクを持つ人々の問題を解決するために設立されました。Micromoneyはマイクロファイナンス組織として設立され、ブロックチェーン上の分散型オープンソースクレジット&ビッグデータ局になりました。マイクロマネーは、2015年以来、中小企業だけでなく個々の顧客にも短期借入金を提供しています。

Micromoneyは、クライアントの信用力を15分で予測し、借り手がAppで最初のマイクロクレジットを取得できるように、複合手続きによるプラットフォームを使用しています。プラットフォームを頻繁に使用するクライアントには、利子が少なく、信用度が高いなどの利点があります。このようなサービスの方向性は、既存の事業と世界経済にそれぞれ数千人の新規顧客をもたらします。Micromoneyは、借り手のローン返済能力を実現し分析するために、処理されたローンごとにより良い予測を生み出す自己学習システムである、いわゆるニューラルネットワークを実装しています。ニューラルシステムは、グローバルなFICOシステムと一致する予測を生成し、このシステムは、およそ10.000個の特徴を集めたアルゴリズムの正確な予測を提供します。

また同プロジェクトはTether、Golem Everex、Cosmosなどとも提携しています。

MoneyToken 

MoneyTokenのプラットフォームによっていつでも自身の仮想通貨資産価値に基づいて流動資金の貸出が可能となります。 変動の激しいビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を担保にして融資を取得する。返礼に同意した融資額を安定通貨として受け取ります。もし担保の資産が増えても融資返済後、担保の全額が戻されます。このように流動資産を得ながら、自身の仮想通貨の位置を保ち、長期投資ゲームに参加し続けることができます。

ユニークな特徴としてAmandaはMoneyTokenの機械知能(AI)アシスタントです。 
MoneyTokenの機械を発揮するためにプラットフォーム開業前に自動融資操作を行います。

IMTトークンのメリットは大きく、プラットフォームの60%側F利引きされ、貸し手として分散型決定システムに参加できます。

このプロジェクトは指導したばかりですがプレセールデの調達実績やプラットフォームでの稼働実績があります。さらにチームやアドバイザーが優秀です。(ロジャーバー

LibraCredit

イーサリアムのブロックチェーンに基づいていつでもどこでもクレジットにオープンなアクセスを容易にする分散型貸出エコシステムです。

以前のPayPalの技術および金融の専門家によって設立されたLibra Creditは、ブロックチェーン技術を専門とする貸付業界のリーダーとして分散Lending Smart契約のスイートを使用して、借り手に、安定した暗号通貨または法定通貨の2種類の貸出金種を選択させることができます。

  • 自社のAIベースのクレジットモデル。(AI
  • 採用を推進するための顧客獲得と電子ウォレットのパートナーシップ。(Wallet
  • 流動性を推進するための貸し手とステーブルコインパートナーシップ。(StableCoin
  • デフォルトを最小限にするための幅広いExchangeパートナーシップネットワーク。(Exchange
  • KYCと検証プロセスを迅速化するためのアイデンティティ検証パートナーシップネットワーク。(KYC&ID)

デモ版やモジュールは開発されており、ICOはまもなく完了する予定です。

 

比較分析

分散型のレンディングプラットフォームの簡単な比較表です。

 

 

Libra

Credit

Salt

ETHLEND

EVEREX

COINloan

Micro

Money

Money

Token

サービス

あらゆる資産クラスへの変換

暗号から暗号

暗号から安定コイン

暗号から法定

暗号から暗号または法定通貨

暗号通貨から法定通貨

国境を越えた送金、通貨交換、オンライン支払い、マイクロレンディングサービス

暗号通貨から法定通貨

分散型オープンソースクレジット&ビッグデータ局

暗号から暗号または法定通貨(USDT、DAI、BTC、ETH)

資金源

 

パートナー

 

プライベート投資家

金融機関

P2Pネットワーク

P2Pネットワーク

自己資金

P2Pネットワーク

   

貸出サービスの経験

あり

あり

融資開始済み

あり

なし

 あり(事業展開済み)

140万ドルの融資経験

担保付きアセスメント

あり

なし

なし

なし

なし

なし

なし

信用ベース

AI信用

パートナー(Uport

Civic)

KYC/AML

分散型

パートナー(Uport

Bloom)

   

複合手続きによる信用構築

パートナー

(Uport

Civic)

AI信用

サードパーティデータ提携

あり

なし

あり

なし

なし

なし

なし

流動性ネットワーク

パートナー

と自社

パートナー

パートナー

パートナー

パートナー

 パートナー

パートナー

資金調達

1440ドル

調達済み

完了

完了

完了

完了

完了

720万ドル調達済み

取引所

未定(DDEX、Rader

Relayと提携済み)

Bittrex

Binance 

OKEx

Gatecoin

Huobi

Liqui

Binance

Kucoin

Bibox

HitBTC

OKEx

AEX

Binance

HitBTC

Huobi

OKEx

Kucoin

Tidex

 

 OKEx

Bibox

HitBTC

Livecoin

Yobit

未定

 

分散型されたプラットフォームに関してはSalt,ETHLEND,Coinloanは分散型のP2Pネットワークですがこのネットワークで最も成功しているのは、ETHLENDでしょう。

ETHLendは、2017年12月15日のAlpha 0.2 Decentralized Applicationの開始から2週間以内に500 ETHの融資量に達しました。2017年12月のボリュームとETHLendチームの金額は、早い段階でその価値があることを誇りに思っています。

融資が完全に分散されており、各取引がEthereumネットワークにブロードキャストされ、すべての市場参加者によって透過的に見られることを考慮すると、350,000 USD以上の500 ETHはかなりの金額です。さらに、融資経験全体は現在疑似匿名であり、貸し手と借り手はお互いを知らず、ETHLendにはローンデータを格納するデータベースがなく、代わりにEthereumブロックチェーンを信頼しています。

チームやパートナーシップに関しては、MoneyTokenには強力なパートナーシップがあります。ビットコイン財団のロジャーバー氏はこのプロジェクトの顧問として助言します。

MoneyToken is a bright example of the real use of blockchain technology, as well as offering a massive boost for crypto market liquidity for all market players, and especially for businesses.” Roger Ver, Founder of Bitcoin.com, adviser at MoneyToken

MoneyTokenは、ブロックチェーン技術の実際の使用の明るい例であり、すべての市場プレイヤー、特に企業向けの暗号市場の流動性を大幅に向上させます。
Roger Ver、Bitcoin.comの創始者、MoneyTokenの顧問

このように述べています。

 

さらに、StablecoinとしてのDAIとの交換を可能にする点でLibraとは類似します。

Everexはそのチームは複数のプラットフォームで開発経験があり、成長の可能性を秘めています。

共通プロジェクトは少なく、Everexは、国境を越えた送金と送金のためにEthereumを使用している唯一のスタートアップである可能性が高いです。アグレロとの戦略的パートナーシップのおかげで、ブロックチェーンを介したマイクロローンの解決に専念することで、クロスボーダーの暗号化ファイアウォール業界の第一歩となる可能性があります。 

Everexが現金を譲渡して肯定的な結果をもたらし、グローバルな機関に認められ、主要な戦略的ブロックチェーンのパートナーや金融機関と提携しています。同社のマイクロレンディングサービスは、世界各地の人々の権利を奪う人々に恩恵をもたらすだけでなく、暗号コミュニティの欲望の多くをユビキタスに提供します。

MicroMoneyは今日3カ国で事業を展開しており、2017年末までに3カ国(スリランカ、インドネシア、フィリピン)に拡大する契約をすでに締結しています。 2022年までに47カ国が拡大し、Micromoneyが今後10年以内に拡大する可能性のある50カ国をすでに確認した後、次の10年で、市場でAMMトークンの需要が最小限に抑えられることは明らかです。

最初のトークン配布に参加した人々は、Micromoneyが拡大の努力を続けるため、トークンの価値が驚異的に上昇する可能性があります。しかし、急速な拡大に伴い、MicroMoneyチームがプロジェクトの成功を収めていくためには、専門的に管理すべき大きな課題もあります。ここでの脅威の1つは、計画されている拡張の法的側面です.50カ国以上で必要なマイクロファイナンス認定と許可を得るのに十分な時間がかかります(MicroMoneyの拡張計画で計画されています)。

MicroMoneyがこの数多くのライセンスおよびその他の承認を取得する場合、MicroMoneyは途上国で最も強力に位置付けられたマイクロファイナンス組織の1つになる可能性があります。 

一方でLibraCreditには取引所、ID認証資金源など様々な分野でパートナーシップエコシステムが構築されており、豊富です。

これは明らかにプロジェクトの利点となります。

そして、貸出の最も重要な課題の一つでもある信用問題に関しては、ETHLENDは分散型のuportやBloomcreditなどによって信用ベースの貸出を可能にします。信用リスク評価は人工知能や予測市場を活用する予定でもあります。

信用ベースの貸出に関しては、Libraの場合は、ネットワークを介して外部サードパーティと接続して、Civicやを用います。AIベースの

ICO全体に関して、ETHLEND SALT Coinloan は完了しており、MoneyTokenはプレセールを完了しました。Libraはトークンセール前にプライベート投資を十分に受けており、トークンセールは早期に完了できる可能性があります。

最後にプラットフォームの稼働に関しては、ETHLENDは分散型融資が機能しており、順調にETH融資額が増加しています。

SaltはBTC担保ローンが機能しており、プラットフォームはすでに、65,981人の積極的なメンバーと39,109,000ドルの資金提供を受けています。貸し手と借り手の比率、発生した成功した貸付の数、および担保のデフォルト率または清算率は公に利用可能ではないようです。

MoneyTokenも稼働しており、140万ドル相当を融資しています。ETHLENDが分散化された中で35万ドル以上の融資を完了しているのに比べて、同社は融資経験を持っています。

MoneyToken融資プラットフォームは、2018年第1四半期に開始されました。現時点では、すべてのローンは手動で発行されており、ビジネスプロセスを微調整しています。

融資の平均支出時間は1~12時間です。この待機時間は、大量の期間中に増加したり、総貸付金額が$ 50,000を超えた場合に増加します。最大待ち時間は通常48時間を超えません。

そして、Libraはα版が稼働しています。

 

結論ーLibraCreditの競合上のメリットは?

各プロジェクトにそれぞれ優位性がありますが、プラットフォーム上の貸し借りに対する需要の増加は、トークン価格を上昇させるはずなのでその点が重要です。

その点では、すでにプラットフォームが稼働しているETHLEND SALT MONEYTOKENは一歩先に進んでいます。

LibraCreditのメリットは資金調達源が豊富であること、開発スピード、信用評価ベースの存在、多数の資産クラスへのアクセスなど様々あります。

  • 資金調達源の多様化
  • 独自の担保に基づく評価
  • 社内の暗号交換暗号投資家
  • 暗号金融資産変換の代替チャネル
  • すべての資産クラスへのグローバルアクセス
  • 融資バリューチェーンを網羅する幅広いネットワークパートナーシップ
  • AIベースの二重信用リスクアセスメント計算には、担保に基づく評価と個々の与信スコアリングがある
  • 財源、ヘッジおよび流動性ニーズを促進する複数の資金源および資金の使用

このようなメリットが考えられます。DAIを用いたローンモデルやパートナーネットワークなどMoneyTokenと類似しているかなと思いますが、同分野でも十分に競合できる要素はあります。

またらトークン価格に関しては、LEND SALTのように大きな取引所Binance Bittrex Huobiなどに上場しないと大きく動かないと思います。

あくまで長期的な投資になるかと思います。

関連リンク

公式サイト

Twitter

Facebook

Telegram

 Author

BABbit43

For every campaign, someone is trying to participate  by my site article, name, profile, please record the following.

User BABbit 43’s site is bab-global.net only. And the receiving ETH address is only

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here