KeplerTechnologies(KEP)最先端のロボット工学とAIのためのブロックチェーンソリューション

0
482 views

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

 

Kepler Technologiesとは

Kepler Technologyは、AIおよびロボット工学のためのブロックチェーンによるエコシステムです。

世界中の人々が協力し合い、革新的なアイデアを現実に変えるのに役立つ、公正でシンプルで信頼できるソーシャルネットワークの宇宙開発に専念しています。

Keplerプロジェクトの概要

技術の進歩は近年急速に加速しており、我々の日常生活にも顕著に現れ始めています。

そして、最大の市場シェアを支配する企業の影響も大きくなっており、この影響は、技術的解決策の開発におけるコミュニティ全体の参加を限定し、単なる顧客の役割に任せ、利益と富は企業間でのみ分けられることになっています。

現在の問題点としては、技術革新によって利益を得られるのは一部の企業のみであり、コミュニティ参加の障壁は高く、収益化も難しいです。

Kepler の経営陣は、現在の傾向に基づいてそのような事態を予見し、利益をユーザーに均等に分配する公正な市場経済を作り出しています。

Keplerのソリューション-技術革新のための分散型の財産分配システムの構築

貴重なRoboticsやAIソリューションの生産に加えて、Keplerの経営陣の主な目標は、人類、ロボットの未来を形作る技術革新を通じた分散型財産分配システムの創出です。

分散型の技術革新プラットフォームです。

Kepler は、最高水準の透明性、説明責任、企業責任にも準拠し、経営陣は、会社の地位とプロジェクトに関する詳細な年1回の報告を定期的に提供します(最低限)

さらに、Keplerは、科学技術の幹部で構成されたテクニカル・サウンド・チームの支援を受けて、超先端技術を生み出し、それらへのアクセスを容易にし、将来の科学技術的なブレークスルーの開発のためのプラットフォームを作ります。

ソリューションのためにチームには、主任マネージャー、情報技術者、ロボット界の有名人、会計士、法務当局、ブロックチェーンの専門家の専門知識が関与しています。

Keplerネットワークがローンチされると、投資家が管理・運営する透明かつ分散化されたポータルを通じて、ロボットに投資するためのグローバル市場プラットフォームを構築することができます。

分析、データサイエンス、予測アルゴリズムを利用して、投資家にトークン化された資産を通じた独自の投資機会を提供します。

ネットワークは、土地、建設現場、ハイテク実験設備、製品、技術ノウハウ、世界中の有能な学生とそのキャンパスに役立つ大学などの有形資産をバックアップすることにより、これらのトークンの流動性を確保します。

Kepler Universeプラットフォーム

Kepler Universe Platformは、特定のバックグラウンドで世界中のチームワークを構築するイニシアチブを委託する、革新的でユニークなプラットフォームです。

分散型プラットフォームにより、世界中の発明家、開発者、革新者が、AI、ロボット技術、ハイテクベースのプロジェクトと提案をKepler Universe Platformにアップロードし、財務や技術サポートにシームレスにアクセスできます。

つまり、革命的なアイデアを現実のものにするために、誰もが自分の興味を持ってすばらしいプロジェクトに参加したり、適切な専門知識と労働力を見つける機会を提供します。

ケプラーはこのプロセス全体でミドルウェアとして機能するだけでなく、独自のリソースを使用して最終製品を投資家に提供する機能を提供します。

透明性の高い公正なプラットフォーム

Kepler Platformのすべての契約は、スマートコントラクトとブロックチェーンレコードによってサポートされています。

どのような取引にも人間の代理人は関与していないため、100%不正行為を防止し、スマートな契約を通じて上限に達していない投資を100%戻すことができます。

技術的な発明は、投資を最大10回返すことが知られており、世界の投資家は、最高の発明と安全保証にアクセスし、その業績を動機付けし、自信を深めるためにもKepler のようなプラットフォームが必要です。

ユースケース

開発者のメリット

開発者はKepler Universeプラットフォームに登録し、関連するすべてのバックグラウンド情報(経験、教育、特別資格、先行プロジェクトの説明、証明書など)を伴うビジネスアイデアを共有します。

登録後、開発者は、革新的な製品やチームの開発を常に育てる準備が整っているKepler の幅広い「宇宙」の技術専門家にアクセスできます。

  • プラットフォームのユニバーサルプールからの適切な技術的資格を持つ「利用可能な」技術者を自由に参加させる
  • Kepler ユニバーサルプールは、ユーザーが世界中の人々のスキルや能力を発揮できる多目的なプロフェッショナルネットワークであり、ユーザーは、評判ポイントに基づいて自社のプロジェクトでリーダーシップを犠牲にすることなく、他のプロジェクトの技術者としてのサービスを提供することによって、プロジェクト全体の潜在力とネットワークを最大限に活用できる

技術者のメリット

技術者は革命的なチームワークを通して人類の未来を形作るために動機付けられた技術的な健全な個人です。

  • ユニバーサルプールやサービスからチームやプロジェクトを検索したり、プールから選択できる
  • プラットフォーム上でのプロジェクトの完成と成果を基に、評判のポイントを獲得する
  • Kepler Universeプラットフォームは、チームメンバー間の簡単で迅速なコミュニケーションを保証するためのすべての技術サポートを提供する

顧問  

アドバイザーは、他のチームメンバーと同じくらい重要です。プロジェクトの独立した無料のリサーチと評価を行うメンバーとなるためです。

  • 背景と成功したプロジェクトに基づいて評判ポイントを得る

ゴールドスミス

ゴールドスミスはマーケティングと財務のバックグラウンドを持ち、財務的エクスポージャーを高めるために完成品目録を設計して仕上げる役割を持ちます。

  • エンゼルス(投資家)に適切に開示する。
  • 技術的に慎重な革新的なアイデアの上にビジネスプランを策定する。
  • チームによって正確に分析されるべき自主的な決定を下す。

エンジェル(投資家)

エンジェル投資家は、ケプラーネットワークの外部または内部の誰でも、ケプラーユニバースプラットフォームの関連する棚に提出されたビジネスアイデアを調達する意思があります。

  • 既存のチームとコミュニケーションをとることを希望する場合、ケプラーユニバーシティプラットフォームに登録する

Keplerの技術

1.ブロックチェーン技術

ブロックチェーンは、数十万台のコンピュータのネットワーク上に分散された分散型元帳システムで、ユーザーは変更や消去ができない情報を記録することができます。

ブロックチェーンに関する情報は暗号で保護されており、サードパーティの干渉から保護されています。ブロックチェイン技術は、データが世界中に分散されたコンピュータネットワーク上に分散されるため、改ざんを防ぎます。

サービスの中断により、ブロックチェーンは、すべての既知の財務大会に革命をもたらし、商品、商品、サービスのトークン化を通じて資金調達の新しい方法を開拓しました。

2.トークン経済

ブロックチェーンテクノロジの最も有望な用途の1つは、トークンと呼ばれる値を表すデジタル資産の作成です。これらの値は、会社の株式、原材料、不動産などの現実世界の資産の金銭的、身元、または表現である場合があります。

Ethereumプラットフォームを使用すると、スマートコントラクトに裏打ちされたトークンを作成して使用することができます。

スマート契約とは、特定の条件に基づいて法的拘束力のある契約を実行するコンピュータプログラムなので、第三者を必要とせずに資金やその他のデジタル値を安全に保管し、放出するためのエスクローシステムとしても機能します。

詐欺防止でもメリットがあります。

3.分散型クラウドファンド

初期コイン・オファリング(ICO)キャンペーンは、世界のどこからでもスタートアップに投資することを可能にする国境を越えた分散型の性質のため、IPO(Initial Public Offerings)業界を引き継いでおり、2018年も盛んになることが考えられます。

この分野においても、改ざん防止のブロックチェイン技術により強化されたKeplerは、必要な資金調達を行い、同時にロボットの開発を世界のコミュニティに開放するために、パブリッククラウドスケールイベントを開始します。

他のサービスとは異なり、トークン所有者が同社の電子シェアを所有し、ロボット業界で初めての配当を受けることができる仕組みを作ります。

また、会社株式の80%は、トークンの売却中に一般公開される予定です。

Keplerのビジネスモデルおよび経済性

Kepler Technologiesのあらゆる側面は、最大の収入、将来の成長、および会社とその製品の開発のために商品化され、同社のビジネスモデルの関心は5つの主要分野にわたっています。

  • ケプラーユニバースプラットフォーム
  • メガラボ(世界最先端のハイテクラボ)
  • メガファクトリー(工場)
  • AI
  • 専門学校
  • ケプラーシティホテル&レストランネットワーク(観光)

AIプラットフォーム

人工知能ソリューションの開発は、プロジェクトの中核部分です。

ケプラーの最先端のデザインと開発の原則は、AI開発の境界を押し進めます。 AIは、ロボットの制御、設備の管理、取引に使用されます。

メガラボ

研究室は、ケプラーが独自の製品を所有するべきビジョンに不可欠です。ケプラーは、1年以上にわたり異なるロボットプロジェクトに取り組んでいる約100人の研究開発メンバーを抱えています。ケプラーは、市場価値を高めるために、ますます多くの特許を開発し、保有しています。ケプラーはまた、顧客の余分な収入の需要に基づいてスマートな技術を創造/発明/開発するために、業界の主要プレーヤーと協力していきます。

メガファクトリー

工場では、ほとんどの仕事をロボットが行う最先端の技術が搭載されます。それは500平方メートルのモジュールで8000平方メートルに広がっています。主な工場は、ロボット用部品を生産し、組立のためにモジュールに直接送られる。工場は、同社の主要収入源となり、異なるタイプの製品ラインを生産することができます。

Kepler City-自律的なホテルとレストランのネットワーク

観光は最も有利な産業の一つです。

ケプラーシティホテル&レストランは、ロボットによって完全にサービスされることにより、観光産業において新しいものを提供します。

ネットワークはプロジェクトによって直接所有されるのではなく、特定の投資家にフランチャイズとして販売されます。現在、このプロジェクトはいくつかの投資パーティーの注目を集めています。

すべての従業員がロボットである最初の自律的かつ自動化されたホテルネットワークであるHotel and Restaunt Networkを構築する予定です。同社はホテルを所有するのではなく、フランチャイズを販売し、利益を受け取ります。

Techインキュベータとアクセラレータ

多くの発明家やビジョンについて、より大きなコミュニティにつながることは、自分のアイデアを根底から得るのに役立っています。インキュベーターは、個々のタップをビジネスパートナーや投資家の膨大なネットワークに活用しました。また、投資家は将来のブレークスルーの一歩を踏み出し、ポートフォリオを多様化するだけでなく、持株を成長させることができます。

 

Keplerのメリット

チーム力

管理チームには16名、プロジェクトに携わる研究開発チームの存在があります。

チームは約150名で、ウェブサイト上で管理チームのバイオを読むことができます。

研究開発チームは、独自のプロジェクトでケープラープラットフォームで利用できるようになります。また、他の新興企業にも採用される準備ができています。

市場と地理的分析

人工知能および機械学習は、IOT(Internet of Things)デバイスおよび交換市場によって2020年までに1.2兆ドルの産業に成長すると予測されており、

アナリストは、短期的かつ長期的な見通しが市場規模を十数倍に拡大すると予測しています。

また、地理的なメリットとしてはジョージアに位置しており、プロジェクト自体にも様々なメリットを与えています。

  • 貿易:ジョージアが他の国よりも大きなビジネス上の優位性を持っている
  • 中国、EU、ポストソビエト連合国、そして世界の他の多くの国との自由貿易協定である。これにより、ケプラーは中国製品に対するEUとポストソ連の国々の巨額の価格優位性を獲得すると同時に、中国からすべての資源を通関手数料なしで輸入することができます。
  • 税金:ジョージア州の税制改革により、ケプラーの企業所得税はゼロになり、毎年、会社の資本利益率は20%増加します。
  • 人材力:中国は最も安い労働力を持っていることは広く知られています。一番安い技術労働力によって、最大40%の増加が見込まれます。

ロードマップ

2018年

2月:コミュニティ構築

3月:プレセール

4月:トークンセール

5月:取引所上場

9月:Keplerα版リリース

開発の一部

●政府からケプラーコンプレックスを建設するために550,000平方メートルの土地を取得する(2018年1月)
●関連当局によるラボおよびメガファクトリーの設計および建設の承認(2018年第1四半期)。
●アルファ段階(2018年第3四半期)におけるケプラープラットフォームの発売。
●どのようなタイプのロボットを決定するための完全かつ包括的な市場調査
初期段階で生成されるべきAIを含む。 (研究の第1段階が完了し、ロボット/ドローンの全リストが用意されている)(2018年第3四半期);
●技術デザインの準備。機械の選択と準備を含む。
●メガファクトリーの建設(2018年第3四半期)。
●ケプラープラットフォーム(2018年4月)を発売。
●完全装備のラボ(2019 Q1)を起動する。
●メガファクトリーを開設し、フル生産サイクルを開始する(2019年第3四半期)。
●ケプラーコンプレックス(2020年第1四半期)

KEPトークンについて

KEPトークンは、エコシステムにおけるすべての決済のデフォルト通貨です。

ERC20と互換性のあるトークンは、KEPのすべてのサービスを請求するために使用されます。(ロボティックホテルやレストランネットワークのような他のパートナーシップベンチャーのケプラーユニバースプラットフォーム、購入ロボット、ライセンス、サブスクリプションサービス)

価格:1 KEP = 1.25米ドル
プラットフォーム:イーサリアム
受け入れ:ETH、BTC
最小投資額:50米ドル、0.05米ドル
ソフトキャップ:30,000,000 USD
硬質キャップ:250,000,000 USD

トークンホルダーのメリット

KEPトークンを購入するメリットは現段階では以下が考えられます。

 
  1. ICOの後、KEPのトークンが取引所に上場され、あなたはそれらを交換する
  2. Keplerユニバースプラットフォームの発売後、KEPトークンを使用してハイテクプロジェクトにあなたの好みの資金を提供し、プロジェクトに基づいて巨額の収入を得る
  3. メガファクトリーの発売後、KEPトークンで製品を購入する
  4. Keplerの立ち上げ後、KEPトークンを使用してサービスを購入する

トークンはユーティリティ可能ですので、プラットフォーム立ち上げとともに価値も上昇が期待されます。 

特にプラットフォームが稼働すると、

KEPトークンは、トークン所有者が、トークン投資家とプロジェクト投資家の両方に新しい技術開発をもたらし、巨額の収入をもたらすプラットフォーム・インキュベーターとアクセラレーター・プログラムを通じてロボットに投資することも可能にします。

分散型システムでは、KEPの所有者は、特定のプロジェクトに投資するかしないかによって、どの製品、ロボット、サービスが配布されるかを決定し、

KEPは、ケプラーのR&Dスタンド、第三者または業界で初めての投資家自身が提示した特定のLABプロジェクトに資金を提供するために使用できます。

すべてのプロジェクトおよび経済活動から得られた収入の80%は、特定のプロジェクトに投資したKEP投資家に配分されます。

総括-Kepler の投資判断

取引所上場は五月であり、ロードマップ的には2018年中旬以降にプラットフォームが見えてきます。

しかし、ICOの段階でプロダクトやプロトタイプ、さらにプラットフォームまで存在する企業は沢山ありますし、トークンの性質上ICOで参加するメリットはやや少ないかなと思います。

長期的な投資には向いているでしょうが、取引所上場してからでも問題ないと考えます。

関連リンク

公式サイト

白書

Twitter

Facebook

Telegram

Authorship

BABbit43

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here