Hdacの技術白書の日本語版公開と内容要約

0
1,155 views

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

 

こんにちは。今回は間も無くトークンセールが開始するHdacの技術白書についてまとめました。

参考にしてください。

Hdacについて

BitcoinやEthereumのような多数の暗号化された通貨があるにもかかわらず、Hdacは日々の生活にリンクされているだけでなく、単なる投資方法をはるかに超えた暗号通貨となる可能性を秘めています。

近い将来、第4次産業革命は、デジタル革新が繁栄する高度に結びついた社会を創造すると予測されており、高度な技術は、検証された暗号通貨、ブロックチェーン、およびIoT(Internet of Things)を統合することで可能になります。

HdacはIoT契約に基づき、目標は、契約、決済、ローンと投資、税金と請求書の支払いなどにおける支払いの利便性を劇的に向上させることです。

詳細はこちら

HDAC(Hyundai Digital Asset Currency/DAC)について。韓国ヒュンダイが仕掛ける新機軸3.0型暗号通貨プロジェクト。

 

技術白書の構成要素

技術文書はHdacTech AG によるものであり、著者の事前の許可なしに変更することはできません。ご質問やご意見は、support@hdac.ioまでご連絡ください。

構成要素は以下のようになってます。

  • 概要
  • はじめに
  • ブロックチェーンとIoT
  • IoTアプリケーションをサポートするためのブロックチェーンの使用
  • ブロックチェーンネットワーク間の統合
  • パブリックブロックチェーン間の統合-図2.公開ブロックチェーン間の統合
  • パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの統合-図3.階層的に統合されたブロックチェーン
  • IoTとセキュリティ
  • トランザクションの革新と機械通貨
  • ブロックチェーン内のIoTデバイス間の信頼の確保-図4. IoT接続とブロックチェーン間のネットワーク構造の比較
  • Hdacの特徴
  • Hdacプラットフォームの主な特長表1.暗号化のプロパティの比較
  • コンセンサスアルゴリズム-図5. ePoWコンセンサスアルゴリズム-図6. ePoWのフローチャート-図7.ブロックウィンドウシミュレーション(100年)
  • 量子乱数セキュリティの強化-図8.量子乱数を使用したデバイスセキュリティの強化
  • トークン生成、マイニング、報酬システム
  • Hdac技術ロードマップ
  • IoTブロックチェーンネットワークの構成-図9. IoTブロックチェーンネットワークの構造
  • IoTブロックチェーンでのユーザーデバイスマッピング-図10.プライベートブロックチェーン上のユーザーとデバイス間のマッピングの例
  • IoT契約-図11. IoT契約サービスの構造-表2. IoT契約の構造
  • IoTブロックチェーンのセキュリティ-図12.ブロックチェーン内の強化されたネットワークセキュリティ-図13. IoTプライベートブロックチェーンの脅威検出
  • Hdacエコシステム
  • Hdacエコシステム開発の戦略-図14. Hdacエコシステム開発の戦略
  • エコシステムプレイヤー&パートナー-表3.エコプレーヤー
  • Hdacエコシステムの発展のタイムライン-表4. Hdacエコシステムの作成のタイムライン
  • 付録A – 例
  • スマート契約の例
  • IoT契約プログラムの例
  • 付録B – 法的免責事項
  • 付録C – 参考文献

このような構成となってます。

技術白書の要約

各項目について簡単に要約説明します。

Hdacの概要

IoT業界は指数関数的な成長を迎えており、 Hdacプラットフォームは、IoT環境が繁栄するために必要な欠落したビルディングブロックを提供します。

  1. 認証 – デバイスを他の1つで正しく識別することができます
  2. マッピング – 一度識別されると、シームレスに接続できます」
  3. 機械から機械への決済(M2M) – デバイスはお互いに請求することができます

HDACは、ブロックチェーン、IoT、およびフィンテックの3つを組み合わせることにより、既存の3つの問題を解決します。

Hdacシステムは以前は達成できなかったトランザクション速度を可能にするパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの組み合わせを使用します。

この技術は、量子乱数生成を使用してこれらのトランザクションを保護し、Hdacシステムは、最終的に、IoT産業の指数関数的成長の効率と安全性を保証します。

はじめに

将来の社会は「高度な接続社会」になり、デジタル革命は世界経済システムに継続的に再統合されます。

この接続社会はブロックチェーンとIoTにより可能になり、市場と消費者は、より信頼性の高い、より手頃な価格の金融取引を求めるため、ブロックチェーン技術を使用して実装できる機械通貨の開発が必要です。

将来のデジタル世界は、Hdacプラットフォームが世界中の多数のIoTデバイスのサービスを便利に利用できる信頼性の高いブロックチェーンネットワークを運用する世界になると考えています。

新興国の通貨はより信頼性が意識され、新技術を信用に基づいて信頼性の高いものを構築することが重要です。 Hdacプラットフォームは、ブロックチェーン、フィンテックおよびIoTの世界が収束するにつれて、より妥当かつ効率的な支払いシステムを実装するための重要なツールになります。

Hdacの基盤となる技術理念は、

契約、決済、ローン、投資、税金、公共料金のすべてがシームレスで簡単な取引でなければならないという、毎日の支払い環境を劇的に改善することです。さらに、当社の技術を使用して、合理的な消費と正確なスマートな管理を促進し、すべてのコミュニケーションとユーティリティの支出が可能になる

このように考えられています。

ブロックチェーンおよび暗号通貨は、近い将来、IoT環境のための信頼性が高く、安全で、効率的な支払い手段として機能することが期待されており、マシンツーマシン(M2M)支払いのための機械通貨は、アパート管理やモバイル請求のような業界で使用されている現在の集中課金/預金/決済システムの高コストで低効率の構造を改善するピアツーピア(P2P)で実装されます。

これにより、消費財の購入や日常生活の公共サービスの利用など、すべての経済活動にマイクロペイメントと透明な決済を可能にする支払い文化が可能になります。

Hdacプラットフォームで生成されるブロックチェーンベースのスマートトークンであるHdacトークンは、IoT環境のさまざまなコマンド条件で特定のタスクを実行するように設計されており、 Hdacはこれらの暗号化機能と簡単な決済サービス環境を提供し、Hdacプラットフォームが合理性と効率性を追求することで、IoTデバイスでの使用に最適なマイクロペイメントプラットフォームとなります。

さらに、Hdacは、M2MデバイスとIoTデバイス間の前述の通信と支払いのためのユーザセキュリティと支払い利便性のためのハードウェアウォレットを提供することにより、暗号化ベースのフィンテック特化型プラットフォームに進化します。

ブロックチェーンとIoT

ブロックチェーンとIoTの統合において、IoTのアプリケーションをサポートする目的でブロックチェーン技術が使用されます。

プライベートブロックチェーンは、ユーザ認証だけでなく、デバイス間の相互認証を実行し、動作の詳細およびシナリオベースのIoT契約を生成し、安全に記録するように構成されており、既存のパブリックチェーンと通信できる場合のみ実用的です。

Hdacエコシステムでは複数のプライベートブロックチェーンで使用できるプラットフォームと暗号化されたパブリックブロックチェーンであるHdac を統合することでマイクロペイメントを可能にします。

IoTデバイス間の相互契約と支払いのための機械通貨を導入することにより、よりアクセスしやすく、信頼性が高く、安全な消費と支払いプロセスを可能になります。

ブロックチェーンネットワーク間の統合

 

パブリックブロックチェーンは上中下と階層化することができ、ブロックチェーン上のツリーの形で連鎖して統合させることができます。

パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの階層的な統合

 

パブリックブロックチェーンからプライベートブロックチェーンにアクセスするにはブリッジノード(仲介)が必要であり、プライベートブロックチェーンの管理者が事前認証と登録を通じてアクセスを許可した場合にのみプライベートブロックチェーンにアクセスできます。

HdacではIOTAやEthereumの取引速度や構造を研究して、高レベルのトランザクションを管理するための最良のソリューションとして複数の別々のプライベートブロックチェーンを処理し、別々のルートブロックチェーンを通じて情報を統合することを見出しました。

将来的に大きなトランザクション処理ブロックチェーンは、目的ごとに複数のプライベートブロックチェーンで構成された階層構造または分散構造のブロックチェーンのネットワークになる可能性があるため、同社はこのタイプのブロックチェーンを開発することを目指してます。

IoTとセキュリティ

IoTの最も魅力的な属性は、デバイスをスマートに接続できることですが、問題点としてデバイスと信頼性との間の接続性があります。

ブロックチェーン上で使用するために作成されなかったデバイスは、既存のインターネット環境で発生するすべての脅威と脆弱性を継承すること可能性があり、プライバシー侵害やセキュリティリスクとなります。

そこで次の項で示す解決策を提示しています。

トランザクション・イノベーション

上の写真のようにIoTの構造とブロックチェーンの構造は非常に似ている部分が多く、両者を統合することで信頼性の高い接続を確保し、デバイス間の処理を安全に行えます。

Hdacの特徴

Hdacプラットフォームの特徴としては、さまざまな権利管理機能があり、最初のブロックチェーンノードを構築する管理者は、他のノードに権限を与えることができます。権限のタイプは、アクセス権、送受信許可、鉱業権、資産の生成権などであり、運用中に効果的に変更することができます。

プラットフォームはブロックチェーンに基づいてますが、既存のブロックチェーンのブロックと余分なデータ部分の容量が制限され、データロード部分で柔軟に使用できるように変更されています。これにより、ブロックチェーンを使用したさまざまなアプリケーションが可能になります。

また、量子乱数発生器を介して識別キーを生成するために乱数を生成することにより、ナンバーパターン分析によるハッキングの可能性を排除することができ、それによって技術および関連するトランザクションのセキュリティを大幅に改善することができます。

さらに、既存のPoW方式を開発してエネルギーと公平な配分を効率的に利用するためのコンセンサスアルゴリズムとしてePoWアルゴリズムを提案しています。ePoWは、「公正な偶発性と省エネルギーに基づくPoW」を指します。

ePoWに基づくマイニングに関しては技術白書をご覧ください。

HdacのチェーンはBitChinから改良されたブロックチェーンであるマルチチェーンに基づいており、IoT環境をサポートしながらプライベートブロックチェーンに適切に接続できるよう改良されています。

これらにより、Hdacはビットコインやイーサリアムを超えたIoT指向のブロックチェーンとして大量のデータ取引を格納できる方法を提供します。

この高速取引処理速度とトランザクションスケーラビリティに基づいて、金融、IoT、流通、物流、公共データ管理などのさまざまなサービス分野に適用できます。

以上がビットコインやイーサリアム、IOTAではなく3.0型の新機軸通貨と期待されている所以です。

Hdac技術ロードマップ

統合されたIoTブロックチェーンネットワークはプライベートブロックチェーンであり、ノード・管理者・ユーザー・ゲートウェイ・デバイスで構成されます。

そしてユーザー・デバイスマッピングにはアクセス権、読み込み権、制御権、支払い権限などが含まれます。

基本的なユーザ ・デバイスマッピング方法は、IoT業界ですでに使用されており、ブロックチェーンとの適切なビジネス連携による変更を最小限に抑えながら、既存の管理システムを最大限に効果的に運用することができます。

IoT契約

これはスマートコントラクトの対象がIoTのデバイスに拡張される概念のことであり、ユーザー-デバイスまたはデバイス-デバイス間の取引で使用されます。

IoT契約を使用するにはユーザーとデバイスを認証登録する必要があり、許可されるとプライベートブロックチェーンにアクセスでき、許可されたデバイス間の自動支払い(機械通貨)が可能になります。

IoT契約の構成は以下の写真を参照ください。

IoTブロックチェーンのセキュリティ

プライベートブロックチェーンでは、ノードとデバイス間、またはブロックチェーンノードとユーザー間でネットワークを分離することで、別個の安全なチャネルを使用してセキュリティを向上させることができます。

さらに制御信号に対するセキュリティシステムを備えたTLSやSSLなども必要に応じて使用してデバイスをサポートすることもできます。

また、予期しないセキュリティ脆弱性に対しては機械学習の分析や異常なトランザクションや各ノード状態を検出したり、マッピングの変更を監視するウォッチドッグノードにより対処できます。

Hdacエコシステム

Hdacが継続的かつ安定的に進化するために、Hdac財団はマーケティングと広報活動を行い、HDAC Technology AGはHdac Core Technologyを実装し、次世代のFintechプラットフォームを開発します。

これらのチームは、以下に示すように、グローバル技術開発のための仮想サークル環境を構築するために、Hdacの技術進歩とシナジーエコシステムを開発するために努力します。

Hdac財団、Doublechain、HyundaiPay、DEXKOは、Hdacのコア技術/アプリケーション開発とその活性化のためのデジタル変換コミュニティを結成しており、大規模なデータベース設計とチューニングを専門とするWisBaseなどのさまざまなパートナーと協力しています。

エコシステムのその他のプレイヤーやパートナーは以下の写真をご覧ください。

量子乱数技術サポートは、EYLが行います。

HyundaiPayとDoublechainは、2017年7月20日、Hdacベースのフィンテックおよびブロックチェーン事業の共同開発のための大規模なデータおよび機械学習会社であるElasticsearch Koreaと戦略的提携を結んでいます。

そして、エコシステムのタイムラインは以下のようになってます。

付録A(コントラクトの例)

スマートコントラクトおよびIoTコントラクトの例は白書に公開されています。

付録B(法的免責事項)

この文書の情報は予告なしに変更または更新される可能性があり、HdacTech.AGによる合意と解釈されるべきではありません。この文書は情報提供のみを目的としており、Hdac.ioまたは関連会社または関連会社の株式または有価証券を売却するオファーまたは勧誘を構成するものではありません。そのようなオファーまたは勧誘は、機密情報提供覚書と、適用されるすべての有価証券およびその他の法律の条項に従ってのみ行われます。

法的な免責条項な関しては、他プロジェクトと比較してボリュームが少なめでコンパクトになってます。

付録C(参考文献)

白書をご覧ください。

最後に

最後にこの記事でも書きましたHdac技術白書の日本語翻訳バージョンを公開しておきます。

この白書の翻訳バージョンは、変換時に文脈の意図など原本と異なる解釈がなされている可能性がありますので、その際は、原本の英語バージョンを参照ください。元本同様に、変更される場合があります。

日本語バージョン

英語公式バージョン

公式バージョン1.0。 | 著作権 @ HdacTech.AG  2017年11月

関連リンク

公式サイト

Whitepaper (EN)

Whitepaper (JP)

ツイッター

フェイスブック

テレグラム

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here