HdacのCEOやアドバイザーがメディアに出演し韓国の暗号通貨事情やIoT産業について語る

0
1,448 views

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

 

韓国発祥のICOであるHdacはIOT産業へのブロックチェーンプロジェクトです。HdacチームであるCEOやアドバイザー二人がメディア出演し重要事項について語りました。

韓国の暗号通貨事情に関するHdacのCEOの見解

ダブルチェーンのCEO、ウィリアム・サムグン・チュン(Samgu Chun)は、韓国の非常に刺激的な仮想通貨ブームについて、率直に語りました。

Hdacの技術白書の著者であり、ブロックチェーンのセキュリティの先駆者でもあるWilliam氏は、2018年に施行する予定の規制措置に加えて、暗号通貨市場の急速な拡大に取り組んでいます。

以下のような内容を述べました。

韓国は世界最大のビットコイン市場のひとつであり、約100万人がデジタル通貨を取引しています。

ニューヨークのタイムズ紙によると、韓国の人口は米国の1/6にもかかわらず、RippleやBitcoin Cashなどのいくつかの仮想通貨の韓国ウォンベースのアカウントは、米ドルベースのアカウントよりも多くの取引を占めています。

韓国の取引所で、Bitcoinの価格は、先週の月曜日、米国のトレーダーが同じ水準に達する数時間前に、最初は1万ドルに達した。ちょうど1年前に韓国でこの市場がほとんど存在しなかったので、韓国の暗号通貨市場の成長はさらに顕著です。

しかし、韓国ではビットコインの人気が急速に高まっているので、リスクもあります。先週、李洛淵(Lee Nak-yeon)首相は、Bitcoinの使用が増加しても、問題がなければ深刻な社会問題につながる可能性があると懸念を表明した。
現行の法律では、仮想通貨が金融商品として認識されないため、韓国でのこうした取引はほとんど規制されていません。

(韓国)

ニューヨークの場合、仮想通貨交換は登録免許制度の形で規制されているが、韓国ではオンラインショッピングモールのライセンスを持っている人なら自由に仮想交換局を開くことができるという意味でそのような規制はない」

韓国の規制当局は、起業家がカスタム仮想通貨を売却する、いわゆる初期コインの提供(ICO)を禁止すると発表した。
しかし、日本は、買い手を守り、仮想通貨がマネーロンダリングの道具として使われるのを防ぐいでいるため、韓国でも日本のような手段を必要としている。

(韓国)

日本は現在、登録制度に変更されており、仮想通貨交換所を開設するために政府の承認が必要である

韓国の仮想通貨取引は、米国と日本と同じ規制インフラを持っていませんが
韓国政府は、仮想通貨業者の銀行口座登録に関する新たな規制を計画している。これらの規制は、来年の6月初めに発効します。

Hdac CEO-アリラン・ウォン・ジョンフン

韓国は米国に匹敵するほどの仮想通貨大国であるにもかかわらず、法規制が未だ整っていません。日本で仮想通貨交換業者が整備されたように韓国でも今後、来年をめどにされていきます。

Hdacのアドバイザーのインタビュー

Eddy TraviaとStuart Corbyは、革新的な環境に配慮したIoTから、いつ、どこで、どのようにTGEに取り組むことができるかについて、Hdacの全てについて疑問を呈しました。

Hdacのアドバイザーであるスチュアートとエディは以下のような話をしました。

IoT産業は様々な問題がありますが、Hdacの技術チームは優秀であり、統合されたデバイスはシームレスに各取引と交信します。

ブロックチェーンと物のインターネットの統合により、マシーン間の取引対話が可能になります。

Hdac advisor-Eddy Travia

 

対談ビデオは現在の暗号通貨業界とIoT産業の問題点やそれに対するHdacのソリューション、開発チーム力の話題から始まり、

ビデオの中盤部分では、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンについても語っており、チェーンソリューションによりエコシステムやパブリックチェーンの構築が可能になると述べています。また、同社の独自のアルゴリズムePOWにより効率的なマイニングが可能になります。

HdacのIoT産業へのブロックチェーンソリューション

 

韓国、ソウル、イギルスなどのブロックチェーン事情を音連れ、今回TGEイベントの開催地でもあるスイスのツークについても言及しています。

そして動画の中盤部分では、業界には多くのビットコインユーザー(民間だけでなく特に企業間)が多いことに注目してTGEイベントはビットコインで行うことにしたと述べています。

ハードキャップである6000BTCは決して容易であるとはいいがたいものですが達成できれば非常にプラットフォーム開発が近づくことになります。

スチュアートはソウルに住んでいますが、二次デッキ構築のために、我々の生活環境において光熱費や入居料などがHdacで支払い可能になることを目指しています。

Hdacプロジェクトは非常に大きなプロジェクトですが、人々が求めている欠かせないものです。本当に興味深いものになると信じています。

Hdac advisor -Stuart Corby 

このように述べています。

韓国でCafe de Blockを販売するATMがまもなく打ち上げか

Hdacの技術が進んでいます。

公式から韓国でATMがまもなく起動することが発表されました。

KYCプロセスが開始

Hdac KYC認証プロセスが開始されました。

TGEイベントに参加しているものは全員規定上、期間内にKYCプロセスを完了させる必要があります。

KYCのプロセス期間は12月22日までですが、参加者数を考慮してKYC認証の期間を延長し、これはすべての参加者がKYCで成功することを確認するためです。

稼働時間:月〜土07:00〜22:00(GMT / UTC +1)

[Manual] https://hdac.io/resources/18/pdf/hdac_guide_ENG_v1.0.pdf

詳細はこちらの記事でも確認できます。

HdacのTGEイベント参加方法とKYCプロセスについて

 

プレセールでは1300BTCを調達しており、TGEイベントは12月22日まで進行中です。

調達具合は不明ですが、テレグラムメンバーも増えてきましたし、徐々に日本韓国だけでなくほかの国々でも浸透し始めてきたなという印象を受けています。

TGEイベントの結果は1月15日に開示される予定です。トークンホルダーの方々は取引開始を楽しみに待ちましょう。

初期投資家の方々はビットコインの恩恵をかなり受けられていると思いますが、今後はBTC建てのICO参加も有効な投資方法と思います。Hdacの場合は初期の方は2017年1月~3月の段階で購入できましたので当時と比べてBTCが20倍近く高騰しています。(12月9日のレートで約170万~180万円、今月最高値220万円付近)

1-3月1BTC=100000円=30000DAC
12月:1BTC=2000000円=22000DAC

1-3月:1DAC=約3.3円
12月:1DAC=約90.9円

BTCの高騰により、ヒュンダイプロジェクトはかなり大きな割引を持つことになりました。

そういう点では同じBTC建てのICOであるTokenPayも同様に私は注目しており、分散投資で結構入れる予定です。是非皆さんも分散先として吟味して、ご活用ください。

関連リンク

公式サイト:https://hdac.io/

白書:https://github.com/Hdactech/Hdac/wiki/Hdac-Technical-Whitepaper

Twitter :https://twitter.com/hdactech

Facebook:https://www.facebook.com/hdactech

Telegram:https://t.me/Hdac_TGE

My profile

0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here