Hdacがビットコインやイーサリアムを超えた3.0型暗号通貨と言われている理由

2
1,187 views

 

 

ビットコインの投資価値の向上

ビットコインの価格は11月27日現在で、およそ1142.37%の成長率を見せています。

 

日本でも国内取引所にて2017年11月27日深夜未明についに100万円に到達し、歴史的な瞬間となりました。

 

また、世界最大のデリバティブ取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は10月31日、ビットコインの先物取引を開始する予定であるとも発表しています。

JPモルガン、CME Bitcoin先物を顧客に提供する

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーは、状況を知っている人によると、CMEグループの提案する先物契約を通じて、顧客がビットコインの価格に賭けるのを助けるかどうかを判断している。

最大の米国の銀行は、顧客の需要と、取引を促進する潜在的なリスクを測定していると、内部審議について話し合わないように求めているという。シカゴに本拠を置くCME Groupは、年末までにビットコインの先物を提供することを希望していると語った。

今年のビットコインの8倍の急騰は、ウォールストリートの銀行に、顧客の将来への懐疑意識と暗号通貨の憶測への関心のバランスをとらせている。 JPモルガンの最高経営責任者(CEO)ジェイミー・ディモンは、詐欺と言い、買い手を「愚かである」と批判しているが、財務長のマリアンヌ・レイク(Marianne Lake)は、より評価の高い声明を打ちました。先月、同氏は、適切に規制されている限りのデジタル通貨の潜在的用途に対して「オープンマインドである」と言っています。

JPモルガンは既に、取引注文を取引所にルーティングすることを含む取引所取引ノートを通じて顧客にビットコインへのアクセスを許可しています。先物契約の顧客取引を処理することは、概念的には類似しているが、依然として人によると、いくらかのリスクをもたらす可能性がある。

ニューヨークに本拠を置く銀行の審議は、ウォールストリート・ジャーナルによって以前に報告された。交換オペレーターのCboe Global Markets Inc.はCME Groupと競争し、ビットコイン先物を導入しています。

引用元:https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-11-21/jpmorgan-said-to-weigh-offering-cme-bitcoin-futures-to-clients

米国商品先物取引委員会(CFTC)の承認は不明のままではありますが、CFTCの傾向を考慮して、ビットコインの先物取引が開始される可能性が高いとされています。さらに、ビットコインの発売に伴い、ETF(Exchange Traded Fund ETF)への期待も高まっています。

ETFへの投資も2020年までを目処にますます増えていく見込みであり、世界中のビットコイン投資家の数が増え、一般的な金融市場に参入しようとするにつれて、新しい投資資産にビットコインが含まれていると解釈することができます。

ビットコインのような暗号化は正式な通貨(平方フィート)として認識されませんが、CMEでの取引は金のような投資商品として認識されます。

今年の初めからビットコインの価値は600%、それに対し金と銀の先物はそれぞれ11%と7%の上昇で止まりましたが、ニューヨーク市場ウォッチは金の価格に影響を与えていると指摘し、金とビットコインの直接の相関関係を示唆しています。

現在、価格は短期間で変動していますが、ビットコインが安定した支払い方法になるかどうかは保証されていません。

さらに今年の後半では、ビットコインは数々のフォークを起こし、BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)に引き続き、最近では10月25日にビットコインゴールド、11月25日にブロックサイズ495,866でビットコインダイヤモンドというものが誕生しています。

ビットコインゴールドは誕生していきなり時価総額ランキング5位に達しました。

さらに、今後予定されているものだけでもこれだけのフォークがあります。

ブロックサイズが一定値に達するとビットコイン保有者にはエアードロップでフォーク通貨が配布されるわけですが、難易度調整アルゴリズムの採用やスケーラビリティの改善、ブロックサイズの拡大などのメリットも含まれます。

しかし、これだけ増えると取引所で対応するところも限られ、良いことばかりではありませんし、対処する必要があります。

一方で、ビットコインには未だ不安要素が多いものの、短期投資家は、金や銀よりも良い使用を期待しており、日々の生活の中で有用な資産です。

ビットコインがバブル現象として終わるかどうか、あるいは暗号世界で安定した通貨としての金のような地位を確保するかどうかを決定するには、継続的な関心と配慮が必要です。

時価総額で2番目に大きいイーサリアムの現実

イーサリアム統計ウェブサイトのEtherScanによると、現在までのイーサリアム(11月3日)の総発行額は約9570万ETHとなってます。

初期資金調達および基礎運用費は約7200万ETHであり、新たな開発量は約2360万ETHとなってます。

2017年の上半期に、技術的優位性を持つイーサリアムはビットコインに勝つか、少なくとも市場で第2位の通貨として安定すると予想されました。

しかし、実際にはETH / BTC比は6月に0.15に達しましたが、現在は0.05付近にとどまっています。つまり、イーサリアムもはやビットコインとそのステータスに大きな脅威ではないと解釈できます。

イーサリアムは、スマート契約技術を使用したガス媒介の取引確認方法がボトルネック現象を引き起こしたために急落しました。

このため、イーサリアムのスマート契約技術を使用している事業者にとって、管理上の危機と深刻な問題が発生しています。

加えて、Ethereum Enterprise Alliance(EEA)は提携企業の数が増加していましたが、技術的差別化の影響の限界に直面しました。

日常生活では使用できない暗号通貨がビットコインとは置き換えることができないことが再確認されることとなりました。

当然ですが、より日常生活で実用的な通貨が必要であると考えられます。

なぜHdacなのか? – 日常生活と結びつく未来

では、なぜHdacが必要なのでしょうか?

ビットコインやイーサリアムのような多数の暗号化された通貨があるにもかかわらず、Hdacは日々の生活にリンクされているだけでなく、単なる投資方法をはるかに超えた暗号通貨として期待されています。

IoTとブロックチェーンによる3.0型の新機軸通貨です。

 

 

ここで、簡単に前項で触れたビットコインとイーサリアム、そして同じIoT 業界の期待通貨であるIOTAを比較してみましょう。

主な特徴の比較

コンセンサスアルゴリズム

  • ビットコイン:PoW
  • イーサリアム:PoW,CasperPoS
  • IOTA:PoW
  • Hdac:ePoW

ブロック時間とサイズ

  • ビットコイン:10分、1MB
  • イーサリアム:12秒、ダイナミックサイズ
  • IOTA:ブロック生成なし
  • Hdac:3分、ダイナミックサイズ(最大8MB)

取引スピード

  • ビットコイン:7tx/sec
  • イーサリアム:25tx/sec
  • IOTA:
  • Hdac:160(パブリック)、500(プライベート)、1000(目標)tx/sec

技術

  • ビットコイン:パブリックブロックチェーン
  • イーサリアム:パブリックブロックチェーン、スマートコントラクト
  • IOTA:Tangleネットワーク、2nd Layer(Flash Channels)実装
  • Hdac:パブリック/プライベートブロックチェーン

このように、Hdacはパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンを統合したIoT契約プラットフォームに基づいているため、他の仮想支払方法よりもはるかに速い取引速度を有し、ほぼ即座に他のIoT装置環境に転送することができます。

Hdacの目指すところ

Hdacの目標は、契約、決済、ローンと投資、税金と請求書の支払い、およびカーシェアリングにおける支払いの利便性を劇的に向上させることです。

しかし、IoTの環境特性を模倣する暗号化が導入されましたが、ブロックチェーンに基づいておらず、不適切なユースケースがありました。

Hdacは、建設会社、ITサービス、自動車業界での暫定的なアプリケーションに基づいてサンプルケースを作成し、地球環境に到達するための準備を進めています。

技術差別化を重視し、現実の信頼に基づいた物事ネットワークの改革をリードし、様々なエコシステムや支払い方法にまで拡大し、価値を高めることが期待されています。

Hdacは、効率的な支払いシステムを実現し、ブロックチェーンとIoTを統合した優れたアプリケーションfintechプラットフォームとして、今後の第4次産業革命を信頼して進んでいくつもりです。

なお、トークンセールは11月27日〜12月22日まで開催されます。

関連リンク

公式サイト:https://hdac.io/

Whitepaper (EN):https://github.com/Hdactech/Hdac/wiki/Hdac-Technical-Whitepaper

Whitepaper (JP):https://1drv.ms/w/s!Alyil3vFKvjygTZ-tr8fLDR6u6qX

ツイッター:https://twitter.com/hdactech

フェイスブック:https://www.facebook.com/hdactech

テレグラム:https://t.me/Hdac_TGE

2 コメント

  1. 今日は、ヒュンダイダックをプレセールで26000hdcほど所有しているものですが
    今回の、TGEとプレセールの違いがよくわからないのですが、今回のTGEでも12月22日まで購入できるようですが、BTCの価値が上がっている分高くなるだけの違いですか?

    • プレセールレート:1BTC=30000DAC,3~4月のBTC価格およそ10万弱

      トークンセール:1BTC=22000DAC(最大ボーナスレート),11月27日のBTC価格およそ108万前後

      12月4日現在ではBTC価格はさらに上がってますので、BTC換算で見ると明らかにプレセール購入がメリットが大きくなっています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here