暗号通貨対応カードプロジェクト

暗号通貨を利用できるカード系プロジェクトは需要が高く、プロジェクトが非常に多いのも特徴です。

往来の銀行サービスの問題点に直面して、銀行を暗号化することは様々なメリットをもたらすと考えられており、暗号化銀行が運用上、製品固有上、信用上、効果的であることが認識されています。

しかし、最も重要な課題として法律上のが規制環境の欠如であり、規制上の承認またはライセンスの取得はプロジェクトには必須課題になっています。

欠如しているプロジェクトはリスクプロファイリングと不確実性から他社に比べて格付けされることになります。

主要なカード系プロジェクト一覧

最近はアジア・ヨーロッパを中心にハイスペックなICOプロジェクトが非常に多く、2017年には暗号化銀行のプロジェクトだけでも総額2億ドル以上の資金調達を達成しています。

特に昨年印象的だったのが以下のプロジェクトです。

プロジェクト名イメージ通貨シンボル  

Monaco

世界中で適切な為替レートで決済ができる暗号通貨クレカ

MCO

 

 

Polybius

包括的な金融書リューションを構築するデジタルインフラ

PLBS  

TenX

ブロックチェーンと現実世界を結びつけるデビットカード・銀行ライセンス

PAY  

TokenCard

アプリとカードで様々な決済を可能にするスマートコントラクトトークン

TKN  

Change

グローバルな暗号化銀行を目指すプロジェクト

CAG  

Bankera

ブロックチェーンによるデジタル銀行プロジェクト

 BNK  

Centra

セキュリティに特化した保険付きマルチデビットカード

CTR  

Crypterium

非接触型決済に焦点を絞った分散型の暗号化銀行プロジェクト

 CRPT  

FuzeX

暗号通貨とデジタル資産を一つのEカードに統合する支払いソリューション

FXT

 

 

 

などであり、いづれもこの業界の成功企業となる可能性があります。

そこでこれらの分野の企業を比較して主要な暗号化銀行について比較したいと思います。

プロジェクトの比較

以下は主要なカード系プロジェクトの比較をまとめた表です。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1utOnR-Qz8FeqVWsBiipMZnMv0F-4ZsOA2VvCoNnNmZk/edit#gid=0

(作成:BAB)

 

TenXはすでに実用的な製品と強力なバックアップ(Vitalik)があることからこの業界では先陣を切っている存在の一つとなっています。VISA・MASTERにも対応しており、COMITサービスが開始されると通貨取引も可能になりより需要が高まることが予想できます。さらに今年は銀行ライセンス取得やETF、デリバティブなどの投資商品にも参入する予定であるため、期待されているプロジェクトです。

 

 

Monacoは高いキャッシュバックや取り扱いが開始していることから需要は高いです。VISAに正式に承認されている暗号通貨カードであり、VISAカードのように使うことができます。

 

 

Polybiusは銀行業務・IoT・ビッグデータ・ブロッうチェーンベースの複合ソリューションであり、白書によるとエコシステムを構築できると需要はありそうですが製品リリースはまだされていません。

 

そしてTenXの競合的存在になりうるのが、現時点ではchangeとBankeraではないでしょうか。ICOの面では両者とも専門的なチームによって十分な調達額を達成しており(Bankeraは経過中)高い可能性を秘めています。

Changeは銀行ライセンスを申請中であり、テストプロトタイプとエストニア政府バックのeレジデンシーとの戦略的パートナシップもあります。BankeraはNemとの提携や高いマーケティング力が評価されています。

 

Centraに関しては、保険料・手数料無料で使える点やマーケットプレイスの存在など他社と比較して有利な点は存在しますので、2018年にこちらも期待はできます。

 

 

そして、最後に今回一番比較したかったFuzeXプロジェクトですが、ICO経過中のステータス的にはTenX・Change・Bankeraと同等のものであると考えることができます。特にTaaSからの500ETHの出資は大きなものでしょう。

カード自体の性能としてはマルチな機能が利点であり、

しかし、すでに先を進んでいるプロジェクトが存在することは事実としてありますし、開発段階であることは懸念点として言及しておくべきでしょう。

結論

現時点でのステータスで考えると、ICOからの価格上昇率やすでに市場に出ており顧客基盤もできていることから、TenXがやはりカード系プロジェクトでは最も成功していると考えることができます。

そしてプロトタイプが稼働しているプロジェクトの中では、対応通貨や融資サービスのあるCrypteriumやCentraカードが有望であると思います。

カード系プロジェクトは特に競争が激しい分野であり、製品がローンチされているプロジェクトもあります。FuzeXに関してはまだ製品開発中でありICO経過中ですので、現段階では評価をつけ難いですが、ICOで参加するメリットは少なくともあると考えられます。

関連リンク

公式サイト:https://fuzex.co/

白書:https://fuzex.co/wp-content/uploads/2018/01/FuzeX_whitepaper.pdf

Twitter:http://www.twitter.com/fuzex_co

facebook:https://facebook.com/fuzex.co

telegram:https://t.me/FuzeX

Authorship

Bitcointalk(BABbit43)

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

Slack:babbit43